2021/6/27

鹿島港2021初釣行  釣り

今日は6月に入って初めてのお休みでした。
土曜日、お客様を畳をしっかり納め、見積りを済ませてから釣りの準備です。
今年初の釣行
先月末、頑張っている自分へのご褒美に竿とリールを新調し、早く試し釣をしたいと思いながらなかなか行けず、やっと休みを取れたので夜8時出発。

鹿島についてから朝マズメに竿を出すポイント選びであちこち下見に。
湾内でやるか海岸線でやるか迷いましたが波も高くなかったので海岸脇の道路に車を停め、一杯飲んで車中泊。
4時前に目覚ましをセットし就寝。

目覚ましの音で飛び起き、竿を出します。
早朝4時過ぎ、心配していた雨も止みライトショアジギング開始です。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

潮周りは中潮ですが海は本当に穏やかです。
投げては巻き、投げては巻き・・・
6時を過ぎ、7時を過ぎ・・・一向にアタリもありません

周りにいた釣り人も引き上げポイントを変え移動していきます。
8時まで粘りましたが、全くアタリなし。
もうダメとポイント移動です。
車で中央埠頭まで走ると湾内はまさにベタナギです。
釣り人もちらほらで釣れている様子がありません。
取水口橋の上も人が居ません。
移動しながら投げてはみるものの全く釣れる気配無し。

 クリックすると元のサイズで表示します


午前10時、周りの釣り人も引き上げる中、もうダメと心も折れ納竿。
それでも今年初釣行は気持ちが良く、釣れなくとも良いリフレッシュになりました。
でもやっぱりあの引きを味わいたい。
次はいつ来れるかなと思いながら鹿島を後に帰路に着きました。
そんな鹿島港2021初釣行でございました。
3

2021/6/24

六畳間和室から四畳半茶室小間仕様への変貌  仕事

こちらは本日お世話になりました八千代市のお客様の施工例です。
昨年末に既存の六畳間を入口の畳部分(3尺幅)を板の間にして四畳半茶室の小間仕立てにしたいとご相談頂きました。

施主様のご希望は師匠から引き継いだ陶器製の炉檀を使い炉を切り、お点前畳は六十四目巾(京間標準3尺1寸5分巾)の茶室用の畳表を使用して床の間(板床)に龍鬢表を使用した畳の置き床をという事でした。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

師匠から引き継いだという陶器製の炉檀、色々なお茶室施工をやってきましたが初めて見ました。

使用出来る物は使用してお点前畳と踏込み畳は新調、炉畳などは切合わせで既存の畳を使用します。
床の間には龍鬢表を使い、なるべく薄く仕上げ、仕舞える様に置き床で施工。
炉切や板の間、床板の施工は大工さんを紹介。
訳あって施工がご相談頂いてから半年経ってしまいましたが施主様、大工さん、当店、天気と全ての都合が合いようやくの施工となったのでした。

まずは施工前の和室

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
             床の間


お点前畳には茶室用64目巾、熊本県宇城市、茣蓙蔵十平(畑野泰人氏)の高級畳表を使用。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
   上が通常織りの畳表の目巾、下が茶室用畳表の目巾

 クリックすると元のサイズで表示します

一般の畳表では62,5目、畑野氏が織りなす無一物(茶室用高級畳表)は京間標準(3尺1寸5分巾)で64目の両目乗りになります

大工さんの施工中

 クリックすると元のサイズで表示します

床下収納にする為の蓋加工や炉切(炉檀)、板の間施工など朝から大忙しで施工して頂きました。
入口の板の間にはバンブー(竹)フロアを使用です。


それでは四畳半茶室(小間仕様)に生まれ変わった和室です!


 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

床の間、龍鬢表に白中紋。
四畳半小間の場合、龍鬢表は使わず畳と同じ表を使用し黒無地で仕上げるのですが部屋自体は六畳間という事で施主様のご希望で龍鬢表を使用しました。
もちろん床の間の幅に合わせ、紋縁は縮めて欠ける事なくキレイに丸を出しています。
芯にはハードボード(2o)を使用し、平刺しで縫い付け縁で包み、仕上がり厚は5oの置き床です。 


 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

踏込み(関東間幅、丈伸び)からのお点前畳(京間幅、関東間丈サイズ)、もちろん両目乗りです 
他の畳も寸法や縁幅で調整し、全ての畳を両目乗りで仕上げています

仕上がった和室を見て私も大工さんも凄く良いねぇを連呼。
もちろん施主様(奥様)には大変お喜び頂きました
長い間、施工が遅れてご迷惑お掛けしましたが素敵な和室となりました
八千代市大和田新田U様、この度は当店にご相談ご注文頂き有難う御座いました。
そんな六畳間和室から四畳半茶室小間仕立て施工のご紹介でした。
2

2021/6/21

父の日と夏至と家庭菜園  

早いもので今年も半分が過ぎようとしています。
日曜日の昨日は6日(日)に続き今月2回目、千葉県立房総のむらで畳表替えの手縫い実演でした。
コロナ禍で午前中は雨予報だった事もあり、人出は疎らでしたがお客様と話しながら(距離を保ちマスクをしながら)の実演でした。
北茨城の畳屋さんや実家が岡山のイ草農家だったという旦那さん、今は廃業してしまった柏市の実家が畳屋さんだったという奥様など御同業の方から畳に関わる方までこちらも楽しい実演でした。

 クリックすると元のサイズで表示します
  閉園後の商家町並み

実演後、父の日という事もあり、カミさんの実家にちょっと寄り道。



 クリックすると元のサイズで表示します

帰宅後、3人の子供達からはビールやお刺身などをもらい
風呂上がり早速美味しく頂き、父の日の良い時間でした。


今日は夏至。
明日からはちょっとずつ日が短くなります。
子供の頃は夏休みの8月が一番日が長い気がしていましたが、日に日に夕暮れが早くなる事に気忙しい思いです。

 クリックすると元のサイズで表示します

裏庭に昨年処分した向日葵の種がこぼれて2ⅿ以上の高さになり、元気に花を咲かせています。
今年も先月から家庭菜園を開始。
キュウリ、ナス、トマトにピーマン、カボチャにスイカ、オクラを栽培
今月8日にキュウリを初収穫
トマトやスイカも順調に育ち、ナスも収穫する事が出来ました

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します


おかげ様で仕事も順調、多くのお客様にご注文頂いており日々感謝の毎日です。
6月に入って日曜日(休み)がなく、未だ釣りに行けておりませんが、最後の日曜日は休めそうなので今年初の釣りに行こうと考えています。
0

2021/6/17

ペット対策としての15o厚柔道畳への入れ替え工事  薄い畳

こちらは昨日お世話になりました我孫子市のお客様の施工例です。
9年前、15o厚の薄畳表替え工事をお世話になったお客様から飼っているワンちゃんの為に丈夫な柔道畳を検討しているとご相談頂きました。

お見積り時、柔道畳とわんにゃんスマイル畳の両方を見て頂き商品説明。
塩ビレザー素材の為、30ミリ以下の薄畳施工はヘリ無し加工が出来ず、縁付畳のみとなります。
今回は経年劣化で畳床が使用出来ない為、新畳への入れ替え工事となりました。
検討して頂き後日ご注文頂きましたのは和室の雰囲気を考慮して柔道畳を使用した15o厚薄畳の入れ替え工事です。

施工前の和室

 クリックすると元のサイズで表示します

畳を引き上げ採寸後、工場に戻り施工開始

 クリックすると元のサイズで表示します
15o厚薄畳ゼットロン使用

 クリックすると元のサイズで表示します
畳表は柔道用の塩ビレザー表です
飼っている柴犬が小さい頃に畳を引掻き穴をあけてしまったそうです。
今回は排泄物によるシミの心配が無いのですが傷対策での柔道畳仕様です。

 クリックすると元のサイズで表示します
畳縁の下紙には念のため洗える畳用のプラ下紙を使用します

数年ぶりの柔道畳を使用した15o厚薄畳の入れ替え工事。
予定より施工に時間が掛かってしまい納品時間が1時間半遅れてしまいました


それでは施工後の和室

 クリックすると元のサイズで表示します

わんにゃんスマイル畳と素材は同じ塩ビレザーですが、畳らしい見た目と柔道畳特有のベタツキ感があります。
納品後は家具スベールが使えない為、荷物の移動は持ち上げて設置です。
納品が遅くなってしまいましたがお客様にはお喜び頂きました
我孫子市つくし野S様、今回も当店にご相談ご注文頂き有難う御座いました。

そんな柔道畳を使用したペット対策の15o厚薄畳入れ替え工事のご紹介でした。
1

2021/6/14

表替え工事に伴う木工事  畳表替え

こちらは本日お世話になりました印西市内のお客様の施工例です。
先月のお見積り時にご相談を受けたのは1階の8畳間の表替え工事なのですが、庭へ出る掃き出し部分の畳2枚を板の間にして真ん中にある使用していない掘り炬燵を塞いで欲しいという事でした。
2階の8畳間はそのままの表替え工事。

当店の前にチラシ業者で見積りをし、同じ希望を伝えると大工さんに頼んで木工事が済んだら連絡くださいと言われたと言います。
もちろん通常は畳店にフローリング工事や掘り炬燵の撤去を頼んでも受ける事は殆どありません。
普通は工務店さんを紹介するか頼んで施工してもらうかになります。
大掛かりな大工工事であれば当店でもそうなりますが、今回は戸建てで下地(床板)も良く畳に関わる部分的な木工事だったので畳工事と共にお受けしました。


まずは土曜日、1階の畳工事から開始です。
それでは施工前の和室

 クリックすると元のサイズで表示します

中半の掘り炬燵の櫓がたわみ、半畳が大きく凹んでいました

 クリックすると元のサイズで表示します

直ぐに畳の具合を確認
隙間等を見てから畳を引き上げ前日夜、加工しておいた仕切り寄せを施工して行きます

 クリックすると元のサイズで表示します

通りと寸法を確認しフロア部分の下地組み施工

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

フロア部分の下地が終わったらすぐに掘り炬燵の撤去作業

 クリックすると元のサイズで表示します


 クリックすると元のサイズで表示します

撤去後、直ぐに床板を張ります

 クリックすると元のサイズで表示します

ここまでの作業で午前10時、掃除をカミさんに任せ道具を片付けたらすぐに工場へ戻り畳表替えの施工開始です

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

縫止め加工や寸法の修正、床ムラを直しカマチ巻きを済ませ畳縁の逢着。
処分予定の掃き出し側の通し物を使い、掘り炬燵半畳部分の畳と入れ替えるため切合わせ施工。
時間的に休憩や昼食も取りません。
夕方5時、不具合を全て直しキッチリ畳を仕上げたら急いで納品

現場についたらすぐにフロアの加工

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

7時前、時間的に限界ですのでフロア部分の壁際の加工を残し1日目の作業が終了

日曜日は船橋市小室町のお客様の施工だったのですが畳を納めた夕方5時、次の日が雨予報でしたので現場帰りに寄らせてもらいフロアの仕上げをさせて頂きました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

1階のフロア工事が完成です
生まれ変わった和室を見てご夫婦共に大変お喜び頂きました


明けて月曜日、2階の8畳間の表替え工事です

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

寸法修正、縫い止め、畳床のムラ直し、入口の畳の切合わせなど今日も大忙しです。
キッチリ仕上げて夕方4時半、雨雲を確認しながら雨を避けての納品。

 クリックすると元のサイズで表示します

施工後の和室、綺麗になりました。
2日間で行った木工事を含む畳表替え工事。
奥様が望んだ通りの仕上がりになったと満面の笑顔を頂きました。

こういった施工を私一人が行う事により、見積もりから施工までスムーズに進みます。
しかしながら当店がお受けするのは畳に関わる小さな木工事だけです。
大掛かりな床板修繕や大工工事、和室に関係の無いフローリング工事などはお受けできません。
そのかわり間違いのない良い工務店様をご紹介致します。
障子や襖、網戸やクロスなどもご要望があれば良い職人さんをご紹介致します。
私達職人は培ってきた技術で日々の快適な暮らしと笑顔をお届けします。
住まいの事であればその場限りで終わるのではなく、長いお付き合いを前提に何か困った時に頼れるよう地域に根付いた職人さんのお店に相談してほしいと思います。






2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ