音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2013/3/5

黒岳の中腹より  旅の話

ずいぶんとあたたかくなってきましたね。
朝晩の冷え込みもたいしたことなくなってきたし。

やっぱり、お日様の力はすごいなーと感じます。

さて、2日ほどお休みしてしまいましたが、旅の話の続きです。
2日めに入ります。まずは朝の層雲峡からです。

層雲峡は氷瀑まつりだけというのももったいない気がしたので、
朝からロープウェーに乗って、山の上からの景色を見てきました。
この流れは昨年の蔵王とおんなじ感じなんですけどね。

ちなみに、氷瀑まつりは昼からも会場は開いていて、
青い氷はそれはそれできれいでした。って、外からしか見なかったんだけど。

クリックすると元のサイズで表示します

で、この日は雪は降っていなかったんだけど、やや雲が出ている感じ。
でも、山の上からは素晴らしい景色を見ることができました。

ロープウェーで行けるのは黒岳の5合目までということで、
それから先は、夏だったらリフトでさらに7合目まで行けるんだけど、
冬は、スキーやスノーシューなどの装備がないときついそうです。

まあでも、5合目からでも十分にいい景色でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとリフト乗り場まで歩いてみましたが、雪の散歩道。いい感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

夏はハイキングコースになっているみたいです。
ちょっと上には展望台もあるみたいなんだけど、冬は無理でした。

歩いて戻ってくると青空が見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、後ろを振り返ると雲が出てきちゃって、
黒岳などは隠れ始めてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、そのあたりで下に降りて、近くにあったビジターセンターへ。
ここには動物のはく製なども置いてありました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

層雲峡は、その渓谷も有名だそうで、
柱状節理という岩石による断崖を見ることができるんだそうです。

ちょうど帰りのバスでその様子を見ることができました。
夏だったら、そんな様子を見ながらのハイキングも気持ちがよさそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します

路線バスで層雲峡から上川という駅まで行きました。

すぐに乗れる電車があったんだけど、1本遅らせて、
ゆっくりと昼食をいただくことにしました。

うん、今回の旅はとてもゆったりな感じでよいですね。

2013/3/2

氷瀑まつりです  旅の話

今日も風が強いですね。
さらに、これから気温がぐんぐん下がるそうなので注意しないとですね。

さて、旅の話は層雲峡までやってきました。
氷瀑まつりを見てみましょう。

夜だったのに加えて、風もけっこう強かったので、顔がともかく寒い!
4日のうちであれが一番寒かった時じゃないでしょうか。

氷像がきれいにライトアップされているのはよかったんだけど、
正直言うと、あんまりそれはそんなもんかーって感じで、
ちょっとがっかりしていたところがありました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、きれいではあるんですけどね。

ちょっと進むと氷瀑神社というのがあって、かまくらの中に神棚が。
そしたら、お賽銭が氷に張り付けられていて、ちょっと驚きました。
ちゃんとお賽銭箱はあるんですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ということで、自分も10円玉を高めの位置に張り付けてきました。

会場内にはステージもあって、昼を中心に催し物が行われているみたい。
その横に氷のドームの入り口があったので中に入ってみました。

中はつららでいっぱい。落ちてこないか少し怖かったですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、すぐにトンネルが終わっちゃうのだろうと思っていたら、
進んでも進んでもまだ先があって、迷路状態になっていたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

あんなに大きなドームを作るってすごいな。
氷瀑まつりのメインはあれなんでしょうね。すごいです。

と思っていたら、ふと外に出ちゃいました。ホント迷路だわ。
近くには坂があって、ゴムチューブを使って滑っている子供たちが。楽しそう。

クリックすると元のサイズで表示します

会場の奥にはかまくらがいくつも作ってありました。
風に当たらなくなるのでやっぱあたたかく感じますね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

川のそばなので、なかなか絵になる場所もあって、
1時間ほど見てとりあえず宿へ。夕食をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そして、20時過ぎにまた会場へ。花火が上がるというので。

さすがに大きな花火連発というまではいきませんでしたが、
それでも、きれいな花火でした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

氷瀑まつりは今月末までやっているということです。
北海道の冬はやっぱり長いですね。

2013/3/1

層雲峡への道  旅の話

今日は春一番が吹きましたね。花粉も飛びました。
なので、帰ってきたらまずお風呂でした。

さて、旅の話の続きですが、
1日目の宿泊地は層雲峡ということで、札幌からバスで向かいました。

しかし、通り道である道央道は一部が通行止め。
途中から高速を降りて下道を走ることになるわけですが、
そこでは大渋滞が発生してしまい、なかなか前に進みませんでした。

外は真っ白な風景ばかりで、それを見ていてもあれなので寝たりして、
ガソリンスタンドで休憩しますってアナウンスで起きました。

そこの地名は「美唄」というところ。はい、読めません…。
あとで「びばい」というところなのだとわかりましたが。

そこまでですでに3時間経っていて、本当ならもう宿についているはず。

美唄がどこにあるのか自分は全く把握していなかったんだけど、
あとで地図を見て驚きました。けっこう札幌に近いじゃんって。

もし場所がわかっていたら、イライラや不安でいっぱいになったことでしょう。
「知らぬが仏」というのはその通りですね。

また途中から高速に戻って、そこからは順調に。
休憩で泊まったPAからは大雪山ときれいな夕焼けを見ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

層雲峡に着いたのは17時半過ぎでした。
すっかり外も暗くなってしまっています。

途中、バスが急にスピードを落としたので、
もしかしたら何かいるのかと外を見てみたら、エゾシカらしき姿が。

全部で3頭いました。こんな姿がすぐに見れるとは感激でした。

ホテルにチェックインしたら、すぐに氷瀑まつりの会場へ。
ホテルからはけっこう近かったのでよかったです。

氷瀑まつりは石狩川の河川敷を利用して会場が設けられていて、
氷像などがきれいにライトアップされていたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

詳しくは次回に回すとして、
そういえば、今回の旅からカメラはRX100を使っていますが、
ブログにアップするときはサイズをおさえてしまうので、
あまり見た目的には変わらないかもしれません。

でも、今回使ってみてなかなかだなーと思ったのは、
ほとんどフラッシュをたかないでも撮影できるってことで、
撮るたびにカメラの方で補正を入れているみたいなんだけど、
夜でもほとんどぶれることなくきれいに撮れているなーと感じました。

さすがいいカメラですね。よかったよかった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ