2013/7/22 | 投稿者: 事務局

クリックすると元のサイズで表示します
今日は第20期有栖川有栖創作塾の2回目の授業日です。

新しい塾生さんは、もう雰囲気に慣れたでしょうか。
久々に復帰された塾生さんは、雰囲気を思い出してきたでしょうか。

まだ2回目というにも関わらず、教室は非常に和やかムードでした。
楽しんでいただけたら幸いです。


クリックすると元のサイズで表示します
ただ楽しむだけじゃないのが、有栖川有栖創作塾。
このタワーは、みなさんが書き上げてこられた作品群です。
タウンページ何冊分になるのでしょうか。

そういえば最近、タウンページを活用する機会が減りましたね。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「石原良純さんが訪問してくるかもしれませんよ」

※注:実際の有栖川塾長はこんなことを言っていません。


クリックすると元のサイズで表示します
スタッフがみなさんの作品群を仕分けしている間も合評は続きます。
お互いの作品の長所や短所を挙げつつ、意見交換をする。
そして有栖川塾長が、全作品に適応できるアドバイスを送る。
これが創作塾の基本講義です。

本日の有栖川塾長の名言。

「1行目から面白い小説なんて、存在しないわけですよ」

小説は文章です。文章を読むには労力が必要です。
だから読者が飽きるよりも先に、物語に没頭させなければなりません。
10ページ以内に面白くならなければ、本を閉じるという人もいると思います。
早い段階で読者を引き込む仕掛けがある、というのも優れた小説の条件といえるでしょう。

とはいっても、1行目だけは全作品平等です。
誰も1行目を読んだだけでは、どんな物語になるのか想像できないからです。

「確かに物語の導入部となる書き出しは重要ですが、そこで延々と迷って手が進まないというのはいけません。そもそも1行目から面白い小説なんてないんですから、あまり気負いすぎずにいきましょう」
有栖川塾長はそうおっしゃるわけです。


クリックすると元のサイズで表示します
テレビ「さーて、次回の創作塾は?」

スタッフAです。最近暑い毎日が続きますね。
次回の創作塾は8/12(月)となります。
猛暑日になるかもしれませんが、がんばっていきましょう。
次回は3回目の授業になるので、恒例の交流会がございます。
OBで参加希望の方は、20時50分ごろまでに創作塾の教室までお越しください。
お待ちしております。

というわけで次回は「恒例の交流会」「8/12(月)です」「8/5(月)と間違えないでください」の3本です。

テレビ「次回もまた来てくださいね! じゃんけんぽん。うふふ〜」





0

2013/7/8 | 投稿者: 事務局

お久しぶりです、みなさん。
いよいよ本日から有栖川有栖創作塾が再開します。

しかも今期は、記念すべき第20期。
第1期の創作塾がスタートしたのが、およそ6〜7年前でしょうか。
まさかここまで続けられるなんて、有栖川塾長、本当にお疲れ様です。そしてありがとうございます。

今後もよろしくお願いします。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「6年前といえば、まだ阪神の監督も岡田でしたね」

注・実際の有栖川塾長はこんなことを言っていません。


クリックすると元のサイズで表示します
さて、今期の参加人数は11名。
久しぶりの復帰組が2人、新規の方が2人です。
初日から欠席された方もいましたが、提出された全員分の課題は郵送させていただきますので、ご安心ください。


クリックすると元のサイズで表示します
これだけの分量がありますが。

もちろんこれは11人分の原稿なのですが、初回から相当な量があります。
初回提出分としては、過去最高の量ではないでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「なにしろ20期目ですからね」

注・実際の有栖川塾長はこんなことを言っていません。


クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、スタッフは毎度のことながら作品のコピーに追われていました。
その間教室では、初回恒例の自己紹介&近況報告会が行なわれます。

自己紹介がひと段落したあとは、ちょっとした頭の体操。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「小説を別のものに置き換えてみてください」

たとえば「小説とは爆弾である」「小説とは川のせせらぎである」など。
塾生さんたちからは、いろいろユニークな返答がありました。

「初恋である」「自転車走行である」「テトリスである」などなど。
別に明確な答えがあるわけではなく、何を言っても自由です。
これから頭を小説モードに切り替えるための準備運動なわけですから。

本日の有栖川塾長の名言。

「私が思ったものは、料理である、建築である、ですね」


スタートは素材を集めるところから。
そして明確な完成図を想像して、とりかかる。
自分の工夫次第で無限に変化していきますが、完成させなければ意味がありません。
そして完成したものを相手に喜んでもらえたら、これに勝る幸福はないでしょう。

そのあたりが小説と似ている、と有栖川塾長は仰いました。

今期もみなさんでさまざまな研究料理を出し合い、味見をして批評していきましょう。
それでは第20期の料理教室・・・ではなく、創作塾開幕です!

PS:
創作塾HPの募集要項のページで、次回の開講日が「7/20(月)」となっていたようですが、「7/22(月)」の間違いです。混乱させてしまい、申し訳ありません。
創作塾は基本、第2、第4月曜日ですので、お間違えのないようにお願いします。


0




AutoPage最新お知らせ