音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2015/1/15

はやとの風に乗る  旅の話(+電車の話)

今日はひさびさの雨でしたね。けっこう降ってました。

帰るタイミングを間違えて、雨風ともに強い時間に外に。
家に着いたらほぼやんでいたので、もうちょっと待てばよかったかな。

ということで、旅の話の続きですが、
知覧からはまたバスに乗って鹿児島市内まで。1時間かかります。

途中、丘の上にロケットが見えました。何なんでしょう、あれは。

クリックすると元のサイズで表示します

鹿児島中央駅に着いて、2日めの列車の旅です。
2日めは「はやとの風」という列車に乗車しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

JR九州にはいろいろな列車があるんですね。

車内は木がメインでとてもシック。展望スペースももちろんありました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど昼時だったんだけど、車内では特別なお弁当を売ってて、
土日祝日のみだというので、せっかくなので購入しました。

「百年の旅物語 かれい川」というもので、
この列車も走る最古の駅、嘉例川駅をイメージしたものだそう。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

見た目はそこまで鮮やかじゃないんだけど、味はなかなかでした。

列車は海沿いを走っていくので、再び桜島を望みます。
こちらはそれなりに近いので、なかなかな眺めでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

隼人駅からは内陸を走っていき、ほどなく嘉例川駅に到着。

嘉例川駅は1903年に開業した古い駅で、
列車も10分ほど停車してくれたので、降りてちょっと散策を。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そしたら、ホームではクリスマスプレゼントだと焼き芋をくれました。
こういうの本当にうれしいですよね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

嘉例川駅の次の停車駅が霧島温泉駅で、そこで下車。

そのまま吉松まで行くと、また違った観光列車が走っているそうで、
多くの人はそのコースだったのかな。

いつか「いさぶろう・しんぺい」とか乗りに行きたいですね。

霧島温泉駅前は何にもなくて、でも、コンビニはありました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ここからまたバスに乗って、霧島温泉郷へと向かいました。

今回は霧島ホテルというところに泊まったのですが、
バスを降りると、あちこちから湯気が出てて、さすが温泉ですね。

ここのホテルには庭園大浴場というのがあって、
奥行きが25メートルもあるのです。なかなかでかいです。

クリックすると元のサイズで表示します

以前に、島根の玉造温泉で120坪ある露天風呂に入ったことがありますが、
こちらのお風呂も広くて、種類も多くて気持ちよかったです。

夕食もおいしかったし、よかったなー。

2015/1/3

「いぶたま」に乗る  旅の話(+電車の話)

年が明けて寒い日が続きますね。
昨日は夕方ころから外で凍結防止装置がうなっていました。

このまま続いてしまうんでしょうかね。

さて、旅の話の続きに戻りますが、
鹿児島中央駅から「指宿のたまて箱」に乗車しました。

改札付近にはちゃんと空席状況が表示されていました。
この日はけっこうすいていたみたいでしたね。

ホームに行くとちょうど列車が到着したところで、
そこでは列車から煙のようなものが出されています。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

これは、たまて箱から出た煙を模したものなんだそうで。
楽しい時間はあっという間に過ぎるってことですね。たしかにそうでした。

電車はカラーリングが変わっていて、海側が白、山側が黒なんです。
ちょうどホーム側は白だったので、向かいのホームに回って撮影を。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

黒の方が自分的には好きですね。白もいいですけど。

車内清掃も終わって、いざ乗車。
普通の座席の他に、窓に向いた座席もあって、さらにソファも。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

また、本棚もあるんですね。本は子供向けのものが多かったですが。
海を眺めながら読書もできるようになっているのです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

自分は、窓に向かっている席の隣の位置に座ったのですが、
それなりに距離もあったので、そこまで気にはならなかったけど、
座っている人が左を向くと、なんかこちらを見ているような気がして、
そこはちょっとなーって感じでしたね。

途中、ソファに座ってみました。こんな感じの風景です。

クリックすると元のサイズで表示します

アテンダントさんのアナウンスもあるし、発車に際には見送りも。
1人で乗っていてのも1人じゃないような感じになるのがうれしいです。

発車してからしばらくは街中を走っていくので、
その間に記念乗車証をもらって、さらにプリンを食べました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

「いぶたま」のカラーリングをしたプリン。
黒いところはゴマ味です。なかなかおいしかったですよ。

そして、出発して20分ほどで海が見えてきました。
その先には桜島。ちょっと遠かったですね、やっぱり。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

なんてやっていたらあっという間に指宿に到着。とても楽しい1時間でした。

クリックすると元のサイズで表示します

2014/11/28

飯田から飯田線  旅の話(+電車の話)

今日は落語を聞いてきました。1時間だけでしたが。

プロの落語を生で聞いたのは今回が初めてでしたが、
やっぱり迫力が違いますね。とても面白かったです。

聴き手を惹きつける話術を参考にしないといけないですね。

ってことで、旅の話も3日めに入ります。

朝もきれいに晴れてくれて、朝日を受けた山並みがきれいでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

温泉街の駐車場では朝市をやっているということだったので、
ちょっと見にいってみました。何も買わなかったけど。

クリックすると元のサイズで表示します

またバスで飯田駅まで戻って、電車まで時間があったのでぶらぶらと。

まず向かったのは、和菓子屋さんの「いと忠」です。
ここのお菓子の「巣ごもり」がおいしいので、買いに行ったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

「巣ごもり」との出会いは昨年の5月のことでした。

プレーンだけではなくて、月替わりのクルミ味やコーヒー味も購入。
なかなかおいしかったですが、やっぱり普通のが一番ですかね。

クリックすると元のサイズで表示します

時間が経つとちょっと雑味が出てくるので、
出来立てを食べるのがいいんだと思いました。

その点では、冷凍で売っていた松本駅の売店は正解かと。

で、そのあとはりんご並木に。ずらっとりんごが植えてあるのです。
ちょうど実がなっていたんだけど、誰も持ってっちゃったりしないのかな。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

それから、ちょっと有名らしいお蕎麦屋さんに行ったら、
まだ開いてなくて、あきらめて動物園に行くも休園日で、
なんてことをしていたら時間になりました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

飯田線に乗って北上します。目指すは岡谷です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

飯田線は天竜峡までの南半分はまさに秘境線って感じですが、
北半分は生活路線で、山と山の間の開けたところを走っていきます。

右手には南アルプス、左手には中央アルプスが見えていて、
きれいに色づいてきた山々を見ながらゆったりと進んで行きました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

左手の山は途中から北アルプスに変わったみたいでした。

辰野駅からは管轄がJR東海からJR東日本に変わります。
そして、経由地に唯一駅名で書かれていた川岸駅を通って岡谷へ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

飯田から岡谷まで2時間半の電車の旅でした。
ずっと座っていただけだけど、いい景色だったからあっという間だったな。

2014/11/25

飯田線で天竜峡へ  旅の話(+電車の話)

雨ですね。そして、寒いですね。
昨日こたつを出しておいてよかったです。

ってことで、旅の話の続きですが、飯田線に乗車しました。

まずは天竜峡まで、特急伊那路に乗って行きました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

まあ、結論から言ってしまえば、特急に乗らなくてもよかったかも。
快適ではあるけど、飯田線の良いところを感じられなかった気がします。

はじめは街の中を走っている感じでしたが、途中から天竜川沿いに。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

秘境駅もすっ飛ばしてしまう特急はやっぱり味気ないですね。

途中、男性がひとりポツンとホームに立っている駅があって、
あれは秘境駅だったのかなーと。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

もっとゆったりと川や山なみを見ていけばよかったかなと思いました。

およそ2時間ちょっとで天竜峡に着きました。

川沿いをちょっと歩きたいところでしたが、時間がなかったので、
川下りの出発時間が迫っていたので、さっそく乗船場へ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

川の流れがそこまで早くないためか、エンジン付きの船でした。
帰る時だけじゃなくて、下る時にも作動させていました。

ただ、ありがたいことに天気は最高でしたね。ありがたいことで。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

紅葉はあと1週間ほどできれいになると言っていました。
今頃はかなりの見ごろになっていることでしょうね。

とりあえず、川下りの模様をどうぞ。


終盤には、川岸に船が置いてあって、無人の販売所に。
ここでお酒や飲み物を買うことができました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

およそ50分の川下り。気持ちがよかったですね。

舟を降りて、帰りは電車で戻る形でした。
電車がないときはバスで送ってくれるそうなんですけどね。

唐笠という駅から各駅停車に。
多くの方は、また天竜峡で降りるわけですが、自分はそのまま乗車。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

飯田駅まで乗車して、2日めの電車移動はここまで。
バスに乗って向かったのは、宿泊地の昼神温泉です。

2014/11/20

身延〜富士〜島田  旅の話(+電車の話)

今日はずいぶんと寒かったですね。雨にも降られたし。
カゼが治ったかと思ったら、またのどが痛くなりそうです。

さて、旅の話の続きに戻りますが、
身延山を後にして、身延線に乗って富士を目指します。

ここからは各駅停車です。まさにローカル線の旅ですね。
ワンマン運転でした。特急もいいけど、あのゆったり感もいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

富士川沿いをずっと走っていきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そこまで乗り降りする乗客もいなかったんだけど、
富士宮から一気に風景が変わって、普通の生活路線になりました。

人もたくさん乗ってきて、その辺から単線ではなく複線に。

甲府から身延までは特急で50分でしたが、
身延から富士までは各駅停車で1時間20分でした。

富士ではちょっと駅前に降りてみましたが、特に何もないですね…。
クリケットの試合でよく来た地ですが、富士駅前は初めてでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

さて、ここからは東海道線に乗り換え。
ちょうど来たのが島田行きだったので、とりあえずそこまで行くことに。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、清水に止まるってことで、
時間もあるし、美保の松原にでも行ってみようかと思ったのですが、
行ったところで富士山が見えるはずもないので、そのまま通過。

人の乗り降りは主要駅でドバっと入れ替わる感じでした。
ときどき新幹線と並走するのはうれしかったですね。

そして、着きました。島田駅です。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

島田市はASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカルの後藤さんの出身地。
だからどうしたという感じですが、とりあえず途中下車。

駅前の観光案内所に行ったら、駅近くにも見所はあるみたいで、
とりあえず、島田宿本陣跡というところに行ってみたら、
ただ、広場になっているだけでした…。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ということで、ちょっと歩いて蓬莱橋まで行くことに。
ここはサザエさんのオープニングにも出ていたところですね。

だいたい20分くらい歩いて、ようやく見えてきました。
雨が降っていましたが、けっこう人がいるようでよかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

2014/8/3

黒部峡谷鉄道に乗る  旅の話(+電車の話)

ああ、今夜も暑いですねー。クーラーかけて寝ようかな。

暑い日が続きますが、そろそろ涼しいところに行けるのです。
といっても、仕事で行くのでゆったりというわけにはいきませんが。

さて、旅の話は今回は電車の話です。

黒部峡谷鉄道はトロッコ電車で有名ですが、
窓のない普通車両と、窓のある特別車両とがあるのです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

もちろん自分は窓のない車両を選択しました。
風が気持ちよかったですねー。雨だと厳しいでしょうけど。

で、普通なら宇奈月から出発して、欅平からが帰りになるわけですが、
黒部ルートでワープしてきた自分たちは欅平が出発地。

これはある意味では想定されていないわけで、
車内では室井滋さんの観光案内のアナウンスが聞けるわけですが、
欅平からはまさに「帰り」のアナウンスになっていたのでした。

電車ははずっと川沿いを走るわけですが、
行きだと、宇奈月から鐘釣までは進行方向右側が川で、
鐘釣から欅平までは進行方向左側が川になるのでした。帰りは逆です。

乗った日は平日とあって車両はガラガラでしたが、
全ての車両は予約制で、事前に乗っておかないといけないのです。

はじめに、欅平から宇奈月まで乗った時は先頭車両で、
電気機関車には台湾の阿里山森林鉄路との姉妹提携のプレートが。

クリックすると元のサイズで表示します

以前に、江ノ電が台湾の平渓線と提携を結んでいるってのを書きましたが、
台湾の観光協会がいろいろとやっているんですかね。

先頭車両だと前が機関車だけなので、ちょっと写真的にはあれでしたが、
電車の先が開けているのでよかったでしょうかね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

降りれる駅はいくつかしかないんだけど、
途中、工事用の駅にいくつも止まって、そこで車両行き違いを。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、次の日は鐘釣まででしたが、行きはやっぱり前の方の車両でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

途中、サルが線路のそばにいました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

何匹かいたので写真に収めることができましたが、
そしたら、鐘釣駅でこんな看板を発見。証明書をもらってきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

鐘釣からの帰りは、今度は一番後ろの車両に乗れました。
これはこれでまたいい感じですよね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

動画も撮ってきましたので、よければご覧ください

まあ、窓はないですけど、外に手を出してはいけないんですよ。
注意しましょうね。自分が言えたことではありませんが…。

2014/3/24

お座トロ展望列車に乗る  旅の話(+電車の話)

昨日で大相撲春場所が終わってしまいましたが、
今場所も見どころ満載で楽しかったです。

来場所は3横綱ですね。
それよりは、大砂嵐や遠藤、貴ノ岩の活躍に注目しているんですけど。

さて、話はずいぶん戻りまして、会津への旅の話の続きなんですが、
最終日は喜多方の街をちょっと楽しんで、あとは帰るだけとなりました。

帰りも会津鉄道・野岩鉄道を利用してきたのですが、
ちょうどこの日はお座トロ展望列車が運行されるということだったので、
途中の会津田島まで乗車してきました。

クリックすると元のサイズで表示します

お座トロ展望列車はその名の通り、
お座敷車両、トロッコ車両、展望車両が連結されている観光列車です。

展望車両は展望とは言いつつもあんまり展望感はないかなー。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

トロッコ車両は夏の時期は窓ガラスなしになるんですね。
気分がよさそうです。冬はガッチリしまってますのでご安心を。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、自分はお座敷車両を選んでみました。掘りごたつになってます。

クリックすると元のサイズで表示します

一番この車両が人気なのかと思ったら、意外とそうでもなくて、
自分が乗ったのは臨時便だったこともあって全体的にガラガラ。

他にもお客さんがいたけど、すいているのを良いことに、
ごろんと横になってお休みされていましたね。^^

窓が大きいので、駅を通るたびによく周りからじろじろ見られました。

で、このお座トロ展望列車では、トンネルの多い区間で、
トンネルシアターってことで、トンネルの壁に動画を映すのです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

見ることができるのはトロッコ車両なので、
今回はすいていたから移動して見せてもらったけど、
混んでいるときは、他の車両の人は見れないんでしょうね。

だいたい場所としては湯野上温泉駅の手前からなんですけど、
オリジナルのアニメ作品が流されて、とても面白かったですね。


で、仕組みとして、地下鉄の広告とかでやっていたことがある、
パラパラマンガ的な話をしているのかと思ったら、
普通に車内のプロジェクタから外に映写してたんですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

なので、そのプロジェクタの近くじゃないと見れないというね。

そのプロジェクタのケースには会津鉄道のロゴが入ってましたね。
なかなかいいセンスしてるよね。

会津若松から1時間ちょっとでしたが、楽しく過ごせました。
乗車には整理券が必要なので、観光シーズンは予約必須です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ