11/22の創作塾

2010/11/22 | 投稿者: 事務局

今年の秋はどこにあったのでしょうか?
私(スガノ)の部屋では10月末まで扇風機を回していたのですが、1ヶ月もしないうちに暖房を入れなければならないくらい寒くなりました。
扇風機が出してあるのに暖房をつける、というのは異様な光景です。

そんな寒い11月終盤。
第12期有栖川有栖創作塾2回目の授業が行なわれました。


クリックすると元のサイズで表示します
本日は新塾生のおひとりがお休み。
ここで改めて、有栖川有栖創作塾の基本的な流れをご説明しておきましょう。

初回の授業は自己紹介と有栖川塾長の講義がメインですが、2回目からは合評がメインになります。

提出された皆さんの作品をみんなでチェックして、それぞれ意見交換をするわけです。
もちろん有栖川塾長もどんどん意見を出してくださいます。


クリックすると元のサイズで表示します
合評の流れで全体的に言えるポイントが見受けられたときは、有栖川塾長がホワイトボードの前に立ってミニ講義が入ります。

これを「ホワイトボード・カリキュラムモード=通称WBC」と呼びます。
名称は今私が考えました。
ちなみに次のワールドベースボールクラシックは2013年です。
楽しみですね。

閑話休題。
とにかく、合評の合間に有栖川塾長の講義が入ることがあるわけです。
今回は小説を構成する要素、ストーリーやプロットの組み立て方について講義されました。


クリックすると元のサイズで表示します
この講義を聞いて、次の合評に出す作品に活かすわけです。


クリックすると元のサイズで表示します
その合間、会議室では次回合評分の作品が次々とコピーされています。
ひと束にまとめておりますので、お帰りの際にお持ち帰りください。
それを読んだ上で次の授業にお越しいただいて、再び合評に入る、という流れです。

そして3回目の授業と、6回目の授業のあとには、お待ちかねの交流会もご用意させていただいております。
もちろん自由参加です。
これを機に、たくさんの塾生さんや有栖川塾長と交流を深めましょう。

OBの参加もお待ちしております。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ