音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2016/7/11

2×3=6  どれでもない

今日はなんとも残念なニュースが流れてきました。

作詞家や放送作家として活躍をしていた、永六輔さんが亡くなったと。

自分はテレビっ子なので、子どものころからよくテレビを見ていて、
だいたいの知識や情報はテレビから得ているといっても過言ではない、
それだけテレビに依存している少年でした。

その中で大好きだったタレントさんが永さんで、
自分を作り上げた人物の1人だといってもいいのではないかと、
そのように思ってきたのでした。

最初の出会いはラジオだったかと思います。

子供のころはいつも母がTBSラジオを聞いていたんだけど、
そこから流れてくる声の中で、やや違和感のある声が。

あの人は、名前は男のようだが、なんか話し方が女っぽくて、
今でいうところのオネエなのではないかと思っていたわけです。

でも、軽快な話し方がなかなか好きで、
中学生の時に毎週見ていたのが「2×3が六輔」という深夜番組でした。

さすがにリアルタイムで見るわけにはいかなかったので、
録画していつも見ていたのですが、
あの番組で永さんが披露するいろいろなうんちくに感心したものです。

眠気を覚ますために頬をたたいたらあごが外れてしまって、
救急車で運ばれたって話もおもしろかったですが、
その他にも、たくさんの話を覚えています。

その中の1つに、音楽というのは耳で聞いているのではなくて、
心で聴いているものなんですよ、って話があって、
その証拠に、では運動会の歌を思い出してくださいって。

そうすると、例の曲が思い出されるわけだけど、
別にその曲が流れているわけでもないのに、
ちゃんと頭の中ではその曲が流れてくるでしょって。

ああ、たしかにそうだなーって。

まあ、そんなこと当たり前なのかもしれないけど、
中学生の自分にとっては、本当に心に刺さる話ばかりでした。

入院中に骨折したり、パーキンソン病になったり、
体調を心配してましたが、それでも笑顔をいつもテレビで見せてくれて、
なんか、この人は死ぬことがないんじゃないかって思ったんだけどね。

それこそ大往生でいらしたでしょうから。
新たな地でも、いつものようにしゃべりまくっていただければ。

2016/7/10

男子高校生の関心事  お仕事関連

今日は参議院議員選挙の投票日です。

18歳だろうが20歳だろうが何歳だろうが、
しっかりと権利を行使することが大切です。

さて、昨日は模擬選挙について書きましたが、
実際の選挙では、投票用紙の裏面は白紙になっていますが、
今回の模擬選挙ではその裏面を使ってアンケートを実施しました。

何を聞いたかというと、
 「投票先を決定するときに、最も重視した政策は何か
ということです。

アンケートは選択式になっていて、
社会保障、景気対策、労働政策、教育、子育て、憲法改正など、
全部で12テーマを挙げ、その他として自由回答欄も設けました。

今どきの高校生たちはどんなテーマに感心があるのか、
ちょっと興味があったというところなんですが、
重視した政策の上位3つを集計してみたところ、
なんとも一般的な回答で、おお、そうなのかーと。

一番多かったのは「景気対策」で58人。
ちなみに、投票したのは全部で120人です。なので、半数が重視したと。

「景気対策」を選んだ人たちは、与党側に投票した人が多く、
与党側の提示する経済政策が現実的ということなんでしょうかね。

政権を担っているからこそ、より具体的なのかもしれません。
ちなみに、アベノミクスという言葉は政策集には1か所しか出てきません。
(しかも、掲載されているのは野党側です)

2番目に多かったのは「社会保障」で44人。

そして、3番目に多かったのが「憲法改正」で42人でした。

ただ、憲法改正については、
それを選んだ人たちが、いわゆる革新勢力に投票しているかというと、
必ずしもそうではない感じがあって、
むしろ、第9条以外の主張に関心を持っていたようでした。

4番目は「財政健全化」(27人)で、若い人ならではという感じですね。
自分たちにツケを回すようなことは許さないということでしょうか。

5番目は、原発再稼働などの「エネルギー」(26人)でした。
原発についても、関心を持っている生徒は多いように感じました。

「教育」(12人)や「労働政策」(20人)はそこまで多くなくて、
そのあたりはちょっと意外でした。

「子育て」(20人)は、男子にしては多い方ではなかったかな。

いつもは政治に感心なんてあるのかな?と思っていましたが、
いろいろとまじめに考えているのだなーと感心しました。

これをきっかけに、さらに関心を持ってくれることを期待しています。

2016/7/9

模擬選挙を実施  お仕事関連

今日は涼しい1日で、おかげでぐっすり眠れました。

明日は参議院議員選挙の投票日ですが、
それに先がけて、昨日は模擬選挙の投票日でした。

昨日で前期の授業が終わりということだったので、
投票日は実際の投票日よりも早い日程での設定となりました。

だいたいの場合、模擬選挙の投票は授業内で行うのが普通なんでしょうが、
それでは、現実感がないのではないかと思い、
今回は、実際の投票と同様に、投票所に来てもらうことにしたのでした。

ということで、校舎の一角に投票スペースを設置。
選挙管理委員会から借りてきた実際の記載台や投票箱を利用。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ただ、そのためには投票所入場整理券が必要なわけで、
もちろん、それぞれの生徒の名前が書かれたものを作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

いちいち生徒の名前を入れなくても、差し込み印刷で簡単に作れるので。

わざわざ投票所に来てもらうのは、生徒にとっては面倒なわけで、
それを伝えたときは「めんどくせー」なんて声も聞こえましたが、
実際にやってみると、この方がよかったみたいです。

やはり、現実感がありますからね。

1つ失敗したのは、投票用紙の大きさで、
投票箱の穴よりも大きいものを作ってしまったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

なので、折らないと入らないので、投票箱前で戸惑う生徒が続出。

ちょうどその日は授業があったので、
授業内で「縦に折る」という流儀を教えておきました。

設定しておいた投票時間よりも早い段階で投票率が100%に達し、
時間に余裕ができたので、開票作業までしてきましたが、
たった120票という数でも、なんとも大きな重みに感じますね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

公職選挙法では、人気投票の公表を禁止していますので、
投票結果は実際の投票が終わったのちでなければならないのですが、
とても興味深い投票結果になりました。

今回の模擬選挙では、実際の政党名は伏せて政策集を作り、
純粋に政策だけで投票方向を決定してもらっています。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、A党はアルファ党で、B党がブラボー党なんですけど、
その理由がわかった方は素晴らしいですね。

まあ、それはいいとして、
なんとなくどこの政党かがわかる生徒もいたようですが、
実際にどこに投票したかもあとで公表をしますので、
いろいろなものを感じてもらえたらいいのではないかと思います。

自分自身にとっても今回の模擬選挙はいろいろと勉強になりました。
これから詳細な分析を行なえればと思います。

2016/7/6

水の出が悪い  日記

今日はそこまで暑くならなかったみたいでよかったです。
でも、また明日から暑さ復活らしいですね…。

梅雨らしい天気になかなかならないということもあって、
今年は水不足が心配されていますね。

なんて話題が先月あたりから出てきましたが、
ちょうどそのころから、わが家では水の出が悪くなりました。

食器を洗っているときに気づいたんだけど、
水の勢いが弱くなっているんじゃないかなーって。

まさか、この水不足が影響しているのでは?とか考えたんだけど、
今のところ、取水制限は行われているだけですものね。

取水制限では、こちらに供給される水の量は変わらないはずで、
水不足がもっと深刻になってくると、給水制限が行わるはずだと。

そういえば、子どものころにそういうことあったよなーって思って。

給水制限が行われて、蛇口を節水コマに換えさせられたりした記憶が。

あれはいつのころだったのかと調べてみたら、1994年のことのことで、
もっと小さいときのことだったんじゃないかと思ったんだけど、
もう高校生になってたんだなーと。

でも、小学生の時に、水不足になってしまったので、
夏休みのプールが中止になった記憶もあるような気がするんだけどね。

まあそれはいいとして、となると、いったい原因は何なのかと。

わが家では浄水器を使っているんですが、
普通に考えると、それのせいだということになるんですね。

食器を洗っているときは、原水のシャワーを使うんだけど、
そのシャワーの部分が詰まってきちゃったかなんかで、
水の勢いが弱まってきたみたいなんですね。

原水のストレートは普通に出ているみたいなので。

浄水器は、カートリッジはある程度の頻度で交換はするけど、
本体自体は交換しませんものね。

この浄水器は、以前に「ナントカ還元水」騒ぎがあったときに、
あの人が「今どき、水道水を飲んでいる人なんていない」って言って、
最初は、何言ってんだよな、ふざけんなって思ったんだけど、
たしかに、浄水器をつけた方がいいかもなーって、使い始めたのでした。

ということで、9年間も使っていましたので、
本体自体がそこまで高いわけでもないから、新しいものを買いました。

新しいのには、交換目安のダイヤルというが付いていて、
あれはただ単に、グルグル回して数字を合わせておくだけなんだけど、
てっきり、タイマー的にちょっとずつ回ってくれるとか、
使った水量を検知して回ってくれるとか、そんな話かと思ってました。

単なる目印なのね。ちょっとがっかり。

ということで、最近はいろいろと買い換えブームとなっていますが、
浄水器も新しくなりました。という話でした。

2016/7/3

おっきな桃  日記

7月になりましたが、今日は真夏並みの暑さでしたね。

東京の府中では15時半頃に36.7℃を記録したということで、
人の体温よりも高い気温となったわけですね。

東京都心でも14時過ぎに35.4℃を記録していて、
ちょっと今日はつらい1日でした。

それでも、家の中にいる限りはまだよかったんだけど、
夕食の買い出しにと外に出たら、むあっとしていてきつかったですね。

今年はこんな感じの暑さが続くんでしょうかね。
暑いのにはそこそこ耐えられるんだけど、それでもつらいなー。

汗だくで昼寝をする夏休みとなることでしょう。

さて、そんな今日は、以前に「チューボーですよ」で放送していた、
ロコモコ」を作ってみたんだけど、まあまあうまくできました。

ただ、見た目的な問題があって、あんまり色味的に微妙でして、
ということで、写真はなしということにいたします。

味的にはバッチリでした。またいつか作りましょうかね。
次のときは色味的なものもがんばろうと思います。

で、その後ですが、食後のデザートに桃をいただきました。

先日、実家の方でいただきものをしたということで、
そちらをおすそ分けしてもらったのでした。

びっくりしたのは、その大きさで、いやー、ともかく大きい!

ティッシュの箱と一緒に撮ってみましたが、
ソフトボールと同じくらい、またはちょっと大きかったかなー。

クリックすると元のサイズで表示します

あんな桃を見たのは初めてじゃないかね。

そのままかぶりついてもよかったんだけど、
ちゃんと切ってみたら、お皿にずいぶんとたくさん乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

みずみずしくて、大味ということもなく、おいしかったですね。
冷やしすぎたせいか、ちょっとえぐ味があったけどね。

この「日川白鳳」という品種は、
山梨で作っている桃の中でも主要な品種だそうで、
繊維質が少ないので食べやすいんだそうです。

いやー、本当においしかった。
たまには自分でも買ってみましょうかね。でも高いよね。

どうもごちそうさまでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ