*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。**********

正確な判断は?

2013/2/25 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します左の画像、先日http://fine.ap.teacup.com/twopiece/1884.html切り取ったタイヤサイド部です、何もしなくて見るとこのよな外見、装着して使用中もこのように見える、唯一、路面への接触部分はタイヤが車重で撓み、若干のひび割れも見える。

クリックすると元のサイズで表示します左画像は、上の画像を折りたたんだ状態、通常では確認出来ない、小さなひび割れが多数見えます、一般的に、このひび割れがタイヤの特定箇所(ショルダー付近とビード付近に多い)によって拡大してゆく。

外から見えるひび割れをタイヤ交換のセールストークにする、これも、交換時期の判断材料には良いかもしれません、しかし、必要以上にタイヤのひび割れを「危険、危ない、破裂します・・・」とドライバーの方を不安にさせる事にもなります、実際、車やタイヤに付いての正確な知識のない方、まったく関心のない方、又は心配性の方等はタイヤが十分使用可能でもあるのに交換してしまう事もあります(もったいない!)その中には悪意のセールストークもあります(注)!

新しいタイヤなら間違いない?でしょうが、ドライバーさんも納得してタイヤ交換が出来るように、情報を集めたり、信頼できる方やショップの方に相談してみましょう、やはり最後は自己責任になります、最後にクルマを止めてくれるのは黒くて丸いタイヤです、事故の無いように安全運転を望む。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ