音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2021/2/11

警笛と徐行の理由  電車の話

昨日から東京都にある私立高校の入試が始まりました。
その関係なのか、昨日はやや電車がすいていたような。

すいているとはいっても、通勤時間帯はそれなりに人がいるわけで、
混雑を避けるため、基本的に端の車両(先頭か最後尾)に乗っています。

昨日は先頭の車両に乗って、水曜日は本を読んでいっているのですが、
ある駅を出発してからほどなくして、警笛が鳴りました。

その直後にブレーキもかかって、あら、これは何かあったのかなと。

駅に入線中であれば、ホーム上の人が端を歩いているとかですけど、
駅を出た後の場合は、踏切を横切っている人とかね。

以前に見たことがあるんですよね。遮断機が下りているのに渡る人。

なので、何があったのかと、その後に外を眺めていたら、
警笛が鳴らされ、スピードが落とされた理由がわかりました。

線路沿いに散歩中の園児たちがいて、こちらに手を振っていたのです。

おそらく、それを見て運転手さんが減速をしたのではないかと。
いや、わかりませんよ。他に理由があったかもしれないけど。

速度が遅いままでダイヤ的には大丈夫なのかとも思ったんだけど、
ちょうど、次に駅まではそこまで距離がない区間で、
さらに、次の停車駅は時間調整なのか、しばらく止まることが多い駅でした。

なので、その辺も考えてなんでしょうかね。

どこの路線かとか、どこの区間だとか、それを書いてしまうと、
この後問題とされても困るので、書かないでおきますけど。

線路沿いでプラカードを掲げて、毎日応援していた小学生もいましたよね。

鉄道周りだと、マニアな人たちの無礼な行動がよく取り上げられますが、
こうやって、お互いが何気ない気持ちを寄せ合うというのが、
本来のあるべき姿なんじゃないでしょうかね。

1日がこうやってスタートすると気分がよくていいですね。

2020/12/16

特急に飛び乗る  電車の話

今朝は寒かったですねー。
といいつつ、朝はお布団の中でぬくぬくしていましたが。

仕事も一段落して、あと1日だけ出勤するだけです。
あ、夜の仕事はないから、その日が仕事納めなのか。わお。

前にも書きましたけど、週に何度かは通勤で中央線の特急を使っていて、
行きはもちろん、帰りも混んでいる時間はそれで帰ってくるのでした。

昼ごろに終わる日もあって、さすがにそんな日は特急には乗らず、
普通の電車で帰ってくるんですけど、座っては来れないのですね。

で、この間、お昼に終わったので帰ろうと思ったら、
電車が止まっているというメールが来ていて、そろそろ運転再開だと。

運転再開したばかりだと、電車も詰まってなかなか動かなかったりするし、
なので、できたら特急に乗れたらうれしいなーって。

とりあえず駅まで行ってみて、
ダメなら振り替え輸送で帰ってこようかと思ったんですけど、
新宿まで行って、とりあえず特急の発車するホームへ。

歩いていると、今止まっている電車が3分後に発車します、とのアナウンスが。

いつもであれば、スマホから事前にチケットレスで特急券を買うわけですが、
この日はダイヤが乱れていて、これから発車の特急も遅延しているものなので、
ネットではもう買えないようになっていたんですね。

なので、ホームにある券売機で買わなきゃいけないから、ちょっと急いで、
カードの暗証番号を入れて、最後、切符を発券しています、の画面に。

と思ったら、発車ベルが鳴りだしました。あれ、これは困った。

そこで、近くにいた駅員さんの方をチラッと。
すぐに寄ってきてくれて、この電車に乗ることを伝えました。

いつも乗っていたからわかっていたんだけど、
新宿は始発ということもあってか、乗る人がいると待ってくれるんだよね。

ホームの駅員さんが確認をしてから車掌さんもドアを閉めているんです。

ということで、ちょっと待たせておいてねってことで駅員さんにヘルプを。
おかげで、まだベルが鳴り終わる前に車内に乗り込むことができました。

急いでいたので、早く切符が出てきてほしいところだったんだけど、
まずはカードが出てきて、それから切符とかが出てくるんですよね。

それをすぐに引き抜いて、車内に走り込んだんだけど、
何か忘れものをしていないか、少し不安にはなりました。

ただ、あとで思ったのは、
先にカードが出て来るというシステムがうまくできているなーって。

先に切符が出てきちゃったら、カードのことは置き去りにして、
切符を取って乗り込んじゃう人もいそうだものね。

ちゃんとカードを引き抜かないと切符が出てこない仕組みは、
そういった忘れ物を防ぐための仕組みになっているんですよね。

同時でもダメ。まずはカード。それも、それを取らないとダメ。
しっかり考えてくれるエンジニアさんに感謝です。駅員さんにも。

2020/10/20

折り返し運転  電車の話

今日は朝からちょっと焦りました。

起きてすぐにテレビをつけるんですけど、多摩モノレールが運休だと。
前にもあったんですよね。あれはとても困るのです。

一番近いJRの駅までは25分歩けば行けるんだけど、まあ、いやだよね。^^

あと、バスが出ていて、それに乗ればJRの駅まで行けるのですが、
本数がかなり少ないので、利用できるかどうか不明。

すぐ調べてみたら、仕事にぎりぎり間に合いそうな便があったので、
それで行くしかないかなー、と思っていたら、テレビの情報が変わりました。

高幡不動で折り返し運転をしていると。あら。
何より驚いたのは、途中駅で折り返し運転しているってことで。

これまでもやったことがあるのかはわからないのですが、
折り返せるポイントがありそうだな、とは前々から思っていたのでした。

まあ、マニアのみなさんからすれば知っていて当たり前なんでしょうけど、
モノレールの場合は、レールがダイナミックに動くので、
普通のところではコンクリートな軌道も、ポイントは違う素材なのです。

それが高幡不動からちょっと南に行ったところにあるんじゃないかと。
ちょうど、避難ができるような感じになっているところなんですけど。

で、それが確信に変わったのは、以前に掲出されていた車内広告で、
開業20周年を記念して、モノレールにまつわるイラストがあったんだけど、
その中の1つが、指令室の様子を描いたものだったんですね。

ちょっと小さかったんだけど、よーく見てみると、
高幡不動の先でレールがクロスされて書かれているのが見えて、
やっぱりあそこで折り返しできるんだー、って。

仕事がなくて時間の余裕があったら、
臨時に誕生した「高幡不動行き」に乗って高幡不動まで行って、
そこで折り返しの模様を見てきたかったんですけどね。

そしたら、ありがたいことに、実際にやっている人がいて、
twitterとニコニコ動画にアップされていました。

レアな光景が見れるのはいいんですけど、
いつも通りの通常運行を心掛けていただければと思います…。

2020/3/13

日本の路線図  電車の話

最近はめっきり電車に乗る機会が減ってしまいましたが、
早く、何も気にせずにあちこち行きたいところです。

で、先日、twitterのタイムラインを見ていたら、
なかなか興味深いつぶやきがリツイートされていました。


ということで、路線図をまとめた本が出版されると。

しかも、その路線図は、各社から提供を受けたものということで、
車内や駅のホームにあるものをそのまま見れるってことなんですね。

なんとすばらしいことでしょう!

路線図って見るの楽しいんですよね。
各社でいろいろデザインが違うし、複雑なものもけっこう好き。

ドアの上に横長の紙で掲出されているものがありますが、
特に、湘南新宿ラインのものは複雑に入り組んでいるので、
あれ欲しいなーって思ったことが何度もあるのです。

かつて、JR東日本の東京近郊路線図が売られていたことがあって、
車内のドアの上に貼ってあるやつなんだけど、
それは思わず買ってしまいました。^^

JR東日本のはその東京近郊路線図が載っているのかなー。
路線ごとだったらすごくうれしいんだけど。

3月19日発売だそうです。楽しみだなー。

2019/12/15

区間式と金額式  電車の話

今年もあと半月ですね。そろそろクリスマス仕様にしましょうかね。

昨日は忘年会で、2次会ではワインを飲みまくりました。
いろいろ深い話もできて楽しい時間でした。

きちんと終電に間に合う時間で終わってくれてよかったです。

その終電に乗った時のことではないのですが、
多摩モノレールをよく使うので、回数券を買ってあるのです。

220円の一番安い区間のものなんですが、
この間、いつものように回数券で乗車して、降りるときに気づきました。

あ、回数券使っちゃいけない区間乗ってきたじゃん。

いつもは220円区間を中心に乗っているんだけど、
その時は予定が変わって、もっと長い間乗ることになったんですね。

で、回数券の精算というのは普通の乗車券とは違うルールが基本で、
例えば、A駅-B駅間の回数券で乗車したとして、B駅を越えてC駅まで乗ると、
回数券でB駅まで乗ったとみなされて、B駅からC駅までの料金を請求されるのです。

ということなので、AからBまでは220円なんだけど、BからCも220円で、
上のルール通りだと、精算機でさらに220円が請求されるはずだったのです。

まあでも、間違えた自分がいけないので仕方ないかなって、
精算機に回数券を入れたら一度戻ってきて、もう一度入れたら請求額は50円だと。

あら。

たしかに、AからCまでは270円なんですよね。
だから、回数券とも差額だけでいいってことで。それはありがたい。

でも、本当にそれでいいのか?と思って調べてみたら、
回数券には、区間式と金額式の2つの種類があって、
区間式のものは、2つの駅が指定されているので、その区間以外については、
最初に説明した通り、端からまた乗り直したとみなされてしまうのです。

一方、金額式は、ある意味金券のように使えるので、
220円券で270円区間を乗ると、精算では50円でいいんだって。

東京メトロの回数券は、その金額式のルールのようですね。

金額式でも、どこから乗るかは自由だけど、
乗ってしまってからは、区間式と同じように扱っていいと思うんだけどね。

まあ、金券のようにしてくれた方がありがたいので、文句ないんですけど。

ということで、今までは220円区間の時しか回数券を使ってなかったんだけど、
それよりも長く乗るときにも使っていいってことですよね。精算が手間だけど。

2019/10/22

上野懸垂線に乗る  電車の話

今日は朝から雨でしたが、さすがに儀式のときは上がるんですね。
延期されたパレードの日はスカッと晴れるのでしょうか。

さて、この間の日曜日に上野動物園に行ってきたのですが、
シャンシャンを見たいというのもありましたが、目当てはモノレールでした。

上野動物園の中をモノレールが走っているわけですが、
車両の老朽化のために、今月いっぱいで運行を終えてしまうのです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

なので、その前に乗りに行きたいなと。

上野動物園の西園と東園を結んでいるわけですが、
両園の間には「いそっぷ橋」が架かっているので、歩いていけるのです。

そこをわざわざモノレールで行くというのがまたいいですね。
珍しい懸垂式なのも、乗る価値があるというものです。

懸垂式は、関東では千葉モノレールと湘南モノレールがありますね。
湘南のは乗ったことがありますが、なかなかスリリングでいいんですよね。

ということで、東園から乗車。こちらの方が駅舎が古いです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

スタンプ帳が置いてあったので、待っている間に押しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

路線には2駅しかないので、どちらの駅も終点なわけですが、
きちんと「車止標識」がありました。れっきとした鉄道である証拠ですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ということで、電車がやってきました。いろいろな角度でどうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

動画も撮っておりますのでどうぞ。
もうちょっと早く回していれば、チャイムも入ったのですが…。


車両もいろいろなところに目が行きますね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ようやく車内に入って、基本的に着席スタイルでした。
立って乗ることはできないので、輸送力はそこそこ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まあ、立って乗るくらいなら歩いていけって話ですよね。
ゆったりできるというのが1つの配慮なのでしょうね。

乗っている時間は1分半です。あっという間に、西園に着いてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

下りるときに運転席を。前後の席は特等席ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

で、西園の近くからは、今度は下から撮影してきました。
ちゃんと車両の下の部分にもかわいらしい絵が描かれているんですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

近くにあるお土産屋さんでいろいろ見ていたら、また戻ってきたので、
今度は駅に入るところを。あれ、ずっと見ていたいかも。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

最後に乗れてよかったです。運行再開はあるのでしょうか。してほしいね。

2019/4/24

レアな中央線  電車の話

ちょっと天気が悪くなってきましたけど、連休中はどうなのかな。
ずっと晴れるってことはあまりなかったと思うんですよね。

さて、今回は電車の話なんですけど、
通勤に中央線を使うことがあって、朝からうれしい出会いがあったりするのです。

先週の前半だったかな、に出会ったのは、中央線130周年記念ラッピング電車

クリックすると元のサイズで表示します

かつての中央線(201系車両)はオレンジ一色でしたが、
現在のE233系車両をそのオレンジ一色にしてくれているのでした。

今ある車両はどの路線もシルバー系が多いので、
このオレンジ一色の電車が入ってくると、とても目立って目につきますね。

京王線の緑一色のとかもそうだよね。見つけるとうれしくなるのです。

201系車両は2010年に引退してしまったわけですけど、
その年の5月に青森を旅した帰りに、新宿で偶然出会えたんだよね。懐かしい。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

なんて感じで、朝からいい気分になって通勤したわけですけど、
その1週間後くらいに、今度はまた違った車両に出会いました。

今度のはシルバーにオレンジのラインで、一見するといつもと同じなんだけど、
まず、行先の表示がちょっと違って、粗めのLED表示だったんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

中央線には、武蔵野線に乗り入れる「むさしの号」というのが走っていて、
それと同じ感じの車両だったので、行先が間違っているのかと心配になりましたが、
ちゃんと東京行きで、なので、車両を使いまわしたのかなと。

でも、車内にある停車駅の表示が中央線のものになっていて、
「むさしの号」は武蔵野線のものになってますので、使いまわしではないなと。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、電車に乗っている間に調べてみたら、
現在使われているE233系にグリーン車をつける工事が行われるので、
その不足分を補うために、常磐線を走っていた209系の車両がやってきたんだそうです。

ブレーキ音が響くなど、なかなかいい味を出しているのですが、
乗っている方々は、その変化に気づいているのでしょうかね。

2編成しかないようで、運用の時間も決まっているようです。

ということで、合計で3編成の中央線レア車両。
次はいつ会えるかなー。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ