2010/5/28 | 投稿者: 事務局  

・「小説現代 6月号」(講談社)のグラビアに、愛猫とのツーショット写真とコメントが掲載。

・「ノッテオリテ 7月号」(大阪市交通局)にエッセイが掲載。

どちらも発行済みで、「ノッテオリテ」は大阪市営地下鉄各駅で置かれているフリーマガジンです。

0

2010/5/25 | 投稿者: 事務局  

最新長編 『闇の喇叭(らっぱ)』が、理論社から6月22日に発売予定です。
理論社のホームページに特設ページができました。
トップページの右上のバナーから入れます。

http://www.rironsha.co.jp/

0

2010/5/24 | 投稿者: 事務局

クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ有栖川有栖創作塾、第10期の最後の授業日となりました。
いつも思うのですが、月日が経つのは本当に早いです。
ついこの間、第10期がスタートしたと思ったところなのですが・・・

創作塾の授業は、3ヵ月で終了します。
長いような感じもしますが、あっという間でした。
みなさんはどうだったのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
さて、本日の授業。
合評の前に有栖川塾長の講義が入ります。

講義の内容は「投稿作における失敗例」。

有栖川塾長は文学賞の選考委員を勤めることが多く、「落選する作品は、だいたいこういうものが多い」という例を、具体的に提示してくださいました。

ポイントは数点あります。
ホワイトボードを使ってそれらを書き出し、なぜそれが失敗なのか、ということについて説明してくださいました。

落選する作品の傾向とは・・・?

それは授業を受けた塾生さんたちの特権ということで。

クリックすると元のサイズで表示します
真剣に聞き耳を立てながら、メモを取っていく塾生さんたち。
有栖川塾長は、現役作家としての視点から講義をしてくださいますので、学び取るところが多くあります。

一語一句として聞き漏らさず、すべてを吸収しようとしています。

講義のあとは課題作品の合評です。


クリックすると元のサイズで表示します
合評が終盤に差しかかった頃、第10期の授業に参加していない塾生さんたちが集まりました。
UさんとNさんです。

彼らは授業が終わるまで、会議室で待機です。
今期の授業を受けていないのに、どうして彼らが教室までやって来たのかと言うと・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
第10期の打ち上げに参加するためでした。
創作塾では最終授業日に、毎回恒例となっている打ち上げがあります。

かつて在籍していた塾生さんたちは、この打ち上げに参加することができます。
今の塾生さんたちの投稿作の進行状況を確認し、自分の作品づくりの活力剤にすることができるわけです。

打ち上げに参加したUさんとNさんは、そうやって在塾生さんたちから情報収集をしていました。

どういった作品が賞をとりやすいのか。
今現在、どういった文学賞に投稿しているのか。

そんなことを、打ち上げで論議するわけです。
もちろんプライベートの話をして、コミュニケーションをとることもオッケーです。

有栖川塾長と交流をもてる数少ない場ですので、大いに利用してください。


さて、打ち上げで新たな創作意欲をかき立てられた皆さん。
第11期の有栖川有栖創作塾は、7月12日の月曜日からです。

受講の締め切りは7月5日の月曜日。
来期も参加されるという方は、事務局かスタッフまでお問い合わせくださいませ。


それでは、また来期にお会いしましょう!


0

2010/5/10 | 投稿者: 事務局

クリックすると元のサイズで表示します
第10期有栖川有栖創作塾。
5回目の授業です。

今日は強い雨が降っています。
その影響もあってか授業開始5分前までは、まだ塾生さんが1人しか到着していない状況でした。

有栖川塾長は言います。

「向かい風が強すぎて、みんな歩けなくなってるのかな?」

真顔で言われるので、ギャグなのか本気なのか判断しづらいところです。

定刻には皆さん間に合ったので一安心。


クリックすると元のサイズで表示します
さて、本日の講義。
合評はひとまず置いて、ゲーム感覚の授業が行なわれました。

まず各塾生さんのもとに、1枚のコピー用紙が配られます。


クリックすると元のサイズで表示します
何をするのか説明する有栖川塾長。

今日のテーマは「アイデアの出し方」です。
詳細は授業を受けた塾生さんだけの特権として省きますが、配られたコピー用紙にある設定を書いてもらいます。

○○が××するために△△をした

というような一文をつくり、伏字の部分をそれぞれ好きなキーワードで埋めるのです。


クリックすると元のサイズで表示します
自分だけで埋めるのではなく、「○○の部分はAさんが書いて、××の部分はBさんが書く」というように、塾生さん同士で回しながら埋めていきます。

以前にもやったリレー小説のような感じですね。
単語だけで埋めるよりも、できるだけ細かい設定を置いたほうが、次の人も書きやすくなります。


クリックすると元のサイズで表示します
最後にそれがどうなったのか、一人ずつ読み上げて発表です。
支離滅裂になって笑いを誘うこともありましたが・・・


クリックすると元のサイズで表示します
そこにアイデアの原石が詰まっています。
みんなで回して作った設定をもとに、有栖川塾長が総括して「アイデアの出し方のヒント」を伝授。

この有栖川流奥義を使って、どしどし新作を書いていってくださいね。

さて、次回は第10期最後の授業です。
終了後には恒例の打ち上げがありますので、今期の授業に参加されていない塾生さんも、お気軽にスガノまでご連絡ください。

0




AutoPage最新お知らせ