2005/1/24

世界情勢。  競泳

昨日までW杯がドイツ・ベルリンで行われていました。
日本勢では佐野君(アクラブ調布)、高安君(ミキハウス神奈川)、土肥さん(ミキハウス茨城)が日本記録を出すなど好調のようです。他の選手たちもほとんどベストを更新しています。オリンピックイヤー翌Nでしかも環境の変わる海外でのこの記録は辰巳で出す記録とは比べ物にならないくらい価値があるように感じられます。
海外ではスクーマン、ニースリング(ともに南ア)、アルシャマー(SWE)、リソゴル(UKR)などが元気のようです。この選手たちはオリンピックにも出ていたので元気だなあ、という印象です。
松田丈志君もがんばっているようです。プリルコフ(RUS)、コマン(ROM)との1500mガチンコは今回もやっているようです。昨年のW杯もヨーロッパGPもオリンピックもいつもデッドヒート。見ているこっちが疲れるくらいです。丈志に負けたコマンなんかはよくコーチのおばちゃん(頭に蚊取り線香みたいなのをつけてる名物コーチ)に怒られて練習させられていました(笑)。このおばちゃんコーチはアテネで女子200Frを勝ったカメリア・ポテックのコーチでもあります。どうみてもハードコーチにしか見えません。ルーマニアのおばちゃん、日本のK世先生、T村コーチ、A木先生のだれが一番ハードコーチかなあとよくみんなで話しています(笑)。
最後のモスクワ大会は劣悪な環境が予想されます(昨年までモスクワに行かなかったのはそういう理由から)。日本チームの皆さん、体調に注意して元気で帰ってきてください。

写真は昨年のベルリン大会会場。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ