**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** ********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*****

判らなかった・・・?

2013/6/29 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します画像は2トン車の内側タイヤ、後輪はダブルタイヤなので、内側がパンクすると判りにくい、特に空荷の時は、そのまま走行してしまう、誰かに指摘されて判ったり!再度、荷を積みこむときに判ったり!これは個人のドライバーさんの責任でもあります。

走行前にタイヤの点検をしていれば判別できたはず、難しい事ではなく、ハンマーで叩いてみるか、何もなければ足で蹴っても確認は出来ます、これはドライバーさんの過失ですよ


クリックすると元のサイズで表示しますタイヤはチューブタイプ、チューブは使用不能、フラップも使用不能、タイヤ内も損傷、チューブのバルブが金属の為、その金属がタイヤ内で擦れてしまう・・・こんな時にチューブタイプの不経済さ、チューブレスの良さが判る。

タイヤが泣いている


タイヤ専門店「沼田タイヤ」



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ