**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** ********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*****
2011/9/3 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します独ダイムラーは2011年9月1日、同じくドイツに本社を置く総合化学メーカーBASFと共同開発した電気自動車コンセプト「smart forvision(スマート・フォービジョン)」をフランクフルトモーターショーに出展すると発表したそである。

以下の文章はその時に発表したプレスリリースの和訳で、気になった部分を掲載。

【軽量:差別化し、よりよく、スタイリッシュに】
「smart forvision」では、世界初の技術、すなわち、量産が可能な初の完全プラスチック・ホイールによって、大幅な軽量化と独自のデザイン性を実現していますBASFが開発した最新の高機能素材を活用したホイールにより、現段階でホイール1個あたり3kgの大幅な軽量化を達成しました。従来型のポリアミド複合材料とは異なり、この新型プラスチックは、長い強化繊維を採用することで、力学特性を向上させます。その結果、傑出した熱安定性や化学安定性、動的強度、堅牢性と、良好な連続動作特性が得られます。スマートが実施した初の生産テストでは、完全プラスチック製ホイールの性能が実証されると同時に、量産車で使用可能であることが確認さされています。

高機能複合材料である炭素繊維強化エポキシ樹脂は、「トリディオン・パッセンジャーセル」に採用されていますが、「smart forvision」では、ドアなどの部品もこの素材を原材料としています。このような素材を使用することで、鋼との比較で50%以上、アルミニウムとの比較では30%の軽量化が実現します。BASFの樹脂は、硬化時間が短いことから、大量生産にも適しています


上の画像から予測すると、このホイールは16〜17インチだと思う、鋳造の軽いアルミで約9Kgとしても、これから3Kgは軽くなる計算だ、しかし国内純正の軽用13インチアルミで約4.5Kgとして30%の軽量化で約3.15Kg、BBSは小口径の鍛造に魅力的な商品に欠けているが、この新素材で軽車輛やコンパクトカーに軽くて強い、複雑なデザインでカラフルなホイールは売れそうだ、未来のEVスマートではなく、すぐにでも売れそうな車だ。




タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2011/9/3 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します
BBSパーツとゴルフボールは違和感なく展示できます、スリクソン「NEW Z-STAR XV」あります。
タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2011/9/2 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します
強風と大雨、シャッターを半分閉めて営業、パソコンの前で・・・「ガタッ ガタッ」と音がするたびに店の周りをうろうろ明日が大変なんだろうが
タイヤ専門店「沼田タイヤ」
タグ: 台風 大雨 強風

2011/9/1 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します
今回はプレイズからポテンザRE-11です、以前のクルマで装着していたポテンザのグリップを・・・てなわけで、グリップ感のマイルドになったRE-11を、しかしこの車輛はプレイズ装着時でフェンダーはギリギリ!!見方によっては???上の画像は同じ215/45R18ですがRE-11の方が太く見える、実際もトレッド面は太い。

クリックすると元のサイズで表示します左は装着前のプレイズ、特徴としては操縦安定性を重視したタイヤで、見た目はショルダーを丸く(なで肩)してある、その為リムプロテクトの形状が発売当初は賛否両論あった、今回のRE-11装着で2種類の違いが良く判った。

クリックすると元のサイズで表示します左は新たに装着したRE-11、見た目の感じは随分変わった、おそらくタイヤトレッドの広さとリムプロテクトのトップの位置が関係している、RE-11のリムプロテクトのトップ位置がリム側に近い、だから車輛を横から見ると扁平率が大きく見える、45扁平が50扁平のような。

プレイズの時はフェンダーはギリギリだったが、RE-11にしてすっきりした、やはりリムプロテクトトップ位置からタイヤショルダーまでの形状は大切なように思える、このお客様、ダルマセリカからのお客様、いったい我が社で何本買って頂いただろう・・・


タイヤ専門店「沼田タイヤ」




AutoPage最新お知らせ