音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2018/9/18

2度めのリゾートしらかみ  旅の話(+電車の話)

なんだかいい陽気ですね。週末はまた暑くなるそうですけど。
今日はゆったり大相撲を見つつ昼寝してました。夜は仕事だったけど。

ということで、お盆に秋田から青森を回ってきて話なのですが、
秋田に泊まって、そこから五能線に乗って青森方面まで。

五能線の「リゾートしらかみ号」に乗るのは2012年5月以来の2回めです。
前回は「くまげら」編成でしたが、今回は「橅」編成でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お盆休み中ということもあって切符を取るのが大変で、
なんとか取れたので良かったです。しかも海側をGETできました。A席側です。

東能代駅で方向転換。ここが五能線の起点です。
待合室がリゾートしらかみ号になっていて、中には運転台もあります。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

次の能代駅では今回もバスケチャレンジしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

なかなか入らないみたいですね。んー、やっぱ難しいのかなー。
バスケやってる自分としては、距離もかなり近いし楽勝なんだけど。

ってことで、ゴールできた人へのご褒美は木のコースターでした。うれしい!

前回の乗車の際は、天候がなかなか悪くてですね、
どんよりした日本海を眺めることになったわけですが、今回は晴れ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと雲がありましたが、それはそれでまたいいですよね。

途中、車内で能代の木を使った木工品の販売があって、
どれも1つ300円という安さだったので3つも購入。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

はたはたの形をした箸置きがなかなかかわいかったですよ。
それと、へらとバターナイフを買ってきました。箸が欲しかったけど品切れ…。

で、前回は秋田から弘前まで一気に乗り通したんですけど、
その時に気になったスポットで今回は下車しました。

降りたのは「十二湖」です。

クリックすると元のサイズで表示します

十二湖は白神山地の一角にあって、
世界遺産の登録地域の中にはないそうなんだけど、その池を見に行きたくてね。

ようやく来ることができたのでした。ということで、十二湖巡りをしてきました!

2018/6/8

IZU CRAILEに乗車  旅の話(+電車の話)

今日も暑いですね。でも、週末はまた雨なんですね。

さて、伊豆の話も今回が最後になりました。ようやく終わりましたね。^^
iZoo、石廊崎、下田といろいろ楽しんで、あとは帰るだけです。

帰りも行きと同様に踊り子号で帰ればいいかなーと思っていたのですが、
時刻表を眺めていたら、「IZU CRAILE(伊豆クレイル)」というリゾート列車を発見。

指定席もあるんだけど、ゆったりと海を眺めることができる席もあるということで、
どうせならそれに乗って帰るのはどうかと、切符を手配したのでした。

伊豆急には「THE ROYAL EXPRESS(ザ・ロイヤルエクスプレス)」も走っていて、
そっちの方が乗ってみたい列車ではあったんだけど、
こちらは宿泊・観光を組み合わせた1泊2日のプランが基本だそうで。

ということで、「IZU CRAILE」に乗ってきました!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

自分たちの乗った1号車は海をゆったり眺める感じの車両で、
海側ではなくて今回は山側の席で我慢しておきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

隣の2号車はラウンジとバーカウンターが。
限定販売だというイチゴを使ったサワーをいただいちゃいましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さらに隣の3号車はコンパートメントで、家族連れにいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そして、4号車は普通の指定席で、まあせっかく乗るなら1号車か3号車かな。

クリックすると元のサイズで表示します

で、1号車と3号車は旅行商品として販売されているので、
びゅう予約センターからの申し込みとなっていました。

乗り込むと、さっそくウェルカムドリンクとしてスパークリングワインが。
なかなかおいしかったなー。あれがおかわり出来たらよかったのに。有料でも。

クリックすると元のサイズで表示します

それから、帰りの便はアフタヌーンカフェセットということで、
サンドイッチなどの軽食とデザートのセットが出されました。

クリックすると元のサイズで表示します

なかでも、金目鯛のブランダードというのがおいしかったなー。

じきに海も見えてきて、もっと晴れてたらよかったですけど、
大きな窓で見ることができるのはやはりいいですねー。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そのあとは、ラウンジでミニコンサートが開かれたりして、
さらに、伊東駅ではちょっと停車するってことで記念撮影タイムに。

通過駅で駅員さんたちが手を振るために待っていてくれたり、
色々と工夫がされていて、乗っていて楽しい列車でした。

クリックすると元のサイズで表示します

終着駅は小田原だったのですが、そこでも「おかえりなさい」とお出迎えが。

クリックすると元のサイズで表示します

小田原には下田に行く便の乗客のための専用ラウンジまであって、
さすが1号車と3号車はグリーン席扱いですからね。手厚いですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ということで、2日間の旅は終わりました。

本当はこの後に、新型ロマンスカーのGSEに小田原から乗るはずだったのですが、
この日は線路の陥没事故があった日で、残念ながら運休…。

最後は後味の悪い感じになってしまったのでした。

2017/8/23

銀河のプラットホーム  旅の話(+電車の話)

今日はひさびさに暑くなりましたね。
そして、そんな今日は2回めのテニスの日でした。

何でこうもテニスの日に限って暑くなるかなー。

今日はサーブにも挑戦。難しいだろうとは思っていましたが、難しいですね。^^
やさしく教えてくれるので、徐々に身につけていければと思います。

さて、先日は岩手に行ってきたわけですが、
ただ行って帰ってくるのもあれなので、今回は北三陸をまわって帰ってきました。

まずは、釜石線に乗って釜石まで。

宮守という駅から乗ったんだけど、母もその兄も昔は使っていた駅で、
ひさびさにホームに上がったと懐かしんでいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

宮守駅を出るとすぐに渡るのが「めがね橋」で、ここは名所なんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

その近くにある道の駅には、新しく「SL銀河ステーション」というのができて、
「銀河鉄道の夜」の世界が表現されているスペースとなっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ジオラマもあって、あれはどこの駅をイメージしたものなんでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

「小劇場」というところでは、光を使った仕掛けがしてあって、
これがなかなかおもしろかったですねー。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そうそう、到着した日はマルカンビル大食堂で昼食をとりましたが、
この日の昼は、冷麺を作っていただいたのでした。

一緒にいただいたもち米のおにぎりもおいしくてねー。
ありがたいことです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

宮守から釜石までは快速で1時間ちょっとでしたが、
釜石に着くと雨がまあまあ降っていて、ちょっと残念でしたね。

それでも、せっかくなのでと観光に出かけてきました。

2017/5/20

初めてのQR乗車券  旅の話(+電車の話)

今日は仕事帰りにジムに行ける感じの日だったんだけど、
最近疲れ気味なので、さっさか帰ってきてしまいました。

まあ、夜も仕事あるしね。無理はしないということで。

さて、前回で沖縄の話もおしまいになるはずだったんですが、
また1つだけネタと言いますか、書きたいことがありました。

沖縄観光中はレンタカーを借りてあちこち行ってきたわけですが、
早めに那覇に戻ってきて、レンタカーを返してから国際通りをふらふらして、
それから飛行機に乗って帰ってきたのでした。

空港に向かうのに乗ったのが「ゆいレール」で、ひさびさに乗ったわけですが、
その切符がちょっと変わっていたんですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

だいたい、日ごろ生活していて、なかなか切符を買うことがないのですが、
「ゆいレール」ではSuicaなどのICカードは使えなくて、
利用できるのは、OKIKAという沖縄で発行されているICカードだけ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、切符を買うと、なんとQRコードが印刷されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

何かの整理用なのかと思ったらそうではなくて、
改札機のいつもICカードをかざすようなところに窓がついていて、
そこにこのQRコードをかざすことで改札を通過できるシステムになっていたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

なんて変わったシステムなんでしょうね。

普通に改札機を通せばよさそうなものですが、
このシステムの方が券詰まりなどが防止できて、改札のメンテナンスもいらないし、
あとは、磁気部分がないのでリサイクルがしやすいんだそうです。

ただ、帰ってきて調べたら、このシステムはなかなか不評のようで、
なんといっても「使いづらい」と。

自分は普通に改札を通ることができましたが、
けっこう読み取りエラーになってしまう人が多いみたいで、
あの小さい窓の部分を狙ってQRコードをかざすのが大変みたいなんですね。

急いでいる時なんかは適当になりがちだろうから、
何度かざしてもエラーになるとイライラしてしまう人も多そうですね。

で、乗っていて思ったのが、降りる時にこの切符はどうするのだろか?と。

吸い込まれることがないから、そのまま持って帰るのかな?とか、
そう思って空港の駅に着いたら、なんと、回収ボックスがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

なんか、進んでいるんだか、そうでないんだかって感じですね。^^

ただ、飛行機はすでにQRコードで搭乗口を通るわけだし、
将来は新幹線もそんな方式になるかもしれないって話もあって、
何十年後かには、これが当たり前の光景になるんでしょうかね。

2016/8/2

トロッコから四万十川を眺める  旅の話(+電車の話)

8月になりましたね。そろそろオリンピックだって。そうなんだー。
会場とか大丈夫なんでしょうかね。

さて、旅の話は3日めに入っていますが、
足摺岬を後にして、中村まで戻ってきて、さらに窪川まで戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します

今度はここから宇和島に向けて出発です。さらば高知。

窪川に着いたら、まずは反対側のホームに向かいました。
15分後に出発する「予土線3兄弟」の次男がとまっていたのです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

前の日に江川崎で外側だけは見ることができましたが、
車内に入って、内装も見てきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

中もかなり個性的で、土俵があるというのもおもしろいですね。

ディスプレイにはカッパのフィギュアが並んでいて、
コンテストの応募作品まで置いてあるとはすごいですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さて、この日のメインは「予土線3兄弟」長男坊でして、
その名も「しまんトロッコ」です。

ちょうど回送されてきたので、乗り込む前にあちこちを撮影。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2両編成で、後ろの1両がトロッコ車両になっているのでした。

前の1両は普通の車両なんだけど、そちらの席にも番号が振られてて、
ゆっくり景色を見たければ、前の車両にも移動できるという仕様。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

なかなか人気の列車だと聞いていたのですが、
この日は平日ということもあって、乗客は自分を入れて2人のみ…。

まあ、おかげで自由に移動して景色を見ることができましたが。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、上り(宇和島方面)の場合は、D席が窓際で進行方向向き、
下り(窪川方面)は、A席が進行方向に向いた窓側の席です。

どちらかというと、上りは偶数席の方が川沿い率が高めですね。

この日は暑かったけど、走り出すと風が吹いてなんとも気持ちよく、
さらに、トンネルに入ると涼やかで、いい時間でした。


江川崎の手前あたりから雨が降ってきちゃったんだけど、
実は、上りは江川崎までがトロッコ車両に乗れる区間で、
それ以降は前に移動しなければいけないので、ちょうどよかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

江川崎でちょっと停車してトイレタイム。

江川崎以降はややスピードも上がって、宇和島まで一気に。
でも、なかなかいい景色が続いていましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

窓があるかないかというだけだけど、やっぱトロッコは気分がいいですね。
下りはトロッコの区間が変わるので、逆区間も乗りに行きたいかな。

2016/7/26

予土線3兄弟の三男  旅の話(+電車の話)

とうとう明日関東も梅雨明けしそうです。暑い夏がやってくるなー。

さて、旅の話ですが、高知での夜は前夜祭ということで、
次の日から本格的に旅が始まるのでした。

まずは特急に乗って窪川という駅まで。

今回は「四万十・宇和海フリーきっぷ」というのを利用しました。

クリックすると元のサイズで表示します

たまたま見つけたこの切符はなかなかお得で、
四万十エリアがフリー区間になっているんだけど、
高知からそのフリー区間を経て松山まで利用できるようになっているのです。

しかも、高知からと松山までは特急の自由席まで利用できちゃうと。

四万十エリアはJRとくろしお鉄道が複雑な形でつながっているので、
このフリーきっぷはお得なうえになかなか使い勝手が良いのでした。

で、窪川駅に到着。ここでホビートレインに乗り換えです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

予土線3兄弟」と呼ばれている列車の1つが「鉄道ホビートレイン」で、
初代新幹線0系をイメージした車体になっているのです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

見た目的にはちょっとしょぼい感じがしますけど、
実際に見てみると、なかなかかわいらしい感じがします。

車内もこっていて、鉄道模型がたくさん飾られていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ただ、普通に生活路線として使われていて、それもまたおもしろいですね。

車内の料金表にはきちんと東京から新大阪までの駅名も。
ここに料金が表示されることはもちろんございません。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

およそ1時間で江川崎という駅に着きました。
ここで降りて四万十川へ向かうわけですが、列車もひと休み。

そしたら、列車交換でやってきたのが「海洋堂ホビートレイン」。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

あら、まさかその列車が来るとは思っていなかったので、
普通に自転車に乗る準備とかしていたんですよね。

ということで、一緒に並んでいる姿だけ。
車内の様子は、また後日ということにしました。

江川崎の駅からはいよいよ四万十川の旅となります。
暑い中自転車で走ってきました。そのせいで日焼けに…。

それについてはまた次回!

2016/4/2

越美北線に乗る  旅の話(+電車の話)

新年度が始まりまして、昨日はひさびさに朝に起きました。
いつもは昼に起きているのでね。どうもすみません。

これから徐々にリズムを変えていかないとですね。

さて、旅の話の続きですが、一乗谷から福井まで戻ります。
行きはバスでしたが、帰りはJRの九頭竜湖線(越美北線)に乗って。

朝倉氏遺跡から一乗谷駅まで歩いてきて、駅の手前には鉄橋が。
なかなかいい感じですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、駅に近づいてきてはいるんだけど、どこにあるのかなーって。
なかなか駅舎のような見えてこなかったもので。

そしたら、ありました。畑の中にポツンと…。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

まさかこんなところだとは予想していなかったので驚きました。
まさに地方路線って感じ。こんな駅から乗れるとは幸せです。

周りには本当に何もなくて、駅前に家はあったけどね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

電車は1日に9往復のみだそうで。
乗り遅れてしまうと、2時間待ちでしたね…。

電車を待っているうちにけっこう暗くなってしまって、
たそがれの中を列車が走ってきました。もちろん1両です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、乗るときはちょっとドキドキで、
扉を自分で押して開けるようにと書いてあったのでした。

横にスライドするのではなく、折り戸式なので押す感じだったんだけど、
けっこうな力で押さないと開かなくて、これ開くのか?って。

このまま乗れないんじゃないかとひやひやしましたが、無事に乗れました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

えちぜん鉄道はけっこう本数もあるし、地方路線な感じがしないんだけど、
この九頭竜湖線(越美北線)は情緒があってよかったですね。

乗っている間も幸せな気分で。なんでいいんでしょうね。

車両はラッピングされていて、いろいろデザインがあるようでした。
今回乗ったのは「恐竜・化石号」でした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ヨルタモリで放送していた「始点・終点」的なアングルも。^^

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ということで、今回も鉄道を楽しみました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ