音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2020/3/31

石垣のきれいな海たち  旅の話

なんだかすっきりしない天気が続いていますね。明日も雨のよう。

今日は4月からの連絡がいくつか来まして、
どうなるかはわからないけど、準備はしっかりしておかないとですね。

さて、沖縄の話は舞台を石垣に移していきますが、
石垣島に来たら、まずはぐるっと回っていい景色を見たいところです。

初日の宿は島の南側の海に面したところにしました。
目の前には竹富島が見えます。朝食の後は海岸を散歩してみたり。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

その朝食は、ビュッフェか洋食ワンプレートかを選ぶことができたので、
ビュッフェはこの時期どうかなーというところもあったので洋食へ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ソファでゆったりいただきました。デザートも豪華で、とてもいい時間でした。

さて、まずはバンナ公園へ。人がほとんどいませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

次は、玉取崎展望台へ。晴れていないのでいまいちな感じでしたが。
新しく駐車場もできていて、トイレもこれから新しくなるみたい。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そしては、平久保崎灯台に。晴れていればすげーきれいなのにな…。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、おなかがすいてきたのでその近くのお店に入ってみました。
ここがなかなかのロケーションで、海を見ながら食事を。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

人気だったベイベールはもう閉店してしまっていて、
なんでも、いつも満員で疲れてしまった、という話を聞きましたが、
こちらもベイベールに匹敵する眺めで、なかなかいいのではないでしょうか。

駐車場の脇から海に行けるのですが、林の中を歩いて行くと、
プライベートビーチのような砂浜がいくつもありました。あれはいいねー。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ただ、調べてみたら、ホテルの料金はなかなかで。ちょっと無理かな。

最後に川平湾へ。ここは天気が悪くてもきれいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

今回は、砂浜を奥の方まで歩いてみました。けっこう続いてるんですね。
そちらから見る海もきれいで、遊泳禁止なのでそれが残念です。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

2020/3/30

石垣で海鮮を  旅の話(+たべもの)

今月もあと2日。テレビは今日から新年度って感じですね。
とは言いつつ、4月になっても何も変わらなそうな気がします。

さて、沖縄の話の続きですが、那覇から石垣に向かいました。
天候の関係もあって、飛行機がかなり揺れました。機体も軽いしね。

ホテルにチェックインしてから、市街地に出て夕食を。

那覇では人が少ないなーという印象でしたが、
石垣はそれなりに人がいる感じでした。

小さい島なので、人が集まるところが決まっているからかもしれませんが、
マスクをしている人はほとんどいなくて、これから何もないといいけど。

夕食どころは、以前に訪れたこともある人気の「ひとし」はあきらめて、
レンタカー屋さんでもらった本で見かけた「すし太郎」というお店に行ってみて、
こちらも人気店だったみたいで予約でいっぱい。

近くにあった「てっぺん」というお店に行ったら、こちらは入れました。
こちらも予約客でいっぱいで、人気店だったみたいですね。入れてよかった。

スクガラス・ワタガラス・ミミガーの盛り合わせがあったのでそれと島豆腐を。
スクガラス豆腐とワタガラス豆腐を自分で。いやー、やっぱこれがおいしい。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

マグロと石垣牛のお寿司もいただきましたが、ネタはいいんだけどご飯がちょっと…。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、地魚はお刺身で。
クルキンマチ(ヒメダイ)とヒーランマチ(ハチジョウアカムツ)を。

クリックすると元のサイズで表示します

自分的には、クルキンマチ(左の方)の方が好きでしたね。
タイのようなねっとり感とうまみが。タイのようって、ヒメダイだものね。

で、この日は行けなかった「すし太郎」なんですが、
3日後にランチで訪問しました。

昼の時間帯はけっこうゆとりがあって、おすすめなのではないかと。
注文できるメニューが違うので、がっつり行きたい人は夜でしょうが。

こちらでは「マグロ中落ち丼」をいただきましたが、おいしかったー。

クリックすると元のサイズで表示します

次は、しっかり予約をして夜にお伺いしたいところですね。

2020/3/29

琉球庭園「識名園」  旅の話

ガッツリ雪が降っています。外が静かでいいですね。
雪がやんだらスーパーに行こうかと思っていましたが、今日はあきらめます…。

さて、この寒い中で沖縄の話をしていくわけですが、
首里城公園から石畳道を通って南へ。

大きな道に出たところでタクシーを拾って、次は「識名園」へ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

「識名園」は、琉球王家最大の別邸だということで、およそ200年前にできました。
お城と庭園がセットというのはどこの文化でもそうなんですねー。

こちらでも、南国の木々のなかを通り抜けていきます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

庭の真ん中には池があって、メダカのようなものがたくさん泳いでいました。
そして、それを見ていたら、イモリまで登場。泳ぐんだねー。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さらに進むと、御殿が。沖縄では「うどぅん」と読みます。
御殿と池が少し離れているので、それが広さを感じることができますね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

中に入ることができたので、ぐるっと見てきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

池の反対側から御殿を。池に架かる橋もいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

池に浮かぶ形で六角堂が建っています。こちらは東屋だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに奥に進んでいくと、勧耕台という見晴らし台に。

ここからは、那覇の街並みが見えるわけですが、
どの方向を見ても海が見えないんですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

琉球の人々はこの見晴らし台に中国からの要人を案内して、
琉球が小さな島国ではないということをアピールしたんだそうです。

とてもいい雰囲気の庭園で、ここは本当に行ってよかったです。

沖縄本島に行くと、空港から車を借りて南部の戦跡を巡ったり、
きれいな海を目指して北へと行ってしまうことが多いのですが、
空港の近くでも、すばらしい時間を過ごすことができる場所があるんだなと。

首里城と識名園の間はタクシーが便利ですが、
識名園からゆいレールの駅まではバスが出ていますので、
車がない人でも楽しむことができるスポットです。

識名園、おすすめです。ぜひ!

2020/3/28

玉陵と石畳道  旅の話

関東では今夜から一気に寒くなって、明日は雪のようですね。
不要不急の外出をするなと言われているので、ちょうどいいかもですね。

さて、首里城公園の後は、近くにある「玉陵」に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

今回、那覇ではそんなに時間がたっぷりあるわけでもなかったので、
レンタカーは借りずに、近場で回れるところはないかと探して、
首里城の近くに「玉陵」があるということで行ってたのです。

あんなに近くにあるのに、今まで行かなかったのが申し訳ない。

「玉陵」は「たまうどぅん」と読むのですが、
琉球王国の最後の王朝である第二尚氏の歴代国王が眠る陵墓なのです。

参道というのかな、陵墓までの道のりもいい雰囲気でした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

墓室は3つに分かれていて、左側の東室に王様と王妃が眠っており、
右側の西室に王子や王女が眠っているというということです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

屋根には獅子の像が。よく見るシーサーとはちょっと違う感じですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら、展示室には入ることができなかったのですが、
琉球文化を感じることができ、行ってよかったなーと。

首里城公園のすぐ近くなので、ぜひとも行ってみてください。

次は、そこから歩いて金城町石畳道へ。
首里城から南部方面に行くために作られた道で、できたのは500年ほど前。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

サンゴからできている琉球石灰岩の道ですね。
ごつごつして歩きづらいですが、沖縄を実感できる道です。

途中、大アカギがあるよ、という案内板があったので行ってみると、
樹齢200年を超える大きな木がご神木とされていました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

さらに下っていくと、金城村屋という休憩所があって、
その近くの大きなガジュマルが。立派でした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

車もいいけど、歩いての観光がやっぱりいいですね。

2020/3/27

復興中の首里城へ  旅の話

また家にこもる日々が始まりました。

ということで、そんな中、沖縄に行ってきましたのでその話を。
まずは羽田空港から。人が本当に少なかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

昼間なのに早朝の雰囲気。いろいろと止まっていることを感じました。

まずは那覇に。マスクをしている人はちらほらと。
国際通りはやはり人が少なく、いるのは若者ばかり。卒業旅行かな?

お店もガラガラな感じで、注文したものがすぐ来るので良かったですが、
あれでは本当に困ってしまうでしょうねー。

着いた日はまだ天気は持っていたのですが、翌日は朝から雨。
それでも、行っておきたかったところが首里城です。

ゆいレールの首里駅から、城壁に沿って守礼の門まで。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

首里城には2015年に訪問しているのですが、
その時はレンタカーで行ったので、裏手を歩くことはなかったので、
今回、そのあたりを歩けたのはよかったです。

奉神門の向こう側に庭が広がり、そして正殿があるのですが、
中の様子をうかがうことはできませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2015年に訪問した時の写真がこちらです。
このきれいな建物や展示品などがすべて焼けてしまったのですよね…。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

あとで乗ったタクシーの運転手さんも、
まさか火事になっているとは信じられなかったという話をしてくれて、
この首里城は丘の上にあるので、近隣からその様子がよく見えたのだと。

本当に信じられませんよね。

すでに、復興に向けていろいろと動き始めているそうで、
例えば、ボランティアの人たちが、瓦から漆喰をはぎ取って、
それを再利用して行くというニュースが現地では流れていました。

またあのきれいな光景を見ることができようになるのはいつのことか。
一歩ずつ進んでいってもらえたらと思います。

2020/3/23

そろそろ帰りまーす  日記

引き続き、島での時間を楽しんでいます。
そろそろ帰らなきゃなのが残念です。東京は寒そうだな…。

今日は晴れていないので、昨日の夕日を。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2020/3/20

気をつけまーす  日記

今日から3連休ですね。

私はずっとお休みなのですが、花粉を避けに来ました。
いろいろご意見はあるかと思いますが。

あまり天気はよくありません。
バチが当たったと思ってください…。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ