2014/6/30 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します小型ショベル用のホイール、メーカーの出荷姿は画像の黒いまま、まことに薄い塗装です、このまま取り付けても問題はないが、どうせなら金属の腐食対策を施しておく、特にリム先端の周辺と裏側の溶接部分は念入りに塗装しておいた方がいい、塩分を含んだ砂や泥、未発酵の有機肥料?(臭う○○!)等を扱う現場では特にそうだろう。

クリックすると元のサイズで表示します余った缶スプレーで塗装、何度も重ね塗りをして、最後にはクリアー塗装です、腐食したホイールは後日掲載いたします。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/6/30 | 投稿者: 沼田/クラ

先日取り付けたBBS RP-K01と155/65R14 M社のセイバー、約230Km走って16リッターでリッター14.4Kmでした。

http://fine.ap.teacup.com/applet/twopiece/msgcate23/archive 下記2件、この時のタイヤテストで測った燃費。

2010/3月でEC202がリッター17.5Km  (エアコン使用率  0%)145/80R13/純正ホイール

2010/7月でAE-01がリッター16.5Km  (エアコン使用率 40%)145/80R13/純正ホイール

2014/6月でセイバーがリッター14.4Km (エアコン使用率 100%)155/65R14/BBS RP-K01

沼田タイヤ調べの実測です。

145/80R13から155/65R14に換えて燃費は落ちましたが、車体の安定感は抜群でした、まあ、これは当たり前のようです、すり減った細い低燃費タイヤは直進安定は低くなり、不安定です、ハンドルをよく持ってないと、結構ふらふら・・・と、でも降ればもっと危険です

145/801R13が純正の車輛、若干の燃費悪化を覚悟で155/65R14サイズがお勧めです、BBSとまではなかなか手が届きませんが、お安い14インチのアルミホイールもあります、只今、沼田タイヤ店内の14インチ(BBS除く)どれでも4本セットで¥39960でお買得です。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」
タグ: BBS RP-K 鍛造14インチ

2014/6/30 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますスモモとサクランボ、以前、庭に植えていたサクランボの樹があった、2度くらい鈴なりに生ったがそれ以降は毎年毛虫にやられて樹は撤去した、 果物好きの私が唯一食べれないのがサクランボ・・・昔はメロンと肩を並べるくらいの高級果物(昔です!)、いや、メロンより格上だった記憶もある、それが、ある日突然食べれなくなった。


http://fine.ap.teacup.com/twopiece/1004.html3年前にもマンゴウの種を育てていました、今回はスーパーで買ったスモモ、結実するまでは無理かもしれませんが、発芽を期待して、どんな葉っぱか出るかお楽しみ。



タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/6/30 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


昨年買ったハーブや植木、最近買った鉢植えの花、どれも元気に咲いている、これくらいのバランスが丁度いい。

クリックすると元のサイズで表示します玄関を出てすぐ左に置いてある、これから出勤の時、バタバタしながらも、必ず目に入る、疲れて帰宅した時にも目に入る、意識はしてないだろうが自然に身体のどこかに残っているはず、薬やサプリメントで心を癒すより、お安いもんだ!このハーブ、ほんのりカレー味やミント味もする。

タグ: 植物 樹木 

2014/6/28 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますお急ぎで、時間がなかったそうです!沼田タイヤへ駈け込まれた時には内圧はゼロ、外見判断では、もしや直せるかも?と思ったのですが、画像の通りです。

タイヤ内を確認しないでの外面修理、これだとパンク原因の空気漏れは遮断できるはず、しかし、忘れた頃に大変な事になります

今回はタイヤ交換になりました、お気を付けて下さい。



タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/6/28 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します今回のB社の新カタログVol.2、どうも長瀬君の顔が気になる・・・とってつけたような、修正しすぎなんでしょうが?D社の福山雅治、これも修正はしているんでしょうが、こちらは自然な感じはします。
長瀬君はTOKIOの番組、鉄腕!DASHのイメージが強く、こんなツルツルの顔よりワイルドなイメージが似合いそうです。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/6/28 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


カラフルな野菜を貰った、ズッキーニだそうです、近くにあったバナナとキュウリを並べてみると、色の鮮やかさが判る・・・しかし、これが同じ籠にでも入っていたら間違えそう?そこまでぼけてないか!

左から、ズッキーニ、バナナ、キュウリ、ズッキーニ、ズッキーニ、このキュウリはhttp://fine.ap.teacup.com/twopiece/3098.html 4月に植えたやつで、これで2本目です、さて、ズッキーニはキュウリに似ているが、カボチャの仲間だそうです、う〜、初めての料理をどうしようか?
タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/6/27 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します左はB社のPZ-XC、右はM社のセイバー、サイズはどちらも155/65R14 75Sで、まったく同じです、画像は片腕をタイヤに押し付けて自身の体重を掛けた状態、勿論、同じレベルで、今まではPZ-XCを付けていた車輛、昨日、右のM社セイバーを取り付けて感想を聴いた。


セイバーの方がカーブでの安定感が増して、乗りやすかった・・・との事、車輛はホンダのNシリーズ、特にこの車輛、フロントヘビーな車のようで、タイヤの負担が大きすぎるようです。

つい最近も、B社のEX20 CからTYPE Hが発売になった、「ハイト系軽自動車専用・・・」「ゴムのすり減りにくさ・・・」「高い燃費性能・・・」などの性能でした、ポイントはサイド部の剛性を強化して、小回りしやすく、据え切りにも強い、さらに、ふらつきにくいそうです。

今までなら、このケースですとM社のセイバーでしたが、この新製品で選択肢は広がりました、タイヤ選びに迷ったら沼田タイヤへ

サイズは165/55R15 75Vと155/65R14 75Hの2種類、価格はEX20Cと同じ。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」
タグ: 155/65R14 75S EX20C




AutoPage最新お知らせ