**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** ********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*****

内圧ゼロでの走行

2015/8/29 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します左画像、FF車コンパクトカーの前輪がパンク、IN側のビード部が脱落、タイヤサイドの擦れ跡だけで、使用不可の判断でした

最近、パンクでの使用不可タイヤが多いように思います、もう少し早くに対応をしていれば、助かったタイヤは多々あると思います

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


タイヤの外側が削れている割には、内部の損傷はなかったようです、貫通した異物もタイヤ内の突出は小さかった、低空気圧で走行していなければ修理可能なタイヤ、内圧ゼロの状態で走行した為、ビード脱落→サイド損傷→貫通異物がビード干渉、の結果、タイヤは使用不可でした

昨日も似たような記事がありました、諸条件が同じだったら、どうだったでしょうか?

いずれにしても、低空気圧、内圧ゼロでの走行はドライバーさんの自己責任です、タイヤは新しくすれば問題はありませんが、安全運転としては問題ありです



タイヤ専門店「沼田タイヤ」



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ