音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2019/2/16

休むと減給  お仕事関連

今日はちょっとあたたかかったですね。夜には一気に冷えましたが。

さて、インフルエンザはまだまだ流行に陰りが見えませんが、
自分がかかったのは3週間前のことで、仕事を休んだんですけど、
4つある職場のうち、休むことになったのは3つでした。

で、そのうちの1つは、仕事を休むと給料が減らされる仕組みがあって、
今月の支給分から見事にひかれていました。全体の1割ですね。

休んだ時だけ6割の支給になる感じで、6時間休んだので1割引き。

診断書を持っていけば免除されるってことだったんだけど、
その診断書にもお金がかかるし、診断書が病院の過剰な負担になるって話もあったし、
もらいに行かなかったのでそうなりました。

まあ、実際に休んでいるわけだしね。
夜の仕事は働いた分しかもらえないから、休んでいた期間は無給だし。

ただ、休んだら給料が減るなんての職場はそこが初めてで、
他にもそういうことをやっているところはあるんでしょうか。

自分的には、6か所めで初めて出会いました。

そういった制度は、無駄に休ませないためにあるんでしょうけど、
でもね、自分は逆に思ってしまいました。

自分たちの仕事は休んだ分は必ず誰かが穴埋めしなければいけないので、
休むのは申し訳ないし、迷惑かけてるなーって思うわけ。

インフルエンザは仕方ないんだけどね。ずる休みなんてもってのほか。

でも、休んだら給料が減ると、その申し訳なさが減るというかね。
だって、お金減らされてるんだもんって。

いや、だからと言って休んだりはしませんけど、中にはいそうだよね、
休んだ分だけ給料ひかれてるんだから、休んでも文句言うなっていう人。

自分もちょっと思ったし。まあ、たぶん休まないけどね。たぶん。

ホントそこの職場はドライなところで、
まあ、自分が適切な人間関係を築いていないことに原因があるんですけど、
自分が休んだことを知っている人が何人いたのかなって。

2日も休んだのに、あとで誰にも言われなかったものね。
話かけてきたのは事務の人で、それも診断書の件のため。

大丈夫でしたかとか、そんな話一切なし。まあいいんですけど。
だから逆に、ご迷惑おかけしましたってのも言う機会なし。言う気なし。

そんなところですからね。だからそんな制度ができるんでしょうね。

今さらやめられないし、来年度でおしまいかなー。
なんて思いながらもずるずる行っちゃうんだけど、いい環境ではないことは明らか。

2018/10/19

最強コンビ解消  お仕事関連

1年のうちに、というか、まだ半年くらいなんですけど、
そんな短い期間に3人の人と別れることになってしまいました。

相変わらず自分は「子ども」なもので、
少なくとも2人は「保護者」のような存在であったことは間違いなく、
そんな存在を失うというのは、いい加減甘えているんじゃねーっていうことですかね。

彼が私の上司になったのは2013年度からで、初めての年下の上司。

最初のころは自分が誤った振る舞いをしてしまったために、
ちょっと困らせてしまったのではないかと思うのですが、
その後、一応自分的には心を改めまして、それが伝わってくれたのか、
2年目以降はよく使ってもらえるようになりました。

前の上司が異動して変わるときに、その方に言ったのです。

彼と自分とということになれば、それは最強なはずでしょって。
それで実績が出ないわけがないじゃないかと。

彼はカリスマ的な雰囲気を持っていて、人をどんどん引っ張っていきます。
まさに道しるべとなるわけです。やる気も起こさせてくれるし。

その一方で、私がビシビシ鍛えるわけです。

鍛えられても、適切な誘導ができない場合もあるし、
適切に誘導しても力をつけさせられないこともある。

でも、この2人がタッグを組めば、そんなことはない。
まさに「最強のコンビ」だと思っていたのです。

私だけかもしれませんが。

昨年も一昨年もある程度の成果を出せたかとは思いますが、
まだまだこれからということもあったのですが。

まあ、人生いろいろありますからね。まだ若いし。

昨日はこれからのこともちょっと話してくれて、
ちょっと気落ちしているようなところもあったので心配だったのですが、
気丈にふるまっているだけだったのかもしれないけど、安心しました。

また会えるかどうかはわからないけどね。
新しいところでも活躍していただければと思います。

どうもお世話になりました。

2018/10/17

アイがやってきた!  お仕事関連

わたくしはApple社の製品にはあまり興味がなくてですね、
興味がないというか、自分が使うなんて畏れ多いというか、
Apple社の製品というのはしっかりとした目的でそれなりの技術を持って、
なんて人が使うものだと思っているもので。

そもそもスマホを持っていないので、iPhoneなんてもってのほかで、
PCもWindows機で十分なのでございます。

自分が使っているApple社の製品といえば、iTunesとQuickTimeくらいなもんで、
それも日常的に使っているわけではなくて、
それでしか買えない楽曲とか見れない映像を見るだけなのです。

という自分のもとに、なんと、なんと、iPadがやってきました!

これを手にする時がやってくるとは。
いつかこうなりそうだということは覚悟していたんですけどね。

もちろん、自分で購入したわけではありません。
今年8月にタブレットPCを買ったばかりですので。

職場で支給されたのでした。来年度以降に使うことになるそうなので。
今から使っておいて慣れておいてくださいねってことで。

Apple Pencilなるものも一緒に。
充電するところに差し込んでペアリングするとか面白いですね。

てっきりお古がやってくるかと思ったら完全な新品で、
ビニールを破ってセットアップするところからとはね。

さらに、キーボードがついたカバーも買ってくれるらしくて、
それがないと、守るものがないのでちょっと怖いですね。

帰りの電車でちょっとどんなもんかいじってみて、
今はやりの、エアーなんとか痴漢に遭わないかと思ってみたものの、
しっかり設定が遭わないものになっていたのでよかったです。^^

まあ、職場のアカウントで使うものなので、いろいろ管理されてるし、
仕事以外には使うこともなさそうなので、今日は持って帰ってきたけど、
ずっと職場に置いたままになるかなー。

退職するときはお返しするわけで、次の方がこれを使うのかな。
なので、きれいに使いたいと思います。高そうだしね。

2018/6/27

特別徴収だ!  お仕事関連

昨日と今日とずいぶんと風が強いですね。台風が来てるのかと思うほど。
北陸や東北はかなり天気が荒れているようで、大丈夫でしょうか。

関東も明日は雷雨の可能性があるとか。気を付けましょうねー。

さて、お出かけした話も一段落となりました。今回は税金の話で。

住民税の納期の第1期がそろそろやってくるはずなんですけど、
今年はいつも届くはずの住民票の払い込み用紙が届きませんでした。

だいたい6月の上旬には届くんですよね。
でも、来なかったので市の広報で発送日を確認して、やっぱり来てないなーと。

このままだと住民税の滞納になってしまわないかと不安になったのですが、
1つ、もしやと思うことがあって調べてみたら、こんなものを見つけました。

というのは、東京都が昨年から住民税の特別徴収を徹底していると。

特別徴収というのは、毎月の給与から住民税を天引きしていくやり方で、
多くの人はそうやって払っているんでしょうけど、
フリーランスの人とか、複数職場を持っている自分なんかは、
普通徴収といって、自分で市役所とかに払いに行く方法もあるのです。

昨年までは普通徴収で支払いをしていたわけだけど、
今年は全額特別徴収となったのでした。これは今までで初めてです。

一部の額を特別徴収されたことはあったんだけど、
複数ある勤務先のうち、そこで得た収入分の税金をそこで特別徴収されて、
でも、残りは普通徴収だったから、結局は払いに行かなければいけないというね。

特別徴収を徹底する理由には、
法令の遵守、納税者の利便性向上、安定した税収の確保などがあるそうで。

マイナンバーの導入も関係しているのかね。どうなんだろう?

東京都は昨年度から徹底し始めたそうですが、
自分は昨年度から主たる給与の支払者が変わったので、
その関係で、昨年は特別徴収にはならなかったのでしょうね、たぶん。

ということで、勤務先に聞いてみたところ、特別徴収をすると。

ただ、それが全額かどうかは自分で把握しかないようで、
というのも、全額を特別徴収するってことは、
その徴収先が自分の全収入を把握することにつながんじゃないかと心配してたら、
ちゃんと、圧着式の税額決定通知書が職場に市から送られていたのでした。

昔はただのぺらっぺらの紙1枚だったのにね。

ってことで、今年は多額の現金を持って市役所まで行かなくてよくなりました。
ただ、来月には国民健康保険税の支払いがありますね。これは天引きはないのです。

2018/3/27

これからもがんばってね  お仕事関連

今年度もあと5日でおしまいですね。

年度替わりってどのくらいの人が意識するものなんでしょう。
一般企業の人は新しい人が入ってくる程度のものなのかな?

そんな年度替わりは出会いもあれば別れもあるわけですけど、
先日は目黒での納会に出させてもらったわけですが、
その後に夜桜を…、とはいかずに次の予定へととなったのは、
その日は宴会2本立てになってしまって、納会の後は送別会でした。

時間がうまく離れてくれたので、遅れることなく出席できてよかったです。

まあ、この時期に送別会があるのは毎年のようなもので、
大学生が働いていることもあるので、卒業とともに辞めていくわけだし、
職業柄、毎年多くの人たちとの別れがあるわけですね。

ただ、今回はずっと勤めていた人が辞めるということで、
ちょっと今までとは違う思いがしたかなーと。

もともと、子どもの時に生徒として通っていた子なので、
まあ、教え子といってもいいわけですけど、
その人が今度は同僚として入ってきたという関係で。

生徒として3年、同僚として9年だという話でした。
まあまあ長い付き合いでしたね。

昨年に、自分は12年務めた職場を離れていきましたけど、
自分がいなくなるのと、他人がいなくなってしまうのは違うし、
あとは、決められていたものか、そうでないかってのも感じ方が違いますね。

彼は、新たな道を歩むために離れていくことになって、
さらに、それは前からずっと望んでいたというか、夢見ていたというか、
その実現に向けて進んでいくので、とても喜ばしいことなんだけど、
んー、でも、やっぱりいなくなってしまうのはねー。

話をしていてもとても気持ちがいいというか、
自分をしっかり持っているんだけど、他人の話もしっかり聞くので、
話し甲斐があるという表現があっているのかわからないんだけど、
仕事のことからそうでないことまで話ができて楽しかったです。

これからどうなっていくのかはわからないわけだけど、
これまでがすんなり順調に来たわけではないので、
それでも、進みたい方向には着実に向かってきたわけだから、
これからも時間はかかるかもしれないけど、
うまくやっていってもらえるのではないかと思うのでした。

自分もそうやって、いなくなってもらいたくない人間になりたいですね。

2018/3/26

納めさせてもらいました  お仕事関連

今日から講習が始まるということとで、ぐだぐだする日々も終わりなのですが、
今回は夕方から夜だけの仕事なので、それでもゆったりなのでした。

どうしても遅寝遅起きになってしまいます。ダメだなー。

さて、先日は目黒川の桜を見てきたわけですが、
それは、目黒での用事のついでにちょっと見てきたという感じでして、
中目黒からバスに乗って向かったのはホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)でした。

こちらで行われたのが、昼の職場の1つの納会でして、
立場に関係なく出席させてもらえたのでした。

場所を聞いただけでもなかなかな会なのは予想できたわけですが、
いやー、なんともありがたいところにお呼ばれしたものです。

といっても、そんな堅苦しい会ではなくて、
いろいろな出し物を見つつ、楽しくおいしい料理をいただきましょうと。

クリックすると元のサイズで表示します

献立としては和洋中の折衷だったんだけど、スープのふわふわ感がよかったな。
あと、かるかんの煮物というのも出て、なんとも珍しい。おいしかったですよ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

出し物としては、職場の方々による楽器の演奏があって、
ポップスから洋楽まで楽しませてもらいました。

そして、その後に出てきたのがマジシャンの人で、
YUSHI(ユウシ)」という方でしたが、目の前でマジックが見れるとは。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

どうしても大人というのはタネを考えてしまいますよね。
ただただ感心するだけじゃないというのがね。すみません…。

さらに、最後には大抽選会があって、お菓子の詰め合わせやお肉やお酒や、
30名くらいかなー、もっとだったでしょうか、いろいろともらっていました。

残念ながら、抽選には当たらなかったんですけどね。
まあ、1年めからそんなものをもらっちゃあいけないですね。
会に出れただけでもいいということで。

と思っていたら、帰りにはお菓子のお土産をいただきました。
なんとも、至れり尽くせりですね。

毎年行われているイベントということで、
年によっては泊まりがけでなんていう時もあったようです。

ありがたい時間でした。また4月からもがんばろうと思います。

2018/3/16

笛がうまく吹けない  お仕事関連

今日の夜はずいぶんと寒くなってきましたね。
風も吹いていたので、手袋をしていないとつらいほどの冷たさでした。

でも、別に氷点下になっているわけでもないわけで、
温度は相対的に感じるものだということがよくわかります。

さて、昼の仕事はすでに一段落ということになっているのですが、
あるところで会議のようなものがあって、
いつもはお目にかからないような人たちと同じ空間にいる時間がありました。

そこで、なんやかんやいろいろとお話しをしているわけなんですけど、
自分は特に話す人もいないので、時間が来るのを黙ってじっと待っていました。

なので、いろいろと会話が聞こえてきちゃうんですけど、
ちょっと盗み聞きをしちゃった話をここで。

芸術関係の方同士が話していてですね、
美術の方が、今の子は彫刻刀がうまく使えないなんて話をしてて、
そしたら、音楽の方が、今の子はリコーダーをうまく吹けない話に。

どちらも共通していたのは、うまく指先を動かせないって。

リコーダーがうまく吹けないってのは、
てっきり、息の吹き具合が微妙で、高い音が出ちゃうとかそんなのかと思ったら、
リコーダーの穴を適切に押さえられないんだそうですよ。

そんな話が聞こえてきて、そんなことになっているのかーと。

指先を適切に動かすことができないわけで、
ある意味では機能障害ではないかなんて話をしていましたけど、
別に、特別に障害を負っているとかではないわけだから、
ちょっと怖いというか、どうしたものかって感じですね。

子どもの時に積み木だとかいろいろと手を使った遊びをしていれば、
いろいろな指の使い方ができるということなんでしょうけど、
ゲームやスマホばかりだと動きは単調になるので、そのせいなんじゃないかって。

今は、小学校の体育で野球をやらせても、
うまく投げられない、うまく打てない、うまく捕れない、なんだって。

そうなってくると、教える方もいろいろ工夫していかないとだよね。
いつの時代も同じというわけではないのですね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ