2008/4/28 | 投稿者: 創作塾

今日は創作塾の日。
前回の交流会以来、2週間ぶりです。

クリックすると元のサイズで表示します

文章作法について、少し講義が入りました。

小説を書く上で文章とはまさに背骨です。
とくに投稿作ともなれば、神経質になって「この書き方でいいのかな?」と色々悩む点だと思います。

他の人の投稿作を読む機会は、なかなかありませんからね。

しかし、ここでは同じ塾生の作品を読むことができますし、新人文学賞の選考委員にもなっている有栖川塾長からの意見を聞くことができます。

私(菅野)自身も授業が始まる前に、ミステリー小説における梗概の書き方を少しお聞きしました。

非常に勉強になります。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、来月の5/19(月)は創作塾の日ではありませんが、そんな有栖川塾長がデビューしたきっかけや、デビューしたての頃のお話を聞くことができる対談イベントを行ないます。

作劇塾塾長、中山市朗先生が不定期で行なう対談イベント「作家の学校」。
関西在住の作家さんをお招きし、関西から作家の卵たちに向けてのメッセージを発信するイベントです。

作家の学校のウェブサイトはこちら↓
http://ameblo.jp/sakka-school/


見学料1000円となっていますが、塾生はもちろん無料です。

作劇塾塾生もやってきますので、交流を深めてみてはいかがでしょうか?

イベント後には、簡単な交流会も企画しております。
どんどんご参加ください!
0

2008/4/15 | 投稿者: 事務局

『野性時代 5月号』 (角川書店) にインタビュー記事掲載中!
是非、チェックしてください!

以前に劇団四季の「オペラ座の怪人」を観に行きました。
そのHPを見ていたら・・有栖川先生のコメントを発見!(笑)

↓こちらのVoiceをクリックして下さい!
http://www.shiki.gr.jp/applause/operaza/main.html
0

2008/4/15 | 投稿者: 事務局

隔週月曜日に行なわれる有栖川有栖創作塾ですが、この日はスケジュールの都合上、3週間ぶりの授業となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに顔を合わせた創作塾第四期生の面々。
もう3回目の授業だけあって、みなさん打ち解けてきた?

この日の授業も、有栖川塾長の“愛情溢れる添削”で、塾生さんたちが書いてきた作品をどんどんチェックしていきます。

第四期ともなると、総体的に塾生さんの数が多くなってきたので終了時刻が少々伸びてしまうことも。
それだけしっかりと塾生さんたちの作品を見てくださっている有栖川塾長には頭が下がります。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、本日の授業終了後には、毎期恒例の交流会が開かれました。
場所はいつもの個室居酒屋。店員さんとはすでに顔なじみ、「ツーカーの仲」です。

ここでは、普段の授業ではあまり聞けないようなことを有栖川塾長に尋ねたり、塾生同士での意見交換などをすることができます。

やはり、みんなで机を囲んで食事をする、という場はリラックスして話しやすくなるんでしょうね。

塾生のIさんなどは有栖川塾長に、「古本屋でご自身の本が売られているのを見ると、どう思いますか?」という質問を投げかけていました。

確かに、作家の方には聞いてみたい質問ではありますが、なかなか聞き出すタイミングというものが難しいですよね。聞いていいものかどうか、と色々探ってしまいますし。
交流会というフレンドリーな場だからこそ飛び出た質問だったと思います。

有栖川塾長も、笑って答えていらっしゃいました。

ちなみに有栖川塾長は、やはり古本屋で本が売られているのを見ると、物悲しくなるそうです。
なのでご自身は、絶版などで手に入りにくいもの意外は、書店で買うのだとか。

古本屋を活用する塾生のみなさんも多いかと思われますが、塾長の本を買うのはやめましょうね。


交流会は23時頃にお開きとなりました。
塾生Sさんなどは、すさまじいペースでお酒を飲んでいらっしゃったようですが、大丈夫でしょうか。

こういった交流会はまた企画しますので、みなさんどんどん参加してくださいね。

0

2008/4/9 | 投稿者: 創作塾

有栖川先生のラジオ出演情報です!

NHK-FM 4月13日(日)12時15分〜14時
「トーキング ウイズ 松尾堂」 

綾辻行人さんとともに、ゲスト出演されています。
お楽しみに!
0

2008/4/7 | 投稿者: 創作塾

もう一人のスタッフ菅野君が、授業風景ブログを書いてくれています。
私しオダは有栖川先生の、様々な情報をお伝えしていけたらと思います!

今回は有栖川有栖 新作情報!をお伝えします。

「マジックミラー 新装版」 講談社文庫 4/15発売予定
「壁抜け男の謎」(短編集) 角川書店 4/28
「鏡の向こうに落ちてみよう」(エッセイ集) 講談社 5月上旬

「イン・ポケット 5月号」にエッセイ掲載 講談社 4/15

今後も新作情報・出演情報などをこちらでお知らせします。
よろしくお願いいたします!
0




AutoPage最新お知らせ