音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2020/10/24

野外劇「銀河鉄道の夜」  日記

今日はいい天気。これからはある程度安定するみたいだけど。
乾燥が気になりますね。アルコール消毒の影響もあって、すでにカサカサ…。

さて、先日は、VHSビデオをDVDにダビングしてもらってきたのですが、
その1つが、高校時代に出演した演劇の模様を撮影したものでした。

出たのは高校3年生の時で、タイトルは「銀河鉄道の夜」。
宮沢賢治の作品を土台として、先生が脚本を作成したものでした。

行っていた高校には演劇部はなくて、文芸部というのがありまして、
その文芸部の顧問の先生が主催の演劇だったのですが、
文芸部は、文化祭ではなんとも奇妙な劇というか出し物をやる部活で、
まあ、ちょっと変わった人たちの集まりではあったわけですね。

その先生が、文芸部とは関係なく有志を募って演劇をやると告知していて、
興味があったので、参加させてもらうことにしたのでした。

文芸部でやっているような変わった感じではなく真面目だというので。
あ、私は文芸部には入っていませんでしたよ。

ただ、当初は、裏方(スタッフ)として関わるつもりで、
人前で演技をするなんて、そんなこと考えてもなかったんだけど、
集まったのが10人もいなかったのかな。

なので、あなたたちも出てくださいってことになって、結局出ることに。

集まったのは高3が数名と高1が数名で、高2は1名いたんだっけかね。

その高1の子たちは、演劇に興味があった子たちだったので、
主役やメインはそこの子たちにやってもらって、我々はわき役で。

それでもけっこうなセリフがありましたけどね。
なかなかな長台詞をみんな覚えていました。全部で2時間だからね。

見返してみて、覚えていたシーンもあったけど、
そんなセリフ言ってたっけ?なんてところもありました。忘れちゃうね。

けっこうな大根っぷりを発揮しているかと思ったら、意外と抑揚がついていて、
でも、灯台守の役だったんだけど、だからおじさんの役ですよね。

なので、おじさんっぽく話しているのが基本なんだけど、
普通の話し方に戻っちゃっているところあって、けっこうブレブレ。^^

あと、ちょっと早口でしたね。
でもよくやりましたね。とてもいい思い出です。

2日連続で2回公演をやったんですけど、
おそらく1回めの方に父親が仕事帰りに寄って見に来てくれたんですよね。

観客も、文芸部の部員のみなさんを中心にまあまあいてくれたので、
やりがいというか達成感があったのはとてもよかったです。

これをきっかけにして、後に高校に演劇部ができたんだそうで。
高1の主役の子たちが中心になったのかな。

映像の公開は恥ずかしいのでしないですけど。1コマだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

映像を見ていたら、最後に、先生が次のように話していました。
「宮沢賢治生誕100周年」「奇しくも今日が賢治の命日」

なるほど、そういうことだったのか、と。24年経って今さら。

2020/10/22

大学時代の思い出を復元  日記

ということで、VHSのビデオをデジタル化してもらってきたのですが、
3本のうち1本は、自分が高校時代に出た演劇を撮影したものでした。

で、その他の2本はというと、1つは大学の卒業旅行の時のもので、
オーストラリアでダイビングとラフティングをやってきたんですけど、
その模様が収められているものです。

2本とも業者から買ってきて、それを日本で編集してくれたんだよね。
今や農家のKくん、どうもありがとうございました。

あの旅行の手配はほとんど任せっぱなしでしたものね。m(__)m

で、肝心な映像ですけど、全部で70分くらい入ってましたが、内容的には微妙…。

その日に参加した人たちがみんな映っているので、
自分たちが出てくるシーンはほんのわずかでした。

まあ、その場のノリで買っちゃうんですよね、ああいうものは。
そこまで高くもなかっただろうしね。

あともう1本は、大学1年の時にサークルで行った遠征のもので、
オーストラリアに行ったんですけど、先輩が撮っていた映像をまとめたもの。

これは全部で3時間半くらいあって、2枚のDVDに分かれちゃいましたが、
ちょっと長いので、また今度じっくり見たいと思います。

少し見た感じでは、めちゃくちゃ懐かしい!

あの頃はまだデジカメなんて時代ではないので、
写真もいろいろな人が撮ってくれたものがたくさん残ってはいるんですけど、
映像があるというのはすごくありがたいですよね。

ホームビデオを撮っていたのはMさんですが、いやー、ホント感謝です。

DVDの内容は変換するとMP4にもできるので、
編集して、YouTubeなりにのっけてもいいかなーとも。

もちろん、限定公開でなんですけど、
あの時に参加したみなさんは、テープはどうなっているんでしょうか。

懐かしさをみんなで共有できればいいかなとも思います。
まあ、権利的なものは自分にはないんですけどね。

2020/10/22

VHSをデジタル化  日記

ようやく秋らしいと言いますか、いい陽気が戻ってきました。
どこか紅葉とか見に行きたいですね。

さて、今回はようやく腰を上げたという話を。
前々から気になっていたVHSのビデオをデジタル化してもらったのです。

きっかけは、高校からの友人と話をしていた時に、
高校の時に演劇に出たことがありまして、それをひさびさに見てみたいなって。

主催した先生が映像に撮ってくれたものがVHSとして家にあったので、
そろそろデジタル化しないと、再生できなくなってしまいますからね。

ということで、段ボールに入っているVHSを捜索して、
今回は3本のVHSと1本のカセットテープを業者さんに頼んできました。

お願いしたのは池袋にある「ダビングスタジオ」というところで、
以前に、NHKのドキュメント72時間にも出たことがあるんですよね。

できあがるまでに1週間。ドキドキしながらお店に行って来ました。

というのも、まずはテープが再生できるかという問題があるのと、
その演劇の映像がどのテープに収録されているんかがはっきりしなくて、
普通にテレビ番組を撮りためていたテープも一緒に発掘されたので、
中を確認できればいいんですけど、それができないから頼んでいるわけで。

で、行ってみたら、見事にすべてデジタル化がされていました。やったー。

もし、テレビ番組などが録画されていた時は、
著作権の関係でコピーはできないので、そのまま返却されておしまい。

その場合は、料金は取られないんだそうです。良心的。

2時間の映像で税込み610円ですので、そんなに高くないですかね。
メディア代は含まれているので。

ということで、帰ってきてさっそく確認してみたんですけど、
きちんと演劇の模様が収録されていました!

なかなか懐かしかったですね。その話はまた今度にでも。

他に何をデジタル化したかは、ちょっと長くなったので次の記事で。

2020/10/16

自販機のサブスク  日記

今日はあまり天気が良くないかもという話だったんですが、
意外と天気が良くてよかったです。夕焼けもきれいだった。

さて、最近はサブスクと呼ばれる定額制のサービスがはやっていますが、
JR東日本の自販機ブランド「acure」でもそのようなサービスが。

everypass」というものなんですけど、
定額制で、自販機から毎日1本飲み物を受け取れるというものです。

ただ、誰もが利用できるわけではなく、利用者が限定されていて、
抽選で当たった人がそのサービスを利用できるのでした。

普段は自販機で飲み物を買うことは少ないんですけど、
今年度は、帰りに飲み物を飲んでおやつ代わりにしているのでした。

あと、acureブランドの「青森りんごシリーズ」がお気に入りで、
なかでも「ふじ」が好きなので箱買いしているんですけど、
このサービスに入れば、毎日「ふじ」を受け取れるわけで、
箱買いしなくても、お得に買うことができるのではないかと。

ということで、応募してみたんですけど、
残念ながら、外れてしまいました。

ただ、外れた人には、このサービスを1週間体験できる権利が与えられて、
500円かかるんですけど、「ふじ」は1本170円なので、3本で元が取れると。

受け取れるのはすべての飲み物ではなくて、
acureブランドの商品に限られているのですが、
「ふじ」が飲みたい自分には何の問題もないのでした。

ただ、1つだけ面倒なことがあるとすれば、
駅にある自販機であればどの自販機でも受け取れるわけではなくて、
「イノベーション自販機」という種類でなければいけないのです。

その自販機はだいたいの駅にはあるんだけど、
駅のどこにあるのかを探さないといけないんですよね。

といいつつも、もうすでに4本GETしました。
水曜日が休みだったのが残念で。また明日ももらって来まーす。

2020/10/14

コフナ農法です  日記

今日はおやすみでした。何をすることもなくぐだっと。

ちょうどお米がなくなっていたので、忘れずに注文を。
お米屋さんに配達してもらっているのです。

以前は、駅の近くにお店があったのですが、
隣の駅の方に移転してしまって、それ以来は配達で頼んでいるのです。

いつもは胚芽米を食べているんですけど、たまに品切れで、
そういう時には、お店にある玄米を7分搗きにしてもらって、
それで代わりのような形にしているのでした。

最近はそういうこともなかったんだけど、今日はひさびさにそんな感じに。
新米との入れ替えの時期が多いかなーという気はします。

で、魚沼産のコシヒカリもあるとのことでしたが、それはちょっとぜいたくで、
他には、あきたこまちかコフナ農法のコシヒカリがあると。

いつもの胚芽米は長野県産のコシヒカリなので、コシヒカリでいいかなって。
それにしても、コフナ農法って何?って話なんですけど。

魚のフナ(鮒)と関係しているのかと思ったら、全然関係ないそうです。

コフナとは、フランスで開発された肥料のようなもので、
微生物を使って土壌を良くしていくんだそうです。

そのおかげで農薬の量も少なくできるんだとか。

農業をやっている人には常識なのかもしれませんが、
今回、こういったものを初めて聞いて、いろいろなものがあるもんだなと。

コフナ農法であることをアピールすることが、
どれだけ売り上げにつながるのかはわからないんですけど、
なんとなくよさそう、というイメージだけでも十分なのでしょうかね。

他にもこういうものがあるんでしょうかね。
農薬が抑えられるというのはいいことですね。

2020/10/12

おそば屋さんのカツ丼  日記

また新しい週が始まりました。
肌寒かったのも戻って、このくらいがちょうどいいですね。

さて、今日はお昼ご飯の話でして、
以前にもこちらで紹介したことがあるのですが、
ある職場では仕出し弁当を注文して食べているのです。

ただ、当日の朝9時までに注文しなくちゃいけなくて、
今日はその注文をうっかり忘れてしまったのでした。

月曜日はいつもと時間の流れが違って、30分遅くなっていたのを忘れていて、
気づいたときにはもう9時を回ってしまっていたんですね。

おとなしく外に買いに行ってもよかったんだけど、なんだか面倒で、
その時間から頼めるものはおそば屋さんの出前とのことだったので、
ご飯ものがよかったので、カツ丼を注文したのでした。

値段はいつものお弁当の倍くらいしましたが、
まあ、たまにはそういうのもいいんじゃないかと思って。

で、お昼になって届いたのは、ふた付きのどんぶりで、なんとも豪華。
お漬物も3種類も入っていて、「松茸の味お吸いもの」もついていました。

クリックすると元のサイズで表示します

カツ丼もおいしかったですねー。やっぱ、ちゃんとしたカツ丼がいいですね。

カツ丼といえば、この間、「かつや」でカツ丼を食べたのですが、
いやー、さすがにおいしかったですね。

やっぱり、出来たてというか、きちんと作っているカツ丼は、
カツもしっかりしているし、なんといっても玉子がおいしい。

長いこと、カツ丼といえばスーパーやコンビニで売っているカツ丼で、
あれは、カツはお肉が薄っぺらいことが多いし、玉子は固まってるし、
あれがカツ丼だと思ったらいけませんね。

どちらかというとソースかつ丼が好きなんですけど、
今さらながらここにきて、カツ丼もいいなー、と思うようになりました。

おそば屋さんのカツ丼はなかなか手が出せないかもしれませんが、
「かつや」はお安いですからね。割引券くれたりするし。

2020/10/2

42です  日記

10月2日は望遠鏡の日なんだそうです。初めて知りました。

オランダのリッペルハイという人が望遠鏡を発明したんだそうで。
でも、その特許申請は、構造が簡単すぎるという理由で却下されたとか。

ということで、42回めの誕生日を迎えました。

昨日は都民の日でお休みで、明日も行事の関係でお休みで、
そんな休みの日に挟まれた日となりました。

今日は帰りにケーキを買ってきたんですけど、
今年は巣鴨にある「FRENCH POUND HOUSE」というお店のものにしました。

ちょっと前に巣鴨に寄る用事があったときに、
どこかおいしいケーキ屋さんとかないのかな?って調べて見つけたのです。

こちらには、「日本一美味しいショートケーキ」があるそうで、
テレビでも紹介されたことがあるんだって。

シンプルな「ブラン」と、お酒が入っている「ルージュ」の2種類があって、
今回は「ルージュ」の方を買って来ました。

大きさは4号で。昔は大きいのをがっつり食べてたんだけどねー。

クリックすると元のサイズで表示します

お酒が入っているだけあってかなりあっさりめで、
イチゴもふんだんに使われているので、甘さよりその酸っぱさが際立ちます。

これだったら5号でもよかったかも、と思ってみたり。

持って帰っている間にちょっとずれちゃったみたいですね。
大きくずれていなくてよかったです。裏側はちょっと箱の跡が…。

カフェも併設されているんだけど、ずいぶんとにぎわっていました。

雰囲気としては、巣鴨にありながら、どこか成城チックな感じがあり、
そういう感じを求めてきている人が多いようでした。

今度すいているときにゆっくりお茶してみたいかな。テラス席もあるし。

ということで、これからもよろしくお願いします。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ