音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2018/11/25

「華氏119」  映画

「華氏911」を見に行ったのは、もう14年も前のことなんですね。

「華氏911」は自由が燃える温度だということでしたが、今回は「華氏119」です。
11月9日にトランプ大統領の当選が決まったということで。

ということで、そろそろ公開が終わってしまうというので、
急いで見に行ってきたわけですが、うん、見に行ってよかったです。

トランプ政権がなぜ誕生してしまったのか、という話なわけですけど、
ミシガン州で民間出身の知事が誕生したことを引き合いに出して、
これから何が起こっていくか、危惧するような内容になっていました。

その話を中心としていろいろな論点が出てきます。
映画のWEBサイトの「STORY」を読めばだいたい中身はわかります。

まずは、メディアの問題。結局はメディアはトランプの広報役になっていること。
メディアは視聴率が取れればそれでいいんですよね。

だから、過激なことを言うトランプは格好のネタになるわけで、
しかも、選挙がらみのニュースであればタダで放送できるわけ。

それが結局は、トランプにタダで宣伝をさせる結果になったわけです。

それに関連して、企業優先の政治というのにも注目が。

全米ライフル協会の話は今さらな話題なわけですけど、
献金をもらえることが指示を受けることよりも政治家にとっては重要で、
だからこそ、庶民の意思はことごとく無視されていると。

それは共和党だけの話ではなくて民主党もそうだという視点がなかなかで、
なぜ、民主党の候補者争いにサンダースではなくヒラリーが勝ったのか。

まさにそれこそが、結局はアッパーによる政治であり、
そうやって庶民の意向を無視することで政治への期待をそぎ、
政治の世界から離れさせることで、自分たちだけの政治を実現していく。

共和党の問題より民主党の問題だというのは、
日本にいる限りではなかなか気づきにくいポイントなのではないかと。

終盤に出てきたのが言葉に興味深いものがありましてね。

独裁者のような人が出てきても、911のような事態が起きたとしても、
200年続いてきたアメリカの民主主義は崩れるはずがないと人々は言うけれど、

「アメリカの民主主義はせいぜい1970年からで、かつては奴隷制もあったし、
 黒人や女性への差別がなくなったのはここ数十年にすぎない」

「彼らが考えるアメリカの民主主義とはあくまでも目標なんだ」

なるほどなーって。言われてみれば確かにそうですよね。

アメリカの語る民主主義は夢であり、これから歩んでいくべき道であって、
実際のそのような社会を実現しているわけではないんですよね。

だからこそ、簡単にひっくり返る危険はあるわけで、
そこが日本とはちょっと違うのかなとも思いました。

なかなか今回も勉強になりました。
より詳しくは、noteの方にでも書こうと思います。

2018/8/25

「聲の形」  映画

24時間テレビの裏で、NHK総合ではなくEテレが「聲の形」を放送すると。

昨年は「バリバラ」という障害者情報バラエティーを裏で放送したわけで、
これは今年も行われるということでしたが、さらにその前日の「聲の形」。

でも、そんな嫌味というか批判というか、そんなことを吹き飛ばすような、
そんな言葉がちんけで野暮であると言わんばかりの映画でしたね。

どうもすみません。

「聲の形」が上映されたのは2016年9月ということで、
その時にも気になってはいたんだけど、予告を見ただけで、ちょっと…と。

自分には受け止めきれないのではないかと思ったので、
映画館に見にいくことはありませんでした。

それでも今日はちょっと見てみようと思ったのですが、
うん、やっぱり、一人で見て正解だったかなと。

家で見ることのメリットは、周りを気にしなくてもいいということ。

障害に関する映画だということはわかるわけですが、
それ以外にもテーマがいろいろとあって、
言葉を選ばずに言えば「重たすぎる」ということになるだろうし、
考えさせられることが多すぎて、本当に参ってしまいます。

途中、いいキャラクターが登場してくれたので少しほっとできて、
でも、またなんとも言えない感情になる。

誰しもというのは言い過ぎなのかもしれないけど、
自分にも同じようなことが思い起こされて、
反省しては同じことを繰り返してしまうのですよね。

少しは大人になっていると信じたいんだけど、でもそうなのかなと。
それは時折、ふと思うのです。

だから、自分がこの世から消えればいいというところまでは思わないけど、
その場からいなくなった方がいいのではないかと思うことはあるわけだし、
でも、そこから逃げるのではなくて、違う角度から見ていく必要があるし、
自分にできることをただただやっていくということ。

つまり、正直に生きていくこと。素直に生きていくこと。

でも、周りを気にすることはあるし、自分に甘えてしまう。
自分が嫌になることもあるし、傲慢になることもある。

このブログの書くのに、リンクを貼ろうと映画のWEBページに行って、
石田君の姿が見えると、何とも言えない気持ちになる。

ともかく、がんばって生きていってほしいな、と思う。

そして、自分も正しく、素直に、正直に生きていこうと思う。

謝らなければいけない人はいっぱいだものな。
これを読んでくれている人の中にいっぱいいる。

読んでくれるはずもない人の中にもいっぱいいる。

でも、また忘れてしまうんだろうな。本当にダメだね。

2018/8/14

「カメラを止めるな!」  映画

今日は雨もなく暑い1日でした。ひさびさクーラーかしら…。

そんななか、今日は映画を見に行ってきました。
話題急上昇中の「カメラを止めるな!」です。

あちこちで絶賛されていたので、どんなもんかなと。

TOHOシネマズに行ってきたのですが、
毎月14日は「TOHOシネマズデイ」ってことで、どの映画も1100円で見れて、
ということのあってか、映画館は人でいっぱいでした。

あんなに人が入った中で見る映画もひさびさではないでしょうかね。
だいたい平日に見にいっちゃったりするもので。

席は481あるということでしたが、その半分以上は埋まってて、
空いているのは前の方と横の方だけ。いやー、すごい人気ですね。

ということで、簡単に感想を。

結論から言えば、よくできた映画でしたね。よく作りこまれている。
低予算だということですが、まあ、それなしでもいい映画かなと。

なので、見て損はないと思いますね。
1800円かと言われるとなんともですが、まあ、いいんじゃないでしょうか。

ただ、ホラー映画だけどホラー映画じゃないので、
ホラー嫌いの人も是非見てください、とか言われてますけど、
んー、それはどうなのかな。

普通に、首が飛ぶとか血が吹き出すとか、そういうシーンがあるので、
そういうのが嫌いな人はやめた方がいいと思いますよ。

そればっかではないから、そこを我慢できるってなら良いけど、
やっぱ、ちょっと気持ち悪いなーって思うところはありましたからね。

なので、いくら基本がコメディー映画だとはいっても、ホラーですから、
せめて「PG12」にしないといけないんじゃないかなって思いますけど。

まあ、あんな映画は子どもは見ないと思いますけどね。
見てもわからないような気がしないでもないし。

で、ここからは、ある程度内容が見えてきちゃうかもなので、
これから見ようという方はお控えいただければと。

全体的には、ホラー映画ではなくてコメディですよね。
なので、楽しかったです。

ただ、最初の方はいいんだけど、真ん中あたりに間延び感があったのがね。

だいたい映画というのは1本勝負なので、
最初の方は説明的なシーンとか伏線張りとかが多くなりがちなんですけど、
この映画はそれが中盤から出てきちゃうんですよね。

なので、そこはちょっとつまらなかったかな。
必要なものだから仕方ないんだろうけどね、最初だと我慢できるんだけど。

コメディ部分は、ある程度予想のつくところもあるんだけど、
それを超えたものが次々と出てきたので、それで楽しめました。

そして、一番面白かったのは最後かな。
メタのメタのメタっていうんですかね。

同じシーンを2回も取っていることにも気づかされるし、
あの最後の部分がないと、本当の面白さを味わえないのではと思います。

ということで、よくできた映画だなって。

話題になったおかげで、単館上映ではなくてあちこちで上映されているので、
お盆休みにご覧になってはいかがでしょうかね。

2017/12/3

「We Love Television?」  映画

12月になりましたね。今年もあと1か月です。
平成もあと1年半だっていうしね。いろいろあっという間なんだろうなー。

さて、もう10日ほど前のことになってしまいましたが、
渋谷まで映画を見に行ってきたのでした。

連休ができたので何か面白そうなことないかなーって思って、
いろいろ調べたら、おもしろそうな映画をやっているのを見つけて、
でも、それが1日1回、夜だけの上映ってことで、連休にはもってこいだなと。

見てきたのは「We Love Television?」という映画で、
“視聴率100%男”と呼ばれていた欽ちゃんこと萩本欽一さんが、
ふたたび視聴率30%を取るバラエティ番組を作ろうとするドキュメンタリー。

「電波少年」で有名な日テレの土屋さんが仕掛け人となって、
彼の誘いで欽ちゃんが番組作りに取り組んでいくわけですが、
その中で、視聴率30%を実現させてしまう欽ちゃんのノウハウと何なのか、
それを明らかにしていこうとするのがこの映画だということでした。

実際に、収録した番組は2011年7月に放映されていて、
テレビの地上アナログ放送が終了する記念番組だったそう。

そんな番組があったなんて全く知りませんでした。
ということで、その番組自体は自分は見てないんですけどね。

それでも、番組作りの過程を見れたのはとても興味深くて、
バラエティ番組というだけでなく、仕事というものをしていくにあたって、
どんな意識を持って取り組むのか、とても勉強になりました。

今の人は特に「すぐに安心したがる」と欽ちゃんは話していて、
それではダメで、常に考え続けて行かなければいけないと。

彼は、どんなことでも思いつきですぐにやってしまうんだとか。

思いつきだから8割がた失敗するらしいんだけど、
そもそも、思いつきでやったんだから失敗するのも当然だと開き直れて、
そこから次を考えていくこと大切なんだという話もしていました。

あとは、能力のある人に対してはしっかり期待をするってこと。

ある意味では追い込んでいくわけだけど、できる人は追い込まれるからこそ考えるし、
そこからすばらしいものが実際に生まれ、そして最後にしっかり評価する。

一方で、できない人には全く期待しない。ハードルを下げまくる。
そうすると変なプレッシャーを抱えずに自然にやっていくことができるし、
でも、いつかは能力のある人のように期待されたいから、向上心も湧いてくる。

ああやって人を育てていくんだなーって。

もう上映している映画館がわずかみたいなんだけど、
見る機会があれば、ぜひとも見てみてください。

2016/7/27

「帰ってきたヒトラー」  映画

今日はお休みの日ということで、家でグダグダしようかと思ったんだけど、
ふらっと、映画を見に行ってきました。

前に、この映画を見つけて、ああ、見たいなーって。

でも、上映期間があと少しだったなって思い出して、
昨日の夜に調べたら、今度の金曜で終わりだったもので。

映画はそのタイトルの通りで、
ヒトラーがタイムスリップをして現代のドイツにやってくるというお話。

そこで、そっくりさんと勘違いされてテレビに出るようになり、
そのうちに、彼は民衆の心をつかんでいくのでした。

一見すると、ただのパロディみたいに見えるんだけど、
この映画の真意はもちろんそんなのではなくて、
帰ってきたヒトラー」というのは、彼が現代に来たってことじゃなくて、
まさに今のドイツにはかつてと同じ考えが蔓延してますよねって、
現代のドイツにヒトラーと同じ思想が帰ってきてるよねって話なんですね。

それは、移民排斥の主張の高まりであって、
しかもそれを訴えているのは極右政党のような特別な人間ではなくて、
一般の市民たちが日常的に、当たり前のように唱えている。

そんな社会状況に警鐘を鳴らす目的があるのでしょう。

そしてそれだけじゃなく、全体主義の恐ろしさも描いていて、
真実に気付いた人を「人ではない」「異常者である」とみなして、
社会から葬り去ってしまうことも登場しました。

今日はレディースデーということで、まあまあな数の人が見ていましたが、
そういったメッセージにどれだけの人が気付いたのでしょうか。

この映画を見に行きたいと思ったのは、
彼が民衆を扇動するためにメディアをうまく利用したという話があるので、
その流れのようなものを確認しに行きたいと思ったからなんだけど、
現代ではラジオではなくてテレビがあるわけですよね。

さらには、インターネットも存在しており、
その点では思想の拡散はしやすいのかもしれないけど、
逆に、見えてしまう分だけ難しいということもあるかもしれません。

最後にヒトラーはこういいます。
 私が民衆を扇動したのではない。彼らが私を選んだのだ。
 私は社会の中に存在する。君は民主主義を否定するのか?


ヒトラーがまさに帰ってきているんです。

ドイツ映画ということで、聞こえてくるドイツ語がなかなか心地よくて、
最初の方は見ていて面白い場面もたくさんありましたが、
終わりに向かうにつれ、とても恐ろしさを感じる映画でもありました。

2016/3/24

「牡蠣工場」  映画

連休中だからというわけではないのですが、
福井の話はちょっとお休みして、今日もお出かけした話を。

今日はひさびさに映画を見てきました。
場所は、渋谷にある「シアター・イメージフォーラム」です。

この映画館に行ったのは実に2年半ぶりで、
前回行ったときと同じ監督の作品「牡蠣工場」を今回は見てきました。

タイトルを聞く限りはグルメ映画のようにも聞こえますが、
たしかに、映画の序盤は、ああ、牡蠣おいしそうだなーって感じで。^^

この映画は、想田監督の「観察映画」ですので、
牡蠣工場の日常のようすを淡々と映して出しているのでした。

監督はこの映画で“日常に潜む「変化」”を見ることができるとしていて、
なるほど、牡蠣の養殖工場の日常を映し出している中でも、
後継者の問題をはじめとした移り変わりを示しているわけですね。

宮城から移住してきた人が工場を受け継いだり、
中国から来る出稼ぎの人々を受け入れたり、
そうやって、日々の生産が支えられているのだなと。

消費している我々にとっては、
いつものように供給されているいつもの商品なわけですけど、
さまざまな縁やめぐり合わせなどがあって、それらが受け継がれていると。

言われたらそんなことは当たり前の話で、
自分たちも同じようなことをやっているんだと思うんですけどね。

「牡蠣工場に世界の縮図が見える」ってことを事前に聞いていて、
それってどういうことなんだろうかと思って見に行ったんだけど、
なんだかわかったような気がしました。

それにしても、中国から来ている人々はすごいですね。
言葉も通じないのに、仕事をどんどん覚えていくわけで。

あれが、体で覚えるってことですよね、まさに。

通訳さんがいればいいんでしょうけど、
それを雇うだけの余裕があったら、わざわざ中国人を連れてこないわけで。

「就職難って言ってるけど、仕事はいくらでもあるんだよなー」って、
牡蠣工場の方が言うんですけど、本当にそうですよね。

いろいろなレベルが人によって違うわけで、
そこから社会問題も発生していっているんでしょうね。

就職難とか、ニートとかもそうだし、少子化もそうだと思うし。
いろいろと考えさせられる映画でした。

2015/8/28

「テッド2」  映画

今日はおやすみでした。ということで、ひさびさに映画を。

もともとは「日本のいちばん長い日」を見ようと思っていたんだけど、
時期的にどうなのか、内容的にもどうなのかと思ってしまい、
ちょうど今日から公開の「テッド2」を見てきました。

前作の「テッド」を見たのは2年半前のことだったんですね。
たしかに、ちょっと内容を忘れているところもありました。

今回もなかなか吹っ飛んだ話になっていましたが、
ちょっと時間が長かったかなーというところ。

あとは、内容もまとまりすぎている感はありましたね。

今回は、テッドが人間として認められるかどうかって話の筋で、
それがあるから、ちょっとお固い印象を受けてしまったのかなと。

あとは、前回は下ネタがけっこうな分量あったかと思ったんだけど、
今回は麻薬ネタとパロディが中心になっていて、
その点では深化されているということなのかもしれませんが、
アメリカの人にしかわからない笑いが多かったかなと。

まあ、その点は前回も同じだったんだけど、
番組や映画のパロディとかダメ人間の揶揄については、
さすがに現地の人でしかわからないわけでね。

その点では、吹き替え版ではうまく処理されいるんでしょうけど、
今回も字幕編を見てきましたので、まあ、そこは仕方ないかな。

今回こそ吹き替え版を見てみたかなーって。
お笑い芸人を困らせるところをどういうのかが気になります。

で、今日は夜にテレビで前作が放映されるんですよね。

「大人になるまで待てない」バージョンということで、
レジで彼女を誘惑するときに体にいろいろかかったりする場面とか、
きわどい下ネタの部分はさすがにカットされるんでしょうけど、
パロディ部分は普通に流せるのでしょうから、
その「毒舌」部分がどうなっているのかが楽しみです。

2作目は前作の内容を引き継いでいるところがあるので、
ぜひとも、今夜の放送を見てから映画館へどうぞ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ