音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2018/9/29

濁すのは水だけにして  日記

台風は大丈夫でしょうか。しっかりと対策をしましょう。
その後ろにもう1つ台風が来ているのも気になりますね。2週連続は勘弁…。

さて、先日のことなんですが、
東京都水道局から「濁り水のお知らせ」というのが入っていました。

水道施設の点検を行うので、深夜の時間帯に水道水が濁るということで、
それはちょっと困ったなーと。

で、お知らせには「注意事項が裏面にある」というので見てみると、
次のようなことが書いてあったのでした。

・飲み水はあらかじめ用意しておくように
・トイレは汲み置きした水を流すように
・作業時間中は必ず蛇口を閉めるように

これを読んで、「これって、事実上の断水じゃん」ってのが自分の感想でして、
「濁り水のお知らせ」というタイトルから受ける印象とは大違いだなーと。

水が濁るとなれば、お風呂に入るとかお皿を洗うとか、
その辺のことは濁る前にやっておかなければいけないなーって認識にはなるけど、
トイレの水は濁ってても少しはいいかなって思っちゃったりしてたら、
まさかの「流しちゃダメ」だとは。

だったら、最初から「断水」って書いといてほしかったんですけど。
だって、作業中は蛇口を開けてはいけないわけだから。

何でそんなところで言葉を濁すのかなーと。
その方がクレーム的なものが減るとでも思っているのでしょうか。

ってことで、その濁り水は23時30分からということで、
しかしながら、その日は22時まで私は仕事なわけですよ。

22時に終わったからといってすぐに帰れるわけでもなく、
でも、その日はがんばって帰ってきて、22時35分頃に家に到着。

それから、お風呂に入り、夕食をとり、お皿を洗い、お米を研ぎ、歯磨きをする、
というのを23時半までに終わらせなければいけないわけだったのでした。

いやー、どんだけ慌ただしいんだよな。

まあでも、これを自分は50分でやってやりましたよ。
歯磨きが終わったのは23時25分でした。ギリギリセーフ。

で、それだけ早く寝る準備ができてしまったので、
テレビも面白くなかったし、0時前には寝てしまいました。

でも、だいたい朝までの間に1回はトイレに起きてしまうわけで、
できれば濁り水終了後に起きてほしいなーって。

そしたら、起きたのは4時45分で、濁り水終了15分前でした…。
ちゃんとペットボトルにお水をためておきましたけどね。

ということで、無事に濁り水を乗り切りました。

今の時代、断水とかしないで点検してもらうことはできないんでしょうかね。
水は仕方ないのかなー。本当に断水するよりはいいけどね。

2018/9/27

「地形の記憶」がお気に入り  日記

今日も寒いですね。明日は晴れて暖かくなるようですが。
それよりも、週末はまた台風だそうで、心配ですね。

さて、お台場にある「teamLab Borderless」に行ってきたわけですが、
「ランプの森」を出て、もう1つの人気エリアへと。

その途中でまた新たな部屋を見つけました。1つは、波がずっと立っている部屋。
ここもずっといられそうな気がします。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

次に見つけたのは、白くて丸い円状の物が並んでいる部屋。
そこに映像が映り、丘にいるような気分になります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

自分的にはここが一番好きでした。いろいろなものがやってくるので飽きません。
自分がいた時間帯は秋が主体の映像でした。

ここでも、流れてくるか所に人が行くと、その流れが変わるのです。
そういった細かな仕掛けがうれしいですね。

周りが鏡になっているので、本当に広い草原にいるみたい。

で、最後に並んだのが「浮遊する巣」で、
網の上に寝転んで映像を見るというように説明されたのですが、
まあ、結論から言えば、並ばなければよかったです。

こちらも混雑と閉館時間との関係で時間制となったのですが、
自分たちのいた10分間に流れた映像はたった1つ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

2つ目が流れ始めたところで外に出されました。
1時間並んで、5分だけ映像を見ておしまい。あれはひどいと思います。

そんな運用をするなら、入った時点で映像を流せ、と思いました。

クリエイターが優秀でも、それを運営する主体がクソだと意味がありません。

豊洲とお台場でチームラボのアートを体験することができるわけですが、
運営主体が違っています。豊洲はDMMで、お台場は森ビルです。

話を戻して「浮遊する巣」ですが、
網に寝転がるというので、ハンモック的なものを想像していたのですが、
あるのは網ではなくて綱です。なので痛いです。寝心地悪いです。

ということで、文句はこのくらいにして、
最後の最後に、「Wander through the Crystal World」へ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらは豊洲でも見ることができたものですが、
スマホのアプリを操作すると、光の模様を変えることができるのでした。

なので、豊洲の時よりも楽しめたかな。どちらも見るのがいいんでしょうね。

ということで、だいたい20時くらいには帰ろうと思っていたのですが、
結果的には、閉館時間の21時近くまでいることになりました。

もうこの時間には子どもたちもほとんどいなくて、
トランポリンを大人たちが楽しんでいました。

そのあとは、いい景色が見える中でお食事。遅くまで開いていて助かります。
行ったのは「Sizzler」。お肉おいしかった! ピクルス! チーズトースト!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2018/9/26

ランプいっぱい  日記

今日は雨。そして寒い。もうちょっと緩やかに気温変化できないものですかね。

さて、連休中にお台場の「teamLab Borderless」へと行ってきたわけですが、
お茶を飲んでから、2回の「運動の森」というゾーンへ。

「運動の森」ということもあって、子どもたちが大はしゃぎでした。
そんななかでもめげずに滑り台を滑ったりしました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

奥の方では、動物の絵に塗り絵をすると、
その動物がフロアに現れるというのがあったので、自分はカエルをチョイス。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これを放してもらったのですが、カエルは動きが速すぎて追うことができず、
写真に収めることはできませんでした…。元気に飛び回っていたはず。

端のエリアでは、アスレチック的なものやボルダリングのようなものも。
ちょっと並びましたがこれもやってきました。ボルダリングは疲れたー。

で、まだ1階の展示を見てないので戻ろうと持ったけど逆走は無理で、
出口方面に向かうと1階エリアに戻れるようになっていました。

小さな部屋がいろいろあって、次に見つけたのは光の部屋。
ここはずっと見ていても飽きなくて、きれいでしたねー。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

途中からカラーも出現。こちらもきれいだけど白がやっぱいいかな。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

それから人気のエリアに並ぶことに。まずは「ランプの森」ですね。

並んでいる間に、花で飾られた動物たちが壁を歩いていきました。
通ったら触ってあげてください。ある変化が。そういうのがいいのよね。
まあ、触っている人を遠目に見る方がきれいです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ここは並ぶってわかっていたので覚悟してましたが、30分くらいだったかな。
外から見ても十分きれいなので、それでよければそれでいいのではないかと。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

本来はずっといられるんでしょうが、混んでいたので時間制でした。
中はマジックミラーになっているので、外の様子は見えません。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

わざとなのか、外に向かっている鏡に顔を近づけている人がいましたが、
かなりみっともなかったのでやめましょう。

こちらは動画を撮ってきました。中はこんな感じです。短いですが。


やっぱりあそこはせかせか見るところではないですね。
ゆったりして色の変化を見たいところ。まあ混んでるから仕方ないけど。

あと1つ、並んでいるエリアがあったので最後にそちらへ。

2018/9/24

「teamLab Borderless」へ  日記

今日は暑かったですねー。明日は一気に涼しくなるそうですけど。

この3連休は、土曜日は仕事でしたがそのあとは連休ということで、
人出の多いところへと出かけてきました。

行ったのはお台場です。「teamLab Borderless」です。

本来ならば7月に行くはずだったんだけど、
奄美大島から帰ってくることができず、チケットを無駄にしたのでした。

今回は無事に行けました。

夕方くらいに行けばある程度は落ち着いているかと思ったのですが、
17時過ぎに行ったんだけど、入るのにちょっと並びました。

あと、入るのにすんなり入れたところで、中はまあまあな人だし、
並ばないと入れない部屋もあるという、なんともな感じでした。

結論から言えば、もうちょっと落ち着いてから、平日の午前中に行きたいかな。

とはいえ、ある程度人がいてもそこまで大変ということでもなくて、
きれいな映像は部屋いっぱいに広がっていますからね。

すでに、豊洲にある「teamLab Planets」には先月行っているわけですが、
映像のテーマ性はほぼ同じなので、まあどちらでもいいのかしら。

豊洲の方が余裕があると思いますね。
ただ、広さでいえばお台場の方が圧倒的なので。部屋の移動も自由だし。

ということで、入ってさっそくどっちに行こうか状態で、
中のマップのようなものが見当たらないので、どこに何があるかがわかりません。

その「偶然の出会い」というのを大切にしているのでしょうが、
見ずに帰ってきてしまうなんてことも起こりえますね。

最初に行った部屋はこちら。真ん中の大きな部屋ですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

その中にある小さな部屋の絵もなかなかでした。
ずっと見ていないと何が起きているのかはわかりません。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

大きな部屋の隣は滝が落ちているような感じに。上から眺めることもできました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

それから上に上がる階段を発見してそちらへ。
出口方向でもあるんだけど、上に行っても下に戻ってくることはできます。

そこでさっそく見つけたのが「EN TEA HOUSE」というカフェで、
ここはテレビで何度も紹介されていたので、もちろん入ってきました。

500円でお茶がいただけますが、カップにお茶が注がれるとそこに花が咲きます。
写真で見るとちょっとわかりづらいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そして、お茶を飲むためにカップを動かすと、その花が散っていくのでした。
でも、ちゃんと次の新しい花がカップに咲いてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

あれはどうやって感知しているのかなーって。
温度と形なのかしらという結論に至りました。

終盤は、カップを置いても反応してくれなくなりましたが。残念。
2階は「運動の森」ということで、体を動かすゾーンでした。

2018/9/23

不老不死温泉へ  旅の話

2週連続の3連休、いかがお過ごしでしょうか。

先週は一切お休みのなかった3日間でしたが、今回はあります!
ちょっくらお出かけしに行くのですが、その話はまた今度。

ということで、お盆休みに五能線の旅に行ってきたわけですが、
十二湖を散策して、再び駅に戻ってきて、またリゾートしらかみ号に。

次の列車は「くまげら」編成でした。でも、乗るのはたった1駅。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

その間にもきれいな海が見えてよかったです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

降りたのは、十二湖の次の停車駅「ウェスパ椿山」駅です。
こちらから送迎バスに乗って、「不老不死温泉」へと向かいました。

ここの温泉はなかなか有名なんですよね。なんといっても海沿いにある露天風呂。

ということで、さっそくお風呂に行ってきましたが、
まずは新館にある展望風呂から。もうね、海を見ながらは気持ちいい!

そして、海のすぐそばの露天風呂にも行ってきましたが、
本当にすぐそこが海で、波が高いときは埋まってしまうほど。

ちょうどこの日も午前中は波が高くて入れなかったんだそうです。

露天風呂へカメラを持ち込むことは禁止されていますが、
近くの駐車場からお風呂の方面を撮影はできるので撮ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

こんなところにあるんですよ。すごいですよね。

夕日を見ながら入ってもよかったんだけど、
混んでいそうだということもあったので、部屋から夕陽を眺めていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これとほぼ同じ景色が展望風呂から見えるのでした。

夜は夜で星がきれいに見えて、雲に隠れてしまうこともあったんだけど、
ばっちり北斗七星を見ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

翌朝には、近くにある灯台までお散歩。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

帰り道では、ちょうど踏切が鳴りだして、普通列車を見れました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帰りもリゾートしらかみ号の「橅」編成で。
千畳敷に止まってくれない編成だったのが残念でしたが、海を見つつ新青森まで。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

新幹線は満席でしたが、駅で売っていた「ゆで嶽きみ」をおやつに。
やっぱ甘くておいしいんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ということで、ぐるっと北東北を回って帰ってきたのでした。
来年はどこに寄ってこようかなー。

2018/9/21

十二湖めぐり・後編  旅の話

ぐずついた天気が続いておりますが、もう今月も下旬なんですね。
あと少しで10月になってしまうのか…。うん。

さて、お盆休みには白神山地の十二湖に行ってきたわけですが、
王池の近くで昼食を取って、それからまだまだハイキングです。

あんまりあちこち歩いている人が見受けられなかったんだけど、
せっかく行ったならあちこち歩いてみたいなと。

王池からは坂を上がって、リフレッシュ村方面へと歩いていきました。

日暮の池はよく見えなかったんだけど、草むらを入っていって仲道の池を。
午後は晴れてきてくれたのでなかなかきれいでした。水面の反射がね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

道は舗装されているようなされていないようなで、
先ほどまで雨が降っていたのでぬかるんでいるところも。

リフレッシュ村の入り口まで来たら、左に曲がって糸畑の池方面へ。
途中、1人の人としかすれ違いませんでした…。

糸畑の池をぐるっと回る形で、なかなか大きな池でした。
トンボも飛んでいて、ああ、そろそろ秋だねーって感じで。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

それからちょっと道に迷って、道案内の看板がよくわからなかったので。
なので、持っている地図を頼りにして金山の池方面へ。

でも、この池もなかなか大きそうで、ぐるっと回るのは大変そうだったので、
戻ってきて、四五郎の池方面へと降りることに。

読んでいる方は何がなんやらでしょうので、地図をご覧くださーい。

四五郎の池の中には木やら草やらが生えていて、なんか不思議でした。

クリックすると元のサイズで表示します

その奥にあった長池がかなりきれいでした。
あそこが十二湖の中で一番きれいだったんじゃないかなー。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

子宝の池を取ってからリフレッシュ村に。

リフレッシュ村といっても、バンガローが集まっているだけで、
レストランは閉まってたし、特にリフレッシュはできませんでした。

で、まだ時間もあったので、またブナの自然林方面に戻って再び青池へ。
午前とは違ってかなり晴れてきていたのでどうかと思ったら、さっきと全然違う!

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

青というよりはエメラルドグリーンな感じで、なんか軽い感じですよね。
この方がきれいなのかもしれないけど、午前中の色合いの方が好きかな。

こちらは動画を撮ってきたので、ご覧ください。


ということで、3時間ちょっとハイキングでした。なかなかよかったです。
いくつ池を見たのかなー。17、8は見たのかな。

この日歩いたのは17499歩でした。郡上八幡に行った時よりも少なかったね。^^

2018/9/20

十二湖めぐり・前編  旅の話

今日も雨ですね。天気が変わりやすいのは季節の変わり目の証拠かと。
もうちょっとすれば、カラッと涼しい秋がやってくるのでしょう。

さて、お盆休みにはリゾートしらかみ号に乗って十二湖に行ってきました。
十二湖駅からバスに乗って15分程度で奥十二湖駐車場まで来ました。

ここから10分程度歩いたところに青池があります。
十二湖といえば青池という感じでしょうか。これだけ見て帰る人が多そうでした。

電車に乗っている間は天気が良かったのですが、駅前では見事に降られまして、
傘が手放せないような状況だったので、池が青く見えるのかな?と。

青池を下から見た感じだと、ほとんど青くは見えませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、階段を上がって上から見下ろしてみましょう。
おお、ちゃんと青いですねー。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

カメラは光量を調整するので、実際の明るさはこのくらいだったでしょうか。
でも、これはこれできれいでしたけどね。青く見えてよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

それからさらに上に上がってブナの自然林の中を歩いていきました。
森林浴という感じで、なかなか気分がいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ほどなくして見えてきたのは沸壺の池です。
日差しが出てきていたので、光の入り具合が良くてとてもきれいでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

坂を下ると茶屋があって、その近くに先ほどの池からの水が。
とても冷たかったですねー。そりゃ、名水百選だよね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そこからは坂を下って行ってビジターセンターへ。
展示物はあまりなかったかな。こちらでもアカショウビンが見られるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さらに下っていくと大きな池が。こちらが王池です。

クリックすると元のサイズで表示します

王池は西と東に大きな池があって、それがくっついている感じなのですが、
東側の池を見下ろせるお店で昼食を。

稲庭うどんの山菜うどんです。山菜そばじゃなくてうどんね。なんか珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します

この稲庭うどんがなかなかお気に入りになりましてねー。

秋田での夕食でもうどん屋さんがやっている居酒屋に行ったのですが、
そちらでお土産としてうどんを注文してしまったのでした。

つめたいのよりもあったかい方が自分は好きかな。あの細さがいいんです。

ということで、おなかも満たしたところで後半戦行きましょー。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ