2021/8/2

無くなっていく物  仕事

どこの業界でも言える事かもしれませんが、現状畳業界は当たり前に使用していた物がどんどん無くなっていきます。

その中でも畳職人として困る物が針、包丁などの小道具と畳を縫う為の糸(切糸)です。
ワラ畳床が激減し、機械化が当たり前の昨今。
普段の仕事で針を持たない畳屋さんが多くなっています。
数年前に製造が無くなってしまった切糸。
毎日針を握る当店にとっては本当に困った問題です。

 クリックすると元のサイズで表示します

製造中止が決まった時、買いだめしてある切糸(知床)、本当に貴重です。
切糸は使用する前に糸をほぐし、油を塗ります。
夏と冬では塗る量を変え使用します。

 クリックすると元のサイズで表示します

油を塗り終えたら糸筒へ

 クリックすると元のサイズで表示します

当たり前に使っていた物がどんどん無くなっていく畳業界。
ワラ畳やイ草自体も少なくなり、この先、技術まで失われて行くのかもしれません。
私も50歳、自分が針を置くまでどんな変化がこの業界に訪れるのだろう・・・。
糸を塗りながら寂しい気持ちになりました。
2

2021/7/21

施工状況と夏季休業日のお知らせ  仕事

先週16日に梅雨明け宣言が発表されてから毎日本当に暑い日が続いております。
おかげ様で多くのお客様にご注文頂き毎日忙しく動いております。
現在、日曜返上で休み無く頑張っておりますが7月の施工は締め切り、お盆前の施工受付も残り僅かとなっております。

お盆前までに畳工事を終わらせたいお客様はお早目のご相談ご検討をお願い申し上げます。
また、お盆明けの仕事も数件頂いており、お急ぎでないお客様は8月25日以降の施工をお願いしております。

当店夏季休業日
8月12日(木)〜16日(月)までお盆休みを頂きます



畳工事のご相談お見積りはもちろん無料!
畳の事なら何でも国産専門店、米井畳店にお気軽にご相談くださいませ!!


クリックすると元のサイズで表示します
1

2021/6/24

六畳間和室から四畳半茶室小間仕様への変貌  仕事

こちらは本日お世話になりました八千代市のお客様の施工例です。
昨年末に既存の六畳間を入口の畳部分(3尺幅)を板の間にして四畳半茶室の小間仕立てにしたいとご相談頂きました。

施主様のご希望は師匠から引き継いだ陶器製の炉檀を使い炉を切り、お点前畳は六十四目巾(京間標準3尺1寸5分巾)の茶室用の畳表を使用して床の間(板床)に龍鬢表を使用した畳の置き床をという事でした。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

師匠から引き継いだという陶器製の炉檀、色々なお茶室施工をやってきましたが初めて見ました。

使用出来る物は使用してお点前畳と踏込み畳は新調、炉畳などは切合わせで既存の畳を使用します。
床の間には龍鬢表を使い、なるべく薄く仕上げ、仕舞える様に置き床で施工。
炉切や板の間、床板の施工は大工さんを紹介。
訳あって施工がご相談頂いてから半年経ってしまいましたが施主様、大工さん、当店、天気と全ての都合が合いようやくの施工となったのでした。

まずは施工前の和室

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
             床の間


お点前畳には茶室用64目巾、熊本県宇城市、茣蓙蔵十平(畑野泰人氏)の高級畳表を使用。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
   上が通常織りの畳表の目巾、下が茶室用畳表の目巾

 クリックすると元のサイズで表示します

一般の畳表では62,5目、畑野氏が織りなす無一物(茶室用高級畳表)は京間標準(3尺1寸5分巾)で64目の両目乗りになります

大工さんの施工中

 クリックすると元のサイズで表示します

床下収納にする為の蓋加工や炉切(炉檀)、板の間施工など朝から大忙しで施工して頂きました。
入口の板の間にはバンブー(竹)フロアを使用です。


それでは四畳半茶室(小間仕様)に生まれ変わった和室です!


 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

床の間、龍鬢表に白中紋。
四畳半小間の場合、龍鬢表は使わず畳と同じ表を使用し黒無地で仕上げるのですが部屋自体は六畳間という事で施主様のご希望で龍鬢表を使用しました。
もちろん床の間の幅に合わせ、紋縁は縮めて欠ける事なくキレイに丸を出しています。
芯にはハードボード(2o)を使用し、平刺しで縫い付け縁で包み、仕上がり厚は5oの置き床です。 


 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

踏込み(関東間幅、丈伸び)からのお点前畳(京間幅、関東間丈サイズ)、もちろん両目乗りです 
他の畳も寸法や縁幅で調整し、全ての畳を両目乗りで仕上げています

仕上がった和室を見て私も大工さんも凄く良いねぇを連呼。
もちろん施主様(奥様)には大変お喜び頂きました
長い間、施工が遅れてご迷惑お掛けしましたが素敵な和室となりました
八千代市大和田新田U様、この度は当店にご相談ご注文頂き有難う御座いました。
そんな六畳間和室から四畳半茶室小間仕立て施工のご紹介でした。
2

2021/4/30

困った長距離ドライブ  仕事

昨年末お世話になっている春日製畳さんから告げられた困った事。
現状、ワラ畳の注文は少なくなり、材料商や畳店さんも注文枚数が少ないため直接取りにきていて、100枚単位の注文をするのは当店のみ。
今年3月にいつも配達に使用していた4トントラックの車検が来るため、当店の為だけに維持するのが難しく廃車にするので配達に行けなくなると伝えられておりました。

当店のトラックは1,25トン、ワラ畳は30枚が限界です。
今回も約100枚の注文をしているものの君津市まで何度も取りに行かなければなりません。
春日製畳さんまで片道75`、高速を使い早ければ1時間半、往復3時間の道のりです。

仕事に余裕があれば良いのですが中々そうは行きません。
夕方6時以降に工場を出て8時前に春日さんへ到着。
帰り道、市原サービスエリアでトイレ休憩。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

工場に戻り10時半でした。
5月に残りを取りに3回走ります。
ワラ畳床に拘ってきた当店ですが正直、先の事を思うと色々考えてしまう出来事となりました。
1

2021/2/28

千葉県畳業組合連合会通常総会  仕事

本日は千葉県畳業組合連合会 第58回通常総会が幕張、ちば仕事プラザにて行われました。

 クリックすると元のサイズで表示します

もちろん感染対策は万全に執行部は午前中から集まり、皆で総会準備。
2年前、副理事長から会計となり本日で任期終了、今回は役員改選の年です。

 クリックすると元のサイズで表示します

緊急事態宣言中という事もあり出席者は各支部長や役員のみ20名(他は委任状)での総会でした。
各議案は無事認証され最後の難関、役員改選です。
立候補は皆無。
人選が決まらず時間だけが過ぎていきます。
結局、新規役員(副理事長と会計監査)に2名が就き、理事長他は現行のままもう1期続けるという事になりました。

私は会計2期目となり、監査や副理事長などを含めるともう5期(10年)以上連続の役員となってしまい
なってしまった以上は次の役員改選まで頑張るしかありません。
これからまた2年間、組合員全ての方の協力を頂きながら少しでも良い方向に進めるよう努めたいと思います。
そんな千葉県畳業組合連合会通常総会でございました。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ