2021/2/22

ものづくりマイスター魅力発信講座 in 印西市立 西の原小学校  職業体験学習

本日は、毎年恒例となっております印西市立西の原小学校にて【ものづくりマイスター魅力発信講座】が開催されました。
今回は畳、建築板金、大工の3職種に分かれ、それぞれが課題に挑戦です。

ミニ畳作りに挑戦したのは6年生児童29名。
講師は私と成田市の佐合畳店さんに青のインテリアさん八千代市の(株)青山畳店さん(2名)と石田畳店さんの6名です。

コロナ禍で緊急事態宣言中でしたが学校側と講師側のそれぞれが感染対策をしっかり行い開催に至りました。

初めて縫う畳表に縁を縫い付ける作業に苦戦しながらも皆、頑張り上手に仕上げる事が出来ました

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

ミニ畳作り終了後は畳に関する講座です。

クリックすると元のサイズで表示します

畳の構造や畳屋さんの道具、畳職人の手捌きなどを見てもらい最後に子供達の質問に答え、2時間半の畳教室が終了です。
今回も子供達の笑顔を見る事が出来ました

夏は涼しく冬は暖かい、世界に誇れる日本オリジナルの床材、畳。
大人になっても畳を好きでいて欲しいし、畳のある生活をして欲しいものです。
コロナ禍の中、子供達も色々我慢をしていますが、この体験教室が良い思い出になってくれたら嬉しい限りです。
そんな印西市立西の原小学校、ものづくりマイスター魅力発信講座でございました。


PS
今回、ものづくりマイスター魅力発信講座の記事を投稿するのが随分と久しぶりになりましたが昨年度も方々で講師をしておりました。
現状、個人情報保護の観点から写真掲載が難しくなり、記事としての投稿が出来ない事が多々あります。
もちろん今回、写真掲載許可を頂いております。
0
タグ: ミニ畳

2019/11/14

ものづくりマイスター魅力発信講座 in 印西市立 原小学校  職業体験学習

本日は毎年恒例となっております、印西市立原小学校にて【ものづくりマイスター魅力発信講座】の講師としてミニ畳作りを行いました。

今年1月に前年度のものづくりマイスター魅力発信講座を行った為、年内2回目の畳教室です。
5年生児童148名が畳、和菓子、左官、造園、タイルの5職種からそれぞれが希望した職種に挑戦です。
児童数が多いため今回は2日に分けて畳作りには29名が参加しました。
講師は西の原小学校に続き、私とカミさん佐合畳店さんと青のインテリアさんの4名で対応しました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

家庭科で行う布を縫う作業と違い、畳表を縫うのは子供達にとって本当に大変です。
5年生という事もあり、大分苦戦した子もおりましたが何とか無事に皆仕上げる事が出来ました。

世界でたった一つの自分で作ったミニ畳、家に帰り家族に自慢してください!

今回はミニ畳作りに時間が掛かり講話の時間が少なかった為、本当に簡単な話しとなりましたが、2時間の畳教室は子供達の笑顔溢れるものとなりました。


このような職業体験で物作りの楽しさや素晴らしさ、自分で仕上げる事の達成感を感じ、大きくなった時に少しでもこの経験がプラスになったら嬉しいものです。
和室が減っている現状、子供達が畳を好きでいて欲しいし、大人になった時に畳のある部屋を望んで欲しいと切に願います。

畳は日本の伝統文化、夏は涼しく冬は暖かい世界に誇れる床材です。
そんな、ものづくりマイスター魅力発信講座、印西市立原小学校での畳教室のご報告でした。
0
タグ: 印西市 

2019/10/18

手づくりみらい教室 in 栄町立 安食小学校  職業体験学習

今日は隣町にある印旛郡栄町立安食小学校にて【手づくりみらい教室】の講師としてミニ畳作りと畳の講座を行いました。

5,6年生児童82名がタイル(アートモザイクタイル)、畳(ミニ畳)、フラワーデザイン(フラワーギフト)、和菓子(小麦まんじゅうと練り切り)、洋裁(水筒ケース)、板金(銅板レリーフ)、西洋料理(手づくりハンバーグとイタリアン野菜スープ)、大工(本立て)、日本料理(さんが焼き・しめじご飯・お吸い物)の9職種に挑戦です。

体育館で開会式を行った後、それぞれの職種に分かれ作業開始です。
畳教室に参加してくれた児童は5名、千葉県畳業組合からの講師は私一人で対応しました。

 クリックすると元のサイズで表示します

早速作業開始、初めて縫う畳表の硬さに苦戦しながらも作業を進めます。
今回は5名と児童も少なく、裁縫の得意な女の子が多かった為、作業時間を40分も残し皆上手に作り上げる事が出来ました!

作り上げた作品を見て嬉しそうに笑顔を見せてくれる子供達には毎回元気をもらえます。
世界に一つしかない自分で作りあげたミニ畳。
帰ったら家族に自慢してくださいね!

ミニ畳作り終了後、給食を一緒に頂き、姪っ子の通う小学校という事もありながら子供達と談笑。

 クリックすると元のサイズで表示します

午後からは1時間の授業時間を頂き、私一人で5・6年生全児童に対する畳の講座です。
畳屋さんの仕事や畳の構造、畳職人の道具や、他の職人さんとの違いなどを話しました。
最後に畳を縫う作業も見てもらい、手づくりみらい教室が終了となりました。
知ってそうで知らない畳の事。
あっという間の1時間でしたが、子供達が楽しんで畳を理解してもらえたと思います。


このようなキャリア教育は本当に素晴らしく、物作りの楽しさ素晴らしさを実感し、将来そういった道に進んでくれたら本当に嬉しく思います。
今回も大成功だった手づくりみらい教室。
畳教室を選んでくれた子供達、本当に有難うございました!
そんな栄町立安食小学校で行われた手づくりみらい教室のご報告でした。
0

2019/10/10

ものづくりマイスター魅力発信講座 in 印西市立 西の原小学校  職業体験学習

本日は、毎年恒例となっております印西市立西の原小学校にて【ものづくりマイスター魅力発信講座】の講師としてミニ畳作りを行いました。

今回ミニ畳作りに挑戦したのは6年生児童25名。
講師は私とカミさん、成田市佐合畳店さんに青のインテリアさんの4名です。
初めて縫う畳表に縁を縫い付ける作業に苦戦しながらも皆、頑張って進めていきます。
指に針を刺した子もいましたが皆上手に仕上げる事が出来ました

ミニ畳作り終了後、簡単な畳に関する講座をし、畳教室が終了です。

最後にミニ畳を抱えて記念撮影 

 クリックすると元のサイズで表示します


このような職業体験で物作りの楽しさや素晴らしさ、自分で仕上げる事の達成感を感じ、大きくなった時に少しでもこの経験がプラスになったら嬉しいものです。
和室が減っている現状、子供達が畳を好きでいて欲しいし大人になった時に畳のある部屋を望んで欲しいと切に願います。

畳は日本の伝統文化、夏は涼しく冬は暖かい世界に誇れる床材なのです。

そんな、ものづくりマイスター魅力発信講座、印西市立西の原小学校での畳教室の一コマでした。
0

2019/8/22

楽しい技術と家庭科のコラボレーション研修  職業体験学習

本日、畳ものづくりマイスターとして千葉県職業能力開発協会から依頼され、幕張にある千葉県総合教育センターにて『楽しい技術と家庭科のコラボレーション研修』が行われ、午前の講座の講師として参加しました。

いつもは小中学生対象の畳講座ですが今回は県内小中高、特別支援学級の家庭科の先生を対象とした講座。
参加者は22名、課題はミニ畳作りです。

 クリックすると元のサイズで表示します

受講者全員、家庭科の先生という事で今までに経験した事が無いほどミニ畳作りはスムーズに進み、完成度も私が作る物と変わらないほどの上手さでした。
流石、家庭科の先生!!と脱帽のミニ畳作り、次回このような講座の時にはレベルの高いものを用意した方が良いなと思う体験学習でした。

ミニ畳作り終了後は畳の講話。
畳の構造や歴史、畳職人の仕事や道具など見て触れての講話です。
最後に少し畳を縫う作業を見てもらい、畳の講話も終了。


午前9時30分から12時30まで、3時間の講座は身近にありながら知ってそうで知らない畳についての色々な話や体験で大盛況の内、終了となりました。

参加して頂きました先生方、有難う御座いました。
そんな畳講座のご報告でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ