*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。**********

どちらも同じタイヤ

2014/6/27 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します左はB社のPZ-XC、右はM社のセイバー、サイズはどちらも155/65R14 75Sで、まったく同じです、画像は片腕をタイヤに押し付けて自身の体重を掛けた状態、勿論、同じレベルで、今まではPZ-XCを付けていた車輛、昨日、右のM社セイバーを取り付けて感想を聴いた。


セイバーの方がカーブでの安定感が増して、乗りやすかった・・・との事、車輛はホンダのNシリーズ、特にこの車輛、フロントヘビーな車のようで、タイヤの負担が大きすぎるようです。

つい最近も、B社のEX20 CからTYPE Hが発売になった、「ハイト系軽自動車専用・・・」「ゴムのすり減りにくさ・・・」「高い燃費性能・・・」などの性能でした、ポイントはサイド部の剛性を強化して、小回りしやすく、据え切りにも強い、さらに、ふらつきにくいそうです。

今までなら、このケースですとM社のセイバーでしたが、この新製品で選択肢は広がりました、タイヤ選びに迷ったら沼田タイヤへ

サイズは165/55R15 75Vと155/65R14 75Hの2種類、価格はEX20Cと同じ。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」
タグ: 155/65R14 75S EX20C



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ