音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2020/9/27

「Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 - Arena Travelers -」  MUSIC

昨日は朝から急に腰が痛くなってちょっと辛かったのですが、
今はずいぶんとよくなりました。座り方が悪いのかな?

さて、今日はOfficial髭男dismのオンラインライブを楽しみました。

Official髭男dismを聞くようになったのは今年になってからで、
昨年の紅白歌合戦にも出場しているわけですが、
その発表の時には、どのような人たちか全く知らなかったんですよね。

気になるきっかけになったのは今年3月の沖縄旅行のときで、
那覇で泊まったホテルでMTVが見れたので、それをずっとかけていて、
その時に頻繁に流れてきたのが彼らの曲だったのでした。

なかでも「I LOVE...」が好きになって、他にも「Pretender」もいいし、
あとは「宿命」もけっこういいなーって。

それからアルバムを買ったりして、ライブにも興味が出てきたところで、
オンラインでということだったので、だったら見てみようと。

トランペットやサックスの音が入っているのがいいんですよね。
迫力と壮大さを感じる演奏とボーカルがいいなーと。

ただ、メロディは昭和感があるというか、懐かしい感じもあると思うんですね。
そういうところが惹きつけられた理由なんじゃないかと。

そんな分析はいいとして、ライブは昨日の夜に配信でしたが、
夜にあんまり大きな音も、と思ったので今日の昼に見てみました。

ライブツアーは今年の3月から予定されていたそうで、
そのすべてが中止となってしまったことの代替が今回のライブで、
実際に使われる予定だったセットが使われていましたね。

サポートメンバーの方たちも勢ぞろいという感じで、
本当にやろうとしていたままの形を配信してもらえたみたい。

カメラワークを工夫するなど、オンラインを前提として構成にもなっていて、
そのあたりをぬかりなく考えられるのはすばらしいですね。

今回見れたことで、ライブの雰囲気もどんな感じかがわかったので、
次は、実際に会場に行ってみてみたいと思いました。

「Stand By You」を会場で一緒に聞きたいですね。

2020/7/14

朝からジャズ  MUSIC

ここ数日は涼しくて過ごしやすいです。
夜もよく眠れるのでありがたいことで。このくらいがちょうどいいみたい。

さて、朝の通勤の際にはウォークマンで音楽を聴いて行くのですが、
帰りは聴かないので、バッグに入れたまま帰ってくるのです。

それがいけないのか、朝起動させようとすると動かないことがあって、
電池が切れていたりとか、なんかエラーになってるんですけど、
最近またあったので、無音も嫌なので代わりにラジオを。

radiko(ラジコ)でどこの局がいいか選んでみたところ、
J-WAVE TOKYO MORINIG RADIO」を聴くことにしました。

パーソナリティは別所哲也さんで、あのハムの人ですが、
朝からしっとりしつつも元気のあるところもあって、
朝にはちょうどいいテンションだなーと。

あれは毎朝生放送でやってるんですものね、そう考えると大変だよね。

で、いろいろコーナーがある中で、ジャズを流すコーナーがあって、
なんかねー、それがなかなか良かったんですよ。

朝からジャズ聴くのっていいかもって。

いつも起きたらテレビを普通に見てるんですけど、
まあ、そこまでたいした情報が得られるわけでもないわけで、
じゃんけんして、あとは占い見てるくらいだものね。

あ、天気情報と、電車が止まってたら情報が流れるのもありがたいけど。

なので、テレビ画面映しつつ、ジャズ流すの良いんじゃないの?って。

といいつつも、まだ試していないのですが、
それをどこから持ってくればいいのかなーということも。

ずっとジャズが流れてくれているチャンネルとかあったらうれしいけどね。
起きたらジャズが流れる、なんてシステムがあったら最高ですね。

ネットラジオがあるみたいなんで、ちょっと探してみようかな。

2020/5/31

「GLAY DOME TOUR 2020 DEMOCRACY 25TH “HOTEL GLAY GRAND FINALE”」ONLINE  MUSIC

今日で5月もおしまいです。

本来であれば、昨日と今日は東京ドームに行っている予定でした。
GLAYのデビュー25周年記念ツアーの締めくくりがあるはずだったのです。

しかし、残念ながら中止となってしまいました。
今回で、GLAYのライブに行くのは40回めだったのですが。

今日という日はなかなかな日で、
実は、5年前にも東京ドームにライブを見に行っているのです。

それが同じ5月31日で、同じ日曜日です。

何年かすれば、日付と曜日の組み合わせは同じになるわけですけど、
同じ日の同じ曜日に同じ場所でライブをやるというのは、
これはなかなかないのではないかと。

それも、5年前ということなので、前回はデビュー20周年の締めくくり。
見に行った日には、X JAPANのYOSHIKIさんがサプライズで登場したのでした。

そんな日に、残念ながらライブはできなかったのですが、
予定の16時から、YouTubeでライブ映像の配信がありました。

予定していたセットリストを、過去の映像を使用して再現してくれたのです。

使われたのは、PVではなくて過去のライブ映像だったので、
ライブではライブ特有のアレンジというのがあるわけで、
MVを流すのとはわけが違うわけですね。

以前にも、同じようなことはやってくれたことがあるので、
今回のライブでもやってくれるのでは、と期待していたのですが、
本当にやってくれてとてもうれしかったです。

しかも、今回は、MCが入るべきところでメンバーたちのMCも入って、
さらに、きちんとアンコールまで用意されていて、ほぼ完全再現。

途中、1曲だけライブ映像がない曲が演奏されたのですが、
過去にライブでやったことがなかったとのこと。

映像がある楽曲だけに再構成しているのかと思っていたら、
きっちりと、予定していたものそのままをやってくれたんだなーと。

そんな初めての曲とか、他にも久しぶりに演奏される曲もあって、
実際にライブ会場で聞きたかったなー、と思ったのでした。

なんとももったいない。

ライブの映像は、最近のものからかなり古いものまでチョイスされていて、
自分がライブに行く前のものもいくつかありました。

昔のTERUさんの声が今よりも低くて、とんがってる感があってね。

他のアーティストもこういうことをやってくれているのかもだけど、
GLAYは自分で会社を作っているので、こういうことをやりやすいんですよね。

ご興味があればこちらから。チケットがなくても見れます。^^

本当にありがたい1日でした。また会場で会えることを願って。

2020/3/12

25周年記念ベストアルバム  MUSIC

暇な日々が続いているもので、今日はガスコンロ周りを掃除しました。
白いガスコンロなので、きれいになったのが実感できてうれしいです。

お掃除中は、昨日発売のGLAYのベストアルバム「REVIEWU」をかけながら。

GLAYの「REVIEW」といえば、1997年に発売されたベストアルバムで、
累計で約500万枚を売り上げたという有名な1枚ですよね。

HOWEVERやグロリアスが収録されていて、
わが家に来た初めてのGLAYもこの1枚だったかなと。

で、今回の「REVIEWU」は、GLAYの25周年を記念したもので、
今回は4枚組で、各メンバーがセレクトした楽曲が入っているのです。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、TERUセレクションから聞いてみました。
テーマは「函館を散歩しながら聴きたいGLAY」なんです。いい選曲。

TAKUROセレクションが、まさに王道といった感じで、
新曲も3つほど入っているんですね。

もしもの時のため、置きに行ったというような話も出てきています。^^

それぞれが好きに選ぶわけで、
これ!というものが抜け落ちてしまう可能性もあったわけですから、
そこはリーダーとして安全策に出たということでしょうかね。

JIROセレクションは、ライブで聞きたいセットリストがコンセプトだそうで、
あまり昔の曲は入っていない感じ。

HISASHIさんは、ベストアルバムの発売には否定的だったそうで、
というのも、今やサブスクなどで聞き放題となっているわけで、
そういったベストセレクションは自分で作ろうと思えば作れると。

そこで彼が採った策が「再録」。

スタジオで収録した新しい音源で彩られているのです。さすがです。

ってことで、今回は違うことを書こうと思っていたんだけど、
結局はGLAYのアルバム紹介になってしまいました。

もしご興味あれば。懐かしい曲から新しいものまで楽しめますよー。

2019/11/23

「HOTEL GLAY THE SUITE ROOM」  MUSIC

昨日と今日と寒かったですねー。
でも、今夜はだんだんと暖かくなってきているという不思議。

ということで、そんな今日はさいたまスーパーアリーナまで。
GLAYのライブに行ってきました。

今回のツアータイルは長いですね。
 GLAY ARENA TOUR 2019-2020 DEMOCRACY 25TH
 HOTEL GLAY THE SUITE ROOM


クリックすると元のサイズで表示します

8月にメットライフドームで2日間の公演がありましたが、
その後、25周年記念のアルバムも出て、アリーナツアーに突入しました。

さいたまスーパーアリーナまでライブを見に来たのは、
2018年のBUMP OF CHICKEN以来でしたね。

GLAYだと2011年の公演以来。8年ぶりかー。

さいたまでは初?のアリーナ席で、
いつもは上から見下ろす感じなので新鮮でした。

下から見上げるとそこまで広くないなーって感じがしますね。
東京オリンピックでは、バスケットボールの会場です。

今回もライブもいろいろと仕掛けが満載で、
新旧いろいろな曲をやってくれて盛り上がってきました。

今年はライブに全部で9回も行ってきたわけで、ちょっと多かったですね。^^

4月のアジカンから始まって、5月にGLAY、7月にBUMP OF CHICKENアジカン
8月にGLAYの2DAYSがあって、9月にポルノグラフィティ、
そして、11月にBUMP OF CHICKENとGLAYでした。

2013年に10公演に行っているので、それに次ぐ多さ。
てか、2013年はそんなに行ってるのね。

2013年はアジカン関係で全部で4公演も行ってた。うち2つは10周年記念ライブ。

来年は少し減るかもですが、いろいろと行ければと思います。
アーティストのみなさん、よろしくお願いします。

2019/11/4

「TOUR 2019 aurora ark」最終日  MUSIC

11月になりまして、さっそくの3連休でしたね。
といっても、自分は2連休でしたけど。

そんな今日は東京ドームまで行ってきました。
BUMP OF CHICKENのライブツアー「aurora ark」の最終日です。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

同じツアーには、今年の7月にメットライフドームまで行きましたが、
ツアー最終日にも参加できてとても幸せでした。

東京ドームでの公演は、昨日と今日と行われていたのですが、
昨日のチケットを持っているとすっかり思い込んでいて、
でも、直前で日付が違うことに気が付いて、無駄足を踏まずにすみました。

東京ドームではデジタルサイネージが使われるようになって、
おかげで記念に撮影できるようになってうれしいです。

今回は「注釈付き指定席」ということで、
少しステージが見えづらい席になってしまったわけですが、
行ってみると、ステージ横のバルコニー席というところでした。

野球のシーズン中は年間シートの座席として使われているみたいで、
席はふかふかだし、テーブルもついているし、座席としては文句なし。

クリックすると元のサイズで表示します

角度的には、まあ、こんなもんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

公演が始まって、客席の方を見てみたら、
LEDリストバンドがきれいに輝いていて、すばらしい景色でした。

前にも同じようなことを書いたことがありますが、
あのすばらしい様子をステージ上の彼らは常に見ていられるんだものね。

いいですよね。それだけの人たちだってことなんだけどね。

今日は最終日ということで、その内容も特別なものになって、
アンコールで演奏された2曲はまさにそれにふさわしいものでした。

さらに、そのあとにもう2曲も歌ってくれたしね。
ああいうのが本当にありがたいのです。

ちょっとゆっくりしてもらって、
また彼らに会えることを楽しみにしています。

2019/9/8

「NIPPON ROMANCE PORNO'19 〜神vs神〜」  MUSIC

台風が近づいていますが、無事に明日を迎えられるでしょうか。
朝から電車の運休が決まっているので、遅い出社でいいので気が楽。

そんな日に、東京ドームまでライブを見に行ってきました。
ポルノグラフィティの20周年記念ライブです。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど今日が彼らのデビュー日ということでした。

ポルノのライブは今回が初めてで、せっかくなのでタオルでも買おうかと、
グッズのほとんどが売り切れで、タオルくらいは普通残ってるのにね…。

20周年ということもあってか、ライブはかなりの盛り上がりで、
始まってから1時間くらいはずっと会場内の照明がついたままだったので、
その盛り上がり具合がよく見えました。

ずっと照明がついているのは珍しいですよね。開始とともに消えるよね。

まあ、そのおかげで会場の様子がわかってよかったんだけど、
1時間たってから暗くなって、ステージの演出がきれいに見えました。

あと、気になったのは、拍手多めってことかな。
歌っている間もずっと手拍子をしているので、演奏が聞こえづらくて。
さすがに、バラードではなかったけどね。

GLAYとかBUMP OF CHICKENは、若い頃は「手拍子するな」って怒ってるんだよね。
そのおかげもあって、感想の時とか、特別な曲でしか手拍子がないのです。

まあ、アーティストそれぞれでいいと思うんだけど、
いい演奏をしているのにちょっともったいないなーって思った。

あとは、よく座るってことかな。
MCが始まったり、静かな曲になると座る人が多かったですね。

年齢層が高いからということではないみたいだったけど。

だから、そういうところを見ると、
ロックというよりはもうちょっとマイルドな感じってことだろうね。

曲自体は半分くらいしかわからなかったので、
やっぱり予習というか、そういうのが必要だなーって思ったんだけど、
昔の曲もまあまあやってくれたので良かったです。

あと、「ミュージック・アワー」のサビでやる「変な踊り」もできたし。

台風が来ていなかったら、「シェイクシャック」で食事してきたかったんだけど、
いつ電車が止まるかわからなかったので、さっさか帰ってきました。

台風の時にライブ、というのが今回が3度めで、
2004年のUSJでの「GLAE EXPO」と、2010年のWARNER MUSICの40周年記念ライブ。

天候を気にせずに楽しみたいところですが、こればっかりはね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ