2013/4/22 | 投稿者: 事務局

最近、寒いのか暑いのか、よくわからない気候です。
片付けたストーブを押入れから出しては、また片付けて・・・の繰り返しです。
だからいっそのこと、冬までストーブを出しっぱなしにしておこうと決めたスタッフAです。
みなさん、お元気でしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
さて、本日は第19期有栖川有栖創作塾の4回目の授業です。
季節の変わり目で体調を崩しやすいのか、4名の方が欠席されました。

体調の悪い日とかけまして、作品のアイデアと解きます。
その心は、どちらも寝(練)ることが大切でしょう。


クリックすると元のサイズで表示します
そんな謎掛けはさておき。
欠席者が多い日でも、作品は集まります。

見てください、この階段状に積み上げられた今回の提出分を。
一体、何枚分あるのでしょうか。

まさに文筆界の頂を目指そうとするバベルの塔。
いや、斜めに積み上がっているので、ピサの斜塔を彷彿させます。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「どうせなら、斜め屋敷と言ってほしいですね」

※注・実際の有栖川塾長はこんなことを言っていません。


クリックすると元のサイズで表示します
教室の隅には、塾生さんからの差し入れがありました。


クリックすると元のサイズで表示します
気になるタイトルのお菓子を発見。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「なんだか博多弁の自己紹介みたいにも見えますね」

※注・実際の有栖川塾長はこんなことを言っていません。


当たり前ですが、「乱歩ばい」ではなく「乱歩ぱい」が正解です。


クリックすると元のサイズで表示します
という感じで、今日の創作塾も和やかに授業がすすんでいきました。


本日の有栖川塾長の名言。

「書き直すなら、前の文章は全部捨てるべきでしょう」

文章を少し修正する程度では「書き直し」と呼ばない、と有栖川塾長はおっしゃいます。

完成した絵画の上に顔料を加える行為を「描き直し」と呼ばないことと同じ。
「推敲」ではなく「書き直す」というなら、基本的に前に書いたものは全部消して、ゼロから始めるべきとのことです。

確かに一度書いたものを全部消すのは、心情的にも辛いことです。
しかし有栖川塾長は、「前の作品データを呼び出して、部分的にいじる程度では、70点の作品が71点にしかなりません」とおっしゃいます。

プロの作家さんは、一度最後まで書き上げた作品でもやっぱり気に入らなければ、容赦なく300枚分のデータを全部消すこともよくある話だそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
乱歩さんも、原稿用紙をたくさん破り捨てたことでしょう。

さて、次回の有栖川有栖創作塾は、5/13(月)です。
暦の都合上、3週間後となりますので、皆さんお間違えのないよう、よろしくお願いします。






1




AutoPage最新お知らせ