音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2012/5/31

十和田湖を歩く  旅の話

今朝は、めざましテレビのスポーツコーナーで、
クリケットがどんなスポーツかってのを紹介していましたね。

どんな脈略から取り上げることになったのかはわかりませんでしたが、
まあ、どんな形であれ紹介してもらえるのはうれしいことですね。

見た人いますか?

さて、旅の話の続きですが、
雷雨の中どうにか十和田湖畔まで到着できました。

で、到着したのは子ノ口というところなんだけど、
ここは湖の西側にあたるところで、少し閑散としているのです。

お店はいくつかあるんだけどね。

ここから十和田湖畔の中心街までは少し距離があるので、
当初は、遊覧船に乗って十和田湖の景色を楽みつつ移動する予定でしたが、
雷がなってるし、全体的にモヤがかかって景色も微妙そうだったので、
バスで移動することにしたのでした。

十和田湖の中心街について、そこで昼食を。
注文したのは「バラ焼き定食」です!

クリックすると元のサイズで表示します

各地でB級グルメが流行っていますが、
十和田市のご当地グルメが、この「バラ焼き」なんだということで、
これは普通に食べてみたいなと。

味は、想像していた味とぴったり一緒で、おいしかったですねー。

で、ゆったりしていたら、徐々に雨も上がってきたので、
このチャンスを逃すまいと、湖畔の散策に出かけました。

湖の風景はきれいですね。雲がかかっているのがむしろいい感じ。
天気が良ければ、遊覧船に乗る価値はありそうですねー。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

それから、十和田湖畔唯一の名所といっていいかもしれない、
乙女の像を見に行くことに。

これは、高村幸太郎が作成した像だそうで、
十和田湖を世に紹介した人々を讃えて作ったんだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

それから、十和田神社を参拝。

クリックすると元のサイズで表示します

上のほうに祈りをささげる場所があったみたいなんだけど、
雨模様だったのと、「占場」という名前にちょっとビビッたので、
上るのはやめておきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、バスの時間まではまだまだあったので、ビジターセンターを見学。

クリックすると元のサイズで表示します

それからお土産をゆっくり買って、バスで八戸へ向かったのでした。

前にも書きましたが、バスの中からの渓流の景色も素晴らしくて、
川の流れに乗って船で進んでいる気分。

クリックすると元のサイズで表示します

バスは十和田市の中心部を通って行ったんだけど、
十和田市現代美術館前でけっこう人が乗ってきました。

この十和田市現代美術館は、金沢の21世紀美術館と設計者が同じだそうで、
バスの中から見た感じでも、たしかに面白そうな美術館でした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

あそこはいつかのぞいてみたいですね。

そして、八戸駅に着いたら改札前に人がいっぱいで、
何事かと思ったら、盛岡駅で落雷があって新幹線が遅れていると。

なので、その間にちょっとお土産屋さんに行ってみたら、
八戸三社大祭というお祭りで使うでっかい山車が展示してありました。

クリックすると元のサイズで表示します

すごく大きかったんだけど、あれが動くかと思うとびっくりですね。

結局、30分遅れで新幹線に乗車。とりあえず盛岡まで向かいます。

2012/5/30

奥入瀬の滝たち  旅の話

もう5月も終わりなんですね。

初めの方はバシバシ更新していたのに後半はさっぱりになったので、
目標の記事数にギリギリで届きそうという展開に。ダメですね…。

ということで、すっかりと忘れ去られていると思いますが、
旅の話が途中で止まっていたわけですよ。

なので、思い出したかのように再開させちゃうのでした。

どこまで話が行っていたかというと、奥入瀬渓谷に行ったってことで、
そのきれいな渓流の様子をお伝えしようってことでした。

渓流は流れそのものもきれいだし、周りの木々も気分がよくて、
さらみ、滝がたくさんあるので、その眺めも素晴らしかったのです。

石ヶ戸を出発して、最初の滝は「千筋の滝」でした。
ここまでは、石ヶ戸から30分ちょっとかかりましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

で、そこから5分程度で「雲井の滝」に到着。ここはすごかった。
道路からもきれいに見えるんだけど、近くまで行って撮ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり、近くまで行ってみるのは迫力があっていいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

その次の「白布の滝」は、道を挟んで反対側に「掃流の滝」が。
これは、遊歩道よりも道路から見た方がいいかもですね。

クリックすると元のサイズで表示します

「白銀の流れ」あたりでは渓流が道路からちょっと離れます。
車の音も聞こえなくなって、なかなか感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、そのあたりから雷が鳴ってきて、ともかく急いで進むことに。

この後は当分の間なにもなくて、
遊歩道の脇に芽吹いてきている植物なんかを見たりして。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、「白糸の滝」あたりからは雨も強くなってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

周りも暗くなっているので、
写真を撮るにも、シャッタースピードが遅くなっていましたね。

なので、滝の写真をけっこうとったんだけど、ブレてること…。

「九段の滝」もけっこう道路から離れていたんだけど、
この滝もなかなか迫力のある滝でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

で、いよいよメインの「銚子大滝」に着きました。
このころにはもうどしゃ降り。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

幅があって、遠くから見えただけでもおっと思ったんだけど、
なにせ雨なもんで、もっとゆっくり見ていたかったなー。

ここからバスに乗って十和田湖まで行っちゃおうかとも思ったんだけど、
歩いたほうが早いってことで、ここからは遊歩道ではなく道路を歩行。

十和田湖が近づいてきて、最後のポイントである水門に。
ここで水量を調整しているので、いつでもきれいな渓流が見れるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ってことで、十和田湖畔である子ノ口に到着。
岩が戸から子ノ口まで2時間半でした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

天気がよければもっときれいだったのはもちろんだけど、
今頃は木々ももっと芽吹いていると思うので、気持ちいいでしょうね。

2012/5/25

4年ぶりの技研公開  日記

今日の徹子の部屋に友近が出るってことで、しっかり録画しました。
最初以外は普通でしたね。でも、楽しかったからいっか。

さて、今日は午前中で帰れるってことになったので、
4年ぶりにNHKの技研公開に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

毎年気になってはいたんだけど、結局行くことがなくてね。

で、4年ぶりに行ってわかったのは、
前に行った時よりもずいぶんと技術が進んでいたってこと。

ちょっと間を開けた方が、その差がわかるので、
4年くらい開けた方がいいのかもしれませんね。

で、前回のときも、スーパーハイビジョンがメインだったんだけど、
当時は、スーパーハイビジョンを撮るカメラはあるんだけど、
映すテレビはなくて、ディスプレイがあるのみだと。

でも、今回はスーパーハイビジョン関連の展示がたくさんで、
いろいろと技術を進化させるには周辺の技術が必要なんだなーって。

スーパーハイビジョンを移すテレビも今回は展示されていて、
音響も22.2チャンネルなんてものが用意されていました。

あとは、データ量が多くなるのでどうそれを伝送するのかとか、
そのためにケーブルも改良しなきゃいけないとか、
すべてを進化させなきゃいけないわけですね。

前回は、狭い部屋で巨大スクリーンを前に映像を見ましたが、
今回は講堂でスーパーハイビジョンの映像を見れました。

それだけ、映し出す技術も向上したってことですね。

で、今回は平日に行ったので、
前回お世話になったガイドツアーがなかったんだけど、
代わりに、研究発表を聞くことができたので、
SNSと放送との関係についてと、手話への自動翻訳の研究発表を聞きました。

SNSとの関係については、NHKが作っているのはteledaってシステムだけど、
映像のアーカイブが見れるのはいいと思うんだけど、
法律上、ネット上でリアルタイムの放送を出してはいけないんだそうで、
その辺がクリアされると、NHKの番組でも盛り上がれるんでしょうね。

あと、メガネをかけなくても立体に見えるテレビも進化していて、
たぶん、前回の時は静止画だったと思ったんだよね。

でも、今回は動画でした。
錯覚じゃなくて、ちゃんと映像自体が浮き出ているんだって。すごいね。

今回は体験物の展示も多くて、あれは家族で行っても楽しめますね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

他には、個人的には、
VHF-Low帯放送、番組への興味度を測れちゃうシステム、
過去の放送をザッピングして探せちゃうタイムザッピングシステム、
番組ごとの音量を均一化する音声レベル管理が興味深かったかな。

技術研究所の発表ということで、ある意味あっさりしているんだけど、
もし時間があれば、明日とあさってもやってますので、
放送技術に興味がある方は、行ってみてはいかがでしょうか。

おそらく、ななみちゃんあたりも登場するのではないでしょうか。
場所は、成城学園前駅からバスです。ぜひどうぞ!

2012/5/21

待ちに待った金環食  日記

今日は朝からドキドキでした。
そして、無事に金環日食を見ることができてよかったです!

今日は始業時間が1時間送らされた関係で、
いつもよりも起きる時間が30分遅くてよかったんだけど、
結局、いつも起きる時間とほぼ同じ時間に起きてしまいました。

待ちきれなかったんだろうな。

で、起きたときは青空も一部見えていて、ちょっと期待したんだけど、
日食が始まる6時ころには厚い雲がやってきてしまいかなり不安に。

3年前の日食のときも厚い雲に阻まれて観察できなかったわけで、
今回もかよと、あと少しで天を恨むところでした。

それでも、DREAMS COME TRUEの「時間旅行」をとりあえずかけて、
それから「晴れたらいいね」とか「太陽が見てる」とか聴いて、
どうにか雲が晴れないかと気分を高めていったのでした。

テレビでは昨日のライブの様子をやっていたけど、
あれ行けばよかったなー。何で行かなかったんだろう…。

そしたら、6時半頃から日がたまに射すようになってくれましたね。

せっかくなので、デジカメと携帯のカメラで撮影してみようと、
日食グラスをレンズにかけて撮影してみました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

携帯の方は光を集め過ぎちゃうみたいで、
雲にちょっと隠れてくれていた方がうまく撮れた感じでしたね。

7時前には半分くらい欠けて来て、あと30分。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど、雲がうまくかかっていたみたいで、
日食レンズを使わない状態でもかけている様子を撮ることもできました。

クリックすると元のサイズで表示します

輪っかになる瞬間はいまいちよくわからなかったけど、
しっかりとこの目で太陽のリングを確認することができました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

中学のころから待ちに待ったものが見れて、ホントうれしかったなー。

で、リング状態が終わったら、なんか終わりって感じになってたけど、
まだまだ最後の方まで見たかったなー。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、もう出勤しなければいけない時間ということで、
ギリギリまで日食を見て、それから駅まで小走りで移動。

いつもは京王線を利用しているんだけど、
それだとギリギリに到着してしまうみたいだったので、
今日に限っては中央線まわりで行ってみました。

やっぱ、中央線早いな。通勤特快早いよ、うん。

ということで、もっとゆっくり見たかったけど、
まあ、見ることができたんだから文句ないよね。

本当に素晴らしい1日の始まりでした。
いろいろと感謝したい。

2012/5/20

まさに大同窓会  お仕事関連

今日は午後から曇ってきてしまいましたね。

明日は金環日食見れるんでしょうか…。
ずっと楽しみにしてきたのになー。

さて、昨日は学校の同窓会に出てきました。
といっても、自分の通っていた学校のものではありません。

毎年この時期に同窓会をやっているみたいなんだけど、
特に、今年は創立120周年なので壮大に行われるということで、
いつもは顔を出していないんだけど、今年は出席してみました。

で、いったん帰ってくるのも面倒なので、
ちょっと仕事をしてから、お買い物に出かけてみました。

3月にも行ったスーツのお店なんだけど、、
その時はいいのが見つかったけどサイズがないと言われてしまったので、
そろそろ何かいいのが入っているんじゃないかと。

ってことで、駅の地下街を通って歩いていたら、
外からにぎやかな音が聞こえてきたので、ちょっと出てみました。

そしたら、池袋ジャズフェスティバルってのをやっていて、
とても陽気な演奏が繰り広げられていたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

行ったらすぐに演奏終わっちゃったんだけど、ああいうのいいですねー。

で、スーツ屋さんでもいいのを見つけられて、
ちょっと高かったんだけど買ってしまいました。

そんなことしてたら時間になったのでホテルへ。

いつもは出席者は100人程度だって話だったんだけど、
さすがに今年は記念の年ですからね。

実際に何名いたかわからないけど、予定では900人近くだと。
ともかくすごい人でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ホールだけでは収まりきれないだろうと、
一部、廊下部分にもテーブルが置かれていたからね。

それだけ人がいたら、料理にありつけないかと思ったんだけど、
意外に穴場だったのがデザートコーナーで、
会の初めから甘いものを食べようって人はあんまりいないわけで、
最初は甘いものを食べて、後半に食事をとるという形に。

さすがホテルの食事ということもあって、なかなかでした。

女性ばかりなので酔いつぶれて動けなくなるような人もいないし、
帰りもけっこうスムーズに人が流れていましたね。

すばらしい。

あれだけの会の準備をした職員のみなさんは大変だったでしょうね。
お疲れさまでした。

何人か知っている顔にも会えて、とても有意義な時間でした。
どうもありがとうございました。

2012/5/16

奥入瀬渓谷へ  旅の話

今日、スーパーに行ったら、
愛のスコール」のメロン味が売っていました!

西の方じゃないと売ってないから、ひさびさに飲めてうれしいです。
ホワイトも売ってもらいたいところだな。

さて、旅の話もようやく2日目です。
朝はスカッと晴れてくれて、岩木山の眺めも素晴らしかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

青森まで出て、そこからバスに乗って奥入瀬渓谷へ。

途中、酸ヶ湯温泉や蔦温泉などを通りましたが、
酸ヶ湯温泉は人がいっぱいだったですねー。

それから、萱野茶屋というところで休憩をとったんだけど、
そこにかやの三杯茶という麦茶が置いてあって、
これを飲むと長生きするっていうんで飲んでみました。無料です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

1杯飲むと3年で、2杯飲むと6年長生きするっていうんだけど、
3杯飲むと「死ぬまで長生き」するんだそうで。

なんじゃそりゃ。

で、標高が上がるにつれて雪も深くなってきて、
まだまだこんなに積もっているんだなーって。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

2時間弱で奥入瀬渓谷の入り口である焼山に到着。
ここから歩いてもいいんだけど、ちょっとそれだと長すぎるということで、
もうちょっとバスに乗って、石ヶ戸から歩き始めました。

まずは車道をちょっと戻って、三乱の流れに。
岩の間を流れていくさまはたしかに美しいわけで。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そこから遊歩道に入って、十和田湖方面へ。

石ヶ戸の休憩所付近には人がたくさんいて、
こんな中をずっと歩いていくのかなーと思ったら、
離れていくにつれてどんどん人が減って、ほとんど人がいない状態に。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

大半は車を使って回っているんですね。まあ、そのほうが早いもんね。
道路が川のすぐ近くを通っているからね。

でも、やっぱり車に乗っていては見れないところは光景もあるわけで、
できれば、どっちもってのがいいんじゃないかなーって思いました。

というのは、帰りは十和田湖からバスに乗って八戸に向かったんだけど、
ありがたかったのは、バスの車内ではガイドのアナウンスが流れていて、
滝の前とかでは一時停止して時間をとってくれたんだよね。

いろいろと場所の由来とかもわかって、
実際に歩いてみた後だったので、けっこう参考になりました。

行きは歩きで、流れに逆らう形で歩いたんだけど、
そっちのほうが、流れはきれいに見えるんだって。たしかにそうかな。

で、帰りは流れる方向にバスは進んでいったんだけど、
それはそれで、流れに乗って進んでいるみたいで気持ちよかったなー。

上流に向かって歩いて、下流に向かってバス、というのがおすすめです。

といっても、石ヶ戸から十和田湖畔までは歩いて2時間半かかりますからね。
やっぱ、全部歩くってのは大変ですかね。

ってことで、次回はその渓流の様子をご覧いただきましょう。

2012/5/15

桜より屋台  旅の話(+たべもの)

先週末は秋川までBBQに行ってきました。気持ちよかったなー。

さて、旅行の話が続きますが、
東京から9時間かけて、ようやく弘前に着きました。
新青森まわりで行けば、5時間しかかからないんですけどね。

で、弘前駅はすでに帰る人でごった返していて、
日が暮れてしまう前に桜を見たいと思ったので、
ホテルに荷物を置いて、すぐに弘前公園に向かったのでした。

そしたら、公園に着くちょっと前から雨が降り出してしまい、
さらに、事前に分かっていたことではありますが、
ソメイヨシノはほとんど散ってしまっているという…。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

晴れていれば少しは絵になったのかもしれないですけどね。

それでも、しだれ桜はきれいに咲いていました。
よかったよかった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

西濠の方にも足を延ばしましたが、桜のトンネルも微妙。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

きれいな桜をご覧になりたい方は、2年前の時の様子をご覧ください…。

ということで、この日は「花より団子」モードに。
2年前に来た時に、気になったけど結局食べなかった屋台ものを、
今回は探してでも食べてやるぞ!ということで。

まずは、公園のあちこちで売っているリンゴのアイスを。
これは前回も食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はちょっと寒かったということもあって、おいしさ半減かな。
やっぱり、ちょっと暑い時に食べるのがいいですね。

それから、前回、常に行列ができていて、
夜になったら売り切れてしまっていた「嶽きみフライ」なるものを。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

まあつまりは、トウモロコシの天ぷらって感じなんだけど、
この「嶽きみ」というのが弘前の名産だそうで、
岩木山のふもとの嶽地方で作っているんだって。

「きみ」とは津軽弁で「とうもろこし」のことだそうで。
ふつうにおいしかったです。

さらにもう1つ、公園内を歩いていると、
真っ黒で四角いものを食べて歩いている人を見かけることがあって、
あれはいったい何なのかと、食べてみたかったのです。

でも、いろいろな屋台を探してもそれらしきものは売っていなくて、
ようやく、坂の途中にあったお店で見つけました!

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、ようは、こんにゃくで、外が黒くて中は白いのです。
味はついてんだかついてないなかって感じ。
屋台の看板には「日本でここだけ」って書いてありました。本当なのかな。

で、それから、夜にはライトアップが始まるので、
その前に夕食をとってしまおうと、繁華街をうろうろ。

結局、食べログで上位に書いてあったお店に入ったつもりだったんだけど、
帰ってきて調べたら、全然違うお店でした…。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そりゃ、あんな対応の悪い店で上位に入るわけないよな。

食べ終わって外に出ると雨も上がっていて、園内もライトアップ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さすが、光を当てるときれいですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この日は満月で、しかもいつもよりもちょっと大きく見えるという日。
うまくいいところにいてくれました。この構図は素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

なんやかんやでけっこうな時間見ていたみたいです。
宿に着いたのは21時過ぎ。青森ではアド街やってないんですよね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ