*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。**********

あ〜!

2017/7/28 | 投稿者: 沼田/クラ

昨日、閉店真際に2件のタイヤトラブルでした!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します1件はタイヤ内圧ゼロでの走行でご覧の画像です、タイヤ内には損傷したタイヤのゴム糟が両手いっぱいでしたなんとも、香ばしい・・・

タイヤは最近装着した、M社のパイロット・スポーツ4。

クリックすると元のサイズで表示します先ほど原因を究明、黄色○には外部から加わった不規則な傷、その下の黄色→が、おそらく、サイドカットの箇所だと思います、ドライバーさんの「落石を踏んだような・・・」と、合致します!最初の傷は小さく、空気漏れも微量だったと思います。

タイヤ内圧ゼロでの走行実験はなかなか難しいが、タイヤの隠れた性能を測るには最適。

これだけ走ってもリムずれ(ホイールのハンプからビードが外れない)が起きていない、なので、数キロも走れてしまう、良い事ではありませんが、タイヤ性能の重要なポイントです。

これだけ走っても、タイヤサイドはボロボロになりましたが、ビードやサイドプロテクト、タイヤトレッドには損傷や変形は皆無でした。

レースやラリーでは大切なタイヤ性能の一つ、タイヤ本来の耐久性です。

装着していたホイールはBBS、ホイールの損傷も無し




タイヤ専門店「沼田タイヤ」



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ