**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** ********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*****
2016/6/6 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します海外の格安タイヤ、「CHAMPIRO HPY」17インチですが4本ご購入でも国産の軽四タイヤとさほど変わらない!
国産がお高いのか?海外物がお安いのか?215/45R17は53種類の中から、本日はありがとうございました。

タイヤ選びに迷ったら沼田タイヤへ




タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2016/6/6 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します昨日、晴天ではなく、梅雨空でのホイール取り付けでした、このDB色、晴天の時と曇りの時では、光の反射で見た目のイメージは変わるようです?

タイヤは純正を使用して、BBS RPの交換でした

クリックすると元のサイズで表示します


ご注文から2ケ月以上、長らくお待たせして申し訳ないです、ありがとうございました。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2016/6/6 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


2年目です、昨年、我が家に来た紫陽花、2015年は鉢植えでの開花でしたが今年は地植えでの開花です、土壌の成分によって花の色が変わる!調べてみるとアルミニュウムが関わっているようです。
タグ: 植物 樹木 

2016/6/4 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します3tジャッキの点検、自重が重たいのでコロの不具合は作業性が悪くなる。

作業の合間をみては、工具や道具の点検整備は欠かせない、これも大事な仕事です


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2016/6/3 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します久しぶりのヘッドライトのクリーニング&コーティングでした、施工前の画像を忘れましたが、施工後のお客様の一言「あ〜、ぶち綺麗になっとる!」でした
一番お手軽なヘッドライト・チューニングでした。(軽車輛、両目で¥3,240)

クリックすると元のサイズで表示します施工が終わり、乾かしている間、汚れたタイヤにワックスを掛けていた、むむ!
タイヤサイドの膨れを発見ドライバーさんは気が付いてなかったようですこりゃヤバイですよ!


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2016/6/3 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します5月末のニュースでした、B社のニュースリリースにも掲載済だったようです、昨年のペ社買収撤退から、今回は売上比率の低い欧州市場ですね、あまり北米重視になるよりも、この方がバランスが取れて良さそうですが、1から販売網を創るより買収の方が安上がり。

時期的にはペ社もス社も同時進行だったんでしょうね?もう一つあるかも?

昔は足袋を造っていた会社、どんどん大きくなるB社です!


2016/6/3 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


BBS RF です、5/114ですので幅広い車種に適応可能、残念な事に1本だけリム傷、ほんの少しなんですが只今修理中!現品は店頭展示中です
タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2016/6/3 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します店頭のBBS DTMです、シンプルですが玄人好み長年使っているとセンターエンブレムはすり減る?爪の上部がホイール側との摩擦でほんの少しですが小さくなる、抑えが利かなくなり、くるくると廻る時もある、左はオリジナルのDTM右はプラチナエンブレム装着のDTM!これも、ありです

クリックすると元のサイズで表示しますどちらも、正面から観ると判りませんが、キャップの台座は同じでも、カラーとロゴ部分厚みが違うようです、1mm位はプラチナエンブレムの方が薄いです、まあ、装着しても違和感はありません。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2016/6/2 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

5月22日、初めての体験で造ったカブト虫、完成品を塗装もして頂き届きました。

クリックすると元のサイズで表示します


金属工芸では鍛金作業?になるのでしょうか?BBSの鍛造の「鍛」と同じで、金属を叩いて成形する様は最新の鍛造技術のルーツのようです。

先生、ありがとうございました

タグ: 鍛金 金属工芸 鍛造

2016/6/1 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します初期のTPMSはバルブの根元は可動式ではなかった(レクサスGS)、最近のTPMSは可動式になっている、すべてのメーカーなのか?どうか?
可動式のTPMSバルブ、取り付け時にセンサー本体がホイールに干渉しないように(左画像)、右画像のように接触する時もある?誤作動するのか?理論的には左画像の方が振動は最小限になる。

もう少し小さくならないものか・・・


タイヤ専門店「沼田タイヤ」




AutoPage最新お知らせ