2012/8/28 | 投稿者: 事務局

残暑お見舞い申し上げます。
いつの間にか8月も末になりましたが、まだ35度に達する日々が続きます。
とろけそうな毎日ですが、みなさんお元気でしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
そんな猛暑のなか、第17期有栖川有栖創作塾の4回目の授業が行なわれました。
あまりにも暑いので冷房を多少効かせていますが、寒い時は遠慮なく言ってください。
スタッフは別室で作業していることが多いので、ご自身で調整していただいても構いません。


クリックすると元のサイズで表示します
さてさて、こちらが本日みなさんに配布する合評用の作品です。
いつにも増して膨大な量です。

どうもコピー機が不調になってきたらしく、前回枚数を飛ばしてコピーしてしまった作品があったようです。
大変失礼いたしました。


クリックすると元のサイズで表示します
合評にはパソコンを持ち込んでもオーケーです。
今まで数人の方がノートパソコンを持ってきていましたが、アップルのノートパソコンを持ってきた方は初めて見ました。
ちなみに私も自宅ではmacを使っています。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「アップル社のリンゴをかじったのは誰なのか、気になりますね」

※注
実際の有栖川塾長は、こんなことを言っていません。


本日の有栖川塾長の名言。

「一石二鳥をアラビア数字で書くと、わけがわからなくなりますね」


小説は漢数字表記が基本原則です。
しかしなかには、こだわりをもってアラビア数字にしようとする作家さんもいるそうです。

そうなってくると、どこからどこまでをアラビア数字にするのか、ということが問題になってきます。
その線引きがややこしいので、できるだけ漢数字で統一したほうがいいのかもしれませんね。

ちなみに雑誌の記事などは、ほとんどアラビア数字で統一されています。
「第二次世界大戦」のように固有名詞に組み込まれている数字のみ、漢数字表記となります。


さて、次回の授業は9月10日。
今より多少は涼しくなっているのでしょうか。
皆さんも熱中症には充分に気をつけてくださいね。




0

2012/8/21 | 投稿者: 事務局

・「虹果て村の秘密」(講談社ノベルス) 発売中



・「長い廊下がある家」(カッパノベルス・光文社) 発売中



・「赤い月、廃駅の上に」(角川文庫) 9月25日発売予定



・「ミステリ・オールスターズ」(角川文庫) 9月25日発売予定(参加したリレー小説が収録)



・「臨床犯罪学者 火村英生の推理T 46番目の密室」(角川ビーンズ文庫) 10月1日発売予定



・「江神二郎の洞察」(東京創元社) 10月下旬発売予定



・「小説宝石」9月号(光文社) リクエストアンソロジー/本屋さんのお話 短編が掲載 8月21日発売予定



・「まいなす」太田忠司(PHP文芸文庫)解説 9月15日発売予定



・特別講座「ミステリーの楽しみ」

 日時 8月25日(土) 15時〜17時(プチパーティあり)

 場所 MORACKY 道場末広 2階スタジオ(大阪市北区末広町)

 受講料 3500円(受講終了後のプチパーティも含む)



くわしくは下記をご覧ください。

http://moracky.co.jp/special.html


3

2012/8/15 | 投稿者: 事務局

授業報告のブログ更新が遅れてしまい、申し訳ありません。
改めましてこんにちは。
創作塾スタッフのAです。

ビアガーデンが恋しくなる8月中旬の月曜日。
第17期有栖川有栖創作塾の三回目の授業が行なわれました。


クリックすると元のサイズで表示します
今期の塾生さんは総勢12名なのですが、今回の授業は3名が欠席です。
ちょうどお盆の時期なので、いろいろとお忙しいことだと思います。
そういえば私は長いことお墓参りをしていません・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
というようなことを考えつつ、塾生の皆さんが書いてこられた作品を印刷していました。
それにしても、ものすごい量です。

ところで雑誌の記事などで敷地の大きさを表現する場合、よく「東京ドーム○個分」という書き方を目にしますよね。
それにならって、上の画像で積み上げられている塾生さんの作品量を「週刊少年ジャンプ」で換算してみましょう。

換算の結果、週刊少年ジャンプ3.5冊分ということが判明しました。


クリックすると元のサイズで表示します
有栖川塾長「確かにジャンプの発売日は、毎週月曜日ですもんね」

※注
実際の有栖川塾長は、こんなことを言っていません。


クリックすると元のサイズで表示します
そんな妄想をしながら人数分に分けていました。
それでもかなりの分量です。
塾生さんたちがたくさん作品を提出してくれるのは、非常にいいことです。
皆さんも次回の授業までに、仲間の作品を楽しみながら目を通しておいてくださいね。


そして今日は、三回目の授業日。
もちろん授業後には待望のビアガーデン・・・ではありませんが、居酒屋「のりを」での交流会があります。


クリックすると元のサイズで表示します
毎度毎度、非常に盛り上がる交流会。

今回は創作塾のOBゲストとして、AさんとTさんの2名が参加してくださいました。
Aさんは現在、シナリオライターとして活躍されているそうです。
本来なら自身が制作に参加したドラマCDを有栖川塾長に渡す予定だったらしいのですが、なんと家を出るときに忘れてしまったのだとか。
また次の交流会のときにでも持ってきてくださいね。



さて、いつもの交流会は終電の近い塾生さんからポツポツとお帰りになり、23時前ごろに有栖川塾長から締めのひと言をいただいて解散、という流れです。

今回も23時前に締めの言葉をいただいたのですが・・・なんと、参加者の半分ほどがまだ居残って、熱いトークバトルを繰り広げているではありませんか!
締めたはずなのにビールを追加してしまう面々も。
有栖川塾長も残って談笑に加わっておられました。

そこで本日の有栖川塾長の名言。

「原稿があるので、そろそろ失礼します」


お忙しいなか大変遅くまでお付き合いくださいまして、誠にありがとうございます。
そしてこの言葉は、作家を目指す皆さんもいずれ使ってみたい言葉ではないでしょうか。

さてさて、有栖川塾長が帰られたあとも、交流会は続きました。
気がつけば閉店の1時。
もうとっくに終電はありませんので、皆さんタクシーで帰られたようです・・・が、なんと朝まで飲みに行っていた猛者もいるのだとか。

やはり夏はとことんビールを飲みたくなるものですね。
二日酔いには充分に気をつけましょう。


1




AutoPage最新お知らせ