音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2018/9/3

刃物のまちです  旅の話

明日からあさっては台風に警戒が必要のようですね。
台風から遠い関東でも風が強まるとか。電車大丈夫かなー。

さて、郡上八幡からの帰りに岐阜県の関に寄ってきました。

関というと何かといえば、関は刃物のまちなんですね。
鎌倉・室町時代から刀鍛冶が関に集まってきたとか。

古くから名刀を輩出した地域は「五箇伝」と呼ばれているそうで、
その中の1つに美濃伝(関伝)があるんだそうです。

ということで、まずは「関鍛冶伝承館」へ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらでは、月に1回刀鍛冶などの実演が行われているのですが、
その日程にぴったり合うはずもなく、いろいろ展示物を見てきました。

刀を持ってみようのコーナーもあって、んー、意外とそこまで重くはないかな。

2階の刃物展示室にはいろいろな刃物が置いてありました。
十徳ナイフならぬ百徳ナイフまであるんですね。すごいな。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

でもやっぱ、いつか、実演を見てみたいですね。ものすごい迫力だろうなー。

それから次は「刃物会館」へ。
こちらは刃物をいろいろと売っているお店です。市価よりも安いそうで。

クリックすると元のサイズで表示します

人気なのはアニメのワンピースのペーパーナイフだそうで。
仕入れるとすぐに売り切れちゃうんだって。4000円もしてたけど。

最後は、その近くにあった「フェザーミュージアム」へ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

カミソリでおなじみの会社であるフェザーがやっている博物館です。
こちらは子どもとともに楽しめる感じでしたね。

懐かしいものも展示してあったので、大人ももちろん楽しめます。
フェザーはシェーバーだけじゃなくて、床屋さんのとか医療用のも扱ってるのね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ということで、いろいろと勉強になったのでした。

長良川鉄道の駅に「刃物会館前」というところがあって、
それを見て前から気になっていたので、ようやく行けてよかったです。

2018/9/1

関の街へ  旅の話

9月になりました。台風の動きがちょっと心配ですね。

さて、郡上八幡に行ってきたときの話の続きなんですが、
帰りは長良川鉄道を使ってきました。駅までは「まめバス」に乗って。

すると、駅がちょっときれいになっていまして、
切符売り場の隣にあったスペースがカフェになっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

かつては、古い鉄道の資料が並べてあったんですけどね。
あれがなくなったのはちょっと残念だったかな。

ホームまわりもきれいになっていたかな。駅名標とか。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、今回は終点まで行かず、途中の関駅で下車。
関の街を歩いてきたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

まずは、駅から少し行ったところにある関善光寺へ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

こちらには、五郎丸ポーズに似た大日如来像があるとのことでしたが、
それよりも気になったのが「卍戒壇巡り」でした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

戒壇巡りは、清水寺や長野の善光寺などでもできますが、
こちらは「日本で唯一」となっていて、卍型というのが珍しいのでしょう。

ということで、せっかくですので巡らせてもらってきました。

真っ暗だし、その中を静かに歩いていくのは何とも言えない気持ちですね。
無事に錠前に触れることもできて、それから出口までの経路がけっこうぐるぐると。

出てきたところに書いてある言葉がよかったですね。
ぜひ、ご自身の目で見ていただきたいところですが、なかなか関は行かないかな。

そのあとは、すぐ近くにあった弁慶庵(惟然記念館)へ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、松尾芭蕉のお弟子さんであった広瀬惟然を記念して作られた場所で、
広瀬惟然という人は、芭蕉の最後の旅にも同行をした方なんだそうです。

それでも、人生としては波乱万丈で、なかなかだという話を伺って、
どんな形で歴史に名が残るかわからないなーと。

こちらでは句会も定期的に行われているということで、そのあたりのお話も。
自分も一応句会のようなものに参加していますんで。

いろいろとお話をしてくださってうれしかったです。いい出会いでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ