2010/9/27

アジ釣り  釣り

昨日は朝8時から小学校の廃品回収(毎回のトラック出し)、終わってからお客様への下見&お見積もり3件、お昼を済ませ仕事の段取り&所用、2時過ぎになりやっと休日が訪れた。

早速、子供達を連れ道具を車に詰め込み茨城、鹿島港に釣りへ。
昨日の台風の影響で波が高いのは知っていたのだが、湾内という事もあり大丈夫だろうと向かった。
いつも行く北提側の魚釣り園には行かず、10年以上ぶりとなる南提側、鹿島港東電取水口へ。
南提側海岸線の道路はテトラポットにぶつかった波が防波堤を越え時折アスファルトを濡らしている(怖)
カミさんや子供達もびっくり、こんなんで釣りが出来るのかと南提入り口を左に曲がって湾内を見ると、なんと波は穏やか!
湾内というのは凄いものだと感心した。

東電取水口、橋の上では釣り人は疎ら。
中央公共埠頭の方には結構人がいた。
ポイントを決め隣の人に聞いてみるとまだ来たばかりで釣果は無いとの事。
もう一方側では青物狙いのルアー。

私の狙いはサビキでのアジ。
まだ4時だったので、まずは暗くなるまで青物を狙ってのルアー。
隣のグループはカンパチかイナダ?が2〜3本上がっていたが、結局あたり無し。
5時半を過ぎ、あたりが薄暗くなり始めた頃、サビキの竿に当たりが!
子供に巻かせると2匹が掛かっていた(喜)

その後順調にアジが上がる。
子供達も大喜び。
6時半過ぎから風も出てきてポツポツ雨が降り出し、明日は平日(仕事に学校)なので7時半には撤収。
土曜日で天気が良ければこれから朝まで!となるのだがここはおとなしく帰路に着いた。

短い時間でしたが釣果は20cmオーバーサイズを筆頭に21枚。

     クリックすると元のサイズで表示します

楽しい時間を過ごせました。
そして今日、お刺身、塩焼き、から揚げと家族で頂いたのでした(笑)

私の趣味は釣り
釣れなくてもまぁ楽しい、釣れれば尚更楽しい!!
だから釣りはやめられないのです
0

2010/9/20

運動会  家族

世間では3連休ですが我が家は仕事・・・有難い事です。

先日18日(土)は長男(5年)と次女(3年)の小学校の運動会でした。
その日、長女(中2)は朝から女子バレー部の試合。

朝から良い天気に恵まれ夏のような暑さ!
数日前は秋の気配だったのに、今年は本当に暑いです

子供が通う小学校では応援席にタープ(簡易テント)を張っても良く、大抵の保護者が朝から場所を取り、タープ張りに来ておりました。
(もちろん私が子供の頃は子供の数も多く、そんなことは出来ませんでしたが)
また日よけが無ければ暑くて見ているほうも大変です。

熱中症対策で子供達の応援席も今年初めてテントが張られ、日よけが作られておりました。
また競技途中に10分間の水飲み休憩も設けられておりました。

      クリックすると元のサイズで表示します
末っ子の70m走、家では足が速くいつも1番だったカミさんに誰も似ることなく、私に似てしまい・・・。

      クリックすると元のサイズで表示します
組み体操に騎馬戦など長男は頑張っておりました。

2人揃って白組で白組優勝という結果に終わり、子供達も大喜び
晴天の中、今年も無事運動会が終わったのでした。

ちなみに長女(エースでキャプテン)の女子バレー部は結果2位!
喜んで帰ってきて報告を受けました。



0
タグ: 子供 家族

2010/9/7

藁  仕事

毎日本当に暑いですね。
今年はやはり異常気象、113年前から始まった気象観測以来、過去最高の暑さ!頷けます。 

私の住む印西市では全く雨が降っておらず、家庭菜園をやっている親父は悲鳴を上げております。
畑の野菜は育たず、値段も高騰なんて良く聞きますよね(困)

ただし、私たち畳店には悪い事ばかりではありません。
風も無い日が多く、田んぼでは真直ぐに稲が育っておりました。
そこで私たち畳店に欠かせない良い藁が取れるのです!!
(・・・ちょっと訂正。 知り合いの農家さんに聞いたところ、雨が降らず日照りが強かった為、豊作なのですが籾が厚くコメの粒が小さいらしいです)  
  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します
    稲穂(お米)を取った稲(茎)の部分を乾燥させると藁になります。



先週、近所のお世話になっている農家さんに声を掛け、2反歩(600坪)分の藁を譲っていただけるよう頼みました。
ちなみに私の住んでいる印西では『1反ぶり、2反ぶり』と反歩に『リ』をつけ言っています。

ちなみに田んぼや畑の面積を言う時の単位は1畝【いっせ】(30坪)、1反歩【いったんぶ】(300坪)、1町歩【いっちょうぶ】(3,000坪)と言います。
また1坪は畳2畳分です。


昔なら農家さんが、藁を小束で縛り【おだ掛け】をして乾燥させ、それを大束にして自分で使用したり、それぞれの業者などに売ったりしておりました。
それは手間が掛かる作業です。 手間が掛かる割りにそこまでの利益もありません。

そういうこともあり、今では藁を取る事がなくなり、農家さんも粉々に砕いて田んぼに落としてしまいます。
しかしそれでは使い物になりませんので、長い状態のまま落としておいてもらいました。

それを田んぼに広げておいて丸5日間干しておきました。
今の気温、気候ならあっという間に乾燥します!
そこで今日、乾燥した藁をまるき(巻き)に向かったのです。

1反歩分の藁は小束で言うと手狩りなら1200、機械狩りなら1500束あるそうです(親父談)
2反歩分ですからその倍です(大汗)

ちなみに1反歩から取れる藁でワラ畳を作ると普通品で、畳1枚に100束使うそうなので12畳〜15畳しか出来ないそうです(これまた親父談)
上級品ならその数はもっと少なくなります。
(・・・もし詳しい方がいて、これが違っていましたら訂正下さい)


ですのでワラ畳は貴重品という事が良く解りますよね(凄)
今、ワラ畳が少ないと言うのも頷けます。
藁を取り、それを使うまでにするという事は本当に大変なのです!!




   クリックすると元のサイズで表示します
               2反歩の田んぼです。
   クリックすると元のサイズで表示します
          炎天でのこの作業、汗が滝のように流れます。
        クリックすると元のサイズで表示します


        クリックすると元のサイズで表示します
  藁の影にはカエルやイナゴ、バッタにコオロギなどが沢山いました。


昨日私たちが仕事をやっている間に親父が約1反歩分を巻いておいてくれていましたので、朝7時前から始めた作業は11時になる頃、終了しました。
暑さと普段やらない作業でもう皆クタクタです(滝汗)


縛った藁を工場へ。
  
   クリックすると元のサイズで表示します

普通車&軽トラ満載で4往復しました。

工場の藁小屋では昨日のうちに出しておいた数年前のすぐった藁(普通に使って5年分はあるかな!?)を下1面に下ろし2階部分を空けておきました。

       クリックすると元のサイズで表示します

そして縛ってきた藁をすぐらずに2階に上げます。

       クリックすると元のサイズで表示します
          硬くとても良い藁でした!!  

ちなみに持ってきた藁はそのまま使いません。
藁の元にあるハカマの部分をすぐって畳の隙間直しや、厚み調整に使います。

   クリックすると元のサイズで表示します

我が家ではハカマを取る時、脱穀機を使用します。
(親父が修理、改造し、足踏み式にモーターを付け電動式にしてあります)
今回出番はありませんでした。


そして夕方、藁小屋の2階を一杯にし今日の作業がやっと終わりました。

    クリックすると元のサイズで表示します
3人で藁小屋の2階を見上げホッと一安心、普通に使って10年分以上あるでしょう!
藁は濡れてしまってはダメですが、乾燥していれば何年でも使用できるのです(凄)

    クリックすると元のサイズで表示します

親父曰く、『床作りをせず、こんなに藁を持っている畳屋は千葉県でうちが1番だろうな』と笑っておりました。
・・・私もそう思います(苦笑)

無事終わり、クッタクタになりました(激疲)
余分な物が多い私は1日で体重が2〜3キロ減りました・・・が、夜、水分(アルコール含む)や食事で一気に取り戻した事は言うまでもありません!

そんな1日でした。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ