音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2006/9/5

利子率決定  投資チャレンジ

ひさしぶりの投資チャレンジです。

少し前までは外貨預金にうつつを抜かしていたわけですが、
為替のマジックにはまって含み損が大変なことになった今では、
ローリスクの個人向け国債だけが頼みの綱なわけでして、
投資なんて話じゃなくなっているわけですね。

まあ、外貨で失敗したのは自分の責任だし、
そもそも外貨預金ごときでは「投資」ではない気もするけどね。

しかし、そんななか朗報が。

今年の7月に日本銀行はゼロ金利を解除して、
公定歩合も0.1%から0.4%から上がりましたよね。

あ、公定歩合って言葉なんだけど、
日銀は公定歩合って言葉を使うのをやめました。

詳しくはこちらをどうぞ。ちょっとわかりにくいかもしれないけど。
日銀のWEBページに飛びます。

さて、話は戻って、
そのゼロ金利解除のおかげで、利子率が上がっているんですよね。

その前から上昇傾向にはありましたが、
いい感じで利率は上がっていっているようです。

で、本題ですが、
本日、個人向け国債10年ものの適用利率が発表されました。

10年ものは金利変動型で、6か月ごとに適用利率が変わります。

今日発表されたのは今年の10月から適用されるもので、
年率0.92%(税引き後は0.736%)となりました。

購入したときの適用利率は0.73%でしたが、
その後、0.55%と落ちましたが、今は0.85%となっていました。

個人向け国債は今は年に4回発行されているので、
前後に発行された国債は利率の適用が3か月ずれているんですね。

で、3か月前に発表されたその利率は1.10%だったので、
かなり期待していたのですが、1%には乗りませんでしたね。残念。

まあ、6か月したらまた変わっちゃうんだけどね。
次は1%越えを果たしてもらいたいものです。

まあでも、0.92%でもいい方だと思いますよ。
ソニーバンクの定期預金100万円以上で10年物でも0.80%だからね。

ってことで、
この0.92%という利率が適用される第16回債が10月に発行されます。

購入受付は9月13日からだそうですが、いかがですか?

個人向け国債の購入は1万円からできますが、
だいたい100万円程度からの購入がおすすめだということです。

右側にある「お役に立ちそうなリンク」集よりどうぞ。
都市銀行で普通に買えますよ。

2005/4/12

微妙に増えた  投資チャレンジ

ということで、
今回は投資チャレンジの結果報告ということをしてみようかと。

釈迦に説法って感じになるかもしれませんが…。

さて、今回やっていたのは外貨定期預金です。
NZドル建てで3ヶ月ばかり預けてみました。

外貨預金はなかなか利率がいいんだよね。

今回は年率で5.81%つくということだったので、
3か月分だと約1.14%になりました(日割りで税引き後)。

ただ、外貨預金は問題が2つほどあると思うんだけど、
1つは為替リスクがあるってこと、もう1つは為替手数料が取られるってこと。

為替リスクはわかりやすいですね。
為替手数料のほうが重要かも。

せっかくいい感じで為替相場が動いていても、
為替手数料で1ドル当たり1円50銭とか取られたら儲けはないに等しくなってしまいますよ。

ってことで、為替手数料が安いって評判のソニーバンクではじめてみました。

また、為替リスクに対応するために、為替予約ってのができるっていうんで、
今回は為替の動きをたまに確認して、あがってきたらちょっとずつ予約をしました。

なので、3ヶ月預けた結果として、
利子と為替差益で17000円ほどお金が増えて戻ってきました。

まあ、今回は為替予約が失敗だったんだけどね。

為替リスクにビクビクしちゃって、ちょっと上がったところで予約してしまい、
その後どんどん円が安くなっていくという現象にがっかりしていました。

俺の意気地のなさがいけないんだけどね。

ってことで、次はどの通貨にしようか、期間はどのくらいにしようか、
また考えてみようと思います。

こんなことを公表してよいものなのだろうか?

2005/4/12

2005/3/19

硬直化? 景気対策?  投資チャレンジ

久しぶりに投資チャレンジです。

昨日のことなんだけど、
久しぶりに銀行に長居してきました。

というのも、
このたび、個人向け国債を買ってみようかなって思ったわけ。

何でそんな話になったかというと、
今度引越しをするので、住所変更届をしようと思って、
口座のある銀行のWEBページをうろついていたら、
この情報を見つけてしまったということなんです。

国債ですから、つまり、国の借金なんだけど、
これがなかなか利率もよく、中途換金もできるっていうので、
ここはひとつ、日本国政府を信用してみようと思ったんです。

さらに、最近の話題になってたんだけど、
国債を銀行で買った場合、これまでは口座管理手数料がかかってたんだけど、
それだと、口座手数料がかからない証券会社にお金が流れてしまうってんで、
手数料を廃止する銀行が増えているんです。

で、ちょうどそれなりのお金が入っている口座のある銀行が、
その口座管理手数料を無料としてるってのを見たんで、
(知ってる人はどこの銀行だかわかっちゃうと思いますけど…)
昔から国債にも興味あったし、買っちゃいました。

ただ、国債の発行は問題になってるわけで、
俺も授業で「国債残高が多すぎてえらいことになってる」ってやってるわけ。

国債の発行が財政の硬直化を生み、さらに国際的信用も低下させ、
日本経済に悪影響を及ぼす可能性があるわけですよ。

財政の硬直化っていうのは、
借金の返済費がかさむために、本来支出すべき分野にお金が回せなくなって、
自由がきかないということなんです。
(いまや借金の返済費は一般会計歳出の2割に上っています)

でも、一方で国債の購入は景気対策を助けています。

というのも、俺が国債を買うことによって、俺のお金が政府に行き、
政府はそのお金を使っていくわけですが、
俺が国債を買わなければ俺のお金は銀行に止まったままですから、
その分、流通通貨量は減ってしまい、景気も回復しません。

とまあ、正当化もしてみようかと思いました。
(上の話はけっこうウソついてます…)

どちらにせよ、
俺の購入が経済に与える影響はほとんどないでしょうから、
そんなこと心配しても意味ないんですけどね。

興味がある方は、財務省のページまで。

期間は10年ですが、中途換金もできます。
もちろん、中途換金した場合は手数料が取られるけど、
銀行の人の話では、3年くらい預ければ元は取れるそうです。

1万円から買えますので、いかがですか?
(口座管理手数料を取られるかどうかはご自身でチェックしてくださいね)

2005/3/19

2005/1/20

インフレに備えて  投資チャレンジ

前回、投資信託への資金投入を急遽中止したわけですが、
第3弾は着実に進行しているのでした。

ちょっとずつお知らせしていきたいと思っています。

さて、日本経済は長い不況の中にあり、デフレだったわけだけど、
徐々に改善しつつあるようですね。

ってことで、これからはインフレに向かっていくということが予想されるわけです。

インフレとは、物価が持続的に上昇していく現象のことであり、
逆に、貨幣の価値は下がっていくことですよね。

なので、インフレになると、
物的資産の名目価値は高まるけれども、
一方で、金融資産や貯蓄の目減りをもたらすんですね。
(こんなことも授業でやったりするんだけどね…)

インフレになると、誰が得するかって言うと、借金している人。
逆に、預貯金をもっている人は損をすることになるので、
年金や預貯金に頼っている老人などには大きな打撃になるんです。

1個100円の消しゴムが10000円になるのがインフレですが、
次のような状況を考えると上のことがよくわかりますよ。

消しゴムをいっぱい持っているAさんには10000円の借金があります。

インフレになる前では、借金を返すのに消しゴムを100個売らなければいけませんが、
インフレになれば、消しゴムを1個売るだけで借金が返せるのです。

逆に、10000円の預金があるBさんは、
インフレ前では、その預金で消しゴムが100個買えましたが、
インフレが起きてしまうと消しゴムは1個しか買えません。

ってことで、インフレが起きてしまった場合、
せっかくお金を増やしたとしても意味がないんですね。

ってことで、そのインフレ対策ってこともあって始めたのが純金積み立てです。

やっぱ金を持つってのはお金持ちの象徴って感じもして、
毎月ちょっとずつ買っていくことにしました。

たまっていくのは数グラムってことになるんだろうけど、
将来的には金の延べ棒を手にしてみたいねー。
(無理かな?)

手数料が高いってことはあるんだけど、まあ、しょうがないかな。

それに、純金積み立てといっても、
買ってるのは金ではなくて、会社に対する金の請求権なんだよね。
(そうじゃなくて、本当に金を買ってくれる会社もあるけど)

だから、会社が倒産したら、やっぱ金は戻ってこないんですよ。

そんなリスクも一応あるけど、
こんな感じでお金を投資し始めているのでした。

で、申し込んだら、
記念ってことで、純金でできたミニカレンダーをくれました。

純金の輝きはいいねー。
2005/1/20

2005/1/2

ハイリスク/ローリターン?  投資チャレンジ

正月2日目。

駅伝は一時最下位となるという、なんとも期待はずれの結果に終わりましたね。
明日がんばってほしいな。

2日にも年賀状を配達するといっておきながら、
昼過ぎてから郵便受けを見に行っても入っていない…。

午後に配達して自慢げになられても困るなー、そう思う2日目なのです。

さて、新春早々こんな話もどうかと思いますが、
思い切って、お金の話をしてみましょう。

お金があるというわけではないのですが、
金利0.001%の普通預金にお金を置いておくだけってのも、
なんだかなー、なんて思うようになってきたので、
ちょっとした冒険気分でいろんなところに投資してみようかな、なんて思ってみました。

この間、ある知り合いとのメールで「株を始めてみました」なんてのを読んで、
そんなのもやってみる世代になったのかしら?なんて勘違いをし、
いろいろとネットの情報をいったりきたりしてみたのでした。

まあ、俺には株なんてのは無理だと思ったので、
(毎日株価チェックするまでマメにはなれなそうだから)
投資信託を始めてみようかな、と思ったのでした。

メインバンクから封筒がパンパンになるくらいの資料を取り寄せ、
投資信託用の口座開設をネットで申し込み、
あとは本人確認ってことで免許証のコピーを送るだけ!

そんなときにみてしまった、
銀行で投資信託買うやつって、ばっかじゃねーの?
というあの有名掲示板サイトのスレッド…。

あそこの情報は信じられないものばかりだけど、
なんだかこのスレはちょっと本気っぽかったので、じっくり読んじゃいました。

俺も気にかかっていた「投資信託って手数料高すぎだよなー」が、
ばっさばっさ斬られており、
(「斬る」だなんて、なんてミーハーなのかね)
急遽、投資信託口座の開設を中止したのでした…。

ってことで、いまは投資チャレンジ第3弾にはいっているところです。
進展し次第、ご報告します!

2005/1/2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ