音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2018/10/31

オーダー3軒め  日記

今日で10月もおしまいなんですね。なんかあっという間だった今月。
気づけばもう年末、なんてことになるんでしょうね。

さて、先日はイグ・ノーベル賞の世界展」を見に行ってきたわけですが、
いよいよ今度の日曜日までですので、まだの方はお早めに!

カレーを食べて、電車に乗って向かったのは新橋です。
昼間は京浜東北線は通過しちゃうんですね。ひさびさに乗れると思ったのに…。

お昼に新橋でちまきを食べてもよかったんですけどね。
あ、あそこはビーフン屋さんでした。ビーフンにちまきでもよかったかな。

時間的にどうかと思って今回は見送りました。

で、新橋駅から銀座方面に歩きまして、平日の昼間は外国人でいっぱい。
なので、裏通りを歩くと、人も少ないし、なんとも情緒があっていいですね。

行ってきたのは、「UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE'S」というお店で、
スーツ屋さんなんだけど、オーダースーツを取り扱うところなのです。

2年前に、「UNIVERSAL LANGUAGE」で紺のスーツを買ったんだけど、
なかなかいい感じだったので、その系列のお店でオーダーもいいかなと。

「UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE'S」はオーダーに特化しているので、
どんな生地があるのかも含めてちょっと行ってみたのでした。

新宿や渋谷のお店にも併設はされているんだけど、なんか片手間感があって、
なので、がっつりやっている銀座のお店へ。

2階に上がってゆっくり生地を見つつ話を聞いてきたのですが、
「UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE'S」が他のところと違ったのは、
基本的にオプションという考えがないということ。

ステッチとか本切羽とか本水牛のボタンとかは標準で付いていて
オプションは、裏地をよくするとかボタンをもっとよくするくらいなんだって。

他のお店では、ステッチも本切羽もオプションとして数千円取られますからね。

なるほど、だから、2年前に普通のお店で買ったものも本切羽になってたんだと。
まあまあな値段がしたのはそのせいだったんですね。

しかも、自分のスーツはハンドメイドかもしれないって話だったんだけど、
なかなかすごかったのは、2階に上がって話を聞こうとしたところ、
お店の方が、「そのスーツはうちのですよね」と気づいたってこと。

見るとわかるんだねー。すごいな。

いい生地も見つけたんだけど、その生地は機械縫いしかできないそうで、
んー、どうしたものかという感じです。

2018/10/29

水道橋駅と金沢カレー  日記

まもなくハロウィンですが、先週末にイベントがあちこちで行われていて、
自分の住んでいる地域でも、子どもたちが仮装していました。

玄関先に飾りをしている家もあったので、
そこに行くとお菓子がもらえるということだったんでしょうか。

そういう地域的なイベントはいいですね。

さて、先日はイグ・ノーベル賞の世界展」を仕事帰りに見にいったのですが、
見終わったのが13時過ぎということで、昼食はどうしようかと。

で、事前に調べておいたんだけど、
金沢カレーのお店が駅近くにあるということだったので行ってみました。

カレーの市民アルバ」というお店で、なかなかの老舗のようでした。

頼んだのは「満塁ホームランカレー」で、カツ、ウインナー、海老フライに、
さらに目玉焼きまで乗っかっているというボリューム満点なメニュー。

クリックすると元のサイズで表示します

で、食べてみたんですが、金沢カレー的なスパイス感はなくて、
むしろ、マイルドでドロッとした感じ。

ビーフシチューを食べているようだ、と表現されているサイトがありましたが、
たしかにそんな感じでしたね。ちょっと求めていたものとは違いました。

以前に、金沢で「ターバンカレー」に行って、そこのはかなりお気に入りで、
でも、東京にはお店がないんですよね。

なので、その代わりといってはなんですが、それで行ったんですけどね…。
「ターバンカレー」から分かれた「チャンピオンカレー」に行くべきですかね。

で、おなかいっぱいになってお店を出ようとしたら、
入り口のところに「閉店のお知らせ」というのが貼ってあることに気づきました。

なんと、そのお店は昨日(10/28)で閉店してしまったんですね。
あらー。なんというタイミングで行ったんでしょうかね。

なかなか激戦区だってことなんでしょうかね。なんともです。

それから水道橋駅から次の目的地へ。そしたらホームに水道橋の説明書きが。

クリックすると元のサイズで表示します

水道橋駅に行くときというのは、だいたい東京ドームに用事があるときで、
ゆっくりホームを眺めるなんてしないですからね。

そしたら、ホームの屋根を支えている柱がレールのお古だって。
あ、ほんとだ。断面を見るとわかりますね。ドイツから輸入したレールだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

なかなかいい景色。という、昼下がりの水道橋駅でした。

2018/10/27

イグ・ノーベル賞受賞作たち  日記

最近は予報よりも早く雨が降り始めることが多くて、ちょっと困っちゃいますね。
午後からといっていたのに朝からとか、明け方からといっていたのに深夜からとか。

数値予報の精度がかなり上がっているらしいんだけど、
まだまだ難しいんでしょうかねー。

さて、先日は「イグ・ノーベル賞の世界展」に行ってきたのですが、
イグ・ノーベル賞が何たるかということを学んだ前半に続いて、
後半は、イグ・ノーベル賞を受賞した研究がたくさん紹介されていました。

少しだけかと思ったら、思いのほかたくさんあって、
だいたい1時間ちょっと見てましたかね。もっとゆっくり見てもよかったかも。

日本人では、ドクター中松が2005年に受賞していて、
自分の食事を毎日撮影して健康への影響を調べたとか。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

今や、食事を撮るのはありふれた行為になってきちゃってますけど、
撮影し始めたのが1971年ということで、当時はかなり怒られたりしたんだって。

バウリンガルが受賞したのは覚えていましたが、
たまごっちも受賞していたんですね。人々の時間を浪費させた「経済学賞」です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

日本人以外のものだと、マーフィーの法則が1996年に受賞してるって。
マーフィーの法則って流行りましたよね。パンを落とすとバターの面が下になる。

クリックすると元のサイズで表示します

あと、見たかったのは、ブラジャーがガスマスクになるというもの。
一見すると普通のブラジャーに見えるんですけどね。中に何か入ってるのかな?

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと信じられなかったのは、
イヌがしゃがんで排泄するとき、必ず南北方向を向くっていう研究。

クリックすると元のサイズで表示します

いやー、実証研究だからケチをつけられないんだけど、ちょっと信じがたい。
でも、本当だとしたら、何が影響しているのかね。磁場がわかるのかね。
てか、その方が磁場が安定して、そうだと出やすいってこと?

あと、驚きだったのが、膣内スピーカーというのもあって、
胎教として妊娠中に音楽を聴かせるなんてのがあるけど、
この研究者からすれば、外から聞かせても意味はないと。

なので、膣内にスピーカーを入れて直接聞かせましょう、だって。
いろんな事を考えるよね。かなりの批判もあるようですが。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ということで、いろいろとおもしろい研究が紹介されているので、
ご興味のある方は是非。11月4日までです。

1400円というのがちょっと高いとは思うかもしれないけどね。

2018/10/26

イグ・ノーベル展へ  日記

そろそろ10月もおしまいなんですね。
まだ中旬くらいかと思っていたら、もう25日を過ぎていました。

今年もあと2か月ですね。もう今年も終わるのか。

さて、昨日は昼の仕事が午前中に終わるということで、
ちょっと時間的に余裕があったので、どこか寄り道でもできないかなーと。

そこで思いついたのが行っておきたかった展覧会で、
東京ドームシティにある「Gallery AaMo」へと行ってきました。

今開催されているのは「イグ・ノーベル賞の世界展」です。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

イグ・ノーベル賞は聞いたことのある方も多いと思います。
今年も日本人のお医者さんが受賞しましたよね。

イグ・ノーベル賞は、1991年に創設されたもので、
「人々をまず笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して贈られています。

ということで、ちょっと変わった研究への賞という印象なんですけど、
けっこう興味があったので、行ってきたのでした。

平日は12時からの開館ということで、開館直後に入場することに。
まあまあ人がいましたね。やっぱりみんな興味あるのかな。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

まずは、受賞内容ではなくて、イグ・ノーベル賞自体の紹介があって、
授賞式自体にもいろいろと工夫が凝らされていることがわかりました。

展覧会の会場の上の方に紙飛行機が飾らられていたので、
これはどういう意味があるんだろうか?と、入った時に思ったんだけど、
授賞式の観客が、紙飛行機を投げるという慣習があるんだとか。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、何の意味があるのかはちょっとよくわかりませんでした。
いいと思った研究に対して投げるわけではないようで。

スピーチが長い研究者に対しては、8歳の女の子が出てきてやめさせるとか、
検閲係がいて、未成年にふさわしくない発表を止めるとか。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

受賞会の模様を映像でちょっとだけ見ることもできたんだけど、
あれは、毎年見に行きたくなりますね。

まあ、英語だから何言ってるかわからないけどね。

賞自体だけでもユニークなんだけど、
授賞式まで面白いというのはしらなかったので、
細部にまで工夫が凝らされているんだなーと感心しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ってことで、次の記事では、面白かった受賞作をご紹介。
イグ・ノーベル展は11月4日までですので、ご興味のある方はお早めに。

2018/10/24

トイレの電気の話  日記

秋らしいですね。晴れの日も増えてきて気持ちがいいです。

さて、今回はトイレの電気の話を。
あ、あの話かなって気が付いた方もいるかもしれませんが。

トイレに入っていて、暗くなったって話なんです。

ああ、それなら自分も経験したことあるよって方もいるかと思うのは、
人感センサーで電気がつくトイレの話ですね。

個室に長いこと入っていて動かない時間が続いてしまうと、
トイレの中には誰もいないということになってしまって電気が消えちゃうのです。

前の職場で何度かその目にあったことがあって、
そこのトイレが大変だったのは、個室内での動きには感知してくれなくて、
個室の上の隙間から手を出すとかしないと電気が復活してくれなかったのです。

でも、している最中に立ち上がるというのはちょっと…。

なので、そういったときは、ちょっと扉を開けて手を出すと。
でも、その瞬間にだれかが入ってくるかもしれないですからね。ちょっとドキドキ。

なんてのはあるあるな話なのかもしれないですけど、
先日体験したのは、そんな人感センサーのトイレでは無くてですね、
電気が消えたというよりは、電気が消されてしまったのです。

今年度から行っている新しい職場での話で、
そこのトイレは、人がいないときは電気を消しましょうというルールなのです。

なので、だいたいの場合は、自分で電気をつけて入って、出るとき消すと。

そしたら、この間、個室に私が入っているにもかかわらず、
電気を消されてしまったのでしたー。

廊下の明かりがほんの少し漏れてきていたので真っ暗にはならなかったんだけど、
やっぱ、暗い中でするというのはちょっと落ち着かないものですね。

ちょうど携帯電話を持って行っていたので、そのライト機能を使って、
ある程度明るくすることができたので良かったです。

いつかこういうことが起きるのではないかとは思っていたんだけど、
まさか、こんなに早く訪れるとは思ってもみませんでした。^^

今度からは、ちょっと咳払いしてみるとか、ウォシュレット作動させるとか、
存在をアピールした方がいいのかもしれないですね。

みなさんもお気を付けくださーい。って、そんなことほとんどないか。

2018/10/21

着々とゲーム機化  日記

今日は暖かいですね。今週は天気も安定しそうでなんだかホッとします。

先日、iPadがやってきたわけですが、
まだセットアップが不完全というか、そういう状態なので全然使えなくて、
また職場に持って帰ってからということのようです。

ということで、相変わらず「MediaPad T3」君にがんばってもらっていて、
先日は新しいゲームを入れて、ちょっとそれを楽しんでいるのです。

もとは、「みんなで早押しクイズ」というクイズゲームを入れたんだけど、
オンラインで早押しクイズの対戦をするというもので、なかなか楽しいですね。

出題されるクイズには投稿されたものが含まれているので、
ちょっと何なの?という問題もあるんですけどね。

で、その対戦が終わると広告が出てきて、
その広告に出てきたゲームが面白そうで、さらにまた入れてしまったのでした。

それが「Happy Glass」というゲームで、
蛇口から流れてくる水をコップの中に入れるというゲームなんだけど、
蛇口とかコップの位置はもともと固定されていて、
コップまで水が流れていくように、指で線を引っ張って導線を作るんです。

というように文字で説明してもなかなかわかりにくいと思うんですが、
まあ、ピタゴラスイッチまでは行かないけど、あんな感じで、
どこに線を引いたらうまくいくのかを考えるパズルのようなものなのです。

模範解答が出ないので、とりあえず水が入ればオッケーって感じで、
なので、すごい変な感じでクリアしちゃうときもあって、やや苦笑い。

思っていた通りの動きをしなくて、とてもおかしなことになることもあって、
自分の愚かさに笑ってしまうこともあるのでした。

今はLEVEL106までクリアしたところですが、
なかなか難易度が上がってきて、簡単にはクリアできないようになってきました。

ただ、その難しいのを試行錯誤するのが面白いので、
じっくりやっていこうと思います。

ヒントを出そうと思えば出せるんですけどね。
まあ、ヒントというか、ほぼ答えなので、出しちゃうと面白くないのよね。

そうやって携帯端末は結局はゲーム機と化していくんだよね…。

2018/10/19

最強コンビ解消  お仕事関連

1年のうちに、というか、まだ半年くらいなんですけど、
そんな短い期間に3人の人と別れることになってしまいました。

相変わらず自分は「子ども」なもので、
少なくとも2人は「保護者」のような存在であったことは間違いなく、
そんな存在を失うというのは、いい加減甘えているんじゃねーっていうことですかね。

彼が私の上司になったのは2013年度からで、初めての年下の上司。

最初のころは自分が誤った振る舞いをしてしまったために、
ちょっと困らせてしまったのではないかと思うのですが、
その後、一応自分的には心を改めまして、それが伝わってくれたのか、
2年目以降はよく使ってもらえるようになりました。

前の上司が異動して変わるときに、その方に言ったのです。

彼と自分とということになれば、それは最強なはずでしょって。
それで実績が出ないわけがないじゃないかと。

彼はカリスマ的な雰囲気を持っていて、人をどんどん引っ張っていきます。
まさに道しるべとなるわけです。やる気も起こさせてくれるし。

その一方で、私がビシビシ鍛えるわけです。

鍛えられても、適切な誘導ができない場合もあるし、
適切に誘導しても力をつけさせられないこともある。

でも、この2人がタッグを組めば、そんなことはない。
まさに「最強のコンビ」だと思っていたのです。

私だけかもしれませんが。

昨年も一昨年もある程度の成果を出せたかとは思いますが、
まだまだこれからということもあったのですが。

まあ、人生いろいろありますからね。まだ若いし。

昨日はこれからのこともちょっと話してくれて、
ちょっと気落ちしているようなところもあったので心配だったのですが、
気丈にふるまっているだけだったのかもしれないけど、安心しました。

また会えるかどうかはわからないけどね。
新しいところでも活躍していただければと思います。

どうもお世話になりました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ