音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2019/10/31

上水道の歴史館へ  日記

今日はハロウィンですね。渋谷は大丈夫でしょうか。
明日から11月。年末に向けた準備も徐々に始めたいところです。

さて、今日はちょっとお出かけを。

以前より参加している句会の選句のために友人に会うついでに、
どこか行こうということで、御茶の水にある「東京都水道歴史館」へ。

以前に、下水道についての資料館に行ったことはありましたが、
上水道についてのものは初めてかもしれません。

順天堂病院の近くを歩いて行くとありました。
小学生が社会科見学に来たりしているみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

3階では、期間限定で『上水記』が展示されていました。
神田用水とか玉川用水とか、江戸時代の水道に関する記録が書かれた書物です。

残念ながら、撮影不可でした。展示は11月4日までです。

2階には、江戸時代に使われていた木製の水道管などが展示してありました。
用水で運ばれた水を井戸にためて使っていたのですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

東京・多摩地区の小学生は「玉川兄弟」について勉強をするので、
あまり詳細は覚えてないけど、玉川上水には親近感があるんですよね。

1階の展示スペースの入り口がなかなかかっこよくて、
どこの建物を模したものかと思ったら、多摩湖の取水塔なんですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

1階は近代水道の展示でした。水道管は鉄です。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ロンドン水槽協会から東京市に寄贈された「馬水槽」がかっこよくて、
ただ、この歴史観にあったのはレプリカだそうで、
本物は新宿駅の東口広場にあるんだって。見に行きたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、一応、冷水器から、おいしいと評判の「東京水」を飲んで、
外に出たら、隣に公園があったので気になって行ってみることに。

本郷給水所公苑は、半地下になっている貯水槽の屋上に作られたものでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

奥には、神田上水で使われていた石樋(石の水道管)が展示されていました。
発掘されたものを復元展示しているとのことでした。いいですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ということで、プチ社会科見学でした。

2019/10/28

天安河原と東本宮  旅の話

ラグビーワールドカップも残すところあと2試合になりました。
決勝はもちろん、3位決定戦も楽しみですね。

ウェールズもV字型になったら、それはそれでおもしろいですね。

さて、8月下旬に九州に行ってきた話がまだ終わっておりません。
宮崎に初上陸し、高千穂にある天岩戸神社に行ってきました。

西本宮の参拝を終えて、天安河原(あまのやすがわら)へと向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、天照大神が「岩戸隠れ」をした際に、
どうしたものか、と神々が集まって相談をしたところだそうです。

川沿いを歩いていくわけですが、
雨の日が続いていたせいで、川の流れはやや激しい感じでした。

本来ならとても澄んでいるのでしょうね。
それでも、青く見える水の流れはとてもきれいに見えました。

5分ほど歩くと洞窟があって、そちらに天安河原宮があります。
この洞窟は「仰慕窟(ぎょうぼがいわや)」というそうです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

パワースポットという言葉を軽々しく使いたくないものですが、
本当に、神々がいらっしゃるのではと思わせる雰囲気でした。

上色見熊野座神社は熊本・高森ですが、
神の存在を感じさせるところというのは本当にすごいなーと。

で、また西本宮に戻ってきて、東本宮にも行ってみようと。

橋を渡っていきますが、本当に谷が深くて、下をのぞくとちょっと怖いです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

東本宮は、天照大神が天岩戸から出てきた後の最初の住まいになった場所で、
なんだけど、ほとんど訪れている人はいませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

んー、何なんだろうかね。天岩戸がメインってことだからかね。

ということで、天岩戸神社でした。

高千穂に行くまでは、伊勢神宮に行けばいいんじゃなかって思っていたりしたけど、
伊勢神宮がバチカンで、高千穂がエルサレム、そんな感じなんでしょうかね。

いずれも聖地であることに間違いないと実感できました。
本当に行ってよかったな。

2019/10/26

15000日めです  日記

昨日は大変な雨でした。大きな被害がまた出ていて心配ですね。
今年は何なんでしょうか。今年の漢字は「雨」とかになるのかな。

さて、本日なんですが、
この間、41歳の誕生日を迎えたばかりではあるのですが、
今日で、生まれてから15000日めを迎えたのでした!

以前に、10000日めを迎えたときにも記事を書きました。
27歳と4か月ちょっとでやってくるのです。

年単位で祝うのはもちろんいいと思うんだけど、
1日1日を積み重ねていって、その日数を数えるのもまたいいですよね。

この数え方、誰から聞いたんだったっけなー。

こんなことを話してくれそうな人はあの人かあの人か、
思い当たる人が2人くらいいるんだけど、んー、そうなのかなー。

普通に、テレビでやってたって話かもしれないけど。

すでに27歳を過ぎている人は、10000日めをスルーしてしまっていて、
41歳を超えている人は15000日めもスルーしているわけですけど、
いやいや、20000日だってあるし、25000日だってありますからね。

20000日めは、55歳手前でやってくる計算ですね。
25000日めは、69歳と5か月くらい。

具体的にいつやってくるかは、エクセルで計算すればすぐにわかります。

ただ、自分的な計算としては、生まれた日を1日めとしているので、
「誕生日+10000」の結果は10001日めになるのですね。

そこだけ注意していただければ。

ということで、15000日めでした。
15000日めおめでとう!ありがとう!

2019/10/22

上野懸垂線に乗る  電車の話

今日は朝から雨でしたが、さすがに儀式のときは上がるんですね。
延期されたパレードの日はスカッと晴れるのでしょうか。

さて、この間の日曜日に上野動物園に行ってきたのですが、
シャンシャンを見たいというのもありましたが、目当てはモノレールでした。

上野動物園の中をモノレールが走っているわけですが、
車両の老朽化のために、今月いっぱいで運行を終えてしまうのです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

なので、その前に乗りに行きたいなと。

上野動物園の西園と東園を結んでいるわけですが、
両園の間には「いそっぷ橋」が架かっているので、歩いていけるのです。

そこをわざわざモノレールで行くというのがまたいいですね。
珍しい懸垂式なのも、乗る価値があるというものです。

懸垂式は、関東では千葉モノレールと湘南モノレールがありますね。
湘南のは乗ったことがありますが、なかなかスリリングでいいんですよね。

ということで、東園から乗車。こちらの方が駅舎が古いです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

スタンプ帳が置いてあったので、待っている間に押しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

路線には2駅しかないので、どちらの駅も終点なわけですが、
きちんと「車止標識」がありました。れっきとした鉄道である証拠ですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ということで、電車がやってきました。いろいろな角度でどうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

動画も撮っておりますのでどうぞ。
もうちょっと早く回していれば、チャイムも入ったのですが…。


車両もいろいろなところに目が行きますね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ようやく車内に入って、基本的に着席スタイルでした。
立って乗ることはできないので、輸送力はそこそこ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まあ、立って乗るくらいなら歩いていけって話ですよね。
ゆったりできるというのが1つの配慮なのでしょうね。

乗っている時間は1分半です。あっという間に、西園に着いてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

下りるときに運転席を。前後の席は特等席ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

で、西園の近くからは、今度は下から撮影してきました。
ちゃんと車両の下の部分にもかわいらしい絵が描かれているんですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

近くにあるお土産屋さんでいろいろ見ていたら、また戻ってきたので、
今度は駅に入るところを。あれ、ずっと見ていたいかも。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

最後に乗れてよかったです。運行再開はあるのでしょうか。してほしいね。

2019/10/21

上野動物園へ  日記

昨日は残念でした。でも、いい試合でした。
この1か月、とても楽しませてくれた日本代表チームには感謝です。

そんな昨日は、上野動物園に行ってきました。
中学生の時に行って以来かな。もう25年以上経っていますね。

明日22日の祝日は入園が無料になるということだったので、
その2日前だったら少しは空いているのかな、と期待していたのですが、
入口から列ができてしまっていて、やっぱり人気なんですね。

まずはパンダですね。上野ですからね。
どっさり人が並んでいました。待ち時間は60分以上という表示が…。

クリックすると元のサイズで表示します

実際には40分程度で見れましたが、2頭とも寝ていました…。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

シャンシャンはもう2歳だしね。でっかいですね。
早く見に来て、あのかわいい姿が見れたらよかったですね。

上野は多摩動物公園とは違ってエリア別に動物がいるわけではないので、
何かちょっと慣れない気もしますが、バードハウスがなかなか良かったかな。

西表島や奄美大島で見たリュウキュウアカショウビンにまた会えました。
小さな小鳥たちもかわいかったなー。鮮やかでいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

上野には海の生物がいるのがいいですね。ホッキョクグマ。いいね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

プレリードッグがケンカしてました。その姿もまたかわいい。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

東園から西園に移動して、ペンギンがいました。

クリックすると元のサイズで表示します

あと、シマウマをひさびさに見たかも。オカピもいた。
多摩動物公園だとあんまり近くに見えなかったと思うのよね。違うっけ?

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

不忍池越しにスカイツリーも見えて、いい景色ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

待ち時間を除けば3時間程度で回れる感じでしょうか。コンパクトでいいね。
夜にはラグビーの試合があるわけで、早めに帰ってきたのでした。

2019/10/19

ラグビーワールドカップ準々決勝  日記

明日はラグビーワールドカップ2019の準々決勝です。
4年前と同じように、南アフリカを倒してもらいたいところです!

と、その前に、今日は東京スタジアムまで行ってきました。
ニュージーランドとアイルランドの準々決勝です。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

開幕戦の次の日に、横浜までNZ対南アの試合を見に行ったわけですが、
せっかくなら、より近い東京スタジアムでも見たいなって。

で、粘ってみたところ、横浜に行った2日後に今日のチケットが取れたのでした。

日程的に今日しか行けなさそうで、それが、プールB1位とプールA2位の準々決勝。
日本はプールAでしたので、もしかしたら日本代表の試合になるかも…。

ということだったんですが、見事1位通過をしたのでそうとはならず、
まあ、よかったんですけどね。

日本戦だとドキドキしながら見なきゃだから、疲れちゃうでしょ。
明日ゆったりしつつお家で観戦したいと思います。

前回の横浜の時は、3時間前にチケットを購入したので、
ただ試合を楽しむだけでしたが、今回はスペクテータープラザも楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

いや、その前に、試合の数日前にはメールが来るんですね。
試合会場までの行き方とかいろいろな情報が載っているのです。

まさに、日本的な「おもてなし」ということでしょうか。あれいいですね。

スペクテータープラザでは、ビジョンでもう1試合の試合を観戦。
大分で16時からやっていたイングランド対オーストラリアです。

クリックすると元のサイズで表示します

始まって10分のところで会場に着いて、さっそくイングランドが2トライ。
オーストラリアがトライをすると、アイルランド勢が大歓声を上げていました。

試合中継の実況が副音声の英語で流されていたので、
もう、本当に日本じゃないんじゃないかという雰囲気で。

試合中継以外にも、いろいろなスポンサーブースが出ていて、
試合以外にも楽しめるというのはいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして、いざ試合会場に。今回は2階席でした。
上からの眺めもまたいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ただ、歓声がすごかったこともあって、
アンパイアの笛の音が全く聞こえませんでした。やっぱ遠いんだね。

横浜の時は後ろからだったハカは前から見れました!

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

試合はニュージーランド優勢が進んでいきましたが、
隣にアイルランドの人が座ったこともあって、アイルランドに肩入れ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとキックやハンドリングのミスが目立って残念でしたが、
後半にトライを2つ取って、すげー興奮しました。なぜかガッツポーズ。^^

試合終了後には、この試合で代表を引退するアイルランドのキャプテンを、
両チームが花道で送る姿も。すばらしいですね。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ということで、準々決勝を見れて幸せでした。生で見るのはやっぱりいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

明日はお家で応援しまくります!

クリックすると元のサイズで表示します

2019/10/17

天岩戸神社へ  旅の話

一気に涼しくなりましたね。ちょっと寒いくらいで。
夏仕様から冬仕様に部屋の中を一気に変えました。

九州の旅の話は最後の宮崎までやってきました。
今回は、日本神話ゆかりの地である高千穂を回ってきました。

まずは、天岩戸神社へ。
天照大神が「岩戸隠れ」をした天岩戸と呼ばれる洞窟を祀っている神社です。

到着すると、西本宮と東本宮と社殿が2つあって、どちらに行けばいいのかな?と。
ひとまず、多くの人が向かっている西本宮から参拝してきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

近くを川が流れていますが、はるか下の方にあって、
向かいの崖というか山の側面に天岩戸があるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

拝殿からは天岩戸を見ることはできません。

そしたら、その天岩戸を神社の方が案内してくれるツアーがあって、
30分ごとに開かれているのですが、もちろんそれに参加してきました。

先ほどお参りした拝殿の裏手に回ることができて、
そこから、対岸にある天岩戸を拝むことができるのです。

天岩戸には、古くより人々は足を踏み入れないということで、
保存のための管理等が行われていないことから、
今は洞窟が崩れてしまっているのではないかということでした。

その天岩戸を望みながら、神主さんがいろいろ説明をしてくれたのですが、
例えば、菅原道真は天に上がったのちに天神様という神様となり、
徳川家康も同様に、天に上がったのちに権現様になったと。

そうやって、地上にいたときは神という存在ではなかった人が、
天に上がってから神様として祀られるようになったわけだと。

なので、天照大神も同じように、
地上にいたときは神とは違う存在だったと考えている、とのことでした。

んー、なるほど。これはなかなかいい話を聞けました。

その後、拝殿を出て、神楽殿の前でも興味深い話をしていただけました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人の主食といえばお米ですが、
このお米を日本全国に植えて回ったのが神武天皇だとされているのです。

なので、その神武天皇以降、天皇という地位にある人たちは、代々、
国民が食に困ることがないように豊作を祈り続けていて、
皇后の地位にある人は、カイコを育てて生糸を紡いでいるように、
着るものに不自由しないように願っていると。

そうやって、天皇と皇后は衣と食について祈っているんだということでした。

とても分かりやすい説明でいろいろと話してくださって、
あれは参加する価値のあるツアーでしたね。いやー、行ってよかった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ