音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2018/2/22

デルベアのバウムクーヘン  たべもの

今日は東京でまた雪が降りました。ちょっとビックリでした。
まだまだ寒い日が続きますね。2月も終わりに近づいているというのに。

さて、先日のことですが、知らない番号から電話がかかってきて、
最近は求人の電話もけっこうかかってくることが多かったので、
知らない番号だったんだけど、固定電話からだったこともあって普通に出ました。

まあ、明らかに関東近県ではない市外局番だったんですけどね。

そしたら、奈良にある「デルベア」というバウムクーヘン屋さんで、
注文した商品を送っても良いかという確認でした。

だったんですが、申し訳ないのですが、注文したことをすっかり忘れていて、
日付を聞いてみたら、2016年6月に注文していると。

メールを確認したらたしかに注文していて、
その日放送していた「林先生が驚く初耳学!」で紹介されていたんだとか。

自分もそれを見て注文したんでしょうね。

注文からもう1年半以上たっていて、その間にメアドも変えたし引越しもしたし、
電話をいただいてよかったです。ありがたい対応ですね。

林先生が絶賛していたバウムクーヘンですが、昨日届いて、
さっそく食べてみたのですが、なかなか素朴なお味でした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

甘さも控えめで、正直ちょっと物足りないかなーと。
ただ、生地がギュッと詰まっていて、そこはなかなかでしたね。

冬は気温が低いのでバターが固まってしまっているので、
温めて食べると焼きたての風味を味わえるとのことだったので、
今日はちょっと温めて食べてみたのですが、うん、いいですね。

甘さが増すわけではないんだけど、ホント生地のおいしさがよくわかります。

バウムクーヘンは、生地のざらつきを感じるものも多いんだけど、
これは一切そんなことがなくて、とても滑らか。

卵をたくさん使っているとのことですが、卵の風味が強いこともなく、
なんか蒸しパン的な風味を出してくるバウムクーヘンとかもありますけど、
そんなことも決してなく、いやー、ホントおいしいですね。

以前に、作り立てのポテトチップスをご紹介したことがありますが、
あれも、初めて食べるとそこまで飛びぬけておいしいようにも感じなくて、
普通じゃんって感じでその良さをすぐに理解できないんだけど、
よく使う駅ナカでたまに売っていたりするのでそれで買ってみると、
食べれば食べるほどにそのおいしさがわかってくるんですよね。

他のポテチは硬いし油臭いしたいしておいしくないなーって。

このバウムクーヘンもそれと同じなんじゃないかなって。

好みとしては、クラブハリエの方が自分的には好きなんですが、
何度も食べると、どんどんとおいしさがわかってくるんじゃないかと思います。

でも、もはや1〜2年待ちなんですよね…。
また食べたいと思っても、次に食べれるのはいつになることやら。

まあ、今度はきちんと覚えておくので、また注文させてもらおうかな。
お店の方が1人で作っているというので、かなり大変だとは思うのですけど。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ