2015/11/24 | 投稿者: 事務局

創作塾27期2回目の講義

祝日で足元が悪い天候にも関わらず多くの塾生さんが
参加されました。

塾生さんのやる気が、伝わります。

クリックすると元のサイズで表示します

またまた、おめでたい知らせがあります。

塾生のTさんが受賞されました。

「第65回滋賀県文学祭」の小説部門で入選されました。

昨日、滋賀県で表彰式があり、その帰りに塾に直行されました。

正確には直行されていません。

表彰状が余りに大きく持ち運びが困難の為、奥様を呼び出し
預けられたそうです。笑

クリックすると元のサイズで表示します

さて、合評です。

ミステリーやホラーを書く上にあたって常識がないと書けないと言
う話をされました。

子供が落語を聴いても面白く感じないにのは、常識が欠如している
からだと話されました。

ブログを書いている私自身、常識が何たるものか分かってないので
戒めになります。

愚か者のも定義とは
同じことをして失敗を繰り返すこと(アインシュタイン)


クリックすると元のサイズで表示します

また小説を書くにあたって、この3箇所が大事

くどい・大げさ・不確実

有栖川先生の講義は、親切でシンプルで分かりやすいのが
特徴です。


クリックすると元のサイズで表示します

気が付けば21時30分です。

本日は、お疲れさまでした。

さて、第三回目は12月14日です。

講義、終了後は楽しい交流会です。
OBの方も奮って参加してください。
(必ずメールで申し込んで下さい)
近くの居酒屋で行います。
会費¥3,000−
1

2015/11/17 | 投稿者: 事務局

・来年1月から日本テレビで始まるドラマ『臨床犯罪学者・火村英生の推理』(仮)の公式ツイッターができました。

 一番早い情報が見られます。

https://twitter.com/himurahideo_ntv



・『猫は迷探偵』ねこ新聞・監修(竹書房)に、エッセイ「猫団子」が収録されました。発売中。
0

2015/11/10 | 投稿者: 事務局

創作塾27期の一回目の講義が開催されました。

今期は、17名の受講者で新しい方が2名参加されました。

クリックすると元のサイズで表示します

仕事が忙しいのか遅れて来る方が多くいました。

初回は、恒例に基づきイントロデュースで始まりました。

各自の現状及び今期に意気込みや夢を語ります。

クリックすると元のサイズで表示します

前期は、大手の出版社からデビューされた方がおられました。

また、大きな賞を取った塾生さんもおられました。

なんと賞金¥200万!使い道が気になりました。笑

今期も皆様の積極的な活動に期待しております。

クリックすると元のサイズで表示します

創作塾では毎回、合評を行っております。

つきては、優れた塾生さんから色々なテクニックを学ぶことが

出来るのが特徴です。

クリックすると元のサイズで表示します

二週間で提出した作品に目を通し合評します。

凄い量です!

勉強になると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、有栖川先生の人気小説「火村英生」シリーズが映像化
します。

斎藤工&窪田正孝共演

犯罪学者のフィールドワークとして警察の捜査に協力する

火村英生(斎藤工)と、その相棒で推理作家のアリス(窪田正孝)

の、ちょっと訳ありな”名探偵”が難事件に挑む。


日テレ系連続ドラマ「臨床犯罪学者火村英生の推理(仮題)」

(来年1月スタート、日曜日・22時30分)

ご期待ください!


2

2015/11/7 | 投稿者: 事務局

・来年1月スタートの火村シリーズのドラマ化が発表されました。公式サイトは下記。

http://www.ntv.co.jp/himura/



・「ダ・ヴィンチ 12月号」(KADOKAWA)にインタビューが掲載されています。発売中。

・フリーマガジンの「月刊島民 12月号」にインタビューが掲載されます。12月1日発行予定。


0




AutoPage最新お知らせ