こんにちは!

ミノダのミノはタケカンムリ、簑田 弘大です!

簑田 弘大BLOGへようこそ!!

普段考えてることや思いついたことなど、かきつらねています。

また、コンサートやレッスン、作品リスト、試聴音源などの最新情報も公開されています。

どうぞお楽しみください!!


簑田 弘大 Home Page

Twitter

Facebookページ



2008/6/27

CD発売!!  たまに日記

 日本音楽集団より「邦楽アンサンブルの展望」というCDが発売されました。
 ボクもその中の2曲、「邦楽器のためのコンポジション 秋岸寛久作曲」と「竹桐 川崎絵都夫作曲」に収録しています。
 ぜひお聞きください!!

 詳しくは、日本音楽集団のホームページをご覧ください。
 http://www.promusica.or.jp/index.html
0

2008/6/23

作曲家 上田 真樹  個人ページリンク

 第一回アンサンブル室町の公演でご一緒しました上田真樹さんのホームページです。

 http://web.mac.com/maquis_ueda/iWeb/Site/Welcome.html
1

2008/6/22

ピーターパン  映画鑑賞感想文

 泣きました。

 2人の弟をもつ姉ウェンディは、ピーターパンが大好き。ただピーターパンは普通は人間の前には姿を現さないのでなかなか会えない3人。フック船長に扮して海賊ごっこをした弟2人。そして3人が寝たところに現れたのはティンカーベルとピーターパン。飼い犬で乳母役のナナに陰を奪われたピーターパンは取り返しにくる。父親に、。明日から子供部屋からでて1人で寝ろ、と言われたウェンディは子供として最後の夜を、ピーターパンに連れられてネヴァーランドへ行く。2人の弟も一緒に。ナナも行きたかったが行けなかった。

 そこで起きる様々なこと。人魚やインディアンやフック船長率いる海賊とわに、それから迷子たちとの出会い。すっかり楽しんだ3人だったが、ウェンディのお話と歌で、お母さんを思いだし、帰ろうとする。

 しかし、フックの陰謀で捕まってしまう。 戦うピーターパンたち。

 ついに別れの時。月に映る船のかたちの雲の陰は現実かどうか。そのとき父親は思い出したようにその話をする。

 あのディズニーのピーターパンですが、なにげに小学生のときに見たきり見てなかったかも。TDLに行ったときに見たりはするけど映画の方はなかなか機会ないですからね。

 結構全般的に音楽が多いね。前に見た時はそういう印象なかったけど。個人的には、2人の弟ジョンとマイケルが迷子たちと一緒にインディアンに会いにいく時の歌が好きです。キャラ的にはわにが結構いい味出してる。フックとスミーがリリーをさらって船で移動しているときに、後ろからわにがついてきて腹に入った時計がチクタクしているシーンが好きです。表情が最高!!それとマイケルがはじめて飛ぶとき、飛び方がわからなくて、楽しいことを考えると飛べると言われて、飛ぶために一生懸命考えているシーンも好きです。ちょっとマニアックだな、笑。あとは、ウェンディが弟と迷子たちに歌ってあげる「お母さん」の歌も好きです。なんか味がある歌だな。最初の飛ぶ時の歌も普通に好き。

 前に見たものでも、小さいときに見たものは今見るとまた違う印象で見れていいなあと思いました◎
0

2008/6/21

チェンバロ奏者 Laurent Teycheney  個人ページリンク

 チェンバロ奏者で、ソルフェージの我が師であるLaurent Teycheney氏のホームページ。
 先生の音楽についてのページは勉強になります。

 http://musique-art-vie.seesaa.net/
1

2008/6/20

作曲家 伊東 光介×オルガン奏者 大平 健介  個人ページリンク

 作曲家伊東光介くんとオルガン奏者大平健介くんの仲良しコンビのブログです。
 タイトルは「即興表現〜音楽と言葉の世界〜」。ポエマーにもなっちゃいます、笑!!

 http://sun.ap.teacup.com/kousukensuke/384.html
0

2008/6/19

内田有紀さん  たまに日記

 先日ある演奏会で内田有紀さんに会いました。きれいですね〜。きれいさが洗練されてるって感じで、努力されてるんだなあと思いましたね。前は結構家近かったんですけどね。意外と背が高いのはやせてるせいかなあ。
0

2008/6/18

ゲンカツ  たまに日記

 ふらっと歩いていると、「ゲンカツ」というお店を見つけました。お腹がすいていたので入ってみると、そこは「キムカツ」の関係のお店でした。恵比寿の「キムカツ」には前に行ったことがあって、ある人に紹介してもらって連れて行ってもらったんですが、すごい旨かった記憶がありました。なので、期待していたんですが、期待通り◎

 まずキャベツが最初に出てきて好きなだけ食べれるんですが、新鮮な感じでたくさん食べてしまいました。ボクは実はキャベツはちょっと苦手なんですが、おかわりして食べました!!キャベツって青虫想像しちゃいません?ああ、ここ青虫通ったのかなとか、キャベツを食べてる青虫ってやっぱりこんな感じの似たような味がするのかな、とか。実際食べたことないから想像力増しちゃうんでしょうねぇ〜!!

 そしてボクが頼んだのは、海老フライとカツのランチ、味噌汁は白味噌で。海老フライ旨い◎なんか中身がほどよい調理具合でほんと旨かった。タルタルソースも普通に旨い。普通のソースもちょっとオリジナルな感じで旨かったな。キャベツにかけても良い◎ドレッシングよりソースの方が旨かったかな。

 あとはご飯が旨かった◎新潟コシヒカリらしいんだけども、炊き方が良いのかな。僕の好きな感じの炊き具合◎でも聞いたら冷凍のを電子レンジで調理してるんだって〜!技術の進歩なのかボクの舌が所詮そこまでなのか。でもまあ電子レンジといってもちゃんとした調理法と工夫のうえでやってるだろうからバカにできませんね。

 ランチは値段も手頃だしまたいきたいなあ〜。でもディナーのいろんな種類のカツも食べてみたいですな!!
0

2008/6/15

リッツカールトン  たまに日記

 数日前に、リッツカールトンで演奏をしてきました。オランダと日本の交流の研究会の余興として。もともと講演会なのでとても近いところにステージがあって、ほんと1歩前には人がいるという感じでした。よりによってその一番近い席にきたのは2m以上ある、クソデカイオランダ人でした!!その会の中でずば抜けて一番背の高い人。まあ、いすに座ってしまえばそんなには気になりませんでしたが、すごいですねえ。部屋のシャンデリアにギリギリ届かないって感じで笑えました。
 そんなこんなで演奏が終わり、パーティーが始まりました。ボクたち演奏家も全員参加し、初リッツカールトン食事〜!!だいたい準備の時から気になっていたのが、ミニ寿司カウンター。寿司屋さんのあのカウンターのミニ版があって超可愛かったぁ〜!!しかもその寿司が旨いこと!!トロ最高◎ローストビーフもやわらかさ抜群で◎
 リッツカールトンの食事は旨い!!
0

2008/6/13

武藤舞さん  簑田弘大の音楽THEORY

 先日あった秋葉原での事件で被害にあわれ亡くなった武藤舞さん。東京芸術大学在学中だったとのことで、同じ学び舎で学んでいた同志があのような事件でなくなった事はとても残念です。

 音楽は一つの職業とはいえども一生をかけて自分の音楽を生みだし創りあげていく作業で,いわば音楽創りは自分創りであり、自分創りが音楽創りでもあると思います。誰でもいつ生涯がとじるかはわかりませんが、その時が集大成です。時間をかけなければなし得ない事は音楽の分野ではたくさんありますし、それに向かって行く事はもちろん大切だと思いますが、いつくるかわからない集大成を、自分で満足のいくものにしたいといつも思っています。武藤舞さんは、被害にあった他の人を助けていたところにさらに被害をうけた、という状況だったと聞きます。武藤舞さんはまだ学生でしたし、これから目指したい事はたくさんあったと思いますが、結果的に早く訪れた集大成を、きっと(ボクは詳しくは知らないので)武藤舞さんらしい形で迎える事ができたのではないかなあと思いました。もちろん志半ばというのは悔やまれるところですが。

 心よりご冥福をお祈りいたします。

0

2008/6/1

山本梓さん  たまに日記

 なぜかわからないんですが、"簑田弘大"で検索するとたまに山本梓さんのページがひっかかるそうです。なんでですかね。全然関係ないはずなんですが。。。でも試してみたら確かにひっかかりました、笑。ウケる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ