2007/9/28 | 投稿者: 事務局

第二期最後の授業が終了いたしました。
継続者も第二期からの受講生も、何か大事なモノを習得できていれば…と思います。

最後という事で、今までの授業を振り返ってどうだったか? という意見交換も兼ね、最後の交流会が行われました。

そこで明らかになった事実なのですが…

1:
まず、それなりの経験者でないと受講できないのではないか? と思ったという意見でした。
なるほど、普通の学校などと違い、作家が務める塾なだけに敷居が高いのではないかという意見ですね。確かにそう見えるかもしれません。
「ワタシごときの腕で、他の受講生の足を引っ張るのではないか…」という懸念です。

心境はわかりますが、実際にはそんな事はありません。それぞれに必要なことを検討するのみです。それにより、謙遜する理由はまるでありません。
作家として確立したいという一心さえあれば、そこに差別は存在しません。
…と、言いますか、それを払拭するための塾です。

2:
もう一つは、ミステリやホラーといったジャンルに傾倒していないと、話に着いていけないと思った、という意見です。
あぁコレはわかります。有栖川有栖・創作塾ですからね。しかも、同じクリエーター育成塾の作劇塾は中山市朗が塾長ですし。

これは言うに及ばず、ジャンルや目指す世界は自由です。
現にファンタジー小説を書いている受講生や、ギャグを書いている受講生もいます。純文学のようなタッチの受講生もいれば、詩のような表現を好む受講生もいます。
そこは、目指す世界観に沿って授業が展開されるわけですから、まるで問題ナシです。

HPにも記載されていますが、第三期も開講決定致しました。
ここから未来の巨匠が出る事を祈って、第三期も突き進んで行きたいと思います!


クリックすると元のサイズで表示します

↑交流会にて。作劇塾の中山塾長も参加し、かなり濃い内容でした!
0

2007/9/10 | 投稿者: 創作塾・総務部

いつものスタッフ森田君が急用の為、
本日は私し、織田が担当します。お願いします!

本日は授業始まる前に、交流会の話になりました。
創作塾では定期的に、交流会を自由参加でしています。

塾生の一人が、どうも脂っこいのが苦手とあり
「胃に優しい料理屋さん♪」をスタッフが探していると。。(笑)

どうかお勧めのお店があれば、教えてくださいませ!

さて、本日の授業です!
創作塾では、有栖川先生から課題が出ます。

本日も塾生の皆さんから、小説の提出があります。
クリックすると元のサイズで表示します

その作品を1作品づつ、皆で読み合い
意見交換や、感想などを言い合って掘り下げていきます。
クリックすると元のサイズで表示します

同じ作品を読み、ゾッとした人もいれば笑ってしまった人もいて
解釈の違いに爆笑する場面もありました。

作者の意図はどうだったのか?

又、最後の一文。
ちょっとしたサジ加減で、大きく変わるんですね。

皆さんこれからも、期待しています!
頑張って下さいね。
0

2007/9/9 | 投稿者: 創作塾・総務部

第二期も佳境に入り、そろそろ終了が近づいてきました。
塾生の上達はいかほどでしょうか?

着実に効果が上がって行ってるようで、塾生の一人は怪談雑誌「幽」の短編怪談部門の最終選考まで食らいついたそうです。
やはり、やり続けていると結果は伴うものです。


クリックすると元のサイズで表示します

第二期、交流会も行われ、新たなメンバーとも情報交換しつつ、着実にレベルアップを目指します。



じきに第三期です。
第一期から継続している塾生も、新規で入って来た塾生も、ここらがラストスパートです!


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ