※BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、カラーを指定の上、ご連絡お待ちしております。※ ※※2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。※※※
2013/7/19 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますパンクしたまま数キロ走られてご来店、あまりよくありません・・・タイヤはパンク時に使用不可の損傷でしたが、そのまま走らない方がいいです、良いタイヤ(ポテンザ)だから走れたのかも?ホイールも純正だったため大丈夫。

タイヤもホイールも、こんな時に優劣が判るタイヤ入荷まで今しばらくお待ちください。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2013/7/11 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します空気漏れには必ず原因がある、必ずある!
お客様は後輪がパンクしてスペアを取り付けられた、その足でパンク修理をやってくれる所を探したが、なかなか無いらしい?で、我が社を想い出された、これは正解でした。


上の画像が使っていてパンクしたタイヤ?タイヤ内には泥水、タイヤビード部分にも金属錆が付着、ホイールも重要な部分が錆びで腐食・・・

パンク修理の時は、そのパンクした状態から状況を説明してもらい(医者で云うところの問診←これは大切)そこから修理が始まる。

@空気を入れてその状態を再度確認する

Aそれで判れば修理開始、それでも判らない時がある!

Bそれでも判らないAの時は必ずタイヤを外して、タイヤ内を確認する。

C問診からBまでの工程で空気漏れの答えを出す。

今回の答えはこうです

お客様、以前何処かでパンク修理をしたらしい、勿論、外面修理(画像白丸内がその痕跡)、この修理跡から空気漏れだと思っていたが、ここからは漏れてなかった@で確認済、B空気を抜いてタイヤを外してみると!なんと画像のように中から泥水、タイヤチェンジャーの中に入り込まない様に気を付けて取り外す、これで、このタイヤ履歴が判った。

外面修理の時、すでにタイヤ内に泥水が入っていた、それを確認しなくて外からの修理、その時は錆もなく空気漏れも止まり「直りましたよ〜」と言われたと思う、そのまま走っていていいわけがない結果は御覧の通り、今回、修理は可能だが、これだけホイールが腐食しているのでスペアとして使ってもらうことに。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2013/6/29 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します画像は2トン車の内側タイヤ、後輪はダブルタイヤなので、内側がパンクすると判りにくい、特に空荷の時は、そのまま走行してしまう、誰かに指摘されて判ったり!再度、荷を積みこむときに判ったり!これは個人のドライバーさんの責任でもあります。

走行前にタイヤの点検をしていれば判別できたはず、難しい事ではなく、ハンマーで叩いてみるか、何もなければ足で蹴っても確認は出来ます、これはドライバーさんの過失ですよ


クリックすると元のサイズで表示しますタイヤはチューブタイプ、チューブは使用不能、フラップも使用不能、タイヤ内も損傷、チューブのバルブが金属の為、その金属がタイヤ内で擦れてしまう・・・こんな時にチューブタイプの不経済さ、チューブレスの良さが判る。

タイヤが泣いている


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2013/6/3 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


14年前のタイヤ、一度も使われることなく画像の様になる、左がホイールから取り外して負荷の掛かってない状態、右がタイヤを内側から少し押した状態、FとAの間に黒い跡、これは軽トラの荷台下、スペアを止める為の金属ステーの押し跡、14年間、屋外でずっと押さえつけられた痕跡です、それで両サイドに深いゴムのひび割れ!これは、ちょっと危ない

一度も活躍すること無く、廃棄処分・・・タイヤが泣いている。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2013/5/31 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します何とも言葉が出ない、田んぼの泥・・・

今回の事例に限りません、その車や機械のドライバーさんの不注意でこのような状態になる一般道路を走る車であれば危険なはず


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2013/5/16 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでなるのも珍しい、沼田タイヤ「パンク状態でどれくらい走られたのか?」お客様「さあ?半日?一日?よく分からなかった?」沼田タイヤ「

クリックすると元のサイズで表示します免許取りたて、車も購入直後・・・運転になれてないとは云え、これはいけないタイヤトレッドのスチールベルトがタイヤ内にむき出しに!それも両サイド、こんな時、純正ホイールの強さを感じる、社外ホイールだと損傷は大きい

クリックすると元のサイズで表示しますタイヤをホイールから取り外す時、タイヤ内の削れたゴムかすは若干外へ落ちた、それでもこれ位残っている!両手に一杯程度・・・タイヤサイズは軽四の14インチですから想像は出来るでしょう。


トラブル時にタイヤの良し悪しの判断も出来る、起こりうるリアルな症状はお客様へのアドバイスにもなるこれ大切。

お客様は自分の子供くらいの年齢、説教をして気を付けるようにと・・・

時々見かけるパンクしたままの走行音「ボコボコ〜ボコボコ〜ボコボコ〜」ドライバーさん、それはいけませんよ!「おかしいな・・・」と、思って走ってるんでしょう?止まって下さい。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2013/4/4 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますhttp://fine.ap.teacup.com/twopiece/2002.html「何かおかしい?」と思っていたタイヤ、お客様に処分の依頼があったのでカットサンプルにすることに、タイヤサイドの画像の部分、外観からは全く異常は確認出来ない。

クリックすると元のサイズで表示します

あまり見慣れないタイヤの姿・・・どうでしょうか

クリックすると元のサイズで表示しますカーカスが剥離した奥には、ビードの金属部分が見えます

お客様は、この状態で通常走行をしていたかもしれません?

今回のケース、「ホイール曲がり→空気漏れ→低圧走行→内部剥離」それとも「強度不足走行→内部剥離→低圧走行→ホイール曲がり」これ1本だけでは、どちらが原因かは特定ができません、他の3本を調べれば判るでしょうが。
(上記の強度不足走行、荷重指数割れ、低空気圧、不適マッチング等)

この状態で高速道路を走っていたと思うと、ぞっとしませんか!!


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2013/2/12 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します

あ〜あ〜
クリックすると元のサイズで表示します通称、西バイ(西広島バイパス)から安佐南区の沼田町まで自走で帰ってこられたそうです・・・よくもホイールからタイヤが外れなかった事だ、あっぱれ!


タイヤ専門店「沼田タイヤ」




AutoPage最新お知らせ