音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2019/5/30

技研公開2019・8Kの話  日記

今日は「技研公開2019」に行ってきたわけですが、
ARやAI、それからIoTなどの展示がいろいろとありましたが、
やはり8Kもメインどころとして展示がいくつもありました。

8K以外の話は、1つ前の記事をご覧ください。

で、8Kについては、120Hz(120fps)の話が多かったでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

1秒間に120枚の画像を映し出すのが120Hzということなのですが、
多くなることでそれだけ映像が滑らかになるわけですね。

60Hzと120Hzの違いは、7年前の技研公開で展示されていたみたいです。
その時はまだ「スーパーハイビジョン」と呼ばれていました。

8Kシアターでは、ダンスパフォーマンスの映像を見せてもらいましたが、
映像がきれいなうえに、残像が残らないで滑らかに見えるので、
実際に目の前で踊っているように見えるわけですね。

ただ、そのあとに60Hzなのかな、120Hzではないものも流れたんだけど、
普通の映像だと60Hzでもそんなに違いがわからないかなー。

ともかく8Kはきれいです。いやー、本当にきれい。

8Kとハイビジョンの映像を見比べることができるコーナーもあって、
8Kだと新聞の小さな文字までくっきり見えるんですね。すごいね。

クリックすると元のサイズで表示します

ハイビジョンだと、視力検査の1.0あたりからぼやけていきます。そんなもん。

シアターでは、最後にクラシックコンサートの映像を見たんだけど、
22.2チャンネルのスピーカーで聞くので臨場感たっぷりなんですけど、
映像はそこまできれいじゃなくてもいいのでは?と思ったんですね。

でも、映像がきれいだと、本当にその場にいるような気になりますね。
楽器の光沢もきれいだし、会場の豪華さもしっかりとわかります。

その120Hzですが、伝送の話があちこちで展示してありました。
大きな容量となるわけで、今はその伝送実験をしているんだとか。

クリックすると元のサイズで表示します

伝送の話は7年前に見に行った時にも聞いているようで、
その時の記事にもちゃんと書いてあるんですよね。

カメラ、プロジェクタ、ディスプレイなどのハードも重要ですが、
伝送こそとても重要な要素ですものね。

さらに、小型カメラの展示もあって、あんなに小さい8Kカメラがあるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

医療分野で活用されれば、遠隔での手術なんてことにもつながるわけで、
テレビだけではなく、他分野との連携のカギなんですね。

7年も空けてしまうと、一気にメインテーマが変わってしまいますね。
次はいつ行けるかな。3年後くらいに行ければいいのですが。

2019/5/30

技研公開に行ってきました  日記

今日はさわやかな陽気でしたね。風がちょっと冷たかったかな。

そんな今日は、世田谷にあるNHK放送技術研究所まで行ってきました。
今日から日曜日まで「技研公開2019」が開催されているのです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

技研公開に行くのは今回で3回めで、7年ぶりとなりました。
この7年で技術は一気に進んでおりました。勉強になりました。

まず入ると、VRやARの展示が並んでいました。
もはや4Kや8Kは当たり前の技術で、これからはARやAIの時代ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかすごかったのは、4Kの映像を180度スクリーンに映していて、
川を船が進む映像が流れたんだけど、実際に乗って動いている感覚に。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

3台の8Kカメラを使って撮影し、それを8台の4Kプロジェクターで投影。
ゴーグルなどで楽しむのもいいですが、やっぱスクリーンは視野が広くていいですね。

といいつつ、ゴーグルをかけてARを体験できるコーナーがあったので、
ちょっと並んでいましたが、体験をしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ゴーグルにスピーカーがついていたので、
ARで登場する人の声も、ちゃんとその人がいる方向から聞こえてくるんですね。

メガネをかけなくても立体的に見えるインテグラル3D映像は、
7年前はものすごい小さいディスプレイで見た記憶がありましたが、
今回は、視聴者の位置を把握して立体視できる範囲を広げたということでした。

でも、やっぱりまだまだな感じなんだよね。3Dは難しいですね。

8Kの話は次の記事に書くとして、
もう1つ、技術の中心あったのがAIで、なんかもうすごいですね。

音声認識による字幕制作については、
初めて見に行った11年前には、他人が逐一文章の訂正をしていましたが、
現在は、分野によっては精度が9割を超えるそうで、
これからは地方局でも字幕表示が求められるそうなので、この仕組みが必要だとか。

他にも、IoT連携でいろいろなデバイスからの提案をするというコーナーでは、
なんだか未来の生活を見ているんだか、見ていないんだか。

というのは、テレビが中心の話になっているからそう思ったんだけど、
でも、強いなと思ったのは、話の中に昔の映像を登場させてたってこと。

ネットでいろいろな映像が見れるとしても、
アーカイブを持っているのはテレビ局ですものね。

テレビ局が生き残る1つの方法として、その活用はあるのかなと。
そうなると、やっぱりNHKは強いですね。

ノーマライゼーションに関する展示もありました。
手話映像の自動生成とか、競技の状況を振動で感じる触覚インターフェースとか。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

いろいろな人に向けて技術開発してもらいたいですね。
ということで、8Kの話を次に



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ