2010/5/31

房総のむら  房総のむら

昨日は房総のむらでの実演日でした。

ここ数日肌寒く、昨日も半袖では寒いぐらいの陽気でした。
天気は曇り、お客様の入りはまばらでしたが相変わらずコスプレをしているオネーちゃん達があちこちで写真を撮りまくっておりました(苦笑)
朝から夕方まで1日掛かりで写真を撮っております。
休憩中などはどんぶりに半纏姿の私までコスプレをしているみたいで・・・。

私が数年前に提案指導した畳のコースター作り(200円)も大変好評らしく、今では縁に布地も使用し大人の方にも人気があるとの事でした。
1日平均50〜60人が体験をするそうです。
5月の連休は1日120人以上が体験し、休憩する暇も無く忙しかったと話してくれました。


入り口、房屋(総受付)脇には駕籠が完成し、飾ってありました。
    
   クリックすると元のサイズで表示します

外に展示してあるのでもうずいぶん日に焼けておりますが良い表を使用しておりますので綺麗です。

      クリックすると元のサイズで表示します

そんなむらでの実演でした。

0

2010/5/21

東海機器工業(株)  仕事

昨日、埼玉県にある東海機器工業(株)の東京営業所に畳機器の下見に行って参りました。

  クリックすると元のサイズで表示します

事前に行く日を伝えておいたので東海機器のSさんが準備をし、待っていてくれました。

      クリックすると元のサイズで表示します

さすが新型、今までの不具合が全て修正されており、仕上がりも良く思った以上の機械でした。

  クリックすると元のサイズで表示します

薄畳から普通のボード、我が家で持参したワラ畳まで納得のいく仕上がりで良い機械です!
薄畳を縫う為の機械の設定変更などは、私が使用しているものよりも簡単に変えられ、良いとこ尽くしです。

今まで当店(親方)は機械を買い替えしていた時、説明は聞いていたものの、実際の操作や良く見て納得した上で買い替えしていたわけではなく、また新型が出たての頃購入していたので、導入してから正直不具合も多く大分手直しもしてもらっておりました。

今回初めて埼玉まで出向き、じっくり機械を操作し、見て検討する事が出来たので本当に良かったと思っています。

・・・後は1番肝心な・・・・・。

ドリームジャンボ当たらないかなぁ(苦笑)
0

2010/5/14

突然に  仕事

一昨日の事、いつものようにカマチ巻きを終え、縁付け作業のため両用機で平刺しをしていると突然ブレーカーが落ち、機械が停止。
突然の事にビックリ。
ブレーカーを上げてみると機械がピクリとも動かない(慌)
スイッチを切り動力を落とし、しばらくしてからスイッチを入れても全然ダメ。

また針駆動のベルトが切れたのか?と思いハンドルを外し、カバーを取り見てみるとそこが原因ではない。
自分の思い当たる節を見てみてもどれも違う。
メーカーさんのSさんに電話をし事情を話しながら聞いてみると端末の基盤がやられているらしいとの事。
出来る事はないので明日行くから今日はもうダメだと言う答えだった。

うちはカマチ巻き機が2台(トクラ、東海)両用機が2台(東海)あるので弟が使っている新しい方《スーパーリード5型》で作業をし、事なきを得た。

そして昨日。
Sさんが来て見たのだが、やはり基盤がダメで最低40万の修理代が掛かるとの事(驚)
私が使っているのは《スーパーリード サーボ1型》で私が畳屋を始めてから数ヵ月後に購入したので20年使っている。
本当に自分と共に仕事をこなしてきたいわば愛機である(泣)

動力を上げスイッチを入れると針は動くし、カッターも動く。
もちろん台も全く異常なし。
ただ前進後退など機械が《動かない》ので作業が出来ないのだ(泣)
本当に気に入っている機械なので諦められないのだが年数と修理代を考えるとどうしていいのか?!

新型《6型》のパンフレットをもらいどうするか検討する事に。
昨日今日はいつものペースで動けず色々考える事もありバタバタ。
コンピューターに詳しく図面で分かるなら、端末1つ替えて直す事が出来たならどんなに良いだろう。
ずっと自分と一緒に沢山の仕事をこなして来ただけあり、どこかで諦めがつかない・・・。
移動しないだけでその他は全部異常が無いので何とかならないものか?
何処もかしこも動かないや調子が悪いならスッパリ諦めもつくのに・・・。

突然に起こった悲劇に只今、翻弄されております(涙)

   クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/5/10

薄畳  新畳

先日、納めた薄畳の入れ替え仕事ですが非常に珍しいものが入っていたのでUPします。

コチラは入れ替えに使用した薄畳です。
 
  クリックすると元のサイズで表示します
仕上がりが(厚み)15mmですから標準厚(60mm)と比べるとこんなにも薄いです。

      クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します
当店の物は框巻きも両用機も薄畳が縫える機械ですので、もちろん逢着します。

正直、私は薄畳が好きではありません。
普通のものより手間が掛かる事、耐久性が無い事、しっかりした表がつけられない事、
お客様の負担が多い事などがあるからです。
しかし、お部屋が薄畳の仕様になってしまっていると標準の畳を入れる事が出来ないのです。
大抵の場合、畳替えの度に入れ替えをする事になります。
それを解ってお客様が薄畳の和室にするならいいのですが、ほとんどのお客様が表替えをする時になって、こんな薄い畳が入っているの!?と知る場合が多いのです。
こういった《畳》とは言いたくない薄畳があまり増えない事を望むばかりです。



さてコチラが入っていた薄畳です。
私はおろか、問屋さんまで初めて見たと言っておりました。

        クリックすると元のサイズで表示します
表面、ぱっと見は普通の薄畳ですが・・・。

    クリックすると元のサイズで表示します
近くでちゃんと見ると、タッカーでの施工ですので縁にはホチキスの針が浮いてしまっています。
これが錆びてしまって飛び出していたら・・・。
怖いことです。

  クリックすると元のサイズで表示します
裏も もちろんタッカーで止め、布テープを貼っています。

     クリックすると元のサイズで表示します
全てがタッカー工法。 錆びていてペンチで針を抜くのが大変でした。

  クリックすると元のサイズで表示します
床は1分5厘のベニヤに2分ベニヤを四方のせて貼り付けてあります。
当然、縫う事など出来ません(困)
中には2分の厚みのクッション材が・・・。

  クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

これは畳屋があつらえたのでしょうか? それともどこかのメーカーで作ったものなのでしょうか? ご同業の皆様、見たことがありますでしょうか?

どういう風に寸法に作ったのでしょうか?
ノコギリで寸法に裁断し、ちゃんと斜めにカンナを掛け、全てをタッカーで止め仕上げる。
タッカー工法はともかくとして畳床を寸法に作るのは大変だったと思います。

珍しい薄畳を見ることが出来た仕事でした。
0

2010/5/7

変色しない畳  新畳

今日は昨日から始めた合計4部屋、30畳の入れ替え仕事でした。

昨日寸法を測り、昨日今日で新畳作製です。
お客様が普通の畳だと日当たりが良いとすぐ色が変わってしまうので、何処からか聞いたダイケン和紙表が良いとの事での施工になりました。

今はイ草に変わる畳表が数種類あります。
代表的なものとしてセキスイから出している美草(俗に言うビニール表)と今回使用したダイケンから出している銀白(和紙表)です。
特徴として変色が殆んど無い事、虫やカビの心配が無い事、水気や熱に強い事があげられます。

それぞれ長所短所はありますが、お客様のニーズによりご提案しております。

畳床はダイケンボードV型にクッション材をつけたタイプを使用。
これにより足当たりもよくなります。

     クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

タイトルにつけた変色しない畳というのは、ちょっといき過ぎかもしれませんがイ草と比べ退色は殆んどありません。
使い方によっては、いつまでも綺麗な和室が期待できます。
畳替え特有のイ草の香りはしませんが、視覚的に楽しむ畳というものでしょうか。



先月から隣の空き地にはオスのキジがメスを求め、毎日のように現れます。
     
   クリックすると元のサイズで表示します

このところ春を通り過ぎ初夏のような気候になりましたね。
沖縄では入梅宣言が出て・・・今年の梅雨はどうなるでしょうか・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ