音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2019/11/14

旅の終わり  旅の話

なんだか一気に寒くなってきたような。
そろそろマフラーとか手袋とか、いろいろ準備したいところです。

さて、8月下旬に行ってきた九州の旅の話も今回でおしまいです。

高千穂を後にして、向かうは熊本空港。

高森を経由していくのが最短ルートだと思うのですが、
途中、まだ道路が復旧されていないということで、カーナビには別ルートが。

そのせいで時間がかかってしまって、飛行機に間に合うか心配でしたが、
運よくというか、飛行機の出発も遅れたので、なんとかなりました。

まずは、飛行機に乗る前に簡単に昼食を済ましておこうと思い、
そこで見つけたのが「太平燕(タイピーエン)」という麺料理。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

野菜がたっぷり乗っているのですが、麺が春雨なのです。
とてもヘルシーで、あっさりでおいしかったです。

その後、まだ時間があったのでラウンジを初体験。

クリックすると元のサイズで表示します

マルイのEPOSカードのゴールドカードを持っていて、
今回、初めてそれを活用することができたのでした。

飲み物やおつまみが無料で、中は静かな感じでちょっと重苦しい気分。

NHKのニュースが流れていたので、大雨関係の情報を見つつ、少し休んで、
早めにチェックインするためにさっさか退散しました。

お土産を買って、その近くにあったのがフライトシミュレーター。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この時はまだセントレアでの体験前だったので、スルーしてしまいましたが、
もうちょっと時間を取って見てくればよかったかなと思いますね。

お昼のフライトだったので、ひさびさに下界を見つつ、
また面白い地形を見つけたので撮ってきましたが、さて、ここはどこでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、ようやく九州の話は終わりました。

初めての佐賀・唐津は大雨で始まって、どうなることかと思いましたが、
熊本城の復興を感じ、黒川温泉で癒され、高森・高千穂では神を感じてきました。

気候が落ち着く季節にまた行きたいかな。

2019/11/11

日本神話の史跡をまわる  旅の話

今日は1が並ぶ日ということで、何かの初めにふさわしいのかもしれません。
ちょうどそんな話が今日の記事です。これも神の思し召しでしょうか。

九州の話は、とうとう最終日を迎えました。
高千穂になる神社に寄ってから熊本空港に向かいました。

最後に訪問したのは、槵觸神社(くしふる神社)で、
こちらは、天孫降臨の地として伝えられる場所ということでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

天孫降臨とは、天照大神が、その孫の瓊々杵命(ににぎのみこと)に、
この地を豊かな国にするよう天降ることを命じて、
瓊々杵命が猿田彦神の案内のもと、高千穂の地に降り立ったという話。

まさに日本という地が始まったところといってもいいんでしょうね。

お参りした後、近くにいくつか史跡があるというのでそちらにも。

まずは、坂を下ったところに、天真名井(あまのまない)があって、
ここは、瓊々杵命が降り立った時に、その地に水がなかったので、
天村雲命(あめのむらくものみこと)が天上に戻り、水種を移した所だとか。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

次に、また神社方面に戻って、そこから今度は山の中へ。

まずは、四皇子峰(しおうじがみね)というところへ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、日本の建国を成し遂げた四柱の皇子が誕生したところだそうで、
その1人が神日本磐余彦天皇(かむやまといわれびこのすめらみこと)で、
この神日本磐余彦天皇が、後の神武天皇になるということでした。

そんな場所まであるんですね。なかなかそんなところには行けないかなって。

そして、さらに進むと、高天原遥拝所がありました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

地に降り立った神々が天上世界を懐かしみ、
この丘に立って高天原を遥拝したところだということでした。

これまたすごいところですね。まさに天上につながっているわけですよね。
神になったあの人にも久しぶりに会えたような気がしました。

ということで、最後に「始まりの地」を訪れることができました。

他にも高千穂にはたくさんの神社があるということで、
そのあたりをゆったり回るというのもいいでしょうねー。

2019/11/10

高千穂峡ライトアップ  旅の話

秋らしくなってきましたね。来週あたり、紅葉を見に行きたいかな。

さて、九州の旅の話はあと少しになってきました。
高千穂神社でお神楽を見て、真っ暗の中をまだまだ散策です。

というのも、高千穂峡のライトアップが行われているということだったので、
再び、長い下り坂をおりていきました。

困ったのは真っ暗だったってこと。街灯がない部分がけっこうあって。

何も持たずに歩いている人もいましたが、あれは危ないよな。
自分は携帯電話のライトを照らしていきました。あれがあって助かった。

ということで、なんとか着きました。
滝の近くにある池の部分もきれいにライトアップされていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、真名井の滝のライトアップですが、
なかなかカラフルで、思っていたものとはちょっと違いました。

クリックすると元のサイズで表示します

色が変わっていくのですが、どの色がいいでしょうかね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ライトアップされているのは滝の周辺のみで、
それよりも先に行くのは厳しい感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します

そもそも行けなくなっていたかな。真っ暗で危ないですからね。

行きはよいよい帰りは…でして、帰り道の上り坂はつらいのでした。

これで旅の3日めは終わりました。

この日は、黒川温泉から始まって、霧の中の阿蘇山に寄って、
白川水源と高森湧水トンネル公園に11年ぶりに行くことができて、
さらに、上色見熊野座神社と草部吉見神社というすばらしい神社に出会えて、
天岩戸神社と高千穂神社で神話を感じることができたのでした。

なんとも盛りだくさんの1日でした。

次の日は帰るだけなんですが、
高千穂にはたくさんの神社があるということで、
朝ちょっと早く起きて、近くにあった神社に寄っていきました。

またこれが行ってよかった。

2019/11/8

高千穂神楽を見る  旅の話

今日は昼の仕事がお休みで、おかげでゆっくりできました。
まあ、夜は出なきゃいけないのですが、夜だけならね。

夜しかない時は自転車で向かうのですが、いい運動にもなります。

さて、九州の話は高千穂までやってきました。
高千穂峡を散策して、ホテルに戻ってきてゆっくりして、夕食です。

その名も「天戸弁当会席」で、豚しゃぶおいしかったなー。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、食べ終わってゆったりしていたら、
ホテルの方が声をかけてくださって、お神楽を見に行くんですか?って。

行くと答えると、じゃあ、早く行った方がいいですよって。
前で見た方が楽しめるからって。

ということで、さっそく高千穂神社へ向かいました。
神楽殿で行われるのですが、45分前くらいに着いたら見事に最前列をGET!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと待ちましたが、神主さんが出てきてまずは説明をしてくれました。
なかなかわかりやすくてありがたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

高千穂で行われている夜神楽は、集落ごとに民家などで催されるもので、
夜通し舞うことで奉納するものなのですね。

で、この神社で行われる「高千穂神楽」は、
「手力雄の舞」「鈿女の舞」「戸取の舞」「御神体の舞」という、
代表的な4つの舞を1時間にまとめて見せてくれるのでした。

最初の「手力雄の舞」は、手力雄命が天岩戸を探し出す様子を表したもの。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

舞っている方は声を出したりはしないので、
太鼓の音がその感情などを表したりもしているのでしょうね。

次の「鈿女の舞」は、岩戸の前でおかしな踊りをして誘い出そうとするもの。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

おかしな舞いと行っても、別におかしいことはないんですけどね。
待っていることで衣が少しはだけたのを周りが見て笑ったという話のようです。

そして、「戸取の舞」は、手力雄命が岩戸を取り除いて天照大神を迎えるもの。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらは映像を撮ってきましたので、ぜひご覧ください。
雰囲気だけでも味わっていただければ。



これを夜通しやるというわけですから、舞う方も見る方も大変ですね。

最後の「御神体の舞」は、イザナギとイザナミがお酒を作って、
それを飲んで酔っ払って楽しそうな様子を表していました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

途中、客席の方までやってきて、一緒に写真を撮り始めたのには驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

とてもいい体験ができてよかったです。
なかなか見ることができないものを見せていただいて、本当にありがたい。

2019/11/7

高千穂神社と高千穂峡  旅の話

11月になり、九州北部の旅から2か月以上が経過してしまいました。
話はまだ高千穂に入ったばかりです。まだまだあるかな。

天岩戸神社を参拝したところまで話は進んでいました
日程としては、4日間のうちの3日めの話です。

ようやく高千穂の中心街に。

勝手に木々に囲まれた山深いところにあるのかと思っていたら、
普通に街でした。まあそうだよね。なのでホテルを見つけるのが一苦労。

チェックインしてから、まずは高千穂神社にお参りを。
歩いて5分くらいのところだったので便利でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらでは夜にお神楽を見ることができるということで、
また夜に訪れることに。

そこから向かったのは高千穂峡です。あの滝を見に行かないとね。

渓谷はかなり深くて、長い下り坂をおりていきました。
歩いて行くのはややしんどいです。車があるといいですね。またはタクシー。

高千穂峡といえばボートなんですけど、残念ながら運休。

ずっと雨が降っていたわけで、川が増水しているからなんですが、
見てみたら、ボート乗り場が完全に完全に水没していました。そりゃ無理だ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

自分の行った8月は、31日のうち9日間だけ。7月は3日間だけだったそう。
一方、10月は点検・ダム放流のあった3日間だけ運休ということで、
夏にボートに乗るのはなかなか難しいみたいですね。

ということで、高千穂峡といえばこの滝ですね。ようやく見れました。
できれば下から見たかったですけどね。またいつか。

クリックすると元のサイズで表示します

この滝は「真名井の滝」という名称です。

高千穂峡の崖は見事な柱状節理で、滝だけでなく渓谷全体が見どころ。
遊歩道も整備されていて、景色を見ながら散策ができました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

高千穂大橋まで歩いて上へ。戻るのがつらいですね。何段階段があったんだか。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2019/10/28

天安河原と東本宮  旅の話

ラグビーワールドカップも残すところあと2試合になりました。
決勝はもちろん、3位決定戦も楽しみですね。

ウェールズもV字型になったら、それはそれでおもしろいですね。

さて、8月下旬に九州に行ってきた話がまだ終わっておりません。
宮崎に初上陸し、高千穂にある天岩戸神社に行ってきました。

西本宮の参拝を終えて、天安河原(あまのやすがわら)へと向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、天照大神が「岩戸隠れ」をした際に、
どうしたものか、と神々が集まって相談をしたところだそうです。

川沿いを歩いていくわけですが、
雨の日が続いていたせいで、川の流れはやや激しい感じでした。

本来ならとても澄んでいるのでしょうね。
それでも、青く見える水の流れはとてもきれいに見えました。

5分ほど歩くと洞窟があって、そちらに天安河原宮があります。
この洞窟は「仰慕窟(ぎょうぼがいわや)」というそうです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

パワースポットという言葉を軽々しく使いたくないものですが、
本当に、神々がいらっしゃるのではと思わせる雰囲気でした。

上色見熊野座神社は熊本・高森ですが、
神の存在を感じさせるところというのは本当にすごいなーと。

で、また西本宮に戻ってきて、東本宮にも行ってみようと。

橋を渡っていきますが、本当に谷が深くて、下をのぞくとちょっと怖いです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

東本宮は、天照大神が天岩戸から出てきた後の最初の住まいになった場所で、
なんだけど、ほとんど訪れている人はいませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

んー、何なんだろうかね。天岩戸がメインってことだからかね。

ということで、天岩戸神社でした。

高千穂に行くまでは、伊勢神宮に行けばいいんじゃなかって思っていたりしたけど、
伊勢神宮がバチカンで、高千穂がエルサレム、そんな感じなんでしょうかね。

いずれも聖地であることに間違いないと実感できました。
本当に行ってよかったな。

2019/10/17

天岩戸神社へ  旅の話

一気に涼しくなりましたね。ちょっと寒いくらいで。
夏仕様から冬仕様に部屋の中を一気に変えました。

九州の旅の話は最後の宮崎までやってきました。
今回は、日本神話ゆかりの地である高千穂を回ってきました。

まずは、天岩戸神社へ。
天照大神が「岩戸隠れ」をした天岩戸と呼ばれる洞窟を祀っている神社です。

到着すると、西本宮と東本宮と社殿が2つあって、どちらに行けばいいのかな?と。
ひとまず、多くの人が向かっている西本宮から参拝してきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

近くを川が流れていますが、はるか下の方にあって、
向かいの崖というか山の側面に天岩戸があるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

拝殿からは天岩戸を見ることはできません。

そしたら、その天岩戸を神社の方が案内してくれるツアーがあって、
30分ごとに開かれているのですが、もちろんそれに参加してきました。

先ほどお参りした拝殿の裏手に回ることができて、
そこから、対岸にある天岩戸を拝むことができるのです。

天岩戸には、古くより人々は足を踏み入れないということで、
保存のための管理等が行われていないことから、
今は洞窟が崩れてしまっているのではないかということでした。

その天岩戸を望みながら、神主さんがいろいろ説明をしてくれたのですが、
例えば、菅原道真は天に上がったのちに天神様という神様となり、
徳川家康も同様に、天に上がったのちに権現様になったと。

そうやって、地上にいたときは神という存在ではなかった人が、
天に上がってから神様として祀られるようになったわけだと。

なので、天照大神も同じように、
地上にいたときは神とは違う存在だったと考えている、とのことでした。

んー、なるほど。これはなかなかいい話を聞けました。

その後、拝殿を出て、神楽殿の前でも興味深い話をしていただけました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人の主食といえばお米ですが、
このお米を日本全国に植えて回ったのが神武天皇だとされているのです。

なので、その神武天皇以降、天皇という地位にある人たちは、代々、
国民が食に困ることがないように豊作を祈り続けていて、
皇后の地位にある人は、カイコを育てて生糸を紡いでいるように、
着るものに不自由しないように願っていると。

そうやって、天皇と皇后は衣と食について祈っているんだということでした。

とても分かりやすい説明でいろいろと話してくださって、
あれは参加する価値のあるツアーでしたね。いやー、行ってよかった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ