**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** *2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*

オリジナル道具

2017/2/25 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します何十年らいのお客様からパンクの依頼、状況を聴き空気を足して数キロ走っての御来店でした、左の状態を観ると釘の角度はサイドウオールへ向けて長い?恐る恐る引っ張ると右画像のように約3cmくらい、タイヤ内を確認しないと修理の可否は判らない。

おそらく、黄色い☆マークが上画像の釘の進入箇所、そこから黄色↗に向かって貫通穴が通っているこれなら、修理可能でした。

クリックすると元のサイズで表示します


上画像の貫通穴、垂直な貫通穴なら問題ないが、角度がヤバイ!貫通穴の処理に新しい道具の登場です。

何やら先端が変な角度で曲がっている工具?これは自作品、今回、初めて使って重宝しました

以前のテレビ番組、有名な脳外科医さんがオリジナルのピンセットやメスを沢山持っていた、それを観て、パンク修理にも、こんな道具があればと思い作ってみたが、なかなか使い勝手は

パンク修理に困ったら沼田タイヤへ


タイヤ専門店「沼田タイヤ」



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ