2021/9/18

半端サイズの六畳間から四畳半へ、木工事を伴った15o薄畳の入れ替え工事  薄い畳

こちらは先週お世話になりました鎌ヶ谷市のお客様の施工例です。
地元のお客様からのご紹介でお見積りにお伺いすると15o厚の薄畳で部屋の真ん中に堀コタツがあります。

 クリックすると元のサイズで表示します

問題なのは部屋(6畳間)の大きさとコタツの位置です。
幅方向(8尺7寸:2ⅿ64p)は通常サイズですが丈方向(11尺6寸:3ⅿ52p)は2尺1寸(通常より63p短い)詰まっています。
そして大問題なのが大工さんが割りつけたであろう堀コタツの位置。

なんとも中途半端な所に設置され、通し物の巾が3尺5分(通常幅より4,5p大きい)ので関東間サイズの畳が使えず京間サイズを使う事になり、当然反対側の通し物は2尺8寸(通常幅より3p小さい)と狭くなっています。

また、真ん中の畳の丈が掃き出し側が3尺5寸(通常より18p長い)、入り口側が3尺1寸(通常より6p長い)です。
このまま入れ替え工事をしてしまう使用する畳の枚数は6畳半で金額的にも割高になり、しかも材料の大部分を切り捨てて使う事になる何とも勿体ない施工となります

そこでコの字に巾木やフロアを張り、通常サイズの4畳半(中半)に直すという施工をご提案しました
通常は大工さんに別工事をしてもらいその後、畳工事となるのですがそこは当店の強み、畳に関する小さな木工事は全て私が行うので時間も価格も節約できるのです
説明後、正確なお見積りを出し受注頂きました。

それでは施工前の和室です。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

朝8時、まずは古い畳の撤去。
直ぐに夜なべで加工しておいたフロアや畳寄せの木工事を開始

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

寸法が足りない部分に杉板(クリア材)で畳寄せ(4p)をL時に施工。

 クリックすると元のサイズで表示します

続けて掃き出し側にフロアと畳寄席を施工し

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

木工事が終わったらすぐに部屋の採寸。
コタツの位置が動かせないので廻縁を基準に寸法を測ります。
採寸が終わって午前10時、急いで工場に戻ります

現場が遠い為、工場へ着いたのが午前11時。
直ぐに施工開始です。

 クリックすると元のサイズで表示します

使用した薄畳床は取引のある茨城県の拒コ上畳材さんに相談しながら作って頂いた日本初のMYKボード(クッション性が高い不織布の圧縮材を使用したオリジナル薄畳床)です。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

薄畳の欠点である硬さを覆す、今までにない足当たりの良い薄畳床になります

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

もちろん安心安全の逢着施工
夕方5時、キッチリ仕上げて現場へ納品に向かいます。


それでは施工後、四畳半に生まれ変わった和室です

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

標準サイズで無駄のない寸法
この先の畳替えはお客様に大変優しい和室になりました
今回もお客様には大変お喜び頂きました

鎌ヶ谷市くぬぎ山N様、この度は当店にご相談ご注文頂き有難う御座いました。
そんな木工事を伴う半端サイズの六畳間和室から通常サイズの四畳半和室への15o厚薄畳入れ替え工事のご紹介でした。
2
タグ: 薄畳 

2021/6/17

ペット対策としての15o厚柔道畳への入れ替え工事  薄い畳

こちらは昨日お世話になりました我孫子市のお客様の施工例です。
9年前、15o厚の薄畳表替え工事をお世話になったお客様から飼っているワンちゃんの為に丈夫な柔道畳を検討しているとご相談頂きました。

お見積り時、柔道畳とわんにゃんスマイル畳の両方を見て頂き商品説明。
塩ビレザー素材の為、30ミリ以下の薄畳施工はヘリ無し加工が出来ず、縁付畳のみとなります。
今回は経年劣化で畳床が使用出来ない為、新畳への入れ替え工事となりました。
検討して頂き後日ご注文頂きましたのは和室の雰囲気を考慮して柔道畳を使用した15o厚薄畳の入れ替え工事です。

施工前の和室

 クリックすると元のサイズで表示します

畳を引き上げ採寸後、工場に戻り施工開始

 クリックすると元のサイズで表示します
15o厚薄畳ゼットロン使用

 クリックすると元のサイズで表示します
畳表は柔道用の塩ビレザー表です
飼っている柴犬が小さい頃に畳を引掻き穴をあけてしまったそうです。
今回は排泄物によるシミの心配が無いのですが傷対策での柔道畳仕様です。

 クリックすると元のサイズで表示します
畳縁の下紙には念のため洗える畳用のプラ下紙を使用します

数年ぶりの柔道畳を使用した15o厚薄畳の入れ替え工事。
予定より施工に時間が掛かってしまい納品時間が1時間半遅れてしまいました


それでは施工後の和室

 クリックすると元のサイズで表示します

わんにゃんスマイル畳と素材は同じ塩ビレザーですが、畳らしい見た目と柔道畳特有のベタツキ感があります。
納品後は家具スベールが使えない為、荷物の移動は持ち上げて設置です。
納品が遅くなってしまいましたがお客様にはお喜び頂きました
我孫子市つくし野S様、今回も当店にご相談ご注文頂き有難う御座いました。

そんな柔道畳を使用したペット対策の15o厚薄畳入れ替え工事のご紹介でした。
1

2020/12/6

困った畳、きたろう畳の施工例 in 富里市  薄い畳

こちらは昨日お世話になりました富里市のお客様の施工例です。
ご相談頂いたのはハウスメーカー新昭和が建てた注文住宅の2階和室、きたろう畳が使用されているようなので見てほしいという事でした。

お見積りにお伺いし、確認すると京間サイズの6畳間、厚みは15oで厄介なタッカー打ち工法のきたろう畳でした。
説明をしながらお見積りを出し、その場でご注文頂きましたので1日で終わらせられるよう胴付き(縦横の寸法)を測っておきました。

施工日前夜に、中物と川中のカマチ巻きを済ませておきます。
そして施工日当日。

施工前の和室

 クリックすると元のサイズで表示します

朝8時、2時間で採寸まで終わらせるつもりで【きたろう畳】の撤去開始

 クリックすると元のサイズで表示します
まずはアタッチメントの畳縁を外します。

 クリックすると元のサイズで表示します
外し終わったら畳表をカットし、クッション材のフェルトシートを剥がします。
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
続いてボードに打ち付けてあるレールを取り除き、一番大変なボードを床に留めているタッカーの針抜きです。
ボード1枚に約130〜150本のタッカー(現場用ホチキス)の針が打ち込まれています。
これを抜き取るのが非常に大変な作業なのです。
まずは手鉤でボードに埋まってしまっている針を引っ張り、ペンチで掴めるようになったら引き抜きます。
上手く抜ければ良いのですが、途中で針が折れてしまう事が多く中々作業が進みません

今回息子が仕事で頼めなかった為、カミさんと2人、夢中で作業を進めました。
全ての針を抜き終わり、今何時??と聞くともう10時40分の返事

 クリックすると元のサイズで表示します
剥がしたボードや工具をトラックに積んでいる内に部屋の清掃作業をしてもらいます。

 クリックすると元のサイズで表示します
綺麗になりました。
結局、きたろう畳の撤去に3時間掛かってしまい急いで採寸を済ませ、工場へ戻ります。
沢山のきたろう畳の施工をしてきましたが、今までで1番大変な撤去作業でした


工場到着12時、昼食を取らずに作業開始。

 クリックすると元のサイズで表示します
ゼットロン薄畳床(フェルトのクッション付き)15o厚使用

 クリックすると元のサイズで表示します


 クリックすると元のサイズで表示します
畳表の縫い代の分だけ裏面材のカット

 クリックすると元のサイズで表示します
逢着施工の為、裏シートは捲り上げ切り落とさないようにします。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
裏シートを戻してから床糸が緩まないようクラフトテープを貼り、下地の調整終了。

 クリックすると元のサイズで表示します
使用したのは熊本県産本間綿々W糸引き畳表上品(生産者:斉藤稔氏)

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
当店では可能な限り、安心安全の逢着施工

 クリックすると元のサイズで表示します
お客様がお選びになったカエデ柄の畳縁

昨晩、段取りをしていたので新畳製作は順調に進み、夕方4時過ぎ施工完了
急いで現場へ向かいます。


それでは綺麗に生まれ変わった施工後の和室です

 クリックすると元のサイズで表示します

使い捨てのきたろう畳から使い捨てでない15oの薄畳へ入れ替え工事の完了です
綺麗になった和室を見て今回もお客様にはお喜び頂きました
富里市日吉倉S様、この度は当店にご相談ご注文頂き有難う御座いました。
そんな困った畳、きたろう畳の入れ替え工事のご紹介でした。

0
タグ: 薄畳 

2020/8/10

困った畳、きたろう畳の施工例 in 千葉市中央区  薄い畳

こちらはハウスメーカー新昭和の営業担当者様からご紹介頂きました千葉市中央区のお客様の施工例です。

新築時、和室に採用されていたのが【きたろう畳】という組み立て式の畳です。
困った事に製造メーカーが生産を中止し、現状、この畳の施工が出来る業者は神奈川に1社しかありません。
でもご安心ください!!
その畳、当店なら入れ替えられますよ


高速道路を使って行く場所でしたので出張諸経費(有料道路代込)ときたろう畳の撤去費含めて、まずは概算で見積りを出します。
お客様のところへお伺いするには受注前提となるのであくまで概算での見積りです。
お電話でご注文頂きましたので下見にお伺いし、きたろう畳の仕様と厚みを確認。
15o厚のパネル式という事が判り、正確な見積りを出して部屋の胴付き(大まかな寸法)だけ測り戻りました。

8畳間のきたろう畳を1日で仕上げる事は近場ならともかく、片道1時間以上掛かる場所ではまず納める事が出来ません。
そこで部屋の胴付きだけ測れば中物2枚と枕の上前までは仕上げる事が出来ます。
事前に4枚をあらかじめ仕上げておき、残りはしっかり段取りを済ませておきます。


作業当日、朝6時40分、工場を出発です。
一人では時間が掛かってしまう為、仕事が休みだった息子に手伝ってもらいました。

施工前

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

きたろう畳の1番の特徴として、畳と畳が並び合う縁が1本である事と縦敷きの畳が2枚続く丈方向の真ん中に縁がある事です。

それでは撤去作業開始。

 クリックすると元のサイズで表示します

まず縁をアタッチメントのレールから取り外し捨てられるように細かく裁断します。

 クリックすると元のサイズで表示します

次にレールの枠の中に納められている畳パネルをカットし粗大ゴミで処分出来るよう縛ってまとめます。

 クリックすると元のサイズで表示します

それが終わったら1番大変なレールを留めているホチキスの針を全て抜き取る作業です

 クリックすると元のサイズで表示します

数百本打ち付けられている針が途中で折れたり、抜き辛かったりと綺麗にするのが本当に大変なんです。
ペンチで引き抜く為、息子は手の指のマメをつぶしながら1時間半を掛け頑張ってくれました。
全て抜き終えてから掃除機を掛け、きたろう畳の撤去終了です。


撤去が終わったらすぐさま部屋の採寸。
採寸を終え、10時でした。。
連休という事もあり、房総方面(下り車線)に向かう車は大渋滞。
東京方面(上り車線)だったので本当に良かったです。
急いで工場に戻り作業開始です。


施工中

 クリックすると元のサイズで表示します

使用したのはゼットロン薄畳床15o厚仕上がりとダイケン和紙表銀白

 クリックすると元のサイズで表示します

畳縁も逢着し

 クリックすると元のサイズで表示します

当店は薄畳を縫う設備が整っていますので全て安心の逢着施工です。
※仕様や物によっては逢着施工が出来ない場合があります

全て仕上がったのが夕方4時30分。
急いで準備をし、納品に向かいます。
高速道路は房総方面からの帰りの車で上り車線が大渋滞していました。
帰り道は渋滞だなぁと横目で見ながら現場へ。
6時到着&納品作業


それでは生まれ変わった施工後の和室です

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

使い捨てのきたろう畳から使い捨てでない15oの薄畳へ入れ替え工事の完了です
綺麗になった和室を見て今回もお客様にはお喜び頂きました
千葉市中央区村田町Y様、この度は当店にご相談ご注文頂き有難う御座いました。
そんな困った畳、きたろう畳の入れ替え工事のご紹介でした。


これでお盆前に予定していた仕事が全て完了しました。
明日8月11日(火)から15日(土)までお盆休みを頂きます。
通常施工は16日より、8月の施工はほぼ埋まっておりますのでお急ぎのお客様は早目のご相談ご検討をお願い申し上げます。

畳替えのご相談お見積りはもちろん無料!
畳の事で何か御座いましたら国産専門店の米井畳店にご相談くださいませ!!
0
タグ: 薄畳  きたろう畳

2020/1/24

花たたみHAL、ブルーバイオレット&ローズグレー施工例  薄い畳

こちらは小学校の同級生からご注文頂きました15o厚薄畳の入れ替え工事の施工例です。
いくつかの施工を提案し、最終的に選んだのが花たたみHAL(簡易型ヘリ無し半畳薄畳)を使用したヘリ無し半畳への入れ替え工事でした。

カラーはブルーバイオレット&ローズグレーの2色使い。
施工当日、同級生も有休を取り、手伝ってくれました。

それでは施工前の6畳間

 クリックすると元のサイズで表示します

まずは既存の薄畳を撤去&解体。
3等分に切って紐で縛って粗大ゴミで出してもらう事に。
私が花たたみの加工をしている間、裏面に両面テープを貼ってもらいながら進めていきます。

 クリックすると元のサイズで表示します

午前9時30分過ぎから始めてちょっと遅くなってしまいましたがお昼過ぎ施工完了!


それでは施工後の和室です

 クリックすると元のサイズで表示します 

シックで和モダンな部屋へ生まれ変わりました
ご夫婦共にお喜び頂き友人にも凄いねぇと感心してもらいました(笑)
取手市井野E様、ご相談ご注文頂き有難う御座いました!


15oの薄畳のヘリ無し施工として今、お薦めしているのがこの【花たたみHAL】の施工です。
クッション性が良く、部分的に傷んだらその部分だけ交換も出来て液体に強く、退色もありません
施工も現場で出来る為、その日の内に和室を生まれ変わらせる事が出来ます!
また、私達畳店が製作する薄畳のヘリ無し半畳より価格も大分抑えられます

薄畳のヘリ無し半畳を求められるなら花たたみは如何でしょうか?
そんな花たたみHALの施工例でした。
0
タグ: 薄畳 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ