音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2014/10/30

昨日の議論  お仕事関連

昨日の話の続きです。

昨日は最高裁判所の大法廷での弁論を傍聴してきました
訴訟のテーマは議員定数不均衡問題(いわゆる「1票の格差」の問題)で、
今回の裁判は、2013年の参院選についてのものでした。

もともと自分自身もこの問題には憤慨している方なわけで、
このテーマでの裁判を傍聴できたのは大きかったです。

1票の格差の問題では、衆議院についても違憲状態の判断がだされており、
それにもかかわらず、国会は適切な選挙制度改革をしていません。

1票の格差の是正と定位数削減については、
2012年12月の党首討論において当時の野田首相が解散の条件として提示し、
それにもかかわらず、安倍内閣は未だにその実現を果たしていません。

まさに詐欺的とも取れる現在の内閣の姿勢は大問題ですが、
これを指摘する野党勢力がいないというのもおかしな話。

まあそれは置いておいて、昨日の弁論ではなかなか面白い意見が聞けました。

ふつう、1票の格差の問題は、
憲法第14条の法の下の平等を根拠とするんだと思うんですが、
昨日の午後の弁論で最初に発言した方は、
人口比例選挙の要請は、国民主権を謳っている全文及び第1条と、
議事は出席議員の過半数で決するという第56条2項から導けると。

これは聞いたことのない考えだったので、なるほどなーと。

もし人口比例選挙でなければ、少数の代表が国会で多数を占めることになり、
国民の多数の意見と国会の多数の意見が分かれてしまった場合、
決定は国会で行っているので、国民の多数の意見は通らなくなり、
国民主権ではなく、国会主権となってしまうというのです。

だから、背理法的に考えて、人口比例選挙でなければいけないと。

で、その議論の中でちょっと驚いたのが、
平等規定は選挙制度における絶対条件ではないということを、
最高裁は過去に判断していて、その立場は今も変わっていないと。

憲法47条では、議員の選挙に関する事項は法律で定めるとしているので、
選挙制度の決定については国会に広く裁量が認められていて、
それによって平等が調整されるべきであるという考えなんだって。

なんじゃそりゃ。委任しているとはいっても、だったら憲法ってなんなの?

1人目の方が、やや裁判官たちを挑発するような論調で、
それに対して、2人目の方は低姿勢でお願いする感じ。

緩急がついていてなかなかいい戦略ですよね。

2人目の方は「もう国会議員に任せておくのはムリ」と発言し、
その時には思わず大きくうなずいてしまいました。

まさにその通りで、立法府にはその能力はないわけだから、
司法からの後押しがないと自分たちでは何も変えられないわけです。

だから、とっとと違憲無効の判決を最高裁で出せばいい。
そのくらいにならないと、国会議員は動かないんでしょうから。

ということで、今回傍聴した裁判の結果が歴史的になることを望みます。
そうでないとすれば、国会だけでなく最高裁も怠慢だということでしょう。

2014/10/29

最高裁判所大法廷へ  お仕事関連

今日は貴重な体験をしてきました。
最高裁判所の大法廷での口頭弁論の様子を傍聴してきたのです。

昨日のことですが、ちょうど今は選挙の話をしていて、
これから先に議員定数不均衡問題を扱う予定なんだけど、
そういえば、昨年の参院選の裁判の結果ってまだ出てないのかなって、
それを調べてみたら、10月29日に最高裁で口頭弁論があると。

ちょうど今日は午前中でいったん仕事はおしまいという日だったので、
もしやこれは傍聴できちゃうかもじゃん!ってことで、
仕事が終わってから健康診断を受けて、それから最高裁に向かいました。

整理券の配布が12時半までってことだったので、
とりあえず12時ころに行ってみたら、12時15分から配布って話でした。

もうすでに3人ほど並んでいましたが、そこは並ばずにまずは昼食。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

最高裁といえば、この正面玄関だと思うんですが、
ここから入場するのは裁判の当事者たちだそうで、傍聴人は西門から。

クリックすると元のサイズで表示します

で、戻ってきたらずいぶんと列が伸びていて、自分の番号は78番でした。
整理券を受け取って並ぶって感じなんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

傍聴席は全部で155席ということで、これを超えたら抽選になるわけだけど、
結果的には超えなかったので、抽選なしで傍聴決定。やった!

でも、もし12時の段階で並んでいたら、最前列だったってことなんだよね。
ちょっと惜しいことをしましたかね。まあ、入れるだけありがたいです。

いったん中で並んで、傍聴券をもらったらそのまま中へ。
ここからは写真撮影は禁止で、入ってすぐにロッカーに荷物を入れました。

クリックすると元のサイズで表示します

携帯などのロッカーへ。中に持ち込めるのは貴重品と筆記具だけ。
ちゃんと金属探知機によるチェックも行われました。

ただ、裁判傍聴なので、身分証がいるわけでもなく、名前も聞かれず、
それこそちょっと変な人とか入ったりしちゃわないんでしょうかね。

開廷は13時半だったので、それまでは中で待ちぼうけなわけですが、
すぐに法廷内に入ることもできて、まさにこの感じ。すげー。

クリックすると元のサイズで表示します

傍聴していた人は関係者が多かったみたいですけど、100人くらいかな。
席は指定なのでした。傍聴券は持ち帰り可。うれしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

口頭弁論は、原告側が1時間ちょっと、計4名の方が発言して、
被告側はささっと5分程度反論を述べて終わりました。

原告側のみなさんの主張は理路整然としているすばらしいもので、
特に、最初の方と2人目の方の論理展開はさすが。

判決は年内には出るようですが、画期的な判決が待たれます。
裁判の議論についてはまた別の記事にでもしようかと思います。

2014/10/28

チョコサンド  たべもの

そろそろ10月もおしまいなんですね。
年末に向けて準備していかなきゃって感じです。

さて、前回に引き続き、また食べものの話なんですが、
今回は食事ものではなくて甘いもので。

ちょっと前に、誕生日に食べたケーキたちをまとめましたが、
その記事を見ていて、TOPSのケーキの話題になって、
そしたら、TOPSのケーキのお店が武蔵小杉にあると。

キーズカフェ」というお店で、キーコーヒーとTOPSとのコラボ店。

TOPSはチョコレートケーキが有名ですが、カレーもなかなかおいしくて、
昨年末に大宮で食べたことがあったんだけど、
また、そのカレーも食べつつケーキも食べたいなと行ってきました。

結局、カレーではなくてランチセットのロコモコを食べたんだけど、
カフェ飯にしてはけっこうなボリュームで大満足でした。

もちろん、食後にはチョコレートケーキを食べてきました。
なので、お昼からそれなりのお金を使ってしまいました…。

まあそれはいいとして、お店では持ち帰り用のケーキも売られていて、
でも、昼に食べて、さらに家で持ってのはやりすぎだろうと、
一応見るだけ見て帰るかなって見てみたら、こんなものが売ってました。

クリックすると元のサイズで表示します

商品名は「チョコサンド」という名前だったんだけど、
これは、チョコレートケーキを作る途中の状態のものだという説明が。

これにあと、外側にチョコのクリームを塗ったら完成なんだそうで、
その前の段階のものを特別に販売しているんだって。

食べやすいように、ちゃんと切ってくれているのもありがたいですね。
これで500円ということだったので、ついつい買ってきちゃいました。

外のクリームがなくても、中のクリームだけで十分おいしくて、
ちゃんとクルミも入っていますからね。

あれはちょっとクセになっちゃいそうだな。また買ってきたいです。

武蔵小杉店限定販売って書いてあったので、
他のケーキ販売店では売ってないかもしれないんだけどね。

2014/10/26

にんじんしりしり  たべもの

昨日からスカパーの無料放送が始まったそうで、
さっそく、音楽チャンネルを視聴しているのでありました。

今は「ゲラゲラポーのうた」が流れているのですが、
「ゲラゲラポー」だったんですね。「ゲラゲラボー」だと思ってました。

まあ、どっちでもいいか。

さて、久しぶりに例の畑の話なんですが、
前回はゴーヤをもらってきましたが、今回はニンジンをもらってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

もともとそこまで大きくならない品種なんだそうで、
でも、すごくちっちゃいのはなんだかかわいらしいですね。

育てている人曰く、ニンジンは上から見ても大きさがわからないので、
大丈夫だろうと抜いてみたら、全然ちっちゃかったんだって。^^

で、これをもらってきてどうしようかと考えたのですが、
以前に沖縄料理屋さんで食べたことがあったので、
これを使って「にんじんしりしり」を作ってみました。

沖縄の言葉で「しりしり」というのは繊切りという意味なんだそうで、
ともかく千切りを作るのが大変でした。

まあ、スライサーを使うんだけど、でも、けっこう疲れましたね。

あとは炒めるだけで、特に大変な料理ではありません。

本来ならば、ニンジンと玉子だけいうシンプルな料理なんだけど、
今回はツナも入れさせてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

予想通り、ツナの味がけっこう出る形になりましたが、
かすかにニンジンの香りと甘みが感じられておいしかったです。

あれでニンジン1本分くらい食べちゃってるわけだから、
野菜スティック的にしてもなかなかそれだけ食べるのは無理なので、
なんとも健康的だなーと思ってみたり。

大量に作って職場に持って行きたいところだけど、
やっぱ、スライサーの作業が大変そうですね。

また、次の収穫物に期待しているのでした。
そろそろジャガイモがとれるんじゃないかな?

2014/10/23

青い画面だけ  日記

今日は特に寒かったですねー。

ちょっと夜に出かける用事があったんですが、
ヒートテックのタイツをタンスの奥から取り出してきました。

やっぱ、寒いのより暑い方がいいなー。

さて、そんな今日は15時からデジアナ変換の放送休止となる日でして、
休止となるのは17時までだったんだけど、
ちょうど、それが終わる前までに帰ってくることができました。

事前の予告では、放送が休止する2時間の間は、
デジアナ変換が終了するというお知らせを流すとのことでしたが、
帰ってきてテレビをつけてみると、こんな画面になっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

これが延々と映し出されているだけ。

これだけかよ!

誰かが出てきて、放送が終了するってアナウンスがあるとか、
それこそ、地デジカが出てきて説明してくれるとか、
5分とか10分の映像を繰り返し流してもいいわけで、
それが、単にこの字幕だけというね。

来年3月で終わるってことは、常時画面に出ているわけですよ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

画面の左上にあるでしょ。これずっと出てるんですよ。
さらに、下にはスーパーが流れ続けているのですよ。

画面全体に字幕出さなくたってわかるわい!

もうこんなの、完全に嫌がらせとしか思えないでしょ。
いったい、何のためのものだったのか。

これ、来年3月までに、あと何度かやるとか言うのかね。
だったとしたら最悪だな。

5分とか10分ならともかく、2時間ですよ。尋常じゃない。

とはいいつつ、デジアナ変換には感謝しておりまする。

2014/10/21

キャンディークラッシュ  PC/ネット関係

もうすっかり秋ですね。そろそろ紅葉も楽しめるのかな。

今年は秋にはどこも行けないと思っていたんだけど、
なんと、休みが取れるということが先日わかりまして、
なので、あれやこれやと計画しているところなのであります。

さて、今年の6月からタブレットを持つようになって、
今までにできなかったことができるようになりました。

といっても、あまり活用できていないんだけど、
1つ便利になったのは、地図を見ながら歩けるってことでしょうかね。

このおかげで、道に迷うことも少なくなりました。^^

それからもう1つ、ようやく世間に追いついた感があるのがゲームで、
自分はスマホではないので、人気のゲームをほとんどやったことがなくて、
例えば、パズドラ(パズル&ドラゴンズ)なんて、
ゲーム画面を初めて見たのはついこの間だったような…。

まだやったこともないので、ゲームのルールもわかっていませんが、
そんななか、先日、職場でキャンディークラッシュの話題になって、
初めて、このゲームをやってみたのでした。

V6の岡田君と俳優の遠藤憲一さんがCMをやっているので、
ゲームの存在は知っていたんだけど、はたしてどんなゲームなのかと。

やってみたら、なかなかおもしろかったですねー。

いろいろ組み合わせるとさまざまな消え方をしてくれたりして、
そんなことを教えてもらいながら楽しんでいました。

で、いろいろゲームはあるんだけど、このゲームのいいところは、
ゲームに失敗しると回数が減っていって、
一定時間経たないとその回数が回復しないってところ。

なので、全部なくなっちゃったら20分くらいはできなくなるので、
そこで、はいおしまい、ってやめることができるんだよね。

だらだら続けることがないからいいなと思って。

でも、その時間を待ってられない人はお金を払って時間を縮めるんだとか。
うーん、まあ、何にお金をかけるかはその人の自由ですけどね。

ということで、時間のある時に楽しんでいるんですが、
自分はかなり飽きっぽいので、いつまでやってることやらと。

タブレット持ち始めたときに教えてもらった「2048」ってゲームも、
今はもうすっかりやってませんからね。

ゲーム漬けになるよりはまだいいのかと思いますが。

2014/10/18

造幣東京フェア2014  日記

最近はめっきり寒くなってきましたね。
でも、建物の中はまだ暖かいので、汗をかいたり冷めたり。

体調崩している人も多いですものね。気をつけないとなー。

さて、今日は池袋にある造幣局東京支所に行ってきました。
今日と明日で「造幣東京フェア2014」を開催しているのです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今までもいつかは行きたいと思っていたんだけど、なかなか機会がなく、
予約をすると工場見学ができるんですけどね。

で、今日は予約なしでもプルーフ貨幣の製造ラインが見学できて、
中は撮影禁止でしたが、きれいな硬貨ができていく様子ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

その見学の前に体験したのがハンマープレスで、
1個100円の円形と呼ばれる硬貨のもとを購入すると体験できるのでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

セットは係の方がやってくれるので、自分はハンマーをおろすだけだけど、
その一振りで硬貨に模様が刻印されて、とてもきれいにできました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

出来上がったものもよかったんだけど、
その模様を刻む型の出来がすごくきれいで、かなり感心しちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

実際の硬貨の製造では、この刻印を機械によってやってるわけで、
なるほど、こうやって模様とかをつけるのかーって。

もう1つ、ホールマークの体験ツアーというのもあって、
ホールマークというのは貴金属に刻印されている品位証明マークのことで、
公的なものはここ東京の造幣局でのみ刻印されているんだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

日本の国旗とひし形の中に含有量が千分率で書かれているマークで、
純金は<999>と、18金は<750>と書かれているんだそうです。

で、この刻印は機械やレーザーでもできるんだけど、
多くのものが手作業でされているそうで、その作業を体験してきました。

なんですが、これがまたとても難しくて、ともかく刻印は小さいので、
枠内に収まっているのかも怪しいし、力加減もわからないし、
3回ほどチャレンジしたけど、どれも下の方が出ないという結果に…。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

一番上がお手本ですが、これをいとも簡単にやってのけるまさに職人技。

自分のもののようにちょっと失敗したものでも、
また改めて型を当てて修正するという技も見せてもらえました。すごい!

クリックすると元のサイズで表示します

で、今日ちょっと実家に寄る用事があったので、そんな話をしたら、
家に18金のネックレスがあるかもって、出してきてくれました。

そしたら、ちゃんとホールマークが!
あのネックレスたちもあの方たちによって刻印されたんですね。感激!

という感じの、なかなか貴重な体験のできるイベントでしたが、
そこまで人が多かったというわけでもなく、なんとももったいないですね。

造幣局の職員の方たちもみなさん気さくな方で、いい人ばかり。
明日の日曜日の開催していますので、お時間があればぜひ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ