2014/4/26

千葉県立 房総のむら 春のまつり出店販売のお知らせ  房総のむら

あっという間に4月も残り僅か、おかげ様で忙しく動いております。
未だ3月の受注仕事をこなす毎日、お待ち頂いているお客様にはご迷惑をお掛け致します。
今日は早朝より春日製畳さんが納品に来てくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

朝6時前から藁床を担ぐのは毎度しんどいです。
今回の藁床は三六間用と間伸びの特注品。
約100畳ですが、ほぼ2軒分の仕入れです(大汗)


さて、来月5月3日(土)、4日(日)に千葉県立 房総のむら 春のまつりに於いて出店販売を行います。
両日共に朝9時〜夕方4時半まで、色々な催しや出店販売など盛り沢山で開催されます。

当店出店場所は畳の店 ≪ あわや ≫ です。
ミニ畳作り体験、畳小物販売、畳に関しての無料相談、もちろん畳工事も受注します。
販売物は当日限りの特別価格でご提供します!


5月の連休は近場で楽しい(笑)房総のむらへお越しくださいませ。
皆様のご来館、心よりお待ち申し上げます!!


詳しくは 千葉県立 房総のむら 春のまつり

0

2014/4/16

困った事だらけの4月  

4月に入り、増税と共に困ったのはWindowsXPのサポート終了。
これには参りました。
増税前、仕事忙しさに電気屋さんにも行けず、サポートが終了した翌日、仕事上どうしても必要という事でパソコンを買い替えました。
個人として使用しているならそんなに気にはしないのですが、メールチェックやHP更新などインターネットに繋がない訳にいかず流石にセキュリティーを考えての新機購入です。

今回購入したのは(初めての)富士通のデスクトップ。
OSはもちろんWindows8です。
ところがこのWindows8、本当に使いづらい

しかも、困った事にHPビルダーなどの旧バージョンが作動せず
余計な出費続きでソフトも最新版を購入(もちろん価格の安いバージョンUP版)


4月に入り、産地での畳表価格高騰が治まるかと思われましたが一層深刻で、今度は糸引き表の価格高騰が尋常ではない状況です。 
おまけに市場に品物が無く価格は本当に異常です。
当店でも一部商品に欠品が出てしまっております。


本当に困った国産畳表の産地状況と仕入れ価格高騰&品不足、消費増税にXPのサポート終了問題。
只今PC と毎晩の格闘中でございます。
4月に入り想定外の出費ばかりが続き、困惑している毎日です(泣)



1

2014/4/8

平成26年度 印西市立 印西中学校入学式  家族

今日は末娘の中学校入学式でした。

    クリックすると元のサイズで表示します

今年度から、高3、中3、中1となり、子供達も新生活が始まりました。
中学校は私とカミさんの母校。
校長先生は中学時代、別クラス担任の先生です。
親御さんの中には懐かしい顔もいて。

3校の小学校卒業生が同じ中学となり、新しい友達も沢山出来てくれたら嬉しいです。
・・・私も初PTA、副会長となり(大汗)色々頑張らなくてはならない新年度の始まりになりました。
1
タグ: 子供 家族

2014/4/6

悲しい産地情報(国産イ草&ワラ畳の現状)  PR活動

取引している産地問屋さんから熊本の産地情報を聞いたり送ってもらったりしているのですが本当に悲しい現実ばかりを突きつけられます。
今後、この業界はどうなってしまうのだろうと考えさせられる事ばかりです。
先日も産地の新聞のコピーが送られてきました。


平成元年、全国のイ草農家さんは約8,000軒、現状全国のイ草農家さんは700軒を大きく下回っております。
国産畳表の減少の要因として生活様式の変化(和室が少なくなり畳の需要が減った)中国産畳表(安価)の台頭、生産者の高齢化・後継者不足による廃業(1年間を掛け生産する畳表ですが自然の農産物で天候などに左右され、大変な労力にも収入が伴わない為、作付けを止めたり、跡を継がない)が挙げられます。

国産イ草の95%以上を支えている熊本県八代地方の栽培面積は20年前に4608fだったのが14年産は691fと急落、1年間で40軒の農家さんが廃業、転作になり今年度のイ草農家さんは535軒となってしまいました。
イ草栽培を取りやめ、トマトなど他の作物に転作してしまう例も多く、農家さんを支える農機具屋さんもハーベスター(イ草刈り取り機)などの製造を止めてしまっています。
これは本当に驚異的な事です。
国産専門店として畳業を営んでいる当店にとってこんなに怖い事はありません。


それらは畳業界の根底を揺るがす事態になってしまっています。
中国産があるからと危機感がない方もいるのでしょうが、畳は日本の文化。
他の国では見られないジャパンオリジナルなのです。
この国の風土にあった古来よりの優れた敷物。
夏は涼しく、冬は暖かい。
赤ちゃんからお年寄りまで寛げる安全安心な敷物です。
しかしそれは国産だからこその良さだと思うのです。


現在、中国産の畳表が7割以上を占め、使用される畳床は建材畳(化学畳)が当たり前。
昔ながらの本畳と呼ばれる品物も少なくなりました。
現状、悲しい事ですがそれらが今の時代を支える畳となってしまっております。


ワラ畳の減少の要因として建材畳床の爆発的な普及。
建築事情による形状(厚み等)の多様化。
畳価格の安価事情と、ワラ不足などがあります。
日本の主食は米。
米がある限り藁はあるのですが、その藁を取る事がありません。
今まで家の近所で 《 おだ掛け・・・稲を刈り取ってから藁を束ね、竹竿等で天日干しをする 》 をやっていた農家さんも殆んど無くなり、製畳屋(畳床を作る業者)さんも殆んど無くなりました。


私たち畳店を支えるそれぞれの業種(屋台骨)が衰退する現在、この業界に携わる全ての者が色々真剣に考えなくては成りません。
この先、自分の息子が将来を考えた時、先の見える明るい業界であって欲しい。
畳屋を始めた頃そんな事は思いもしなかったが、ここ数年で起こっている様々な変化には本当に脅威を感じます。
イ草農家さんや製畳屋さんが誇りを持って製品作りをしているのですから消費者に接する私たち畳屋は、それら品物の良さを提案、提供していかなければならないと思います。


昔ながらの畳、お客様が求める畳、時代に合わせた畳。
色々提案し、それぞれのライフスタイルにあった畳を今後も提供出来るよう頑張らなければと思う。

ただ、自分が思う畳は本畳(国産イ草にワラ畳)が一番。
古より先人が作り出した和の文化。
自然の物を快適に利用する日本人の知恵。
出来る限り良い物を使って欲しいし、良い品を使えば畳の良さが必ず実感出来ます。
これからもお客様皆様にお願いしたいのは国産畳に拘って欲しいという事。
もちろん、畳屋さんなら尚更です。
それがこの業界を支える農家さんなどの希望にも繫がる事なのです。
日本の畳、これからも宜しくお願い致します。






0

2014/4/1

新年度スタート  仕事

ここ数日の暖かさで桜も満開になり、春本番といった所でしょうか。
今日はマンション4階、8畳の裏返し工事と戸建て8畳間の表替え工事でした。
若い頃と違い、最近は階段を担ぎ上げる足取りも重くなり、3階からが非常に長く感じます
おかげ様で仕事も忙しく動いておりますが、5月以降の動向が気になる所です。


ドタバタの消費増税がスタートした本日、昨日のような混雑具合も解消されました。
色々な面での駆け込み消費の影響で昨日は近所のガソリンスタンド渋滞が起こるほどでした(呆)
子供達は春休みだといってもどこにも連れて行けず、仕事ばかり(汗)
まぁ、長女はバイト、息子は部活で日曜日も揃う事が無く・・・。
新車購入後ハンドルも握らず、ドライブも出来ず(涙)
ゆっくり、のんびり釣りでもしたいところです。


季節は春、これから畳替えには良い季節です!
お花見には敷きゴザ持参でお出掛けしては如何でしょうか?!
お部屋の畳も青畳に替えて新年度を気持ち良くスタートさせましょう!


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ