音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2019/5/23

「令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE」  MUSIC

今日も暑かったですが、夜は気温も下がっていい感じですね。

さて、今日は渋谷にあるNHKホールまで行ってきました。GLAYのライブです。
その名も「GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL- 令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE」。

NHKホールには、9年前にNHKの番組観覧に行ったことがあって、
その時も、お目当てはGLAYだったんですけどね。

その時は、「Precious」という新曲を歌ってくれたのかな。

さて、今回はツアータイトルに「HEAVY GAUGE」と入っておりまして、
これは、1999年に発売されたアルバムのタイトルなんですね。

GLAYは、かつて発売したアルバムの復刻盤を再発していて、
当時作られたデモテープやリマスター音源も収録してくれているのです。

で、今月初めに「HEAVY GAUGE Anthology」が発売になったので、
それに合わせたツアーとなっていたわけですが、
もちろん、演奏曲もアルバムの曲が中心だったわけですね。

ということもあって、懐かしい楽曲が目白押しで、
20年前のアルバム発売時にも、アルバム名を冠したツアーは行われたわけだけど、
その時以来に聞いたかもという曲もいくつかありました。

「HEAVY GAUGE」が発売された時期は、GLAYがとてもとても忙しかった時で、
紅白歌合戦にも出たし、「Winter,again」がレコード大賞を取ったし、
そのせいもあって、彼らはかなり精神的にやられていて、
それが楽曲にも表れていて、なんとも重い感じの曲が多いんですね。

なので、通常のライブではなかなか演奏されないのも納得で、
それが今回はひさびさに聞けたので、とてもうれしかったです。

こういった、かつてのアルバムを冠したツアーというのはいいアイデアで、
古くからのファンにとっては、あの時代を懐かしむことができるわけだし、
新しいファンにとっては、昔のアルバムに触れるチャンスなわけですよね。

あの暗黒の20年前を乗り越えて、それからも彼らはいろいろありましたが、
それらを経て今があって、今は楽しくできている様子を見て、なんかよかったねって。

そんな場に立ち会うことができて本当によかったです。

夏にはメットライフドーム(西武ドーム)でもライブがあるので、
そちらも楽しめればと思います!

2019/4/8

Tour 2019「ホームタウン」  MUSIC

今日はけっこう寒かったですね。
朝から雨が降っていたのには驚きました。

といいつつも、今日も起きたのはゆっくりで、
とうとう今日でお休みもおしまいなのでした。

明日から早起きの日々です。しかも明日は5時半起きだって。大変だ。

そんな今日は、お台場にあるZepp Tokyoまで行ってきました。
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブです。

ちょうど夜の仕事のない日に公演があってありがたいことでした。

夏休みにも、このツアーのファイナルが横浜であるのですが、
その日はどうも行けそうにないので、その前に行ければうれしいなと。

Zepp Tokyoでライブを見るのは今回が初めてでした。

近くにはいろいろお店もあるので、ちょっと早めに行ってグッズを買って、
それからヴィーナスフォートとかダイバーシティ東京をふらふら。

18時から開場でしたが、ちょうどそのころからけっこうな雨が降ってきて、
でも、隣のMEGA WEBで待機できるのでありがたいですね。

ライブのフロントアクトにはMONO NO AWAREというバンドが。
2曲目が好きだったけど、なんてタイトルなのかな。

そして、そのあとにアジカンの登場でして、
新しいアルバムの曲はまだなじみがないのであれでしたが、
それでも、盛り上がるところは盛り上がって、いい汗かきました。

アンコールでは撮影がフリーとなって、
そんなことすっかり忘れてたんだけど、ほかの人が撮り始めたので、
そうだ、撮ってよかったんだってことでいくつか撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

まあ、携帯で撮っているのでたいした画質ではありませんが。

この「アンコール中は撮影フリー」は4年前のツアーから始まったんでしたかね。

終盤のMCで説明をしてくれたけど、twitterではすでに公開されていて、
それを見ていない人からしたら、何撮ってんだよ、って感じでしたかね。

ということで、おかげさまで明日からがんばって行けそうです。
引き続き、ツアーがんばってください。

2018/7/11

「BONES & YAMS」  MUSIC

今日も暑かったですねー。

久しぶりに朝は6時台に家を出たわけですけど、もうその時点で暑いんだものな…。
さすがに朝くらいは涼しくしていただかないと。

朝から仕事をがんばってさっさか終えて、今日は夕方から新木場へ。
Studio Coastに行ってきました。ここに行くのは初めてですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、今日はASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブに行ってきました。

アジカンのライブは2016年12月以来ということで、およそ1年半ぶりですね。
いやー、今日も盛り上がってきましたよ。ちょっと声枯れたかなー。

Studio Coastはちょっと大きめなライブハウスといった感じで、
整理券の番号順に入場するということでした。

今回はAの995番で、なかなか後ろの方かしらと思っていたんだけど、
AだけじゃなくてBやCもあったみたいで、Aも1000番までかと思ったら、
まだまだそのあともあったということで、どちらかというと早めな入場でした。

真ん中の真ん中の方にがんばって行って、
開場中にオープニングアクトがあるということで待っていたんだけど、
なかなか始まらなくて、ようやく始まったのは開演5分前…。

ん? ちょっと遅すぎだよね。開場時間中じゃないじゃん。
イギリスから来たNick Moonという人で、なんとも個性的。

15分押して本編が始まって、全部で2時間ちょっとという感じでしたね。

今回のツアーはいつもとはちょっと違っていて、
以前にアジカンはベスト盤(『BEST HIT AKG』)を出しているんですが、
その時にボーカルの後藤さんが自分の意見が反映されなかったのに反発して、
選に漏れた楽曲を別のアルバムに入れて発売したのですが、
その楽曲を中心に構成されるというツアーなのでした。

なので、いつものライブではあまり演奏されない楽曲が多くて、
ちょっと聴いたことがない、というか、聴いたことはあるけど頭に入っていない、
そんな曲もちらほらとありました。

まあでも、いつもはなかなかやってくれない某アルバムの楽曲もやってくれて、
いやー、あれはうれしかったですねー。あのアルバム好きなもので。

いい汗かきました。こういう汗ならいいですね。

2018/2/12

「TOUR 2017-2018 PATHFINDER」  MUSIC

昨日は比較的暖かかったですが、夜になるにつれ寒くなってきましたね。
今日も風が強くて寒かったですが、明日も寒いそうなので気をつけましょう。

さて、昨日のことですが、今年1発めのライブでした!

BUMP OF CHICKENのツアーが昨年の9月から始まっていたのですが、
その9月に幕張で行われたライブのチケットは取れず…。

結果的にその日は仕事づくめになったので行けなくてよかったのですが、
2004年に彼らのライブに初めて行って以来、単発的なものを除いては、
基本的にどのツアーもライブを見に行けていたと思うので、
今回は行けないのかー、ととても残念に思っていたのですが、
今回の公演が追加されて、ありがたくも行けることになったのでした。

さいたまスーパーアリーナでのライブは10年ぶりだったんだそうで、
そんなにひさびさだったのかーと。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

東京近郊だと、幕張で行われることが多いわけですけど、
その他は、日本武道館とか日産スタジアムとかけっこうばらついているんですね。

そんな昨日は2月11日ということで、これはバンドの結成記念日なんですよね。
昨日で22周年だったそうです。ぞろ目です。長く続いてくれてありがとう。

そんな記念日ということもあるし、ツアーのファイナルということもあって、
最後には未公表の新曲まで歌ってくれました。

なんとも嬉しいですよね。

そしたら、10年前のさいたまスーパーアリーナでの公演でも、
当時はまだリリースされていなかった新曲をやってくれていたんですね。

公演終了後にはステージを撮影していいという時間が設けられました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

以前に、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブで、
アンコールの間は撮影が可能っていうことがありましたけど、
そうやって撮影を認めてくる風潮にあるみたいですね。

撮影を許可しなくても勝手に撮っている人は多いわけで、
なので、一部を認めることでその辺の境をしっかりさせるというかね。

今回のツアーは、彼らメンバーがやりたいということで始まったものだという話があって、
なので、昔の曲もちりばめられていたし、彼らも楽しんでいたような感じもしたし、
いい時間を過ごすことができてよかったです。

2017/11/12

「GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS”」プレミアムシート  MUSIC

今日は横浜アリーナまでライブを見に行ってきました。

先月末にGLAYのライブを日本武道館まで見に行って、
今回はその時と同じツアーのライブなのですが、違うところが1つありまして。

というのは、今回は「プレミアムシート」というチケットが当たりまして、
それはそれはプレミアムな時間を過ごしてくることができました。

「プレミアムシート」は、ステージに近い前方の席が用意されるチケットで、
さらにそれだけじゃなくて、入口も別に設けられているというものなのです。

ということで、その専用入口より入場。混雑した中での入場じゃなくてスムーズ。
さらに、会場内には専用エリアもあって、その中にグッズ売り場も。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

なので、あまり並ぶことなくライブのグッズを買うこともできたのでした。

また、会場にはメンバーの等身大パネルも置いてあって、
これも専用エリアにはまた別にあるんだけど、こちらはそれなりに列が。

クリックすると元のサイズで表示します

ってことは、通常エリアの方はどれだけ待たなきゃいけないんでしょうかね。

さて、席はというと、今回は前から7列めで、
7列めと聞くとたいしたことのないように聞こえますが、いやいや、十分に前です!

メインステージの前方にも小さいサブステージがあって、
そこに彼らがやってくると、もう実質3列めくらいの近さでした。いやー、近かった!

サブステージにいるときは後ろから見るようにもなるんだけど、
その時に、ちょっと観客席の方を見てみたら、多くの人がこちらを向いているわけで、
あんなに多くの人に注目されたらけっこう緊張しそうだけど、
でも逆に、あれだけ注目されたら気持ちがいいだろうなーって。

そんな近さだったので、顔の表情はもちろん、演奏している様子もバッチリ見えて、
本当にあの指さばきというんですかね、あれはすごいなーって。

手の動きと演奏の音がきちんとリンクして聞こえるので、
ギターの音とかベースの音とか、そちらに集中して演奏を聞いてきました。

そうすると、いつもは歌声を中心に聞いている曲も、歌声は裏方になって、
また違う乗り方ができて、それはそれで楽しかったです。

すでに一度同じライブを見ているので、そんな楽しみ方ができたのではないかと。

やはり、ステージに近いといつもよりも何十倍も楽しめますね。

細かな表情を感じ取れるので、近くだからこそわかることが多くて、
ちょっと水こぼしちゃったり、こちらにいろいろな表情を見せてくれたり、
一緒の時間を送っている、一緒のライブを楽しんでいると本当に感じました。

またあのくらいの近さでライブを楽しむことができる機会はやってこないかもだけど、
あの体験はより多くの人がした方がいいでしょうねー。

いやー、本当に楽しい時間でした。ありがとうございました。

2017/10/26

「GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS”」  MUSIC

今日はスカッと晴れましたね。洗濯物も乾いていい気分。
でも、また週末は台風かもということで、気をつけないとですね。

まあ、天候が安定しないのが秋だと誰かが言っていたので、
たしかにそうだよなーと思いつつ、秋をかみしめましょう。

さて、そんな昨日は雨でしたが、雨の中、日本武道館まで。
GLAYのライブ「GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS”」です。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

今年の夏にお台場までフリーライブを見に行きましたが、
きちんとしたライブは昨年の春以来ですね。その時も武道館だったのか。

武道館でのライブは、だいたい席は2階席(見た目的には3階席)ばかりで、
なかなかそこから脱却できないんだけど、それでも十分近くに見えて、
武道館のライブに行けること自体が喜ばしいことなので、不満ではないのですが。

今回も、新しいアルバムの曲を中心に展開されたんだけど、
以前に、TERUさんのラジオで、今回のツアーではひさびさにやる曲があって、
「ライブで聞いたのは初めてだ」なんてことを言われたと話をしていたのでした。

で、その曲はいったん何だろうかと思っていたんだけど、
なるほど、たしかにあまり聞いたことないかもなーという曲をやってくれました。

かつては、「GLAYといえばこの曲」という感じの時代もあったわけですけど、
調べてみたら、2005年と2009年のライブで自分は聴かせてもらっていたみたい。

ただ、どちらのライブもあるコンセプトのもとで行われたライブなので、
そこで演奏されるのはまああるかもなーと。

なので、普通のライブの中で演奏されたというのは本当に珍しいんでしょうね。

あとは、ステージの後ろにあるスクリーンに映し出される映像も凝っていて、
なかでも、「Supernova Express 2017」の映像がよかったかな。

ということで、今回もとても盛り上がってきたのですが、
実は、このツアーはもう1回行くことが決まっておりまして、
そちらはそちらでまた別の楽しみ方ができればと思っているのでした。

2017/7/31

「TOKYO SUMMERDELICS」  MUSIC

今日は暑かったですねー。ひさびさにスカッと晴れました。

そんな今日はお休みだったわけですが、朝から起きて情報収集。
そして、暑いなかお出かけしてきました。

というのも、今日はGLAYが都内のどこかで何かをやると予告をしていて、
おそらくフリーライブだろうという予想がついていたわけですが、
それに行こうと朝から準備をしていたわけです。

今日7月31日は、勝手ながら「GLAYの日(GLAY DAY)」とされているだけど、
GLAYは今月に新しいアルバムCDを発売したんだけど、
その発売日からカウントダウンが始まって、今日の10時に何らかの発表があると。

まあでも、以前にもこのパターンでフリーライブが行われたことがあったので、
ネット上では、おそらくそれだろうという話で、
さらに、場所の発表も伏せられていたはずなんだけど、おそらくお台場だろうと。

というのも、今はお台場のヴィーナスフォートでGLAYのカフェイベントが行われていて、
それに行っているファンの人たちが困るようなことにはならないだろうと。

さらに、お台場でやることをボーカルのTERUさんはうっかりどこかでしゃべったと…。^^

ということで、今日の15時半からお台場でフリーライブという発表があったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

せっかくなのでちょっと早めに行って、そのカフェイベントの様子を見てきましたが、
このイベントも今年で10周年で、これを区切りとしていったん終了するのでした。

最初はカフェしかなかったのに、今はUFOキャッチャーまであるのね。すごい。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、ライブは14時開場ということで、そのくらいの時間から列へと向かったら、
なんともすごい行列ができていて、入場するまでに50分くらいかかりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ライブまでは40分。炎天下で待つので、暑さは大丈夫かなーと心配だったんだけど、
タオルで日よけしたり、こまめに水分補給をしていたら大丈夫でした。

海が近いので風が絶えず吹いていてくれたのが助かりましたね。

ライブ自体は45分間でしたが、いやー、ひさびさに野外で盛り上がれてよかったです。
18年前の幕張20万人ライブとか、13年前のUSJでのライブを思い出しましたね。

平日にもかかわらず、集まったのは1万人だって。すごいなー。
仕事終わりとか途中で抜け出してきていた人もいたみたいでした。

秋からツアーも始まって、すでに行くことが決まっているので今から楽しみです。
忙しい日々の中で、とても有意義な1日となりました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ