音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

余計なお世話です  PC/ネット関係

ようやく涼しくなりましたね。もう暑くなることはないのだろうか。
週間予報を見ると、まだまだな感じがしないでもないんですけど。

さて、月末が近づいてきたということで、
いろいろと更新をしていかないといけないのですが、
今回はスマホのアプリの話なのです。

アプリはいくつか入っていますが、
ちょっといらないなって思う機能もありますよね。

自分はXperiaを使っているんですけど、
「Xperiaアシスト」というのがあって、それがちょっといまいちなんですね。

たまに通知があるのですが、だいたい必要ないかなーって。

その中の1つにアラームに関する通知があって、
いつも設定しているアラームをお休みの関係とかでOFFにしていると、
「通常のアラームがOFFになっています」と教えてくれます。

うっかりアラームの設定を忘れていて無断欠勤となっては困るので、
この機能はありがたいと思って設定したままにしているんですけど、
お休みの日の前にアラームをOFFにすると、すぐにこの通知が…。

いやいや、今さっきOFFにしただけだよね、とがっかりします。
でも、この機能を切ってしまう勇気が今のところありません。

それから、先ほどまた違うアプリから通知があって、
今度は「Googleアシスタント」からだったのですが、
そろそろあなたの誕生日ですね、っていう通知でした。

んー、その通知必要ですか?
自分の誕生日なんてわざわざ教えられるものじゃないと思いますが。

しかも、その通知の画面の下の方に表示されていたのが、
「誕生日パーティーを企画する方法」という文字で、
そこを押すと、パーティーについての検索結果が表示されました。

自分で自分のパーティーを企画するってことですか?
有名人とかならやってそうだけど。

アシストしますよっていうアプリはちょっとあれなんですかね…。

2.4Gじゃなくて5G  PC/ネット関係

今日はとても久しぶりに家で飲みました。
年に一度くらいの頻度で、ふと思うことがあるんですよね。

何なんでしょうかね。別にストレスがたまっているわけではありません。^^

さて、先日はひさしぶりにオンラインで仕事をしたんですが、
一番の不安はインターネットの通信状況の安定性なんですね。

自分が使っているのはWiMAXですが、
WiMAXの電波は建物の中になかなか入ってきてくれないので、
部屋の中で使っていると速度はそこまで出ないのです。

なので、少しでも速くなればと思って、
オンラインで仕事をするときはルータを窓際まで持っていったり。

それでもたいして速くはならないんですけど、
他にも何かないかなーって思って調べていたら、
今回の2.4GHzと5GHzの話が出てきたのでした。

無線LAN(Wi-Fi)の電波には2種類の周波数があって、
2.4GHzのものと5GHzのものがあるのです。

もともと2.4GHzの方が主流だったので、
自分も何の疑いもなく2.4GHzを使ってきたんだけど、
実は、5GHzの方を使えるのであれば、その方が速いんだって。

特に何も調べもしていなかったので、
5GHzは使える機器が限られているとかなのかと思っていたら、
別に、普通に使えるみたいなので、さっそく設定してみました。

たしかに速度的に速くなった感じで、早く知りたかったなー。

5GHzの電波は障害物に弱いので、いろいろな部屋で使うにはあれですが、
自分はPCのすぐ隣にルータを置いているので、その心配は全くなし。

あとめんどうなのは、5GHzは公共サービスでも用いられている電波だそうで、
使っていいのは屋内だけで、外に出るときは2.4にしないとなんだそうです。

それを変えるのがちょっと煩わしいですけど、
スマホのアプリで変えられるので、こまめにやろうかと思います。

といっても、基本的にはクレードルを使って有線でつないでいるので、
オンラインでのお仕事の時限定で使うということになりそうです。

他にもこうやって知らないことが多いんだろうな。
知らないから損をしているってこと多いですよね。

なぜ使いづらくなる?  PC/ネット関係

今日はそこまで雨にあたらずにすみました。よかったです。

朝は相変わらず特急を使って通勤をしているのですが、
そのチケットは「えきねっと」のアプリを使ってとるわけです。

先週末にそのアプリが大幅にリニューアルしたのですが、
はっきり言って、使い勝手が悪くなりました。

なぜ、リニューアルしたのに使い勝手が悪くなるのでしょうか?

まず、ログインするのに時間がかかるようになりました。

あと、切符を取るのに、今までよりも駅の選択肢が増えてしまって、
さらに、時間を検索すると、特急以外の普通列車まですべて表示してきます。

ホーム画面には、直近の乗車予定が表示されるのですが、
以前はそこに、座席番号まで表示されたのに、それが消えてしまいました。

今日は行きと帰りと乗ったんですけど、帰りの切符を取った後でも、
直近の乗車予定は朝に乗った列車の情報が出たまま。

とまあ、まだまだ書きたいことはいっぱいあるんですけど、
なぜ、こうやって使い勝手が悪くなるのでしょうか。

仕様がガラッと変わったのならまだわかるんですけど、
今までと同じような機能がそのまま存続しているのに、
それから必要な情報を抜いたり、面倒にしたり。

このアプリを作っている人は、このアプリは使ってないんでしょうね。
それは確実に言えると思います。

もちろんテストはするだろうけど、それはきちんと動くかどうかですものね。

JRまわりでいえば、ちょっと前にSuicaのアプリもリニューアルされましたが、
こちらも、ログインするのに時間がかかるようになって、
以前よりもチャージするのに時間がかかっちゃうんですよね。

まあ、他に代わりがあるようなアプリではないので、
これをそのまま使い続けるしかないわけですけど、
JR東日本のアプリ開発チームは、ちょっとあれですね。

なぜこんなことになるのか、技術屋のみなさん教えてください。

うっかり防止アプリ  PC/ネット関係

今日はさわやかな陽気で過ごしやすかったです。
そこまで暑くならなかったし。明日は暑いみたいですね…。

さて、今日はアプリの話で、
ネットニュースを見ていたら、佐賀の高校生が作ったアプリの話題が。

何かというと、教員免許の更新を忘れるうっかりさんがたまにいて、
それを防止するためのアプリを作ったということなんです。

生年月日や所持している免許の情報を入力すると期限を表示してくれて、
また、その更新に必要な講習を受けることができる期間も表示してくれます。

その入力がちょっと面倒ではあるんですけどね。
なかなかいいアプリですよね。

ただ、おそらくなんですが、このアプリはその期限を教えてくれるだけで、
期限が近付いたら通知してくれるとかではないんですよね、たぶん。

それだったらやっぱり忘れる人は忘れちゃうんじゃないかと。

あと、1つ残念だったのが、
いろいろと日付を入力していく仕様になっているんですが、
平成は31年までしか入れられないようになっているんですね。

たしかに平成は31年までなんですが、令和以前に作られたものだと、
平成35年とかそういう記載がされていたりするんですよね。

その平成を令和に自分で変換しなければいけないのがちょっとね。
まあ、30を引くだけでいいから簡単なんだけど。

で、このアプリはAndroidでもiPhoneでもどちらでも入れることができて、
そのアプリ情報を眺めていたら、他にもいろいろ作っているみたい。

このアプリを作るきっかけになったのも、
すでに作成した防災アプリが全国大会で賞を取ったからだそうで、
他にも、観光案内のためのアプリとかを作っているみたいでした。

今の高校生はそんなことまでしちゃうんだね。すごいな。

まあ、高専のロボットコンテストもあるしね。
でも、アプリ開発というのがなんとも今どきな感じがしました。

ということで、活用させてもらいたいアプリなんですが、
現在、国会の方で議論され始めているのが教員免許更新制の廃止で、
それが実現すると、このアプリは必要なくなるんだよね。

せっかくがんばって作ってくれたので、それはちょっとかわいそうだけど、
更新世の廃止はぜひとも実現してもらいところです。

使用時間がわかるんだって  PC/ネット関係

今日から朝ドラが新しくなったんですよね。すっかり忘れていました。
オープニング曲をBUMP OF CHICKENが歌っているというのに…。

それに気づいたのは8時14分頃のことで、最後だけ見ました。
そして、「あさイチ」に移っていきました。

今回の「あさイチ」のテーマは「脱!だらだらスマホ」で、
スマホを1日に何時間も使ってしまっている人って多いんですね。

で、その中で、どのくらいスマホを使っているのか、
その時間を知ることができるというのをやっていて、そうなんだーって。

その話をさっそく今日の午前中にしたところ、
そんなの当り前だよ、みたいな顔をされまして、若者には常識なんですね。

って話をさらに夕方にして、そこでiPhoneを見せてもらったんですけど、
iPhoneだと、ホーム画面をスライドさせるとそれが出て来るんですね。

そりゃ、そんなの当り前だよ、になりますね。

でも、自分はAndroidのスマホなんですけど、Androidでは出てきません。
設定からいちいち見に行かないと出てこないんですよ。気づかないはずです。

iPhoneの方では、1週間の平均時間を計算してくれるみたいで、
Androidではそれがないので、ちょっと不親切というか。

自分のを見てみたら、だいたい1時間くらいが平均みたいですね。

それと、ロック解除回数というのも記録されていて、
ロックを解除してスマホを起動させた回数がわかるんですね。

なんか、監視されているようで嫌ですね…。

と思ったら、iPhoneの方では、持ち上げ回数が記録されていました。
しかも、何時に何回かってことまで。いやー、ある意味恐怖です。

こちらで前にご紹介した「いたわり充電」も、
寝る時間と起きる時間を記録しているんですものね。

なんかいろいろスマホに握られているような気がして…。

とはいえ、その辺はあまり気にしていないんですけどね。

スマホはあまり使いません。代わりにPCをよく使っているのかな。
それじゃ意味ないじゃん。

表示が遅くない?  PC/ネット関係

今日もお休みでして、連休を先取りした感じになっています。
ただ、休みはカレンダー通りなので、大型連休にはなりません。

さて、今回はこのブログのことについてなのですが、
このブログって、読み込みにかかる時間が長すぎませんか?

使っているPCやブラウザ、セキュリティソフト、通信回線など、
さまざまな環境によって様子は異なってくるかと思いますが、
自分はかなりの時間がかかったりすることがあったのです。

ご覧のみなさんは、このページがすっと表示されているでしょうか?
何かを読み込んでいて、なかなか表示されていなかったらすみません。

それが何なんだろうかと思って、ちょっと調べてみたのですが、
WEBページの表示速度を調べてくれるサイトがあって、
それにかけても「問題ない」って出ちゃうんですね。

だから、自分のPCのせいなのかなーと。

ただ、その結果の中で気になるところがあったので、
いくつかの機能を削除しました。

それ以降、若干早くなったような気が。

その1つがメッセージ欄で、
何かあったときのためにこちらにメッセージを送れるようにしているのですが、
そのメッセージフォームを変えました。

もともとは、このブログに付属しているものを使っていたんだけど、
なんだかそれが少しネックになっているようだったので、
Googleフォームを使ってもらうことに。

ただ、ページのソースを見てみると、最後にGoogle解析がついてて、
これは自分が設置したものではないんですよね。

おそらく運営会社の方で勝手につけているんだと思うんだけど、
これも何か悪さをしているんじゃないかと思うんですが、
こちらで何かできるわけではないので、設定できるようにしてくれないかな。

他にも、何かありましたらご意見よろしくお願いいたします。

「Swift Playgrounds」  PC/ネット関係

今日で9月もおしまいですね。なんとかぎりぎり15記事めです。

さて、最近ちょっとはまっているというか、
仕事のようで楽しんでいるようで、なのがプログラミングでして、
iPadで「Swift Playgrounds」というアプリをやっているのです。

高校の学習指導要領は2022年度入学制から改定されて、
情報科の科目では、プログラミングの内容が必修となるのです。

ということで、そんなことを言われましても…って感じなんですが、
プログラミングとはどんなものであるかということは、
実際に触れてみるのが一番だろうと思うので、
とりあえず、どんなアプリなのかを試してみているのです。

Swiftというのは、iOSやmacOSなどで使えるプログラミング言語で、
「Swift Playgrounds」では、自らコードを書いていくのですが、
いちいちキーボードを打っていく必要はなく、タップすればいいし、
ifとかforとかでは入れ子の状態も自動的に作れるので、
ただ、流らアルゴリズムを考えればいいだけになっています。

言語が違っても、だいたい構造は同じになっているので、
プログラミングとはこういうものだ、というのを学ぶにはいいですね。

自分は、子どもの時からPCを触っていて、
雑誌に載っているBASICのプログラムを入力することはやってたんですね。

高校の時に、そのBASICの基礎をきちんと課外授業で教えてもらって、
それから、情報化の免許を取るときには授業でC言語を扱いました

なので、そういった基礎がある分、理解はしやすかったですね。

「コードを学ぼう1」が終わって、今は「コードを学ぼう2」をやってて、
だんだんと内容が高度になっていくわけですけど、ちょっと長いかなって。

まあ、基礎を学ぶにはこのくらいやるのは仕方ないんですけど、
もうちょっと小分けにしてもよかったんじゃないかなーって。

まだ続くのかよ感があるんですよね。

あと、そのコードを学んだ後に、じゃあそれを何に活かせるかと。

「Swift Playgrounds」には、その後のゲーム的なものも入っているんだけど、
それがなかなか高度で、学んだことをどう生かしていいかわからないのよね。

コードを学んだらこれができるよ、的なものがあるといいんだけどね。
じゃないと、子どものモチベーション的に難しいかなと。

もうちょっといろいろ試してみて、どう活用できるか考えてみようと思いまーす。




AutoPage最新お知らせ