音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2020/4/29

ライブ配信だぜ  お仕事関連

今日は祝日でお休みなはずなんですけど、
在宅勤務というのは、平日と休日の区別があまりつかないので、
何かしら作業をしてしまうわけですね。

といっても、別に仕事漬けになっているというわけでもなくて、
ダラダラとチビチビとやってしまうのがいけないのでしょう。

オンラインでの授業も連休明けから本格化する見込みで、
今月はそれに向けた準備や試験段階という感じでした。

動きが遅いと言われてしまうかもしれませんが、
連休明けからどうにか再開できるのでは、という期待もあったのと、
もともとオンラインで何かをやってきたわけではないので、
いきなりやれと言われても困ります、という状況だったわけで。

自分もそういうことはやってきませんでしたが、
まあ、やれと言われればある程度いろいろできる方ですから、
簡単なものを作って、すでに配信をしているところです。

3月のお休みの期間中は、特にやることがなかったので、
YouTuberにでもなってみようか、なんてつぶやきもしてみましたが、
実際、オンラインでとなったときに、YouTubeを利用しているのです。

ライブ配信のシステムを使って動画を作っていますが、
なるほど、こうやってやるのかー、といろいろわかって面白いです。

パワポのスライドを映し込んだ動画を作りたかったので、
通常のライブ配信ではなく、エンコーダ配信というのを使っています。

そのためのソフトを使って、まずは画面の構成を行って、
そのソフトからYouTubeに映像を送るという形。

Zoomで“一人会議”をやっても同じようなことができるのですが、
埋め込む画面が1つに限られてしまうのと、
できあがる動画をアップロードしなければいけないのが面倒なのです。

自分はネット接続が光通信ではなくて、WiMAXを利用しているので、
そもそも通信速度は早くないし、3日で10GBという制限も存在していて、
あまり容量を食うような作業はしたくないのです。

ライブ配信はそこまで通信量が多くはないし、
自動的にYouTube上に動画を残してくれるので、そこが便利。

でも、こういうのをやっていると、
別に学校なんていらないんじゃないかなーと思うところもあって、
まあ、勉強しに行ってるだけではないですからね。

というか、むしろそっちの方が大切で、勉強なんてどうでもいいんだよな。
そんなことを思ってしまう日々なのでした。

2020/4/27

「おいしいコーヒーの真実」  映画

ということで、「アップリンク・クラウド」を使って、
今回は「おいしいコーヒーの真実」という映画を見ました。

この映画は2006年のもので、当時は見に行くことができなかったんですよね。

エチオピアのコーヒー農家を中心とした話で、貧困に苦しんでいると。
そこで、フェアトレードを行って搾取をやめるべきだという話なんですね。

ドキュメンタリー的には単純な話に見えるので、
この手の映画としては初級編のような感じを受けました。

あれを見れば、なんてひどいんだ!と思うのは当然で、
発展途上国について意識するようになるでしょう。

現地では10円程度で飲めるコーヒーも先進国に行けば25倍もの値段になって、
でも、農家たちが受け取る報酬というのは微々たるものであると。

中間業者が入ってしまうこともそうだけど、
大きな市場では先物取引が行われていて、その価格が影響をしてくると。

本来であれば、価格を安定させてリスクを回避するのがその目的なんでしょうが、
農家のコストに関係なく、先物取引の価格が先に決まってしまうので、
最悪、赤字になってしまう価格で買いたたかれることになるわけですね。

売り手の独占ではなく買い手の独占のような構造になっていて、
買ってもらえないことには困るので、安値でも売るしかないと。

その辺は、漁業なんかでもそうですよね。
値段がセリで決まるから、自分たちに価格の決定権がないわけで。

そこで、先進国の業者は農家のことも考えずに買いたたくので、
そこで、現地の農協のような団体が積極的にかかわって、
フェアトレードを推進していっているという話でした。

ただ、かつてはコーヒーの価格は安定していたそうで、
それは、国際的な協定によって需給が調整されていたからだと。

さらに、農家のある人が話していたのは、
自分が国からもらった土地はコーヒーしか育たないから…、という話。

ん? 国から割り当てられたってどういうことよ。

さらに、その土地ではコーヒーか現地では合法の薬物しか育たないから、
そんなのを育てるのは嫌だけど、それを作って売っているんだと。

んー、結局はみんなそういうことじゃないですかね。

誰だって、好き好んで格差を生み出しているわけではないですよね。
(中には、悪いことしか考えられない人もいるかもしれないけど)

でも、そうは言いながらも、道義的にどうなのかということをやっている。
そうだとすれば、じゃあ、その農家さんだって先進国の人間と同じじゃんって。

コーヒーの価格が適正ではないと言うんだけど、適正価格とは?とも思うわけで、
結局は、誰しもが自分勝手なことを言っているだけのように見えてしまうわけです。

もちろんそれは、お前が貧困なところにいないからだろって、
そう言われたらその通りかもしれないけど、
農家の子供たちのうちの1人が、もう自分は農家はやらないと、
自分は勉強して他の職業に就くって、そういう話が出てきて、
そうやって、いろいろ考えていくことも必要なわけですよね。

昔ながらの暮らしを基本としつつも、新しい生活にも憧れてしまえば、
そこにズレが出てきてしまうのはしょうがないことかと。

新しい生活にあこがれるなら、新しい生き方に変えていかなきゃいけなくて、
今までの古いやり方で新しい恩恵を受けようというのはちょっと都合よすぎかなと。

最後に、フェアトレードで得た利益で村に学校を作ろうって話が出てきて、
みんなで賛成するって話になっているんだけど、あれが唯一の救いだったかな。

学校を作るのにはその利益だけでは足りないというんだけど、
そうしたら、自分の服を売ってでもお金を都合するよっていう人がいて、
その思いが広がっていけば、村は幸せになっていくわけですよね。

そんな思いで政治家やっている人間は何人いるのかなーって。

例えば、エチオピアの政治家たちは何やってんだって話でしょ。

農協の代表者は、あの映画ではいい人だったけど、
農協だって、農家のためと言いながら、非効率な組織になる可能性もあって、
それは日本を見てもらえばわかると思うんですけど。

とても長くなってしまいましたが、話は単純ではないのですよね。
そこを単純化してしまうと、まさに「真実」は見えてこないのかなと。

そんな自分だって、何が真実かはこの映画を見てもわかりませんでした。

2020/4/26

アップリンク作品見放題  日記

みなさん、お気づきかどうかわからないのですが、
今月の2日以来、ずっと2日ごと(偶数の日)に更新をしてきているのです。

家にずっといるので、時間的な余裕がずいぶんとあるからこそできてます。
でも、明日も更新しようかと思っているので、それも今日で終わりかな。

お出かけができないので、苦しんでいるお店もたくさんあるわけですが、
そんな中の1つに映画館があって、ほとんどが休業中でしょうね。

自分はそこまで頻繁に映画を見に行くわけでもなくて、
行ったとしても、ドキュメンタリー系の映画を単館の映画館に行くもので、
そんな映画館の1つに、「アップリンク」というところがあるのです。

こちらは、映画館の配給も行っているんですが、
この苦境の中で、オンラインでの映画見放題を始めているとの情報が。

オンラインでの上映は2016年から始めていたそうで、知らなかったのですが、
現在はそのオンライン映画館「アップリンク クラウド」において、
「アップリンク作品 60本(以上)見放題」というのをやっています。

2980円を払うと、3か月間見放題になるというプランで、
普通に見ると、オンラインでも1本500程度かかるので、
数本見るだけで十分に元が取れるようになっています。

これまでに自分が見たことのある映画としては、
 2011年6月に見た『100,000年後の安全
 2012年10月に見た『モンサントの不自然な食べもの
 2013年6月に見た『世界が食べられなくなる日
があります。

他にも、見に行きたかったけど結局は見なかった作品もあって、
これをきっかけに、時間があるときに見ようかなって。

実はもう1本見たので、その感想を次回にでもと思いますが、
通信容量的にもそこまでかかりませんでした。

どんな作品があるのかは、こちらをご覧いただければ。
詳細が書いていないのでちょっとわかりづらいところはありますが。

もし興味があれば、援助という意味でもぜひともお願いします。

さらに、厚かましい感じではありますが、
映画館への寄付付きの見放題プランもあります。
(見放題アカウントが2つついて5000円となっております)

こちらもご検討いただければ…。よろしくお願いします。
タグ: UPLINKCloud

2020/4/24

1週間の旅の終わり  旅の話

気づけば4月もあと1週間。家にいる生活にもすっかり慣れました。
きちんと家では仕事してますのでね。その辺はまたいつか書きますが。

ということで、沖縄の旅の話も今回で最後となりました。

竹富島を10時前の船で出発。朝がゆったりめでよかったです。
ちょっと雨が降ってきて、まだいる人たちはかわいそうだなーって。

クリックすると元のサイズで表示します

離島ターミナルから空港へのバスは、以前は1社だったけど今は2社で、
便数が増えたのはありがたいことですね。

お昼に出る飛行機だったので、その前にご飯を。
ちょっと早いお昼ごはんだったので、沖縄そばにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

1週間も沖縄にいましたが、まともな沖縄そばを食べたのはこのときくらい。
野菜そばにしました。あっさりめでおいしいんです。ソーキもいいけどね。

軽めにしたいと思いつつも、ついついサイドを取ってしまって、
もずくのかき揚げに、じゅーしーのおにぎりに、ちまきまで。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

いやー、どれもおいしかった。ちまき最高。
じゅーしーのおにぎりは食べきれなかったので、持って帰ってきました。

さらに、食後にはミルミル本舗のジェラートを。よく食べるね。^^

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機は787で、一番後ろの席になりました。外にはこんな飛行機が。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

後ろに作業場であるギャレーが見えたので、ちょっと撮影。
棚には何もなくてがらーんとしてました。

クリックすると元のサイズで表示します

機内Wi-Fiのコンテンツを楽しんだりして、そろそろ着陸。

だいたいの場合、幕張とか舞浜・葛西あたりを通っていくんだけど、
今回は海ほたるの上を通過してきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

北風が吹いているときはこのルートなんだそうで。
そうなんだー。じゃあ、いつも俺は南風だったりするってことだね。

先月末からは新ルートの運用が始まったわけだけど、
南風だと、都心上空を飛べちゃったりするってことだよね。

そんな経験ができるのはいつのことか。

ちなみに、自分の家の上空を通ったことあるんですよ。出発後に。
あれはいつのことだったかなー。2008年に長崎に行った時みたいです。

ということで、今回は1週間という長い旅でした。国内では最長かな?
なんだか、1か月前に行っていたなんて信じられない感じで。

また、心おきなく遊びに行ければいいなーと思うのでした。

2020/4/22

竹富島でBARに行く  旅の話(+たべもの)

今日もちょっとお出かけ。メルカリで物が売れたので発送を。
そのついでに、徒歩圏内のケーキ屋さんへ。でも、あんまり売ってなかった…。

ということで、竹富島の話はまだまだ続きますが、今回は夜の話を。

夜は部屋でゆったりすればいいかなと思っていたんですが、
西桟橋から「かにふ」に向かう途中で、BARを見つけたのでした。

新しいお店なんだと思いますが、そうやってお店が増えるのはいいことで。

もちろん、竹富島の自然を壊してしまうような開発はもってのほかで、
今も、コンドイビーチのそばにホテルの建設が予定されていて、
島内では反対運動が行われているのです。

自分も、ネット上で反対の署名をしておきましたが。

話は戻って、夕食後にBARに行ってみたのですが、予約してますか?と。
あー、やっぱりどこも予約してなきゃいけないんだよねー。

ということで、帰ろうと、お店を出たところで呼び止められて、
端の席でよければ1時間くらいなら平気ですよって。

おー、それはうれしいですね。せっかくなのでお世話になることに。

マスターが1人で切り盛りしているみたいで大変そうで、
なので、席は空いていてもお客さんを断っているということなんでしょう。

おうちの庭にテーブルが並んでいて、そこで飲むことができるのですが、
メニュも豊富で、おしゃれなカクテルが多くて、いい雰囲気でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

石垣にいる間に気に入ったパッションフルーツを使ったカクテルを。
満天の星空の下でおしゃれなカクテルを飲めるなんて、ぜいたくですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します


予定していたお客さんが遅れてきたみたいで、
結果として、まあまあな時間いさせてもらいましたが、
お会計の時に、「うつぐみチケット」買って来ましたか?って。

「うつぐみチケット」というのは、以前にも書いた入島料のことなんですけど、
メニュに書いてあったのですが、これを買った人はお通し代が無料だって。

ということで、お通しはタダにしてもらえました。^^

マスターは話し方からして沖縄の人で、おそらく地元の人なんでしょうけど、
そうやって、普及に努めている姿を見て、えらいなーとも思ったのでした。
タグ: 月灯

2020/4/20

竹富島の北部エリアに初潜入  旅の話

今日はお買い物の日。雨も降っていたのでスーパーはすいてました。
健康のためにも散歩の頻度をもう少し上げますかね。

さて、竹富島の話もあと少しですが、おやつを食べたら再び島内散策を。
自転車もあることだし、今まで行ったことのないエリアに行ってみました。

「ぱーらー願寿屋」は集落の入り口あたりにあるお店で、
近くには牧場があって、牛がたくさん。あれは石垣牛なのかな?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そこから西に、そして北に。目指すは美崎(ミシャシ)海岸というところ。

御嶽もあるというので、行ってはいけないエリアなのかな?と思ったら、
標識も出ていたので、ちょっと行ってみたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

こちらにはかつて桟橋があったということで、その名残も。
人は誰もいませんでした。目の前には石垣島が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

カニとかヤドカリとかもいなくて、見つけたのはヒトデみたいな生物。
クモヒトデっていうんだって。ちょっと気持ちわるい感じ。^^

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

美崎海岸を後にして、港の方に向かって行ってみたら、
途中に、石がまとまって置かれているところがあった、これは何だ?と。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そのまま進んでいくと、「新里村遺跡」という標識が。
へー、竹富島にも遺跡があるなんて。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

12〜13世紀ころに形成されたところだそうです。

今の集落は島の真ん中あたりにありますが、この遺跡は島の北部で、
石垣島に近い方にあるのは納得です。

港にちょっと寄ってから、また牛やヤギを見ながら島の中心へ。

そろそろ船の最終便が出るという時間だったので、
港に向かう人が多いなか、坂を上がっていったのでした。

ここが集落の入り口。スンマシャーと呼ばれるものです。
悪いものが村の中に入らないようにするものだそうで。

クリックすると元のサイズで表示します

ここを通ると、ああ、竹富島に来たなーって思うんですよね。

2020/4/18

竹富島での昼食とおやつ  旅の話(+たべもの)

昨日の夜からの雨はずいぶん降りましたねー。
昨年の夏の唐津を思い出してしまいました。もう晴れてきてよかった。

ということで、竹富の話なんですが、今回も食べものの話。

自転車を借りて、アイヤル浜まで行って、もうお昼の時間に。
昼は、宿の近くの「たるりや」に行きました。

竹富島に行ったら、ここのエビフライを食べないことには。

11時半ころに着いたんだけど、すでに何組かお客さんがいて、
注文しに行くと、時間かかるよー、と言われてしまいました。

まあそれでもかまわないので、エビフライ定食を。
そしたら、それでエビフライは終わってしまったようで、ぎりぎりセーフ。

クリックすると元のサイズで表示します

まだお昼前なのに、人気なんですよね。
なので、早めに行かないと、ちょっと厳しい感じに。

初めて行った8年前は、エビは5本だったんですけど、今は4本。
2017年に行った時も5本だったんですけどねー。残念です。

まあでも、頭からしっぽまでおいしくいただけるのでね。また行きたい!

それから、お昼寝の後にまた島内をぐるっと。
でも、その前に何か甘いものとか食べたいなーって。

前の日に、よさげなお店を見つけていたのですが、行ってみたら満席で、
その後うろうろしていたら、「ぱーらー願寿屋」があったのでそちらへ。

クリックすると元のサイズで表示します

メニュもいろいろあって、自分は「大人のパフェ」というパフェを。
サトウキビのアイスに黒蜜がかかってて、下にはコーヒーゼリーが。

クリックすると元のサイズで表示します

いやー、おいしかったなー。さんぴん茶がサービスなのがうれしい。

竹富島でカフェに入ったのは初めてで、ああいうのもいいですね。
さっさとアイスキャンディーというのもいいんだけどね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ