2014/9/23 | 投稿者: 事務局

クリックすると元のサイズで表示します
今日は第23期有栖川有栖創作塾の最後の授業日です。

いつも思うのですが、あっという間の3ヶ月間でした。
塾生のみなさんはいかがだったでしょうか。
とても充実した3ヶ月間になっていれば、スタッフ一同大喜びであります。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「160キロの直球ぐらい速い3ヶ月でしたね」

※注
実際の有栖川塾長はこんなことを言っていませんし、今日は野球の話題も出ませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
最後の授業日は恒例の交流会があります。
少し暗い店内なのでまったく写っておりませんが、上の画像は乾杯している様子です。

今回は最終日ということもあって、みなさんもいつも以上に饒舌で様々な議論を交わしておりました。
「ここの皆さんとは少々マニアックな話ができる」と喜んでいた方も。

小説家を目指す方は基本的に、小説、マンガ、映画、ドラマなど、娯楽が大好き。
だから小説家志望者が集まる創作塾では、それらに関する深い話ができるのでしょう。
共通の趣味をもった人同士、多いに楽しんでいただければ幸いです。


クリックすると元のサイズで表示します
本日の有栖川塾長の名言。

「人は見た目が9割と言いますが、小説の場合セリフが9割ですよ」


『人は見た目が9割』というベストセラーの本にちなんで言われた言葉です。

実際、人の外見は情報の宝庫です。
着ている服、身につけている装飾品、または髪型や表情などから、その人物像がなんとなく見えてきます。
マンガや映画の場合、それらを際立たせることでキャラクター造型を行なったりもします。

しかし小説は文章なので、外見で人物像を推し量ることができません。
だからセリフでどんな人間なのかを表現するテクニックが必要となってきます。

そのためのヒントを伝授していただきました。


そんな身になる授業が行なわれる有栖川有栖創作塾は、現在24期生の募集を開始しています。

第24期創作塾の日程は、

11月10日(月)
11月24日(月) 
12月8日(月)
12月22日(月)
1月12日(月)
1月26日(月)

となっています。
募集締め切りは11月4日(火)
応募方法は創作塾ホームページをご覧ください。


さて、ここで宣伝です。
創作塾の塾生さんで、「マロニエ堂」というバンドのギター&ボーカルでもあるキウチユウスケさんが、新しいアルバムを出すことになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
上のチラシにあるとおり、10月8日発売だそうです。
有栖川塾長もお気に入りのバンドなので、よろしければお買い求めくださいませ。

さらに。
そんな有栖川塾長が、マロニエ堂さんのアルバム発売記念のトークイベントに出演することが決定した様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
これはすごい!
はたして有栖川塾長は、どんなトークをされるのでしょうか。
普段のイベントでは聞けない話が飛び出すかもしれません。

お時間のある方は、ぜひ足を運んでみてください。


マロニエ堂さんのホームページはこちら






0

2014/9/8 | 投稿者: 事務局

締め切り直前で自宅のパソコンが爆発してしまい、絶望感を味わった真代屋です。
この凶事は皆様の身にも降り掛かる恐れがありますので、原稿データのバックアップは必ず取るようにしてください。
(ちなみに私は、なんとかデータを抜き出すことに成功しました)


クリックすると元のサイズで表示します
さて、本日は第23回有栖川有栖創作塾の5回目の授業です。

第23期の初回授業はつい先日だったような気がします。
月日が経つのは早いものですね。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「江夏の直球ぐらい速いですね」

※注
実際の有栖川塾長はこんなことを言っていませんが、今日は野球の話題が出ました。


クリックすると元のサイズで表示します
今回提出された課題の束です。
これを12人の塾生さんで分けるのですが、それでもすごい量です。

私は電車のなかで各駅にポスティングされているフリーペーパーをよく読むのですが、その文量とは雲泥の差があります。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「メッセンジャーのカーブぐらい落差がありますね」

※注
実際の有栖川塾長はこんなことを言っていませんが、今日は野球の話題が出ました。


クリックすると元のサイズで表示します
そういえば今日は、急遽教室に来られなくなった塾生さんがいました。

そんな場合でも課題はきちんと郵送させていただきますので、ご安心ください。


クリックすると元のサイズで表示します
本日の有栖川塾長の名言。

「三人称で書く場合は、章ごとの視点を明確にしましょう」

一人称だと主人公「私」の視点はハッキリしていますが、三人称だと不明瞭になるときがあります。
今誰の視点で書いてるんだ?
とならないように、自分のなかでしっかり決めておくことが大切です。

そのためのテクニックが有栖川塾長の口から語られました。

ちなみに三人称だと思わせておいて、じつは一人称だったという名作ミステリーはいくつかあります。
そのタイプだと、私は西澤保彦さんの「アレ」が特に大好きです。
タイトルを書くとネタバレになるので伏せておきます。


さて、次回の有栖川有栖創作塾は9月22日の月曜日。
授業後には恒例の交流会もありますので、OBの方もお気軽にご参加ください。


補足:
諸事情により、創作塾のホームページが更新できなくなっております。
第24期の創作塾はいつもどおり1ヶ月あいて、11月第二週目の月曜日からスタートとなります。

以下が第24期の日程です。

11月10日(月)
11月24日(月)
12月8日(月)
12月22日(月)
1月12日(月)
1月26(月)

申し込み締め切りは11月3日の月曜日です。
申し込み方法につきましては、創作塾ホームページをご参照ください。




0




AutoPage最新お知らせ